How To

キャベツ丸ごと1玉を使い切る! ラクうまキャベツレシピ5

文/ニクイねぇ!PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2016.04.15

新キャベツとも呼ばれる春キャベツは、4月から6月にかけてが旬。豊富に含まれるビタミンCは、免疫向上やストレスの緩和にも効果的だといわれています。色が濃く、葉がやわらかいので、炒めものの彩りがアップするのはもちろん、サラダや浅漬けなどの生食にもピッタリ! そこで、キャベツ1玉を残さず使い切る、手軽でおいしいレシピ5品を、料理家の橋本彩子さんに紹介してもらいました。

「みずみずしく、生で食べるのがおいしい春キャベツは、付け合わせだけでなく、メインのおかずにもフル活用できる超優秀選手。毎日のメニューに取り入れやすいレシピをご紹介します」(橋本さん)

 

Recipe 1 千切り春キャベツの豚肉巻き

0212_035

「肉巻きは野菜を下ゆでする手間が必要ですが、キャベツなら切って巻くだけ。ボリュームがあり、シャキシャキした食感で、甘辛いタレを絡めればごはんにぴったりのおかずになります。冷めてもおいしいのでお弁当にもおすすめです」(橋本さん)

 

材料(2人分)

春キャベツ…1/4個

薄切り豚ロース肉…8枚(200g程度)

サラダ油…大さじ1

塩、こしょう、薄力粉、レモン…各適量

【調味料A】

しょうゆ…大さじ1と1/2

酒…大さじ1/2

みりん…大さじ2

つくり方

(1)キャベツは幅1㎝、長さ7~8㎝程度の細切りにする。

(2)薄切り豚肉2枚を、互い違いに少し重なるよう横に並べ、塩、こしょうをふる。その上に細切りにしたキャベツをのせ、手前から巻く。

(3)(2)に薄く薄力粉をまぶす。

(4)フライパンにサラダ油を入れて熱し、巻き終わり部分を下にして(3)を並べる。中火弱でときどき転がしながら全体をこんがり焼き、4~5分焼いたら一度取り出す。

(5)フライパンの脂をキッチンペーパーで拭き取り、調味料Aを加える。

(6)(4)の肉を戻し入れ、全体にタレをからめる。器に盛り、くし型に切ったレモン添えて完成。

 

★Point お肉は2枚を互い違いに並べて巻きやすく

0212_011

「薄切り肉は上下を互い違いにして置き、長方形になるように。すき間が出ないよう少し重なるようにします。それからキャベツを巻くとバラつかず、巻きやすくなります。焼くときは巻き終わりを下にして焼くと崩れません。焼いたときに出た脂をしっかり取るとべたつかず、旨味もアップ!」(橋本さん)

 

【続いては】焼きキャベツとベーコンのクリーム煮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加