How To

キャンプ初心者必見!手ぶらで行けるキャンプ場7選

文/ニクイねぇ!PRESS編集部

2016.07.01

キャンプ、山登り、野外フェスなど、アウトドアを楽しむ週末プランが人気の昨今。子育て世代には、自然のなかで料理を楽しんだり、アクティビティに挑戦したり、夜は美しい星空を眺めながらゆったり過ごしたりと、いつもと違う時間をたっぷり過ごせるキャンプがオススメです。

そこで、アウトドア経験が少なくても、キャンプ道具を持っていなくても、手ぶらで行って手軽に楽しめるキャンプ場をご紹介します。それぞれのご家庭のスタイルに合った施設を見つけて、この夏こそ、キャンプデビューしませんか。

 

1:最高のロケーションで手ぶらキャンプを楽しもう!

北軽井沢スウィートグラス【群馬・吾妻】

画像1

浅間高原に広がる3万坪もの自然あふれる敷地に、“人と自然の調和”をテーマに作られたキャンプ場・北軽井沢スウィートグラス。充実した宿泊施設やレンタル用品、便利な食材セットの販売など、キャンプビギナーでも安心して楽しめるキャンプ場として、開設以来、人気を集めています。

 

テントを持っていなくても大丈夫!

ミニキッチンやトイレを完備した貸別荘風のコテージや、山小屋風のキャビンといった宿泊施設が充実しているので、お子さんが小さくてテントキャンプが不安なファミリーや、テントをお持ちでないファミリーでも気軽にアウトドアを楽しめます。

なかでもオススメは、ツリーハウス。2mの高さに建てられた「ツリーハウス・フォレスト」の屋根付きデッキでは、天気に関係なくBBQを楽しめます。子どもの遊び場「マッシュルームランド」の隣に作られた樹上の家「ツリーハウス・マッシュルーム」には常設のブランコがあり、子どもたちも大喜びの夢のツリーハウスとして人気です。

マッシュルーム

 

ビギナーも安心。豊富な食材メニュー

定番のBBQセットに、丸鶏のローストやパエリア、ソーセージの盛り合わせなど、食材セットが充実(有料・要予約)! 「初めてのアウトドア料理、何を作っていいかわからない!」というビギナーさんや、「テントの設営に時間がかかりそうなので、料理まで手が回らなそう」という人も安心です。

こだわりBBQセット

 

キャンプ道具一式をレンタルできる

テント、タープ、テーブル、チェア、寝袋など、基本的なキャンプ道具がセットになったベーシックキャンプセットをはじめ、調理器具や食器、クーラーボックスといったアイテムまでレンタルすることができます(有料・要予約)。キャンプデビューしたいけれど、キャンプ道具はいろいろありすぎて、何からそろえていいのかわからないもの。まずはレンタルからスタートして、様子をみてみるのもオススメです。

 

ほかにも、シャワーやセルフ風呂、コインランドリーなどの設備があり、トイレもきれいで安心です。また、子どもたちが楽しめるアスレチックやトランポリン、アクティビティやイベントも。さらに、ドッグランやドッグシャワーなどの施設があり、ワンちゃんにもやさしいキャンプ場です。まさに至れり尽くせりの、北軽井沢スウィートグラス。キャンプデビューはココに決まり!

04遊び場 (4)

 

●北軽井沢スウィートグラス

所在地:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579

アクセス:<クルマ>上信越自動車道・碓氷軽井沢ICより約50分。<高速バス>千曲バスで「軽井沢駅」下車。軽井沢駅より草軽交通バスで「北軽井沢駅」下車。徒歩30分。

営業時間:チェックイン/14:00〜20:00(テントサイトは13:00〜18:00) チェックアウト/8:00〜11:00(テントサイトは12:00まで)

定休日:通年営業

http://sweetgrass.jp

 

 

2:赤ちゃん連れにやさしい快適宿泊施設がうれしい

PICA富士西湖【山梨・富士五湖】

湖畔

富士五湖のひとつ、西湖に面したキャンプ場「PICA富士西湖」。トレーラータイプ、コテージタイプ、キャンピング・パオといった宿泊施設からテントサイトまで、富士山や湖を眺めながら過ごす時間をより楽しませてくれる、施設や設備が種類豊富にそろっています。

 

冷暖房完備。家電、寝具、調理器具などが一式そろう

全11タイプあるコテージやパオは、すべて冷暖房完備。寝具一式もそろっており、快適に宿泊できます。定員6名の「コテージ・アクティブグランデ」には、トイレ・バス・シャワー・キッチン・冷凍冷蔵庫・調理器具・食器を完備。屋外にはBBQグリルや焚火台がそろっているという充実ぶりです。トレーラータイプのコテージには、シャワーやトイレ、キッチンのほかに、畳スペースまであります。赤ちゃん連れのファミリーにもオススメです。

PICA富士西湖㈯

 

アクティビティグッズを借りて湖や山へ

テントやタープ、寝袋といった基本的なキャンプ用品のみならず、バスフィッシングを楽しめるルアーロッドセットやマウンテンバイクなど、アクティビティグッズのレンタルが充実しています(有料・要予約)。また、カヌーやSUPなどの体験メニューも。西湖に面し、富士の樹海の自然を享受できる最高のロケーションのなかでアクティビティを体験するひとときは、かけがえのない家族時間となることでしょう。

カヌー㈰

 

ステーキや地元野菜などこだわり食材が充実

地元・山梨県特産の「甲州ワインビーフ」1ポンドを贅沢にいただくサーロインステーキLidセットや、山梨名物の桜(馬肉)ステーキ、富士山の湧水とドイツ直輸入のスパイスで本場の味を再現した手作りソーセージ、旬の地元野菜のベジグリルなど、ここでしか食べられない極上メニューがいっぱい! 青空の下でいただくこだわりメニューは格別のおいしさです。

1ポンド(450g)和牛ステーキ Lid セット

 

テントの設営や慣れない環境での調理は、キャンプビギナーにとってひと苦労。でも、それがネックになってキャンプデビューをしないのはもったいない! 赤ちゃん連れでも安心のPICA富士西湖なら、快適にキャンプを楽しみながら、澄んだ空気も満点の夜空も、そして富士の雄姿までも、心ゆくまで堪能できます。

焚き火Fest

 

●PICA富士西湖

所在地:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2068-1

アクセス:<クルマ>中央自動車道・河口湖ICより 15~20分。<中央高速バス>で「河口湖駅」下車。河口湖駅より路線バス「西湖民宿行き」で、終点「西湖民宿」下車。徒歩1分。

営業時間:チェックイン/14:00〜19:00(テントサイトは13:00から) チェックアウト/7:00〜11:00(テントサイトは12:00まで)

定休日:水曜日(4/21〜秋口までは定休日なし。詳細は公式ホームページをご覧ください)

http://saiko.pica-village.jp/index.html

 

 

3:都内から1時間。温泉も楽しめる!

ロハスガルテンキャンプ場【埼玉・児玉】

DSC_6975

24種類の温泉が自慢の「かんなの湯」が運営するロハスガルテンキャンプ場。都内からクルマで約1時間にもかかわらず、自然豊かなロケーションで気軽に手ぶらキャンプができます。最大のポイントは、隣接の天然温泉に入れること。キャンプも温泉も、心ゆくまで楽しめます。

 

キャンプ道具一式レンタル&食材付きプランも

テントや寝袋など、基本的なキャンプ道具一式のレンタルセットに加え、BBQ食材がついて1泊2日でひとり¥4800(税別)とリーズナブル。3歳未満の子どもは無料なのもうれしいところです。

P1200128

 

手ぶらでゆったり入れる天然温泉つき

シャワー設備だけというキャンプ場が多いなか、ロハスガルデンキャンプ場には、24種類の温泉と6種類のスパを楽しめる天然温泉「かんなの湯」(入館料別途)が隣接。シャンプー・コンディショナー・ボディソープはもちろん、貸タオルと貸館内着もあるので、キャンプ場にいながら、手ぶらで温泉を満喫できます。

DSCF2050

 

農産物直売所で新鮮な食材を調達

キャンプ場とBBQの受付をしている農産物直売所では、地元で採れた新鮮野菜を販売。BBQ用の野菜はここで調達すると便利です(時間により、野菜は売り切れの場合があります)。店内には自然食カフェ「ろはす家」があり、石窯ピザや軽食を楽しめます。

IMGP9608

 

また、日本キャンプ協会公認のキャンプガイドさんが、不慣れなキャンプ初心者をアシスト。キャンプを難しく考えがちなビギナーの強い味方になってくれることでしょう。ロハスガルテンキャンプ場のアウトドアの基本は、「老若男女関係なく、大事なのは遊びのココロ」。そして、遊びに大事なのは「頑張らないこと」だそう。都内からほど近いロケーションで、手ぶらでゆ(湯)ったりキャンプを楽しみませんか?

DSC_7232

 

●ロハスガルテンキャンプ場

所在地:埼玉県児玉郡神川町小浜 1341

アクセス:<クルマ>上信越自動車道・藤岡ICから、国道254号経由で約15分。<電車&バス>JR高崎線 本庄駅からバス「神泉総合支所ゆき」に乗車し「神川中学校前」下車。 徒歩約15分。

営業時間:チェックイン/10:00〜15:00 チェックアウト/〜10:00

営業期間:4〜10月予定

定休日:第2火曜日(6月以降リニューアル予定のため、変更あり)

http://www.lohas-camp.com/

http://www.kannanoyu.com/

 

 

4:1日1組限定! プライベート空間で贅沢に手ぶらキャンプ

nozawa green field【長野・下高井】

tree_camp1

長野県野沢温泉村にあるnozawa green fieldは、自然環境に配慮した1日1組限定のキャンプ場。プライベート空間あふれる木々に囲まれた環境の「TREE CAMP」は、その名のとおり、ツリーハウスでのキャンプを体験できます。ツリーデッキの上には、ツリーハウスや空中テントがあり、BBQも楽しめます。

 

宿泊料金にテントや道具一式が含まれる

電気や炊事場はありませんが、それこそが本当のキャンプ。料金には空中テントを含めたテント、マット&寝袋セット、BBQグリル、ダッチオーブン、ハンモックなどが含まれるため、大きな荷物いらずで、手軽に本格的なキャンプを楽しめます。

写真 2014-10-04 16 37 22

 

畑の無農薬野菜を収穫して食べられる!

隣接する畑「グリーンファーム」でスタッフが育てた無農薬野菜を収穫し、自由に調理して食べることができるファームブッフェ付き(7月以降利用可能・宿泊料金に含まれます)。自分たちで収穫した新鮮でおいしい採れたて野菜が、アウトサイドでの食事をさらに特別なものにしてくれることでしょう(※炊事場がないので、飲み水や調理に使う水の用意が必要になります)。

写真 2014-09-30 16 16 27

 

徒歩圏内に共同浴場が13カ所も

徒歩約10〜20分のところに13の共同浴場(外湯)があるのも、大きなポイント。共同浴場の前には賽銭箱が設置され、すべて寸志のみで入浴できます。キャンプ場に到着してひと息ついたら、外湯めぐりを楽しむのもいいですね(※共同浴場には備え付けのシャンプー、石鹸などはありません。また、タオルの準備が必要です)。

1-1大湯(外観)

ほかにも、野沢温泉村の観光、SUPツアーなど、キャンプ以外のお楽しみが盛りだくさん。身軽に出かけて大自然のなかで家族と過ごす時間をたっぷり堪能した後は、温泉街の散策を楽しんでもいいですね。

 

●nozawa green field

所在地:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷9254

アクセス:<クルマ>上信越自動車道・豊田飯山ICから約25分。<電車>飯山線上境駅から徒歩約43分。

営業時間:チェックイン/14:00 チェックアウト/11:00

営業期間:4月29日〜10月16日

定休日:公式ホームページをご覧ください。

http://www.nozawagreenfield.com

 

 

5:日本最大級のフィールドのなかで大自然を満喫!

無印良品南乗鞍キャンプ場【岐阜・高山】

無印良品南乗鞍キャンプ場_パノラマ

ありのままの自然を楽しむことをコンセプトにしている、無印良品キャンプ場のひとつ。「南乗鞍キャンプ場」は、標高1,600mの高原のなかにあります。標高の高い環境ならではの珍しい植物や、さまざまな自然の表情を楽しめる広大な敷地は、キャンプ場としては日本最大規模という100万㎡もの広さを誇ります。

 

基本の道具から遊び道具まで充実のレンタル

快適にキャンプをするための基本アイテムをセットにした「ベーシックセット」をはじめ、キッチン用品やテント・寝具の単品レンタルなど、用途に合わせたレンタルが可能です(有料・要予約)。また、キャンプ場にはMTBコースがあり、MTBのレンタルも可能です(有料・事前予約不可)。

差替用_無印良品南乗鞍キャンプ場_レンタル用品_ベーシックセット

 

露天風呂は眺め抜群!

夏場でも平均気温が20℃前後で、夜間はひんやりとする南乗鞍キャンプ場。露天風呂が体を芯から温めてくれます。備え付けのリンスインシャンプー、ボディソープがあるので、タオルのみ持参すれば入浴できます(有料)。20〜21時は、1日限定2組まで、貸し切り家族風呂として利用できます(有料・要予約)。

 

ビギナーに心強い「常設テントサイト」

「キャンプはしてみたいけれど、テント設営が難しそう!」というビギナーにとっては心強い、常設テントサイトがあるのも大きなポイントです。すでにテントが設営されているので、空いた時間にゆっくり料理をしたり、アウトドア教室やアクティビティを楽しんだりすることができます。テントとタープをいっしょにしたような、2ルームシェルターの大きなタイプのテントなので、家族でゆったりと過ごせます。

無印良品南乗鞍キャンプ場_常設テントサイト

 

「アウトドアフィールド」でフライ・ルアーフィッシング、カヤック、マウンテンバイクなどのアクティビティを楽しめるほか、初心者や子どもが学べるアウトドア教室も。石釜やダッチオーブンを使った料理体験や、工作、自然観察など、さまざまな教室があるのも魅力です。 自然あふれる広大な高原で、たくさんの思い出を作りましょう!

 

●無印良品南乗鞍キャンプ場

所在地:岐阜県高山市高根町子ノ原高原

アクセス:中央自動車道・伊那ICから、国道361号・木曽福島経由で約88km

営業時間:チェックイン/13:00〜18:00 チェックアウト/8:00〜12:00

営業期間:6月上旬から10月中旬(雪の状態により多少前後します)

定休日:公式ホームページをご覧ください。

http://www.muji.net/camp/minaminorikura/

 

 

6:話題の「グランピング」が楽しめるキャンプ場

FBI DAISEN【鳥取・西伯】

unnamed-1

倒木を拾い、道を作り、スタッフが自らの手で開拓した2万8,000坪のフィールドを誇るキャンプ場「FBI DAISEN」。周辺には温泉があり、アスレチックや川遊び、登山も楽しめるという充実のロケーションです。こだわりあるデザインのなかに雄大な自然がそのまま残るフィールドでは、大山の山並みと境港まで続く海岸線を一望できます。

unnamed

 

ちょっと贅沢なキャンプ「グランピング」体験

オートキャンプに加えて、FBI DAISENにはいま話題のちょっと贅沢なキャンプ「グランピング」を楽しめる宿泊施設が用意されています。室内のインテリアがそれぞれ異なるスウェーデン製の「Tentipi」、絨毯やアンティークの家具とダブルサイズのエアベッドが用意された本格的グランピングテント「VANAHEIM」「CANVAS」があり、大自然のなかで豪華なステイを体験できます。

image1

 

森の中にお洒落なレストランバーが

場内にお洒落に佇むレストランバー「FOREST CABIN」では、風や自然を肌で感じながらおいしい食事を楽しむことができます。手ぶらキャンパーの利用はもちろん、キャンプの合間に料理をひと休みしたり、森のレストランバーで心地よい音楽と雰囲気を味わったりしたいときに、うれしい場所です。

image34

 

キャンプ用品は単品レンタルOK

テントにテントエアーマット、シュラフ、テーブル、チェア、グリル、カセットコンロなど、キャンプスタイルに合わせて必要な道具を単品レンタルできます(有料・要予約)。また、炭や蒔、カセットガス、紙コップや割り箸といった食器類など細々したものは、ショップで購入することができます(在庫切れの場合があります)。

 

大山の雄大な自然のなか、お洒落なティピやグランピングテントでグランピングを楽しむもよし、ふらっと手ぶらで出かけてレンタルテントでオートキャンプを楽しむもよし。そのときどきの気持ちにフィットした楽しみ方ができるキャンプ場です。

image4

 

●FBI DAISEN

所在地:鳥取県西伯郡伯耆町小林706

アクセス:<クルマ>中国自動車道・落合JCTから米子自動車道に入り、溝口ICから約5km。<高速バス>各所より乗車後「大山パーキング」下車、タクシーで約15分。

営業時間:チェックイン/13:00〜18:00 チェックアウト/8:00〜12:00

営業期間:2016年は4月23日から11月末まで

定休日:5月、6月、10月、11月は毎週木曜日、7月、8月、9月は無休

https://www.fbi-camping.com/daisen/

 

7:かわいらしい森の世界で過ごすあたたかい時間

バルンバルンの森【大分・中津】

11866272_876064482442167_223000480523706871_n

大分県を代表する景勝地・耶馬渓にある「バルンバルンの森」。36年前の施設を、ご夫婦でリノベーションしてつくった森のキャンプ場です。場内には、デザインも魅力的な2つのツリーハウスや手づくりのブランコ、おしゃれなカフェや雑貨店まであり、大自然のなかにとてもかわいらしい空間が広がります。

image(9)

 

ハンモック付きのキャビンで悪天候でも快適

テントサイトのほかに、ハンモック付きの6畳サイズのキャビン「ハンモックキャビン(小)」と、9畳サイズの「ハンモックキャビン(大)」があります。屋根付きテラスやコンセント、テーブル&チェア、電気などの設備が整っているので、天候に左右されず快適に過ごせます。また、大人数での宿泊や多目的に利用できる「森の集会室」もあります。

10959662_791760504205899_5657682911372177268_n

 

森のレストランでアジア料理を楽しめる

場内にはおいしいアジア料理を食べられる森のレストラン「亜細亜食堂cago」があります。窓の外に目をやると、木々のグリーンが飛び込んできます。BGMは、鳥たちのさえずり。贅沢なロケーションのなか、本格的なアジアンテイストのお食事を楽しめます。

亜細亜食堂cago

 

マルシェやフェス(不定期開催)で食材を調達

農産物、食品、手づくり雑貨などが持ち寄られる「バルンマルシェ」や「森フェス」の開催時に行けば、場内で食材の調達ができます。イベント開催時期については、バルンバルンの森のブログ(http://ameblo.jp/barunmori-no-nakama/)をチェック!

MARCHE

 

ほかにも、キャビンをリノベーションした森の雑貨店「森のじかん Chiguru」があり、森のなかにいながらショッピングを楽しむことができます。

美しく樹々が生い茂る森のなかに、雑貨店やレストラン、キャビン、ツリーハウスなどが点在する風景は、まるで童話の世界のよう。仕事や子育てに忙しい日々のなか、こんな特別な空間でのんびり過ごす時間は、きっと心と体へのご褒美になることでしょう。

11058618_910404129008202_4173590038792978663_o

 

●バルンバルンの森

所在地:大分県中津市本耶馬渓町曽木459番地9

アクセス:<クルマ>東九州自動車道・宇佐ICより約30分。中津駅より約25分。 <電車・バス>中津駅より大交北部バスの「柿坂・守実温泉・豊後森」行きで「下曽木入り口」下車、徒歩15分。

営業時間:チェックイン/13:00〜18:00 チェックアウト/9:00〜11:00

営業期間:通年営業

定休日:年末年始

http://barunbarun.com

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加