How To

ビールに合う! スキレットでつくる簡単おつまみレシピ7

文・写真/石井和美

2017.03.06

2016年に大流行したスキレット(厚手の鉄製ミニフライパン)ですが、いまでも人気は衰えず、多くの人々から愛されています。鉄という素材の特性を生かし、初心者でもおいしく料理でき、そのまま食卓に出すこともできるなど、手軽に使えるのがその理由。さらに、どんなシンプルな料理もフォトジェニックな写真映えする料理に仕上がることから、SNSでも頻繁に登場する調理器具として有名ですね。

今回は、そんなスキレットを使った「ビールに合うおつまみ」をご紹介します。どれもつくり方は簡単なものばかり。絶品スキレットおつまみをつくってみましょう!

 

スキレットで冷凍ものでもホクホク&香ばしく! 

焼き枝豆

枝豆は夏野菜で、おいしい茹でたての枝豆を食べられるのは夏だけ……と思っていませんか? スキレットを使えば、冷凍品でも水っぽくなく、ホクホクの枝豆を食べることができます。

 冷凍枝豆をそのままスキレットに入れて薄くゴマ油を引き、弱火から中火でじっくりとなかまで温めます。皮に焦げ目がつき、フツフツとしてきたら塩コショウを振ります。たったこれだけで、季節を問わず、ビールに合うおいしい枝豆を食べられますよ!

1冷凍のままスキレットでじっくり炒めます

2皮に焦げ目がついてきて、香ばしい“焼き枝豆”に。なかまでしっかり火をとおし、水分を飛ばしましょう

 

【続いては】ちくわとチーズが相性バツグン! スキレットでカンタンおいしいチーズちくわ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加