How To

季節を問わず楽しめる!「冷奴」のアレンジレシピ5

文/ニクイねぇ! PRESS編集部 写真/矢部ひとみ

2018.09.24

暑い季節だけでなく、1年を通して食べたくなるメニューといえば「冷奴」。冷たい豆腐の喉ごしが格別な冷奴ですが、肝心なのは上に載せる具材です。刻んだねぎやみょうが、おろししょうがを添え、しょうゆをかけたシンプルな冷奴ももちろんおいしいですが、子どもたちの反応はイマイチな場合も……。

そこで今回は、料理研究家の髙橋千帆さんに、メインのおかずとして味わえたり、ビールのおつまみにも使えたりする、最短1分で完成する簡単「冷奴アレンジレシピ」を教えてもらいました。

※豆腐については、これから紹介するすべてのレシピでおすすめの種類を記載していますが、絹と木綿、どちらを使ってもOKです。 また、絹でも木綿でも、基本的に事前に水切りをしておくのがおすすめ。水切りした方が、豆腐のうまみをしっかり感じられます。

※水切りについて、特に細かい記載がない場合は、重し(ジャムのビンなど)を載せて20~30分ほど水切りしたものを使用しています。水切りしている間に上に載せる具材をつくれば、時短にもなります。

 

 

Recipe 1

<しょうゆベース>ちりめんじゃことトマトのうまみが引き立つ

カリカリじゃことトマトのやっこ

「カリカリとしたちりめんじゃこの食感と香ばしさ、そして、トマトの甘みが引き立つ洋風の冷奴です。今回は、普通のトマト以外に、炒めても形が崩れにくいミニトマトも使いました。

こうすることで、サラダのように華やかな見た目になり、ボリュームも出るので、副菜ではなくメインのおかずとしても使えます。簡単につくれるので、私はときどき、夜食や簡単に済ませたい昼食などに、これをごはんに載せて丼として食べています」(髙橋さん)

 

材料(2人分)

豆腐(絹)…1/2丁

トマト(中)…1/2個

ミニトマト(あれば)…3個

ごま油…大さじ1強

ちりめんじゃこ…大さじ3

しょうゆ…大さじ1強

塩…ひとつまみ

 

つくり方(調理時間・10分 ※水切り時間は除く

(1)豆腐は水切りしておく。トマトは1~2cmの角切りに、ミニトマトは食べやすい大きさにカットする。

(2)フライパンにごま油とちりめんじゃこを入れ、弱めの中火でちりめんじゃこがカリカリになるまで炒める。

(3)(2)にトマトを入れ、煮崩れてくるまで火をとおす。

(4)ミニトマトとしょうゆを加え、少しだけ煮詰め、塩で味を調える。

(5)器に(1)の豆腐を盛りつけ、その上に(4)をかける。

 

★Point ちりめんじゃことトマトをしっかり炒める

「ちりめんじゃことトマトを炒め、しっかり火をとおすことで、香ばしさやトマトの甘みを引き出します。炒める目安としては、フライパンに少し水分が残るくらい。ミニトマトを使わず、トマトだけでつくるときは、​トマトの水分が多くなります。その場合は、しょうゆを小さじ1弱プラスすると、味がぼやけません」(髙橋さん)

 

 

Recipe 2

<しょうゆベース>卵黄のトロッと感がたまらない

卵黄しょうゆ漬けやっこ

「卵黄のしょうゆ漬けに、かいわれ菜やかつお節を合わせたシンプルな冷奴です。ねっちりと濃厚な卵黄に、かいわれ菜のピリッとした辛みがよく合います。

かいわれ菜が苦手な方には、薄切りした塩もみきゅうりで代用してもOK。卵黄を載せるとき、あらかじめスプーンなどで浅く豆腐をくり抜いておくと、きれいに収まります。でも食べるときは、豆腐を崩し、トロッとした卵黄と豆腐のハーモニーをお楽しみください」(髙橋さん)

 

材料(1人分)

卵黄…1個

しょうゆ…大さじ1/2

みりん…小さじ1

かいわれ菜…1/6束

豆腐(木綿)…1/4丁

かつお節…ひとつまみ

 

つくり方(調理時間・1分 ※水切り時間、漬け込み時間は除く

(1)小さな器に、卵黄としょうゆ、みりんを入れ、ラップをして冷蔵庫で4時間ほど漬ける。かいわれ菜は食べやすい長さに切る。

(2)豆腐は水切りしておく。

(3)器に(2)を盛り付け、その上に卵黄、かつお節、かいわれ菜を載せ、小さな器に残った漬け込みしょうゆをお好みの量かける。

 

★Point 卵をしっかり漬け込む

「卵黄は、しっかりとしょうゆに漬けるために小さな容器に入れ、空気に触れないよう、ラップを卵黄の表面に密着させながらかけます。卵黄全体に味がしみ込み、味つけが少量のしょうゆで済むので、減塩にもなります。さらに2~3日おくと、卵黄がねっとりして珍味のようなひと品に。ごはんに載せたり、麺の付け合わせにしたりしてもおいしいですよ」(髙橋さん)

 

 【次のページは】カリカリ食感の冷奴にサラリと味わえる冷奴、さらにはピリリと辛い冷奴も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加