How To

子どもと行きたい! 天体観測ができる宿5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2017.01.23

休日や大型の連休などに、子どもからリクエストされる家族旅行。どこに行こうかと考えるものの、ありきたりのところしか思いつかない……。そんなときにオススメしたいのが「天体観測のできる宿」です。

闇夜に浮かぶ満点の美しい星空は、子どもウケ抜群!  星座を見ながら親子のコミュニケーションを図るもよし、自由研究の題材にするもよし。学校で習う星座の授業や天体について興味を持たせるきっかけにも。きっと、一生の思い出になることでしょう。

 

1. プライベート天文台から美しい星空を眺めよう!

ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩【三重県】

2-1

温泉、プール、エステなどの施設が充実し、美と健康の促進が期待できるリゾートホテル。カラオケルームやゲームコーナーなどのアミューズメント施設も用意されています。客室も、スタンダードツインのほか、スイートルーム、デラックスツイン、和室、コテージ(ペットコテージ)、メゾネットとバラエティ豊か。ラグジュアリーな宿泊を堪能できます。

2-2

伊勢志摩の星空を観測できる「天文館」には、直径50㎝の本格的な大型天体望遠鏡が設置されており、ホテル宿泊者だけが利用できるプライベート天文台になっています。

2-3

また、ホテルから徒歩5分のところにある「志摩自然学校」が行っているシーカヤック体験に参加すれば、約1時間半の英虞(あご)湾周遊も楽しめます。志摩自然学校ではウォーターボール体験などもでき、伊勢志摩国立公園の海辺や、森林を満喫するアクティビティを満喫できます。

 

●ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩

利用時間(天文台):19時~21時 ※夏期のみ19時30分~21時

料金(天文台):無料(宿泊者のみ利用可)

所在地:三重県志摩市大王町船越3238-1

アクセス:<クルマ>伊勢西ICから伊勢道路→R167→R260経由で約1時間 <電車>近鉄賢島駅からシャトルバスで25分

営業時間:チェックイン/15時~ チェックアウト/〜11時

定休日:通年営業

http://www.miyakohotels.ne.jp/aquavilla/

 

 

2. 芝生に寝転んで大パノラマの星空観測を楽しめる!

八ヶ岳グレイスホテル【長野県】

4-1

どの部屋からも八ヶ岳連峰を望める抜群の立地。野辺山高原には国立天文台野辺山があり、日本三選・星の名所にも選ばれた地でスターウォッチングを満喫できます。ゴルフやアロマ&整体と、パパやママのための施設も充実。ホテル前に位置する野辺山駅は、JRも最高地点としても有名です。

4-2

毎晩、宿泊客が無料で参加できる「星空観察会」が開催され、ホテルに隣接している広い芝のグランドに寝転び星空観察が行えます。360°見渡せるので、まるで天然プラネタリウム状態! Vixen双眼鏡、マット、ブランケットの3点をセットでレンタルできます(無料)。

4-3

また“日本で1番うまい野菜”を目指し、スタッフ全員で栽培している野菜も好評。八ヶ岳の大地の恵みをふんだんに使った料理は、季節を感じる和会席や、和牛を堪能できる洋食コースなどとして提供されます。また宿泊客からは、野菜収穫体験などのツアーも人気。採りたてで新鮮な「本物の野菜の味」を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

●八ヶ岳グレイスホテル

利用時間(星空観察会):20時~

料金(星空観察会):無料(宿泊客のみ)

所在地:長野県南佐久郡南牧村野辺山217-1

アクセス:<クルマ>中央自動車道「須玉IC」から約30分<電車>JR小海線「清里駅」/「野辺山駅」からクルマで約5分。

営業時間:チェックイン/15時~ チェックアウト/〜10時

定休日:通年営業

http://www.y-grace.com/

 

 

3. 子育てイベントも開催される“泊まれる児童館”で星を見よう!

宿泊型児童館 星の子館【兵庫県】

5-1

星の子館(9~17時)は、図書室、プレイルーム、なかよしホールなどで、いつでも自由に遊べる児童館。かくれんぼや探検ごっこができる「館内ミステリーツアー」に、「どくしょルーム」「トレーニングルーム」「プレイルーム」など、子どもが楽しく遊べる施設が充実。そしてもちろん、宿泊もできます。

5-2

1992年4月にオープンした「星の子館」の天文台は、正式名称を天体観測室「あさひララ」といいます。毎夜、天体観望会が19時〜と20時〜の2回に分けて開かれており、各回とも定員は40名。そして、学校が休みの日はお昼にも観望会が開かれており、青空に浮かぶ星の姿を見ることができます。

5-3

周辺の身近な自然環境を利用したイベントや、乳幼児のいる親子を対象とした「乳幼児クラブ」、お父さんの子育て(おじいちゃんの孫育ても)応援する「星の子イクメンクラブ」など、イベントも盛りだくさん。開催日、申し込み方法などはホームページでチェックできます。

 

宿泊型児童館 星の子館

利用時間(天体観望会):19時~、20時~(各1時間)

料金(天体観望会):無料(各回40名)

所在地:兵庫県姫路市青山1470-24

アクセス:<クルマ>姫路駅から約15分 <バス>姫路駅または山陽姫路駅から神姫バスで約20分

営業時間:9時から17時まで(宿泊者は21時まで)

定休日:毎月第2水曜日(8月と12月は開館)/年末年始(12月28日から1月4日)

http://www.city.himeji.lg.jp/hoshinoko/

 

 

4. 九州が誇る天体望遠鏡で、宇宙の神秘と阿蘇の自然に触れる

南阿蘇ルナ天文台 オーベルジュ 森のアトリエ【熊本県】

6-1

阿蘇国立公園の美しい自然を満喫できるオーベルジュ。九州一の天体望遠鏡を備え、毎夜、美しい星空と宇宙の神秘を解説。火まつり、野焼き、一心行の大桜、白川水源といった見どころに加え、だご汁、田楽、阿蘇そばなど、雄大な自然の恵みである郷土料理を存分に楽しむことができます。

6-2

口径82㎝の反射望遠鏡は九州最大で、月のクレーターの中にあるクレーターまで見ることができるというから驚き。宿泊者なら、ディナー後に無料で参加でき、始まりから終わりまで約50分間、解説を交えた天体ショーが行われます。雨天の時のために、寝転んで見られるプラネタリウムも用意されます。

6-3

南阿蘇の外輪山を一望できる8人用の「月の湯」と、4人用の「星の湯」で温泉も楽しめます。どちらも岩風呂で、夕焼けや夜空の星を見ることができます。子ども用のアメニティもそろっており、家族連れでもお風呂でくつろげます。

 

●南阿蘇ルナ天文台 オーベルジュ 森のアトリエ

利用時間(星空観測):20時30分~

料金(星空観測):無料(宿泊客のみ)

所在地:熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川1810

アクセス:<バス> 快速たかもり号を利用(高森中央からタクシーで約10分)

営業時間:チェックイン/15時~ チェックアウト/〜10時

定休日:通年営業

http://www.via.co.jp/

 

 

5. ビーチから見える無数の星空は一生の思い出に

はいむるぶし【沖縄県】

7-1

沖縄本島の南にある、国内最大のサンゴ礁と西表石垣国立公園に抱かれた小浜島。ここはそんな南海の楽園に位置するリゾートホテルです。島をレンタサイクルで散策するもよし、浜辺で波のゆらぎを感じるもよし。南国ならではのアクティビティを存分に堪能できます。

7-2

日没後、園内を1時間歩いて散策する「園内ナイトツアー」(有料)では、夜空いっぱいに広がる星々に加え、滅多に見られない夜行性の動物や、ほぼ1年中観測できる蛍など、神秘的な雰囲気に包まれたツアーを楽しめます。

7-3

また、リーフに囲まれた穏やかで真っ青な海では、カヌーやスタンドアップパドル(有料)を楽しむことも。ポイントによっては、宙に浮いたような魅力的な景色にも出合えます。

 

●はいむるぶし

利用時間(園内ナイトツアー):1時間(季節により出発時間は変更)

料金(園内ナイトツアー):大人/¥1,100 6~11歳/¥600 3~5歳/¥350

所在地:沖縄県八重山郡竹富町小浜2930

アクセス:石垣港(離島ターミナル)から小浜港への定期船あり

営業時間:チェックイン/15時~ チェックアウト/〜10時

定休日:通年営業

http://www.haimurubushi.co.jp/

 

【こちらの記事もオススメです】

キャンプ、山登り、野外フェスなど、アウトドアを楽しむ週末プランが人気の昨今。子育て世代には、自然のなかで料理を楽しんだり、アクティビティに挑戦したり、夜は美しい星空を眺めながらゆったり過ごしたりと、いつもと違う時間をたっぷり過ごせるキャンプがオススメです。
咲き乱れる花々、すがすがしい新緑。窓の外の景色が華やぐこれからの季節、ホスピタリティにあふれた観光列車に乗って、家族みんなでお出かけしてみませんか? 地域色豊かで車体や内装のデザインにこだわりがあり、 子どもたちが車内で思いっきり楽しめる観光列車は、普通の列車にはない工夫が盛りだくさん。大人もゆったり過ごせてオススメです!
子どもといっしょにいろいろなところへ出かけ、たくさんの体験をさせてあげたい! けれど、費用もバカになりません。そこで、無料で遊べる注目のプレイスポットをご紹介します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加