How To

あらゆる料理が格段においしくなる! スキレットレシピ5

文/ニクイねぇ!Press編集部 写真/矢部ひとみ

2016.03.11

鉄製のフライパン「スキレット」。もとはキャンプなどのアウトドアシーンで活躍するアイテムでしたが、最近では家庭で使うのがブームです。Instagramで「♯スキレット」と検索すると、たくさんの調理例が見つかります。

そんな、いま注目のスキレットを使った“見た目はとても豪華なのに簡単なレシピ5品”を、オーガニックコンシェルジュ/ナチュラルフードコーディネーターの横山透子さんに教えてもらいました。

「そのまま食卓に出せるので、とても便利です。じっくりとムラなく加熱でき、うまみを凝縮しながら調理できるのも魅力ですね。スキレットは比較的手頃な価格で手に入れられるので、大小ひとつずつそろえておくと、お料理のレパートリーがグンと広がると思います。今回のレシピでは、9インチと6インチのスキレットを使っています」(横山さん)

 

Part1 根菜のアヒージョ

0119_005

「根菜を皮ごとコトコトとオリーブオイルで煮るだけ。牡蠣やエビのアヒージョが有名ですが、根菜のみのアヒージョも野菜の甘みが感じられておいしいですよ。残ったオイルはパスタソースにしたり、パンにつけて食べたり、サラダのドレッシングにしてお使いください」(横山さん)

 

材料(2人分 9インチ)

里芋…小4個

にんじん…中1/3本

ごぼう…太め10cm

オリーブオイル…250cc

にんにく…ひとかけ

ローズマリー…1枝

ローリエ…1枚

塩…適量

 

つくり方

(1) 里芋はよく洗って上下を少し切り落とす。れんこんは1cm幅の輪切り、にんじんは4つにカット、ごぼうは5cmの長さにし、縦半分にカットする(細めのごぼうなら、カットせずそのままでもOK)。

(2) スキレットにオリーブオイル、にんにく、ローズマリー、ローリエ、塩(ひとつまみ)を入れて弱火にかけ、油が温まってきたら野菜を加える。火はごくごく弱火にする。

(3) アルミホイルなどで蓋をして、ときどきそっとかき混ぜながら20〜25分加熱する。野菜に火が通れば完成。

 

★Point  新鮮な野菜を用意し、皮ごと使う

0119_007

「無農薬、減農薬の新鮮な野菜を手に入れて、皮ごといただくとすごくおいしいです! 野菜の鮮度や皮の固さが気になる場合は、皮をむいて食べてくださいね」(横山さん)

 

次ページはスキレット流オムグラタン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加