How To

子どもと一緒に観光列車に乗りに行こう!

文/ニクイねぇ!Press編集部

2016.04.08

咲き乱れる花々、すがすがしい新緑。窓の外の景色が華やぐこれからの季節、ホスピタリティにあふれた観光列車に乗って、家族みんなでお出かけしてみませんか? 地域色豊かで車体や内装のデザインにこだわりがあり、 子どもたちが車内で思いっきり楽しめる観光列車は、普通の列車にはない工夫が盛りだくさん。大人もゆったり過ごせてオススメです!

 

“ムーミン谷”をのんびり走る

【千葉】いすみ鉄道 「ムーミン列車」

20120415-9D(200)

千葉県・房総半島の大原駅〜上総中野駅を走る、いすみ鉄道で、2009年から運行している「ムーミン列車」。黄色い車体と車内には、ムーミンをはじめ個性豊かなキャラクターが描かれています。

春は菜の花が咲き乱れるのどかな沿線の風景は、まさに“房総のムーミン谷”。車窓からは、ムーミンが釣りをしているところや、スナフキンやミイなどのキャラクターが見られるスポットも。まるで絵本の世界に迷い込んだかのような眺めを楽しめます。

さらに、ムーミンのオブジェや看板がいっぱいの“風そよぐ谷 国吉駅”には、駅の中に日本初のムーミンショップ“VALLEY WINDS”があり、人気を集めています。のんびりゴトゴト、ムーミン列車に乗って、ムーミン谷の仲間たちに会いに行きませんか?

 

●いすみ鉄道「ムーミン列車」

運行区間:大原駅〜上総中野駅

http://www.isumirail.co.jp

 

遊びがいっぱいの観光列車!

【三重】近畿日本鉄道「つどい 」

tsudoi_外観 (3)

すべての車両に楽しい遊びがいっぱいの観光列車「つどい」は、三重県の伊勢市駅〜賢島駅を、土日祝を中心に1日2往復運行。座席がすべて窓側を向いて設置されているので、美しい景色を目の前に眺めながら、のんびり列車の旅を楽しめます。

 

tsudoi_room2_   (4)

2号車には、なんとボールプールやハンモックなどが! 電車に乗るだけでも楽しいお子さんにとっては、さらに楽しさ2倍、3倍!!かもしれません。また、販売カウンターでは、伊勢志摩の特産品や昔なつかしい駄菓子が販売されています。

 

tsudoi_room3_  (5)

3号車には、お子さんが運転士の気分を味わえる“こども運転台”が。制服を着て記念撮影をすることもできます。

また、1号車の“風のあそびば”では、靴をぬいで思いっきり遊ぶことができ、扉部分のスリットから自然な風が吹き抜け、足もとまである大きな窓から景色を楽しめます。

伊勢志摩の景色をダイナミックに感じられて、さらに子どもが喜ぶ工夫がいっぱいの「つどい」。観光列車ならではの旅の楽しさを体感しましょう!

 

●近畿日本鉄道「つどい 」

運行区間:伊勢市駅〜賢島駅

※靴をぬいで遊べるのは1号車“風のあそびば”のみ

http://www.kintetsu.co.jp/senden/tsudoi/

 

次ページはアンパンマン列車で四国をぐるり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加