How To

初めての「ホームキャニング」に挑戦! ビン詰め食とアレンジレシピ

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.03.19

「ホームキャニング」とは、ビン詰めをはじめとした自家製保存食づくりのこと。もともとは、食材が乏しくなる冬場をしのぐため、多くの家庭で行われてきた生活の知恵でした。現代では、その手軽さやアレンジのしやすさから、常備菜づくりのように取り入れている家庭が増えています。

ビンがズラリと並んだ様子を眺めるだけで、料理をしたい気分がアップし、食事の楽しみが広がるホームキャニング。今回は、初心者でも簡単につくれる「酢」「オイル」「砂糖」を使った基本のビン詰め食3種類と、それぞれの食べ方のアレンジを、フードコーディネーターの小野かずみさんに教えてもらいました。

 

~ビン詰め食をつくる前に~

ビンを消毒する

菌の繁殖を防ぐためには、使用する保存ビンの殺菌消毒が欠かせません。手軽なのは煮沸消毒ですが、大きなビンの場合、そもそもビンが入るサイズのお鍋がなかったり、小さいお子さんがいるご家庭では熱湯を扱うのが心配だったりする場合も。そこでおすすめしたいのが、キッチン用消毒アルコールでの除菌です。

 

◆消毒の手順

(1)ビンを洗剤でしっかりと洗い、水気がなくなるまで乾燥させた後、ビンの内側に消毒用アルコールをまんべんなく噴霧する。

 

(2)キッチンペーパーで拭き取る。

 

 

・基本のビン詰め食①

いろいろ野菜のピクルス

※日持ち目安:冷蔵庫で2週間

季節の野菜をたっぷり使ったピクルスは、おいしいうえに栄養満点。冷蔵庫内に余っている野菜でつくれるので、経済的でもあります。そのまま食べるのはもちろん、さまざまなアレンジに使えるので、常備しておくと便利です。

「今回は、酸味が強すぎないレシピにしましたが、お子さま向けにはお砂糖の分量を大さじ1程度増やすとさらに食べやすくなるでしょう。また、お砂糖の半量をはちみつに変えると、風味がよくなり、おいしさがアップするのでお試しください。ポイントは、ピクルス液が沸騰したらすぐに火を止めること。煮すぎるとお酢の風味が飛んでしまうのでご注意を」(小野さん)

 

材料(500〜700mlのビン1個分)

<お好みの野菜 ※今回は下記の野菜を使用>

きゅうり…1本

セロリ…1本

にんじん…1/2本

パプリカ…1/4個

赤大根…1/4本

れんこん…1/2本

 ロマネスコ…1/4個

 

<ピクルス液の材料>

酢…200ml

水…100ml

砂糖…大さじ4(お子さま向けの場合は大さじ5)

塩…小さじ1

ローリエ…1~2枚

ブラックペッパー(ホール)…10粒

ニンニク…1かけ

タカノツメ…適宜

 

つくり方

(1)きゅうり、セロリ、にんじん、パプリカ、赤大根は食べやすくカットする。塩(分量外)で軽くもみ、余分な水分をペーパーで拭き取る。

(2)にんじん、れんこん、ロマネスコは固めにゆでておく。ゆであがったら余分な水分をペーパーで拭き取る。

(3)(1)と(2)の野菜をビンに詰める。赤大根をつけると液が赤く染まるので、これだけ別のビンに詰める。

(4)<ピクルス液の材料>をすべて鍋に入れ、火にかける。沸騰したらすぐに火を止め、野菜を詰めたビンに流し込み、あら熱が取れたらふたをして冷蔵庫に保存する。

 

 

・基本のビン詰め食①「いろいろ野菜のピクルス」を使ったアレンジ 1

ピンチョス

「“ピンチョス”とは、スペイン語で“串”を意味する言葉。ひと口大にカットした野菜のピクルスをオリーブやチーズなどといっしょに串刺しにするだけで、ワインにピッタリなメニューに。とても簡単なのに華やかなので、パーティ用途にもおすすめです」(小野さん)

 

材料(2人分)

いろいろ野菜のピクルス…適量

オリーブ…2個

チーズ…30g

ハム…2枚

ゆでタコ…20g 

フランスパン…3〜4枚

 

つくり方

(1)材料を食べやすい大きさにカットする。

(2)(1)を串や楊枝に刺したらできあがり。

 

 

・基本のビン詰め食①「いろいろ野菜のピクルス」を使ったアレンジ 2

洋風ちらし寿司

「炊きたてのごはんにピクルスとピクルス液を混ぜて酢飯をつくり、カップに詰めてお好みの具材を載せるだけ!  今回は、赤系のピクルスと緑系のピクルスをそれぞれ使い、2種類の酢飯をつくりました。透明の容器に入れると見た目もキレイですよ」(小野さん)

 

材料(2カップ分)

<赤いお寿司>

ごはん…1/2合

赤大根のピクルス…2枚

にんじんのピクルス…1本

赤大根のピクルス液…大さじ1と1/2

 

<緑のお寿司>

ごはん…1/2合

きゅうりのピクルス…1本

セロリのピクルス…1本

黄パプリカのピクルス…1本 

いろいろ野菜のピクルスの液…大さじ1と1/2

 

<飾り用の具材>

かいわれ大根…1/4パック

炒り卵(甘い味付け、柔らかめ)…卵2個分

ゆで海老…2尾

いくら…大さじ1

赤大根のピクルス…2個

れんこんのピクルス…2個

 

つくり方

(1)<赤いお寿司>と<緑のお寿司>は、ともに分量のピクルスをみじん切りにし、分量のピクルス液と合わせてそれぞれ炊きたてのごはんに混ぜる。

(2)下段に赤いお寿司、上段に緑のお寿司を載せる。

(3)<飾り用の具材>を飾ればできあがり。

 

・基本のビン詰め食①「いろいろ野菜のピクルス」を使ったアレンジ 3

カリビアン風スペアリブ

0308_0105

「ピクルス液にオレンジマーマレードとしょうゆ、お塩を加えるだけで、絶品のつけダレが完成! 細かく刻んだピクルスの食感と柔らかいお肉との相性が絶妙です」(小野さん)

 

材料(2人分)

スペアリブ肉…350g

 

<A>

ピクルス液…大さじ4

オレンジマーマレード…大さじ1と1/2

しょうゆ…大さじ1

塩…適量

 

お好みのピクルス…40g分

パイナップル…2切れ

 

つくり方

・下ごしらえ

スペアリブ肉はフォークでところどころに穴をあけておく。さらに、お肉とつけダレの材料をすべてジップ袋に入れて空気を抜き、冷蔵庫で2時間~ひと晩漬けておく。

 

(1)お肉を取り出し、三菱レンジグリル「ジタング」の角皿に角網を載せて並べ、【レンジグリル】【調理】で加熱する。加熱が終了したら、角皿を取り出して前後を入れ替え、時間ボタンを押して8分間加熱する(※ジタング以外のオーブンの場合、200℃のオーブンで25分程度加熱する)。

(2)つけダレの材料<A>を小鍋で煮詰める。

(3)(2)のつけダレが1/2くらいの量になったら、焼き上がったスペアリブ肉にまわしかける。細かく刻んだピクルスとパイナップルを添えればできあがり。

 

【次のページは】基本のビン詰め食②「しらすのオイル漬け」とアレンジレシピ集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加