How To

余り食材をおいしく食べ切る! 「冷蔵庫“お掃除レシピ”」5選

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2017.10.16

お子さんがいらっしゃるご家庭では、食材管理は重要事項。食料調達は、週末のまとめ買いや、食品宅配などを利用されるケースが多いと思います。そのため、調達の数日前から庫内の食材整理を始める……という方も多いのでは? 今回は、そんなときに役立つ、冷蔵庫の余り食材でつくる「冷蔵庫“お掃除レシピ”」を、料理家の横山久美子さんに教えていただきます。

いずれも食材の置き換えやアレンジがしやすく、食欲をそそるメニューばかり。休日のお手軽ランチにもオススメです。“お掃除レシピ”で食材をムダなく使い切りながら、冷蔵庫の庫内をスッキリさせましょう。

 

Recipe 1 歯ごたえのある野菜がよく合う

ガパオ風チャーハン

「余り食材を使ったメニューの定番といえば、チャーハン系のお料理。ここでは、オイスターソースとナンプラーを使って、タイの人気料理であるガパオライス風の味つけにしてみました。具材には、レンコン、ごぼう、小松菜の茎やブロッコリーの芯といった歯ごたえのある野菜を入れると、食感よく仕上がります。ほかにも、冷蔵庫内にある厚あげやちくわなどの練り物類を刻んで入れてもおいしいですよ」(横山さん)

 

材料(2人分)

玉ネギ…1/4個

赤パプリカ…1/2個

セロリ…1/2本

ニンニク…1片

しょうが…1片

ごま油…大さじ1

豆板醤…小さじ1/2

鶏ひき肉…200g

ごはん…120g

目玉焼き…1個

 

<調味料(A)>

オイスターソース…大さじ1

ナンプラー…大さじ1

しょうゆ…大さじ1

砂糖…大さじ1/2

 

<お好みで>

ハーブや香味野菜(スイートバジル、パクチーなど)…適量

ナッツ(ピーナッツ、アーモンドなど)…適量

 

つくり方

1.玉ネギ、赤パプリカ、セロリを1cmの角切りにする。

2.皮をむいたニンニクとしょうがを千切りにする。

3.フライパンにごま油を入れて中火にかけ、2と豆板醤を加えて香りを出す。

4. 3に1の玉ネギを加え、透きとおるまで炒めたら、鶏ひき肉、1の赤パプリカ、セロリを加えて軽く混ぜる。

5. 4にAの調味料を加え、中火のまま5分ほど炒めたら火を止める。

6.皿にごはんを盛り、ごはんの上に5をかけ、目玉焼き、お好みでハーブや香味野菜、ナッツをトッピングすれば完成。

 

★Point 野菜は同じ大きさに切りそろえる

「具材を切りそろえることで、火のとおりが均一になります。加える野菜はお好みでアレンジ可能ですが、根菜類がよく合います。水分の多い野菜を加える場合は、オイスターソースとナンプラーの量をやや多めにしてください」(横山さん)

 

【次のページは】手軽につくる 具だくさんキッシュ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加