ニクイねぇ!調査隊

いちごスプーンはなぜ消えた?

文・写真/石井和美

2016.03.18

「いちごスプーン」を知っていますか? 底が平らで、いちごのタネのようなブツブツが刻まれたスプーンです。このスプーンは、いちごをつぶした後、砂糖と牛乳をかけて食べるために使われていました。最近はほとんど見かけなくなりましたが、なぜ使われなくなったのでしょうか。

 いちごスプーンを世に送り出した老舗カトラリーメーカー、ラッキーウッド 小林工業の小林貞夫社長に聞いてみました。

 

いちごの品種改良により売上が激減したいちごスプーン

ーー 昭和生まれの方なら、いちごスプーンと聞けばピンときますよね? 子どもの頃、いちごをつぶして甘いいちごミルクをつくって食べるのが楽しみでした。いちごミルクに欠かせないいちごスプーンは、どのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

「いちごが一般家庭に普及したのは1960年代で、その頃主流だったのは、アメリカから輸入され、栽培された品種といわれています。当時のいちごは酸味が強かったので、それをやわらげるためにつぶして砂糖と牛乳をプラスする食べ方が流行ったんですよ。いちごをつぶすとき、ふつうのスプーンでは滑ってつぶしにくかったため、底が平らですべりにくいスプーンを、先代社長が思いついて試作しました。

ところが、実際に試してみたところ、底が平らなだけでは滑ってしまい、思うようにいちごをつぶせなくて……。そこで、弊社とおつきあいのあったベテランの金型彫金師さんに相談したところ、滑り止めを兼ねた、いちごの種の模様を考案してくれたのです。試行錯誤の末、昭和35年に発売。その後いちごスプーンは、ロングセラー製品となりました」

2

発売当初のカタログ。当時80円だったいちごスプーンも現在では520円。

当時からデザインは変わっていないとのこと

 

ーー今では、いちごミルクにして食べる方って、ほとんどいませんよね?

「いちごの品種改良でいちご自体が甘くなり、そのままフォークで刺して食べるのが主流となりました。その結果、いちごスプーンは使われなくなり、衰退していきました」

ーー いちごスプーンは現在も製造されているのでしょうか?

「はじめに開発されたデザインのものを含め、2種類だけを残して今でも製造しています。最盛期には年間5万本前後を生産していましたが、今は700本前後の生産数となっています」

 3

ラッキーウッド「ロマンスシリーズ」のいちごスプーン。

製造数は減っているものの、今も販売中のロングセラー商品

 

いちごスプーン人気に復活の兆し!? 

ーー いちごスプーンってもう消えてしまったものものかと思っていたのですが、近所のホームセンターやショッピングセンターの食器コーナーで、ふつうに売っていて驚きました。

「いちごを潰すために編み出されたいちごスプーンですが、最近はいろいろな使われ方をされているようです。今でも、年間数千本を製造しているメーカーさんが新潟県の燕市にありまして、その会社の方に聞いてみたところ、離乳食用や介護用として使われるお客さまが増えているとのこと。離乳食レシピの本にも、いちごスプーンの使い方が紹介されていて、お母さん方からも注目されているみたいですよ」

ーーまったく使われなくなったわけではないのですね。

ここへきて、いちごスプーンの便利さが見直されており、使う人も増えつつあるとのこと。使ったことのない方は、試してみてはいかがでしょうか?

 

いちごスプーンを使って簡単デザート作り

せっかくなので、いちごスプーンを使ってシャーベットを作ってみました。

熟したいちごをいちごスプーンでつぶして砂糖をかけ、牛乳をかけたものを、三菱電機の冷蔵庫に搭載されている“切れちゃう瞬冷凍”機能を使って凍らせてみました。

切れちゃう瞬冷凍を使うと、食材がサクッと切れるくらいの“ソフト冷凍”状態になるので、いちごをソフトなシャーベットみたいに楽しめるのでは? と思ったからです。

4

いちごスプーンでいちごをつぶす。熟した小さめのいちごの方がつぶしやすい

 

5

砂糖と牛乳を足す。このままでもおいしい。凍らせる場合は砂糖を多めに

 

6

三菱電機の冷蔵庫“切れちゃう瞬冷凍”機能を使いマイナス7℃で冷凍

 

7

カチカチになりすぎず、食べやすい

 

なつかしくて、やさしい味のシャーベットが出来上がりました! これなら子どものおやつにも安心ですね。作り方もとても簡単です。

普通に冷凍してしまうと、カチカチになって食べづらいのですが、今回は切れちゃう瞬冷凍を使ったので、サクッとスプーンを入れられて、とても食べやすく仕上がりました。ここに練乳を追加すると、コクが出ますよ。

特に小さな子どもがいらっしゃる家庭では、いちごスプーンってなにかと使えそうですね。ぜひお試しください!

 

【参考リンク】切れちゃう瞬冷凍でできるスイーツレシピ

主婦の味方!手軽でおいしいレシピ集

 

 

ラッキーウッド 小林工業株式会社(代表取締役社長 小林貞夫さん)

8

1868年に鍛冶業として創業。金属洋食器、銀器などを製造するメーカー。百貨店などで販売されているカトラリーブランド「ラッキーウッド」などで有名。今回お話を聞いた小林貞夫社長は5代目。 

ラッキーウッド 小林工業株式会社

https://www.luckywood.jp/

 

文・写真/石井和美

フリーライター・家電プロレビュアー。子ども2人と夫の4人家族。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。Webや雑誌などで多数執筆中。家電bloghttp://kaden-blog.net/」)管理人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加