How To

野菜やソーセージをかわいくアレンジ! 初心者でもできる「飾り切り」テク8選

文/ニクイねぇ!PRESS編集部 撮影/矢部ひとみ

2018.01.09

料理の盛り付けを華やかに演出する「飾り切り」。おせちやお祝い料理、パーティメニューなどで見かけることが多く、難しそうなイメージがあるかもしれません。

ですが実際は、誰でもできる簡単なテクがたくさんあるのです。ここでは、初心者におすすめの8つの方法を、料理家の横山久美子さんに教えてもらいました。「先端のとがったペティナイフを使うと、キレイな仕上がりになります。ぜひ、お試しください!」(横山さん)

 

1.さまざまなシーンで使えるベーシックテクニック

にんじんの小花

「6枚の花びらを表現した、にんじんのお花です。お花の飾り切りは、かわいらしさと上品さを演出できるので、お弁当やおもてなし料理だけでなく、煮物など幅広く活用できます。にんじん以外にも、きゅうりやだいこん、さつまいもでもつくれます。お好みの食材で試してみましょう」(横山さん)

 

つくり方

(1)1cm幅にスライスしたにんじんの断面に、ペティナイフで対角線上に6本の切り込みを入れる。切り込みの外側部分を丸くして花びらを形づくる。

(2)それぞれの花びらの中心から外側へ向けて片側だけを斜めに削り、花びらに立体感を出せば完成。

 

 【次のページは】お弁当をかわいらしく仕上げるならコレ! ソーセージの四つ葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加