04

How To

NEW

パーティに! 製氷皿でつくる華やかフィンガーフードレシピ

フードコーディネーターであり、スタイリストとしても活躍する鈴石真紀子さんに、おしゃれで簡単につくれる“製氷皿レシピ”を教えてもらいました。メニューは、ひとくちコロッケや押し寿し、ゼリー寄せにチーズケーキ、そして、手土産にもちょうどいいチョコスイーツです。製氷皿を使うことで形が均一になり、美しく仕上がる上に、持ち寄りパーティのときなどには製氷皿ごと持ち運べることで型崩れの心配がありません。型に詰めるだけなので、お子さんといっしょにつくることもできます。パーティや親子クッキングに、ご活用ください! Recipe 1パーティの前菜はこれで決まり!彩り野菜のゼリー寄せ「前菜やおもてなし料理として重宝するゼリー寄せは、100円ショップで手に入るフタ付きの製氷皿でつくれば、そのまま持ち運べてとても便利です。彩りが鮮やかになるようなお好みの具材を用意し、コンソメ味のゼリーで固めるだけ。具材を変えれば、何とおりものメニューを楽しめます」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿1枚分)枝豆…10粒おくら…1本ヤングコーン…2本パプリカ(赤)…1/2個ミニトマト…3〜4個カニカマ…2本ゼラチン…10g <A>水…200ccコンソメ顆粒…小さじ1塩…少々 つくり方(1) 枝豆、おくら、ヤングコーン、パプリカは塩(分量外)を入れた湯でサッと茹で、ザルにあげておく。(2)あら熱が取れたら、枝豆はサヤから身を取り出す。おくらはヘタを取り10等分に、ヤングコーンも10等分にする。カニカマは5等分にカットする。パプリカは2cm角程度に、ミニトマトは4等分にカットしてタネの部分を取り除く。(3)鍋に<A>を入れて中火にかける。フツフツと煮立ってきたら火を止め、ゼラチンを加えてよく混ぜ合わせる。(4)製氷皿に(2)を均等になるように入れ、上から(3)を流し入れる。あら熱が取れたら冷蔵庫へ入れ、3時間からひと晩ほど寝かせれば完成。 ★Point 湯煎をするときれいに取り外せる「取り出すときは、製氷皿の下から湯煎をし、ゼリーと製氷皿の間にナイフを入れ、すき間をつくるときれいに取り外せます」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 2 お刺身の盛り合わせでつくる手まり寿司Recipe 2お刺身の盛り合わせでつくる手まり寿司「お刺身の盛り合わせパックと製氷皿でつくった、彩り豊かな手まり寿司です。切り身を1/2程度にカットし、製氷皿に並べて酢飯を上からギュッと詰めれば完成! フタ付き製氷皿を使用し、生もの具材を避けて(例えば生ハムやスモークサーモンに)アレンジすることで持ち寄りパーティやピクニックにも活躍します」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿1枚分)刺身用切り身(まぐろ、サーモン、ボイルエビ、イカ)…各1/2切れ甘エビ…1本カニカマ…1/2本卵焼き…1/4切れきゅうりの薄切り…適量青じそ…適量いくら…適量香草…お好みでかいわれ大根…1本 寿司飯ごはん…1合分 酢…大さじ2砂糖…大さじ1/2塩…小さじ1/2 つくり方(1) 炊きたてのごはんに酢、砂糖、塩を混ぜ合わせた寿司酢をまわしかけ、うちわで扇ぎながら、ごはんをしゃもじで切るように混ぜて寿司飯をつくる。(2)お刺身の切り身、きゅうり、青じそ、かいわれ、香草などを手まり寿司サイズにカットする。(3)製氷皿にラップを敷き、(2)の具材を彩りよく並べていく。(4)(3)の上に(1)の酢飯を均等に詰め、指の腹で押して平らにならすようにする。(5)ラップを引っ張りながら中身を取り出し、手で軽く形をととのえてから器に並べれば完成。 ★Point ラップを使うと、ごはんが容器にくっつかずキレイにとり出せる「ラップを敷いた上に具材を詰めることで、型崩れせずに取り出すことができます」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 3 中身を秘密にすると盛り上がる! ひとくちサイズのサプライズコロッケRecipe 3中身を秘密にすると盛り上がる!ひとくちサイズのサプライズコロッケ「製氷皿にマッシュポテトとお好みの具材を入れてつくるミニコロッケです。均一な形に仕上がるので、お皿に並べて美しく盛り付けるのがおすすめです。具材はソーセージやチーズなどお好みのものを用意し、バラエティ豊かなひとくちコロッケを楽しみましょう。キムチやワサビなどの具材を忍ばせ、ロシアンルーレット的に楽しむこともできますよ(笑)。コロッケの上にケチャップやソース、マヨネーズなどをトッピングしてピックを挿せば、おしゃれ感が増します」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿2枚分)じゃがいも…中5個玉ねぎ…中1/2個ソーセージ、枝豆、チーズなどお好みの具材…適量油…小さじ1塩・コショウ…適量小麦粉…適量卵…1個パン粉…適量揚げ油…適量 つくり方(1)じゃがいもは皮をむいて鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて茹でる。竹串がすっと刺さるくらいになったら、湯を切り温かいうちにつぶす。(2)玉ねぎをみじん切りにする。ソーセージやチーズなど、お好みの具材をひと口大の大きさにカットする。(3)フライパンに油を入れて中火にかけ、(2)の玉ねぎをしんなりするまで炒める。(4)(1)と(3)をボウルに入れしっかりと混ぜ合わせ、塩・コショウで味をととのえる。(5)製氷皿に小麦粉をこし器などでふるい入れて容器の内側にまぶし、(4)のじゃがいもを製氷皿の8割程度まで詰める。中央部分にくぼみをつくり、ソーセージや枝豆、チーズなどお好みの具材を1箇所に1種類ずつ入れていき、上からじゃがいものマッシュを重ね、上部に小麦粉をまんべんなくふるいかける。(6)製氷皿をひっくり返して中身を取り出す。溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで3〜4分ほど揚げれば完成。 ★Point 具材はお好みのもので自由にアレンジを!「マッシュポテトの中央に具材を入れる工程は、お子さんに手伝ってもらうのもおすすめ。パーティのときは、おしゃべりしながらみんなでいっしょにつくるのも楽しいと思います」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 4 締めのスイーツもおまかせあれ! レアチーズケーキRecipe 4締めのスイーツもおまかせあれ!スティックレアチーズケーキ「ここでは、水筒用の細長い氷をつくれるスティック型の製氷皿を使用しました。四角い型でつくるとかわいらしいプチケーキ風になりますが、棒状の型でつくると大人っぽい雰囲気に仕上がります」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿2枚分)クリームチーズ…200g粉ゼラチン…5g水…25gプレーンクッキー(またはグラハムビスケット)…50gココアクッキー…50g無塩バター…40g生クリーム…200ccグラニュー糖(砂糖でも可)…80gレモン汁…大さじ1 <飾り用>粉糖…適量ミント…適量生クリーム(砂糖と合わせてあわ立てたもの)…適量ブルーベリー…10粒 つくり方 (1)クリームチーズは調理を始める1時間前くらいから常温におき、やわらかくしておく。粉ゼラチンと水を合わせる。(2)プレーンクッキー、ココアクッキーを1種類ずつビニール袋に入れる。クリームがはさんであるクッキーを使用する場合は、中身のクリームを取り除いておく。ビニール袋の口を手で持ち、すり棒などで外側から軽くたたきながらクッキーを砕く。(3)無塩バターをレンジで20秒ほど加熱して溶かし、(1)のビニール袋に半量ずつ加え、外側から全体が混ざるように手でよく揉みこむ。(4)クリームチーズと生クリーム、グラニュー糖をボウルに入れ、湯煎しながら泡立て器でよく混ぜ合わせ、なめらかなペーストにする。※このとき、少量の生クリーム(約20g)と砂糖(約2g)を取り分けて置き、トッピング用にあわ立てておく。(5)(4)に(1)の粉ゼラチンとレモン汁を加え、よく混ぜ合わせる。(6)製氷皿に(1)のクッキーをそれぞれ10等分になるように敷き詰め、上から(5)を流し入れる。軽くトントンと製氷皿をテーブルにたたいて中の空気を抜き、あら熱が取れたら冷凍庫に3時間からひと晩ほど入れて固める。(7)側面にナイフを入れて容器を逆さまにし、中身を取り出す。仕上げに生クリームやブルーベリー、ミントを添えてお皿に盛り付け、最後に粉糖を散らせば完成。 ★Point ナイフを使って丁寧に取り出す「ナイフで周囲に切り込みを入れ、下から持ち上げるようにするときれいに取り出せます。ひと晩しっかり凍らせておくと取り出しやすくなります。メインの料理を出すときに、デザートも用意しておきましょう。食べるまでに少し時間が空くことで、ほどよく解凍されます」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 5 手土産やギフトにぴったりプチチョコレートRecipe 5手土産やギフトにぴったりロリポップチョコ「最後は、シリコン製の型を使った、かわいいチョコギフトです。ここでは、ホワイトチョコとブラックチョコレートを1種類ずつ固めたものと、重ねて2層にしたものとをご用意しました。ほかにも、抹茶味のグリーンチョコレートやイチゴ味のピンクチョコレートなどを用意して、アレンジを楽しんでみてください。半分にカットした紙ストローを挿してチョコレートキャンディ風にアレンジすると、ギフト感がアップします。小袋に入れてリボンを結ぶとかわいく仕上がりますよ」(鈴石さん) 材料(15個取りのハート形製氷皿1皿分)ブラックチョコレート…100gホワイトチョコレート…100gトッピングピスタチオ、フランボワーズ、アーモンドなどのトッピング…適量 つくり方(1)ブラックチョコレートとホワイトチョコレートはそれぞれ細かく砕き、別のボウルで湯煎にかけて溶かす。(2)製氷皿に(1)のチョコレートをそれぞれ5個分ずつ流し入れ、お好みでピスタチオやフランボワーズ、アーモンドなどのトッピングを載せる。残りの5個分は、ブラックチョコレートを1/3量程度入れる。(3)割り箸を3膳用意し、それぞれ2本に割って両端に輪ゴムをくくりつける(4)製氷皿の列に合わせて(3)を置き、半分にカットした紙ストローを中央部分に挿しこんでいく。(5)(2)でブラックチョコレートを半量入れた部分の表面が固まってきたら、上からホワイトチョコレートを流し入れ、他の2列と同様、紙ストローを中央に挿しこみ、上からお好みのトッピングをかける。(6)あら熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上しっかりと冷やし固めて完成。 ★Point 割り箸を使ってストローを固定する「図のように割り箸に輪ゴムを巻きつけたものを用意します。チョコレートを流し込んだ型の上に置き、間に紙ストローをはさんでチョコレートが固まるまでそのままの状態にしておきます」(鈴石さん)  つくってくれた人鈴石真紀子さんスタイリスト/5歳と9歳の女の子のママ。雑誌や広告などさまざまな媒体で、衣食住に関するスタイリング提案を行うなど幅広く活躍。フードユニット「coton」として限定カフェやイベント出店などの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験や旅先での出会いなどから、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。【instagram】@cotonfood ●こちらの記事もオススメです![glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_965/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3656/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_464/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1713/"]

pixta_23706004_M

ニクイねぇ!調査隊

NEW

トレンドは「薄衣」!日本唐揚協会に聞いた、唐揚げトリビア10選

ごはんのおかず、お酒のつまみ、おやつや間食、夜食のお供と、いつでもどこでも食べられる“唐揚げ”。もはや国民食といっても過言ではないほど、我々にとって馴染み深いものといえるでしょう。しかし、それほど身近な存在であるにも関わらず、唐揚げには知っていそうで実はあまり知られていないトリビアが多く存在します。そんな唐揚げをとことん知り尽くしたスペシャリスト……ならぬ“カラアゲニスト”として、日本唐揚協会専務理事を務める八木宏一郎さんに、唐揚げについていろいろと教えてもらいました。 ――唐揚げの話をうかがう前に、まずは日本唐揚協会、そしてカラアゲニストについて教えてください。「私ども日本唐揚協会は、唐揚げを愛する人々の団体であるとともに、庶民の味の代表格である唐揚げを、SUSHIやTENPURAに続く世界的ブランドに認証されることを目標に、さまざまなパブリシティを活用した啓蒙活動を展開しています。そのなかで、唐揚げについて見識深く、またそのおいしさを多くの人々に伝えることのできる人物を“カラアゲニスト”として認定しています」 ――カラアゲニストに認定された方はどのくらい?「約7万5000人が認定されています(2017年1月現在)。唐揚検定に合格すれば誰でもカラアゲニストになれますので、ご興味のある方はぜひ私ども日本唐揚協会のサイトをご参照いただければと思います(笑)」 日本唐揚協会・八木宏一郎さんに聞いた「唐揚げのトリビア10選」 ――では改めまして、唐揚げに関するトリビアについてお聞きしていきます。まずは、唐揚げの基礎的な知識から。 [その1]唐揚げの定義「私ども日本唐揚協会では、唐揚げとはこういうものだという定義を定めております。それは食材に小麦粉や片栗粉をまぶして、油で揚げたものです。鶏肉に限らず魚や野菜でも、この定義に沿っていれば唐揚げになります」 [その2]唐揚げの起源と名前の由来「歴史的な観点からいいますと、江戸時代初期に中国から伝わった普茶料理(豆腐を油で揚げてしょうゆと酒で煮たもの)が唐揚げの始まりといえます。日本では昔から、海外から伝わった舶来物に対してトウ(唐)という頭文字を付けてきました。こうした経緯を考えても、日本唐揚協会の見解としては、「から揚げ」ではなく「唐揚げ」と表記すべきだと考えます」(八木さん)(編集部註:普茶料理が現在のような“唐揚げ”に進化した過程については、文献などが見つかっていないため不明なのだそうです) [その3]唐揚げ文化の発展「外食産業として一番最初に唐揚げが登場したのは、1932年(昭和7年)、東京銀座のレストラン三笠会館の銀座支店で提供された若鶏の唐揚げです。三笠会館伝統の味ということで、80年以上が経過した現在も人気のメニューになっています」−−80年以上ですか……。すごい歴史ですね。「唐揚げが家庭の食卓に上がるようになったのには、また違った経緯があります。戦後の国策としてタンパク質を卵(鶏卵)から摂ろうと、全国各地に養鶏場が多く造られました。卵を採り終えた鶏は肉がくさく硬いため、廃棄されることが多かったのですが、これをおいしく食べるための方法はないかということでさまざまなレシピが考案されました。そのなかから、ショウガやニンニク、タレや醤油に漬け込んで揚げる唐揚げが定着していきました」 【次のページ】唐揚げの「聖地」って?第一次・第二次唐揚げブームとは?[その4] 唐揚げの「聖地」−−唐揚げは日本中で食べられていますが「聖地」といえば?「特に養鶏場が多かった大分県北部の中津市や宇佐市などでは、唐揚げが食文化として根付き、多くの唐揚げ専門店が誕生しました。現在では、中津市は唐揚げの聖地、宇佐市は唐揚げ専門店発祥の地として知られるようになりました」 [その5]唐揚げブームには第一次と第二次がある−−最近は、各地で唐揚げ専門店をよく目にします。過去にもこういったブームはあったのでしょうか?「昭和30年代の後半から40年代の前半にかけ、唐揚げが大人気になりました。これを私どもでは第一次唐揚げブームと呼んでいます。第二次ブームは平成21年(2009年)、中津の人気店もり山と宇佐の人気店とりあんが東京に進出してきたのがブームの火付け役になりました。そして、平成21年を機に唐揚げ専門店の出店が全国各地に広まり、現在では約1000店舗に。平成21年を基準とすると、出店店舗数はその後の5年間で15倍以上に拡大しています」(八木さん) [その6]唐揚げの「親戚」−−ひと口に鶏の唐揚げといっても、地方によってバリエーションがかなり豊富ですよね。「宮崎県のチキン南蛮、愛知県の手羽先唐揚げ、最近では北海道のザンギが急速に知名度を上げています。これら以外にも、新潟県の半羽揚げ、長野県の山賊焼き、岐阜県の関からあげ、愛媛県のせんざんきなどがあります。いずれも同じ“唐揚げ”ですが、味付けや揚げ方など、地域によって独自の製法でつくられています」 唐揚げの新たなトレンド「薄衣」とは?八木さんとっておきの「マニアックな唐揚げトリビア」とは? [その7]もも肉をありがたがるのは日本だけ!?「実は、世界で最も食べられている鶏肉の部位は胸肉です」−−そうなんですか!?「海外では、もも肉よりも胸肉の方が人気です。ヘルシーで、肉を揚げた後にソースなどの味付けをするため、調理の際に鶏肉自体にかける手間が少ないことが理由といわれています。脂身が多くて柔らかいもも肉は、外国の方にとっては逆に下ごしらえに手間がかかってしまう点で敬遠されています。鶏肉を揚げる前に仕込むという考え方自体が、海外ではありえないことなのだそうです。日本人はそのあたりの手間を惜しまないですし、手間のかかる下ごしらえが日本では独自の調理法として確立しています。下ごしらえにそこまで手間をかけるのは、日本人くらいなのだそうです(笑)。結果的に、日本ではもも肉の柔らかくてジューシーな食感を普通に楽しめる環境にあり、それが鶏肉のスタンダードになっていることも、日本での人気の理由といえるでしょう」 [その8]コンビニ“唐揚げ”がブームを牽引−−唐揚げがここまでブームになった原動力は何でしょうか。「時間を問わず、いつでもおいしい“唐揚げ”を食べられるようになったのは、やはりコンビニエンスストアの影響が大きいです。昭和61年にローソンがからあげクンを販売したのが最初で、各コンビニの追随もあり、味のレベルがどんどん高くなっていきました。その波及効果ともいえるのですが、冷凍食品の唐揚げやスーパーでのお総菜として売られる唐揚げも、その品質を高くせざるを得ない状況に追い込まれる事態に(笑)。結果として、私たち買う側にとっては、おいしい唐揚げをいつでも気軽に買えるという状況になっています」 [その9]唐揚げの新たなトレンド「薄衣」−−“唐揚げ業界”の、最近の新しい動きといえば?「唐揚げの特徴ともいえる衣ですが、この衣の厚さを薄くした“薄衣”が唐揚げ業界の新たなトレンドになっています。これまで主流だった唐揚げは、その構成が1個20gで衣と肉の比率が3:7でした。これに対し、薄衣の唐揚げは、鶏肉自体の旨味を重視することで1個35gで衣1:肉9の比率になっています」「粉を鶏肉にまとわせる工程を粉打ちというのですが、薄衣はタレ漬けした鶏肉に対して揚げる直前に粉をまぶし、無駄な粉をはたいて落とす後打ちという手法をとっています。また、後打ちに対する工程として先打ちがありまして、こちらは粉をまぶした鶏肉を一定の時間寝かせた後、揚げる手法になります。薄衣でも、衣の食感を強く出すために、粉を片栗粉100%にしている店もありますね」−−粉の種類にも変化を付けているんですか?「私が知っているやり方では、唐揚げの粉は小麦粉と片栗粉のミックス。専門店さんによってさまざまですが、この比率は1:1であることが多いですね。また、米粉やコーンスターチなどを混ぜるなど、独自の工夫をされているお店もあります」 [その10]唐揚げ粉の歴史−−そもそも、お馴染みの「唐揚げ粉」はいつ頃から普及したのでしょう?「唐揚げ粉が商品として世に出たのは、昭和48年に日清製粉さんが販売した「日清から揚げ粉」が最初です。この商品登場を機に、家庭でも本格的な唐揚げがつくれるようになりました。現在では、専門店プロデュースのものなど、バリエーションも随分と増えてます」 ■八木さんの唐揚げに対するこだわりとは−−それでは最後に、八木さんがおすすめする唐揚げのおいしい食べ方やこだわりを教えてください。「今では、唐揚げ専門店やコンビニなどでおいしい唐揚げを手に入れることはできますが、自宅で揚げる唐揚げも、また趣があるものです。自分で揚げて食べる分には何の制約もなく、たとえば、唐揚げにかけるソースやトッピングを変えてみたり、揚げ油の種類をサラダ油だけでなくごま油やオリーブオイルにしてみたりといった、工夫できる余地がいくつもあることが、唐揚げの楽しさにつながっていると思います。ですので、やはり唐揚げは、おいしく、楽しく、が一番ですね」−−確かに、油やソースを変えると味がガラッと変わりそうですね。「揚げ油にオリーブオイルを用いるときは、相性のよいバジルで風味を付け、トマト系のソースをかける“イタリアン風”唐揚げがおすすめ。また、砕いたピーナッツや柿の種を肉に付けてから粉をまぶしたり、付けダレもマヨネーズベースにケチャップ、柚胡椒、カレー粉を入れたり、梅甘酢や甘味噌ダレに付けて食べたりするとおいしいですよ」−−お好きな部位は?「私は、胸肉ともも肉のミックスが好きですね。胸肉は他の肉と同じく、酵素を多く含んだフルーツやヨーグルトに漬け込むと、肉の繊維が壊れて柔らかくなります」−−今後の唐揚げの展開や、注目ポイントを教えてください。「いかにして胸肉の唐揚げをおいしく食べるか、を追求していくことですね。胸肉は安くてヘルシーであり、唐揚げにしても工夫やアイデア次第でおいしく食べられることを広めていきたいと思っています。それと、唐揚げの部位としてまだまだ発展の余地がある手羽元と内臓系にも注目しています」−−内臓系ですか! 手羽元はわかるのですが、内臓系は確かに唐揚げとしてはあまり聞かないですね。「砂肝の唐揚げはクセが少なく、焼き鳥にするよりも柔らかくジューシーに食べられます。レバーは血の固まりや筋を取り除き、臭いが気になる場合は塩水に20分ほど漬けておくと臭みが取れます。唐揚げにすると濃厚でねっとりとした食感を楽しめますよ」 普段、何気なく食べている唐揚げ。その世界は想像以上に広く、そして深いものでありました。取材にご協力いただいた八木さん、そして、日本唐揚協会に感謝の意を捧げつつ、明日のランチは唐揚げ定食をチョイスすることを心に決めました。 教えてくれた人八木宏一郎さん日本唐揚協会 専務理事。愛知県春日井市出身。全国の4000店以上で唐揚げを食した、筋金入りのカラアゲニスト。唐揚げを世界に通じるブランド“KARAAGE”にするべく、啓蒙活動に日夜奮闘中。日本唐揚協会 http://www.karaage.ne.jp/ ●こちらの記事もおすすめです![glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1124/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_644/"] 

160217_nikuine-5

How To

NEW

簡単&華やか! 親子三世代で楽しめる春の行楽弁当レシピ5

お外ごはんの機会が増えるこれからの季節。子育て夫婦の関心事のひとつといえば、お花見や運動会など、親子三世代がそろう機会での大人数向けのお弁当をどうするか。子どもひとり分のお弁当とは異なり、たくさんつくらなくてはならない上に、スペシャル感が欲しいので盛りつけにもこだわりたい。ばあば&じいじもいっしょに食べるので、子ども向けすぎるメニューは避けたい……。そこで、親子三世代みんながおいしくいただけて、簡単&豪華に見える行楽弁当レシピを、料理家の横山久美子さんに教えてもらいました。 「今回は、未就学児と小学校低学年のお子さんがふたり、パパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃんという構成の、6人分のお弁当を想定してつくりました。お野菜も動物性たんぱくもバランスよく摂れるおかずになっています」(横山さん) recipe 1 3種の色とりどりおにぎり「異なる色と味を楽しめる3色おにぎりは、老若男女が楽しめるバリエーションにしました。お重に入れる場合、三角形だとてっぺんがつぶれてしまうので、丸型がおすすめです。また、丸形だと彩りもよくわかるので、フタを開けたときのインパクトが大きいですね」(横山さん) 【桜でんぶと紅ショウガのお稲荷おにぎり】 材料(4個分)ごはん…200g刻み紅ショウガ…15g桜でんぶ…10g桜の塩漬け…6個油揚げ…小2枚 <A>しょうゆ…大さじ2砂糖…大さじ2みりん…大さじ1/2水…3/4カップ つくり方(1)油揚げは麺棒でのして、袋を開けやすくしてから熱湯をかけて油抜きをする。(2)<A>の調味料を入れて砂糖が溶けるまで中火にかけ、油抜きして半分にカットした油揚げを入れてフタをし、煮汁がなくなるまで煮詰めた後、冷ましておく。(3)炊きたてのごはんに刻み紅ショウガと桜でんぶ、塩抜きして刻んだ桜の塩漬け(※飾り用を少し取っておく)を混ぜ込み、煮汁を軽く切った油揚げのなかに50gのごはんをつめ、飾り用の塩抜きした桜の塩漬けをのせたら完成。 【コーンとくるみとプロセスチーズのおにぎり】材料(4個分)ごはん…200gコーン缶詰…40gプロセスチーズ(5mm角にカットする)...15g刻んだくるみ…10g塩(手塩)…小さじ1/3 つくり方(1)炊きたてのごはんに水をよく切ったコーン、プロセスチーズ、刻んだくるみを入れ、よく混ぜる。(2)手に塩をつけ、(1)のごはんを丸くにぎる。 【野沢菜と白ゴマのおにぎり】材料(4個分)ごはん…200g野沢菜の葉…2枚野沢菜の茎の部分…40g白ごま…適量 つくり方(1)野沢菜の茎の部分を刻み、白ごまといっしょに炊きたてごはんに混ぜる。(2)(1)のごはんを丸くにぎり、4個分のおにぎりにする。(3)野沢菜の葉は半分にカットし、4個のうちの2個を野沢菜の葉で包めば完成。 ★Point 具材の大きさをそろえる「ごはんに刻んで混ぜる具材は、なるべく同じくらいの大きさになるように切りそろえると、食感がよくなり、おいしさがアップします」(横山さん) 【次のページは】レンコンの照り焼きハンバーグ Recipe 2レンコンの照り焼きハンバーグ「お子さんが大好きなハンバーグは、レンコンをのせて照り焼き風味にすることで、おじいちゃん、おばあちゃんにも喜んで召しあがっていただける和のおかずに。レンコンのシャキッとした食感とジューシーなお肉の食感、ふたつの食感を楽しめて、食べごたえも満点です」(横山さん) 材料(6人分)合びき肉…300gレンコン…100g玉ねぎ(中)...1/2個パン粉…1/2カップ牛乳…大さじ4エリンギ(中)...1本卵(M)...1個しょうゆ…小さじ1オイスターソース…小さじ1塩…小さじ1/2片栗粉…適量サラダ油…大さじ1大葉…6枚 <A>しょうゆ…大さじ4酒…大さじ4みりん…大さじ4砂糖…大さじ2片栗粉…小さじ1水…大さじ3 つくり方(1)レンコンは厚さ5m程度で、6枚ほどスライスしておく。残りは5mm角に刻む。(2)エリンギは1cm角に刻む。(3)みじん切りにした玉ねぎと5mm角に刻んだレンコンに小さじ1のバターを加え、600Wの電子レンジで1分間加熱し、冷ましておく。(4)合い挽き肉に(1)の刻みレンコン、みじん切りにした玉ねぎ、エリンギ、卵、牛乳に浸したパン粉、しょうゆ、オイスターソース、塩、コショウを加えてよく混ぜる。(5)全体に混ざったら、冷蔵庫で少し冷やす。(6)スライスしたレンコンの両面に片栗粉をまぶし、丸めた肉だねに貼りつけるようにして成形する。これを6個つくる。(7)レンコンがついた部分を下にし、サラダオイルを熱したフライパンに入れて中火で焦げ目をつける。レンコンと肉だねがしっかりとくっついたらひっくり返し、フタをして蒸し焼きにする。白い汁がハンバーグから出てきたらOK!(8)照り焼きダレをつくる。<A>の調味料をハンバーグを取り出した後のフライパン(余分な油やごみは取り除く)に入れ、とろみがつくまで中火にかける。(9)ハンバーグに照り焼きダレをかけて絡ませる。(10)お重に入れる際、ハンバーグとハンバーグとの間に大葉を挟んで飾りつけする。 ★Point 片栗粉で接着する「スライスしたレンコンの両面に片栗粉をまぶし、肉だねに貼りつけて焼きます。このひと手間で、レンコンが肉だねからはがれにくくなります」(横山さん) 【次のページは】新じゃがいもとエンドウ豆とベーコンのフリッタータ Recipe 3 新じゃがいもとエンドウ豆とベーコンのフリッタータ「フリッタータとは、卵を使ったイタリアの家庭料理で、タルト生地のないキッシュのようなメニューです。材料を混ぜてオーブンで焼き、冷ましておくだけなので、先に仕込みをしておいて、オーブンで焼成している間にほかのメニューをつくるのがおすすめです。今回は春野菜を使いましたが、どんなお野菜も合うので、そのときどきの旬の野菜を組み合わせ、いろいろな味を楽しんでみてくださいね」(横山さん) 材料(6人分)卵(Mサイズ)...4個生クリーム…1/2カップ塩…小さじ1コショウ...適量パン粉…1/3カップベーコン…30g新じゃがいも(中)皮をむいたもの…100gエンドウ豆…40gピザ用チーズ…20gイタリアンパセリ…(刻み)2本飾り用イタリアンパセリ…適量 つくり方(1)ベーコンはカットし、新じゃがいもはイチョウ切りにしておく。イタリアンパセリはみじん切りにし、エンドウ豆とじゃがいもは沸騰したお湯で30秒ほど茹で、ざるにあけておく。(2)溶きほぐした卵に生クリームを加えてよく混ぜ、ベーコン、パン粉、塩、コショウ、チーズを入れてさらに混ぜる。(3)バット(※18cm×13cmの琺瑯バットを使用)にクッキングペーパーを敷き、その上に新じゃがいも、エンドウ豆を敷きつめ、卵液を流し込む。(4)180℃に温めたオーブンに(3)のバットを入れ、30分間焼成する。(5)焼き上がった(4)の表面に竹串を刺し、透明な水が出たら焼き上がり。(6)あら熱が冷めたら型から外し、お好みの大きさにカットしてイタリアンパセリを飾る。 ★Point パン粉を加える「パン粉を入れて焼くと、ふっくらとしたフリッタータに仕上がります」(横山さん) 【次のページは】春野菜の簡単アンチョビソース添え Recipe 4 春野菜の簡単アンチョビソース添え「食べやすくカットした生野菜に、簡単なのに味は本格的な生クリームでつくるアンチョビソースを添えた一品です。カップにソースと野菜をいっしょに入れ、食べやすさも重視しました」(横山さん) 材料(6人分)クレソン…1束カラー人参…1本赤芯大根…1本プチトマト…6個インゲン…12本大根…1/4本きゅうり…1本 <A>アンチョビペースト…小さじ1純正生クリーム…100mlニンニク…1/2かけ味噌…小さじ1/2 つくり方(1)野菜はよく洗い、食べやすい大きさにカットしておく。(2)生クリームにナイフで刻みつぶしたニンニクとアンチョビペースト、味噌を加え、焦がさないように中火にかける。とろみがついてきたら火からおろし、冷ます。(3)アンチョビソースを容器の底に敷き、カットした野菜を盛りつければ完成。 ★Point アンチョビソースに味噌を加える 「アンチョビソースには、お味噌を小さじ1/2加えます。簡単に深い味わいがプラスされますよ」(横山さん) 【次のページは】干し柿の白みそクリームチーズ巻き Recipe 5 干し柿の白みそクリームチーズ巻き「市販の干し柿に白みそあんを絞り入れただけで、とっても簡単。それなのに見映えがよく、凝って見える一品です。上品な甘さで、お弁当のデザートにピッタリです」(横山さん) 材料(6個分)干し柿…6個クリームチーズ…30g白あん…50g白みそ…小さじ1くるみ…6粒 つくり方(1)白あんに白みそを加えてヘラでよく混ぜ、白みそあんをつくる。(2)干し柿に切り込みを入れてクリームチーズをのせ、白みそあんを絞り入れて、くるみを飾る。 ★Point 干し柿に塩気をプラス「甘い干し柿に味噌とクリームチーズの塩分が入ることで、グッとコクが増します。そのまま食べるよりも、デザート感が出ますよ」(横山さん)  作ってくれた人横山久美子さん青森県出身。単身でカナダに渡り、カップケーキデコレーターとなる。帰国後、いがらしろみプロデュースフェアリーケーキフェア入社を経て、ニコライバーグマンカフェノムへ入社。パティシエとしてスイーツづくりの経験を積んだ後、2014年に独立。2016年8月からは、東京・南青山で故郷の青森食材を使った料理とお菓子の教室「Knock’s kitchen」をスタート。一般社団法人おにぎり協会公式メンバーでもある。雑誌、広告等のフードコーディネート、イベントのフードケータリングなどでも活躍中。[Facebook]https://www.facebook.com/KnockBlueForest-table-310517035767402/[Instagram]@knock214  ●こちらの記事もオススメです![glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2387/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3598/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1351/"] 

2

How To

NEW

ビールに合う! スキレットでつくる簡単おつまみレシピ7

2016年に大流行したスキレット(厚手の鉄製ミニフライパン)ですが、いまでも人気は衰えず、多くの人々から愛されています。鉄という素材の特性を生かし、初心者でもおいしく料理でき、そのまま食卓に出すこともできるなど、手軽に使えるのがその理由。さらに、どんなシンプルな料理もフォトジェニックな写真映えする料理に仕上がることから、SNSでも頻繁に登場する調理器具として有名ですね。今回は、そんなスキレットを使った「ビールに合うおつまみ」をご紹介します。どれもつくり方は簡単なものばかり。絶品スキレットおつまみをつくってみましょう! スキレットで冷凍ものでもホクホク&香ばしく! 焼き枝豆枝豆は夏野菜で、おいしい茹でたての枝豆を食べられるのは夏だけ……と思っていませんか? スキレットを使えば、冷凍品でも水っぽくなく、ホクホクの枝豆を食べることができます。 冷凍枝豆をそのままスキレットに入れて薄くゴマ油を引き、弱火から中火でじっくりとなかまで温めます。皮に焦げ目がつき、フツフツとしてきたら塩コショウを振ります。たったこれだけで、季節を問わず、ビールに合うおいしい枝豆を食べられますよ!冷凍のままスキレットでじっくり炒めます皮に焦げ目がついてきて、香ばしい“焼き枝豆”に。なかまでしっかり火をとおし、水分を飛ばしましょう 【続いては】ちくわとチーズが相性バツグン! スキレットでカンタンおいしいチーズちくわちくわとチーズが相性バツグン! スキレットでカンタンおいしいチーズちくわスキレットに薄く油を引いてちくわを軽く焼き、焼き目がついたらプロセスチーズをどっさり載せます。あとはオーブンに入れてしまいましょう。チーズが溶けてまわりが焦げてきたら完成です。チーズはパリパリでほどよく塩分が効いています。ちくわとチーズの相性も抜群で、お酒が進みます。おつまみの王道、ちくわです。さっと炒めましょうチーズを載せてオーブンで焼くだけ!ちくわのまわりのパリパリチーズも絶品 【続いては】高温でうまみを閉じ込める! アツアツをスキレットごと食卓へ「スキレットでステーキ」高温でうまみを閉じ込める! アツアツをスキレットごと食卓へスキレットでステーキスキレットに油を引いたら、うっすらと煙が上がるほどしっかり熱し、高温で肉を焼きます。うまみが閉じ込められるので、ステーキにぴったり。相性がいいので、外食でもお肉は鉄板で焼かれていることが多いですよね。一度スキレットで焼いたお肉を食べると、後戻りできなくなるほどのおいしさです。お肉は焼く前に冷蔵庫から出しておき、常温になってから焼くようにしましょう。塩コショウ、ステーキのたれなど、お好みの味付けでどうぞ。リーズナブルなお肉でも大丈夫。上等なお肉ならもっとおいしい!野菜をいっしょに入れてもおいしいですが、肉だけでももちろんOK焼きすぎないように注意してくださいねアツアツのまま、食卓で食べられるのもうれしいポイントです。リーズナブルなお肉でも驚くほどおいしく焼けますよ。ビールやワインのおともにいかがでしょうか? 【続いては】焦げ目で肉の風味アップ! 野菜がシャキッと仕上がる「スキレットでホルモン焼き」焦げ目で肉の風味アップ! 野菜がシャキッと仕上がるスキレットでホルモン焼き味付きの安いお肉も、スキレットで焼くと焦げ目がついておいしく仕上がります。ホルモンはサッと焼いてキムチを載せると、お酒のつまみとして最高です。カット野菜と味付け肉を合わせた野菜炒めも、テフロン加工のフライパンでつくるより野菜がシャキッと仕上がります。特別なコツはなく、初心者でも簡単につくれるところがうれしいですね。スーパーマーケットなどで売っているパック入りの味付けホルモンをサッと焼きます。キムチを載せればできあがりカット野菜と味付け肉があれば、包丁を使わずにシャキシャキの野菜炒めができます  【続いては】スキレットでふっくらおいしい焼き上がり 鮭の味噌マヨ焼きスキレットでふっくらおいしい焼き上がり鮭の味噌マヨ焼き 薄く油を引いたスキレットで鮭の両面を焼いたら、味噌とマヨネーズを混ぜた「味噌マヨ」を表面に塗ります。あとはグリルに入れ、味噌マヨに焦げ目が付いたらできあがりです。鮭がふっくらと焼きあがり、味噌マヨで塩分が追加されるので、お酒によく合います。日本酒、ビールなどにおすすめのおつまみです。鮭はあらかじめ両面を焼いておきます味噌+マヨネーズを混ぜて表面に塗り、グリルで焼きます身がふっくらしておいしい。これはお酒が進みます! 【続いては】箸がとまらない…… やみつきになる簡単おつまみ あたりめ焼き&漬け汁の大根ソテー箸がとまらない…… やみつきになる簡単おつまみあたりめ焼き&漬け汁の大根ソテーしょうゆ、みりん、水を1:1:1の割合で混ぜた漬け汁をつくり、そこに“あたりめ”を入れてひと晩おきます。そのあたりめを油を薄く引いたスキレットでサッと炒めてみました。しょっぱさがやみつきになる味です。ひと晩漬けておいたあたりめ焼きすぎるとかたくなるので注意。サッとでOK その漬け汁を使って大根をソテーします。サッと大根を焼き、漬け汁を加えます。火がとおったら最後にバターを載せ、ネギと塩コショウを少々。これはもう箸が止まりません。どんなお酒にも合います!あたりめの漬け汁で焼いた大根がおいしすぎます。家族にも大好評でした! 【続いては】スキレットレシピの超定番! 市販の“素”を使ってパパっとつくる お手軽アヒージョスキレットレシピの超定番! 市販の“素”を使ってパパっとつくるお手軽アヒージョスキレットといえばアヒージョ、ですよね。ニンニクを加えたオリーブオイルで、エビやマッシュルームを煮込む料理です。市販のアヒージョの素を購入すれば、ニオイが気になるにんにくに触れなくてもすみます。熱したオリーブオイルにサッと溶かし、エビとマッシュルームを入れます。お好みでタコなどを入れてもいいですね。おしゃれなアヒージョですが、スキレットがあればこんなに簡単に、自宅でつくれちゃうのです。こちらはワインやビールによく合います。アヒージョこそ、スキレットにぴったりな料理です ★PointIHクッキングヒーターとスキレット、実は相性抜群!スキレットというと、火で調理するというイメージが強いですが、IHクッキングヒーターとも相性がよく、おいしく料理できます。今回ご紹介したおつまみは、すべてIHでつくりました。ムラなく加熱されるので、とてもおいしく焼けるのです。IHクッキングヒーターでもスキレットは大活躍! ムラなく加熱されます。しかもすぐアツアツにまた、炒めた後、グリルに入れて焦げ目を付けることができるので、とても簡単ですよ。グリルは魚を焼くだけではもったいないので、ぜひこういったメニューにも活用してくださいね。特に三菱電機のIHクッキングヒーターは、オーブン、グリル、上火だけ、など、さまざまな加熱方法を選べるハイパワーなグリルを備えているので、短時間でおいしく仕上がります。三菱電機のIHクッキングヒーターは、火力が強くて焦げ目もバッチリスキレットがあれば、おつまみづくりのレパートリーがグッと広がります。ぜひお試しください!また、おいしいおつまみにはキンキンに冷えたビールが欲しくなるところですが、三菱電機の冷蔵庫なら“氷点下ストッカー”にストックしておけば、凍らせることなく、マイナス1.7℃のビールを楽しめます。ぜひこちらの記事(ビールをキンキンに冷やすには、冷蔵庫のどこに置けばいい?)もご覧ください。[glink url="http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/ih_cooking/"] 文/石井和美フリーライター・家電プロレビュアー。子ども2人と夫の4人家族。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。Webや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/)管理人。

にくいねぇmain

How To

あの家庭料理がコクのある美味に変身! 技アリ「オイスターソース」 使いこなしレシピ5

広東料理でよく使われるオイスターソースは、牡蠣(かき)を主原料としたコクのある味わいの調味料です。中華料理のレシピにたびたび登場するので、購入したことのあるご家庭も多いと思います。ところが、イマイチ使いこなせず、冷蔵庫の奥で消費期限を過ぎていく……という失敗も少なくありません。そこで今回は、オイスターソースになじみのない方はもちろん、頻繁に使っている方でも新たな発見につながるような、日本人好みの和風レシピを中心にご紹介します。スタイリストであり、フードコーディネーターとしても活躍する鈴石真紀子さんに教えてもらいました。「わが家では、一般的によく使われる中国産のオイスターソース以外に、タイや国産のものなど数種類常備しています。塩気や甘みなど、メーカーによって味が異なるので、作る料理によって使い分けたり、風味の違いを楽しんでいます。オイスターソースの魅力は、サッと炒めただけでも味わい深く仕上がる点ですね。忙しいときや、パパッとごはんをつくりたいときに活躍する調味料だと思います」(鈴石さん)  Recipe 1 5分でできるお手軽レシピ小松菜のオイスターソース炒め「『全体的に野菜が足りない』『もう一品なにか欲しい』『とりあえずおつまみを出したい』……。そんなときに役立つメニューです。小松菜以外に、ちんげん菜やほうれん草などの青菜や、ピーマン、キャベツ、もやしなどでもおいしくつくれます。お好みの野菜とニンニクがあれば、サッと炒めるだけで完成です。お好みで肉や卵、厚揚げなどを足してボリュームアップさせてもおいしいですよ!」(鈴石さん) 材料(2人分)小松菜…1把(300g)ニンニク…1かけ菜種油(サラダ油、ごま油でも可)…大さじ1 <A>オイスターソース…大さじ1酒…大さじ1 つくり方(1)小松菜は洗って3〜4㎝の長さに切り、茎と葉に分け、しっかりと水切りしておく。(2)フライパンに菜種油と、包丁の背でつぶしたニンニクを加え、中火にかける。ニンニクの香りがしてきたら、小松菜を茎、葉の順に入れて強火で炒める。(3)先に合わせておいた<A>を回し入れ、サッと混ぜ合わせたら完成。 ★Point 青菜は強火で一気に仕上げる「小松菜の葉部分を加えたら、鮮やかな色とシャキッとした歯ごたえを残すため、強火で一気に仕上げましょう」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 2 おいしいおだしでじっくり煮込んだような味わいに オイスターソースだしの時短おでんRecipe 2 おいしいおだしでじっくり煮込んだような味わいにオイスターソースだしの時短おでん「肌寒くなってくると、急におでんが食べたいときってありますよね。そんな日は、オイスターソースで仕込むのがおすすめです。牡蠣からじっくり抽出されたエキスがコクのあるだし汁になります。ちなみに、カレーのかくし味にオイスターソースを入れると、ひと晩寝かせたような旨味とコクがアップするのでおすすめです!」(鈴石さん) 材料(4〜5人分)おでんの具大根…3㎝×5切れ卵…4〜5個こんにゃく…1袋はんぺん…1枚ちくわ…2本厚揚げ…1袋昆布…適量その他(お好みの練り物や具材)水(だし汁)…2Lオイスターソース…大さじ1.5塩…大さじ1/2 つくり方(1)大根は輪切りにカットし、皮をむいて面取りした後、かくし包丁を入れて下ゆでする。卵はゆでておく。そのほかの具材も適当な大きさにカットし、必要なものは下ごしらえをしておく。(2)鍋に水(だし汁)、オイスターソース、塩を加えてよく混ぜ合わせ、上から(1)の具材を加える。沸騰したら弱火にして、コトコトと1時間ほど煮込めば完成。 ★Point 大根は前日に下準備しておく「大根だけは、前日に準備しておくのがおすすめです。隠し包丁(片側に十文字の切り込みを入れる)を入れて、米のとぎ汁でやわらかくなるまでゆでておきましょう。または、カットした大根を冷凍しておくと、短時間でも味がよくしみ込みやすくなります。大根を大量に買ったときには、カットして冷凍保存をしておくと便利。煮物やお鍋のときに活躍しますよ」(鈴石さん) 【続いては】 Recipe 3 いつもどおりの簡単調理なのに本格派! 上海風焼きそばRecipe 3 いつもどおりの簡単調理なのに本格派!上海風焼きそば「オイスターソース好きには、定番のメニューかもしれません。ソースの代わりにオイスターソースを使うだけで、いつもの焼きそばが上海風の本格的な味わいに変身します。今回はシンプルな味付けに仕上げましたが、お好みで顆粒の鶏がらスープやニンニク、しょうがを加えても。具材はエビとニラ以外に、豚肉やピーマン、キャベツなど、なじみの具材でもよく合います」(鈴石さん) 材料(2人分)中華麺…2玉エビ…200gニラ…1/2束もやし…100g [エビの下味]塩…少々紹興酒(酒)…小さじ1 <A>オイスターソース…大さじ1と1/2しょうゆ…大さじ1/2紹興酒(酒)…大さじ1油…大さじ1 つくり方(1)エビは殻をむき、背ワタをとる。片栗粉(分量外)と塩(分量外)を加えてもみ洗いした後、流水で洗い、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を拭き取って下味をつけておく。ニラは3〜4㎝の長さに切りそろえ、もやしはヒゲをとる。(2)フライパンに油大さじ1/2を入れて中火にかけ、中華麺を入れて動かさずに表面を焼き付ける。焼き色が付いたらひっくり返し、両面を焼いて軽く箸でほぐしたら、一度お皿に取り出す。(3)同じフライパンに油大さじ1/2をしき、中火にかけ、エビを炒める。火がとおってきたらもやしを加えひと混ぜし、(2)の中華麺を加えて中火強にして全体を混ぜ合わせる。(4)<A>の調味料を加え、最後にニラを加えて2分ほど炒めれば完成。 ★Point 麺を焼き付ける「麺を焼き付けてしっかりと焼き色をつけることで、香ばしい仕上がりになります。ソースを変えるだけでなく、こうしたひと手間をくわえるだけで、焼きそばがグレードアップしますよ」(鈴石さん) 【続いては】 Recipe 4 残り野菜と和えるだけ! オイスターソースの浅漬けRecipe 4 残り野菜と和えるだけ!オイスターソースの浅漬け「キュウリ、カブ、セロリ以外にも、にんじん、キャベツ、大根などの“ハンパ野菜”があれば、浅漬けにしてしまいましょう。漬けてから15分もすれば食べ始められます。時間とともに味がなじんで、しっかりした味わいに仕上がります。ボイルした鶏のささみやザーサイを加えて中華風の和え物にしたり、豆板醤やラー油などを加えてピリ辛に仕上げてもおいしくいただけます」(鈴石さん) 材料(3〜4人分)キュウリ…1本セロリ…1/2本かぶ…1個しょうがの千切り…1片塩…小さじ1 <A>オイスターソース…小さじ1米酢(酢)…小さじ1/2ごま油(お好みでラー油)…小さじ1 つくり方(1)キュウリは縦半分にカットし、種を取り除いて1㎝幅くらいの斜め切りにする。セロリはスジを取り除き、1㎝くらいの斜め切りに、カブは皮をむいて8等分のくし切りにする。(2)カットした(1)の野菜をボウルにまとめ、塩を加えて全体を混ぜ合わせ5分ほどおく。(3)(2)の水分をしっかりと切り、ビニール袋に入れ、しょうがと<A>を加えてよくもみ込み、しばらくおけば完成(冷蔵庫で半日〜ひと晩寝かせるとよりおいしい)。食べる直前にごま油をお好みでかけていただく。 ★Point キュウリの種を取り除く「キュウリの種はスプーンなどでくり抜いておきます。こうすることで、青くささや水っぽさが薄れます。表面の皮をピーラーで数カ所むいておくと、早く漬かります」(鈴石さん) 【続いては】 Recipe 5 さつまいもの甘みがグッと引き立つ 中華風の大学芋Recipe 5 さつまいもの甘みがグッと引き立つ中華風の大学芋「最後は、オイスターソースで味付けした大学芋です。オイスターソースの風味はそれほど感じませんが、旨味とコクが加わり、サツマイモの甘みがグッと引き立ちます。ごま油の香りが加わり大学芋がほんのり中華風の味わいに。油で揚げたり、レンジとオーブンを使ってつくりますが、今回は三菱電機のレンジグリル『ZITANG』を使い、より簡単に仕上げました」(鈴石さん) 材料(2人分)サツマイモ…中1本ごま油…大1 <A>砂糖…大さじ2みりん…大さじ1オイスターソース…小さじ1水…大さじ2黒ごま…適量 つくり方(1)さつまいもはひと口大の乱切りにし、15分ほど水にさらす。(2)(1)の水気を切り、キッチンペーパーなどでよく拭く。(3)ビニール袋にごま油、(2)を入れ、よくふって全体をなじませる。(4)角皿に網を載せ、(3)を並べる。(5)『ZITANG』の中段に入れ、〔レンジグリル〕〔手動〕でレンジ約5〜6分、グリル約8〜10分加熱する。焦げの具合をみて、グリル加熱の途中で裏返す。※600Wのレンジで約5〜6分→200℃のオーブンで約10分間加熱、でもOK。※レンジグリル『ZITANG』を使わない場合は、180℃に熱した揚げ油で5分ほど揚げてもOK。(6)温かいうちに<A>の調味料にからめ、最後に黒ごまをふりかければ完成。 ★Point 熱いうちに仕上げる「熱いうちにタレをからめたら、早めにバッドやオーブンシートへ広げましょう。芋どうしがくっつくのを防げて、きれいに仕上がります」(鈴石さん)  ★鈴石さんイチオシ! オイスターソースの“つけるだけ活用術”「マヨネーズとオイスターソースを混ぜ、野菜スティックに。また、残った餃子やワンタンの皮にオイスターソースを薄く塗り、シュレッドチーズを載せてトースターで焼きき、仕上げにお好みでカイエンヌペッパーをふると、ピリ辛でビールのつまみにぴったりです。オイスターソースはしょうゆやソースの代わりに気軽に使ってみると、いろいろと応用が効くと思いますよ。ぜひお試しください!」(鈴石さん)  つくってくれた人鈴石真紀子さんスタイリスト/5歳と9歳の女の子のママ。雑誌や広告などさまざまな媒体で、衣食住に関するスタイリング提案など幅広く活躍。フードユニット「coton」として限定カフェやイベント出店などの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験や旅先での出会いなどから、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。【instagram】@cotonfood 

0912_053

How To

知らなきゃ損! 料理の幅が広がる「葉物野菜」マンネリ解消レシピ5

サラダにしたりお味噌汁に入れたり、寒い時期なら鍋の具材にと、ついいつも似たような使い方をしてしまいがちな葉物野菜。もっといろいろな料理に使いたいけれど、イマイチおいしい食べ方がわからない。特売日に買いだめしても、なかなか使いきれない……。そんな方は少なくないはず。実は、葉物野菜は合わせる食材や調理方法を工夫するだけで、マルチに使える便利な食材なのです。そこで今回は、料理家の橋本彩子さんに、買いだめ食材も難なく使い切れる“フレッシュな葉物野菜レシピ”を教えてもらいました。「生で、もしくは、ゆでて食べるイメージが強い葉物野菜ですが、お肉やベーコンなど、旨味のある食材といっしょに調理すると、食べやすさがアップして量もたくさん摂れます。苦味やアクを軽減するには、オイルを使ったり揚げたりといった、ひと手間を加えること。生だとお子さんがなかなか食べてくれない……というご家庭も多いようですが、春菊サラダのようにドレッシングを工夫すれば、格段に食べやすくなりますよ」(橋本さん) Recipe 1  レタス半玉を贅沢使いレタスたっぷり肉巻き焼き「2人分のレシピで1/2玉分のレタスをたっぷり使ったレシピです。塩もみしたレタスにお肉を巻いてボリュームアップ。レタスは水気があるので、ソースがさらさらしていると、はっきりしない味になってしまいます。最後に冷たいバターを入れ、お肉とよく絡むとろみのあるソースをかければ、ごはんとの相性も抜群!」(橋本さん) 材料(2人分)レタス…1/2個豚ロース肉(薄切り)…4枚バター…5g薄力粉、塩、コショウ、ごま油またはサラダ油…各適量 <A>しょうゆ、みりん、日本酒…各大さじ1 つくり方(1)レタスは適当な短冊状に切り、塩少々(分量外)をふり、軽く揉んで10分ほど置く。その後水気を絞る。(2)豚肉を2枚、互い違いに広げて塩、コショウをふり、上に丸めた(1)を置く。豚肉で(1)を巻き、球状や俵状に形を整える。(3)熱したフライパンに油をひき、薄力粉をはたいた(2)を並べて、中火弱で転がしながら焼く。火を止めて<A>を加え、絡める。最後にバターを加えて、ソースにとろみをつける。 ★Point レタスは塩もみして水気を絞る「レタスは塩もみして、お肉を巻く前にしっかり水気を絞ります。手でギュッと水分を絞ってください。余計な水分が残っていると、お肉が巻きづらかったり、ソースが水っぽくなったりして、味が落ちる原因に」(橋本さん) 【続いては】Recipe 2 サラダや添え物イメージを一新! ルッコラ&ベビーリーフと桜海老のかき揚げRecipe 2 サラダや添え物イメージを一新!ルッコラ&ベビーリーフと桜海老のかき揚げ「ベビーリーフやルッコラといえば、サラダ! という人は多いと思いますが、揚げものにすると新鮮な一品に。イメージは洋風かき揚げです。めんつゆではなく、塩と青のりでいただきます。桜エビの塩分があるので、お子さんは何もつけず、そのまま食べてもOK。ベビーリーフは生で食べると苦味がありますが、揚げると軽減されて食べやすくなります」(橋本さん) 材料(2人分)ルッコラ…2束ベビーリーフ…1パック玉ねぎ…1/4個桜海老…大さじ2青のり塩(青のり小さじ1/3に、塩少々を混ぜたもの) <A>薄力粉…大さじ3冷水…大さじ2と1/2 つくり方(1)<A>を混ぜ過ぎないように合わせて衣をつくる。(2)かき揚げ1枚分のざく切りにしたルッコラと薄切りにした玉ねぎ、ベビーリーフ、桜海老を合わせ、薄力粉を小さじ1/3程度(分量外)茶こしでふりかける(衣がつきやすくなる)。(3)(2)に(1)を大さじ1程度かけ、さっくり混ぜて、170℃の低めの油に薄く広げるように入れ、まとまるように揚げる。お好みで青のり塩を添える。 ★Point 葉野菜に薄力粉をまぶす「薄力粉をまぶすと衣のつきがよくなります。さっくり揚げるには、衣をしっかり冷やしておくこと。鍋の中央で揚げるのではなく、端に寄せるように生地を落とすと、具材が散らばることなく揚げられます。最初から高温で揚げると焦げてしまうので、160~170℃程度の火加減で揚げるのもポイントです」(橋本さん) 【続いては】 Recipe 3 ほうれん草を丸ごとパスタソースに ほうれん草ジェノベーゼRecipe 3 ほうれん草を丸ごとパスタソースにほうれん草ジェノベーゼ「いわゆるジェノベーゼは生でペーストにしますが、アクの強いほうれん草はゆでてからペースト状にするとえぐみがなくなります。繊維が柔らかくなってからの方がペーストにしやすいという利点も。えぐみは身体にもよくないといわれているので、きちんと取り除いてから調理しましょう。オリーブオイルが入っているので1週間くらい日持ちします。サンドイッチのソースとして塗ったり、お肉にかけたりしてもおいしいです」(橋本さん) 材料(2人分)ほうれん草…1輪スパゲッティ…200g生ハム…6枚ドライハーブ(バジルやオレガノなど)…小さじ1 <A>ニンニク(すりおろし)…1片分オリーブオイル…大さじ5パルメザンチーズ…大さじ3白ごま…大さじ2塩…小さじ1 つくり方(1)ほうれん草は柔らかめにゆでて、冷水に取った後しっかり水気を絞る。ざく切りにして、<A>とともにハンドミキサーなどでペースト状にする。仕上げにバジルやオレガノなどのドライハーブを加え、混ぜる。(2)ゆででよく湯を切ったスパゲッティに(1)を適量絡め、生ハムを載せる。お好みでパルメザンチーズをふる(分量外)。 ★Point ペーストにドライハーブを入れる「ペースト状にした後、最後にドライハーブを入れて香りを出します。そうすると、ワンランク上のパスタソースに仕上がるんです」(橋本さん) 【続いては】 Recipe 4 たっぷりダレをかけたデパ地下風サラダ ゆで鶏の小松菜ねばとろダレRecipe 4 たっぷりダレをかけたデパ地下風サラダゆで鶏の小松菜ねばとろダレ「さっぱり食べられるごちそうサラダです。レンジでチンした小松菜に、たたいた長いもを入れ、めんつゆとオリーブオイルを絡めるだけ。小松菜はゆでてもOKですが、洗った後に水気を切らずにレンチンすると、パサつきも防げる上に簡単かつスピーディです。このタレは、納豆を入れてそのままごはんにかけてもおいしいですよ」(橋本さん) 材料(2人分)小松菜…2束長芋…20㎝(200g)鶏むね肉…250gしょうがのスライス…2枚長ねぎの青いところ…1本分 <A>めんつゆ…大さじ3オリーブオイル…大さじ1塩…小さじ1 つくり方(1)鍋に鶏むね肉としょうがのスライス、ねぎを加え、しっかりかぶる程度に水を入れて火にかける。沸騰したら弱火で5分加熱後、火を止めて湯が冷めるまで置く(余熱で火をとおす)。(2)ポリ袋に皮をむいた長いもを入れ、麺棒または空き瓶などで粗くたたく。小松菜はサッと洗い、長さを半分程度に切り、ラップに包んで600Wの電子レンジで1分程度加熱する。冷水に取った後水気をよく絞り、粗いみじん切りにする。(3)ボウルに(2)の長芋と小松菜、<A>を合わせ、ソースをつくる。(1)を食べやすいそぎ切りにして器に盛る。仕上げに上からソースをかける。 ★Point 長いもはポリ袋でたたく「長いもは包丁を使わず、ポリ袋に入れて麺棒で粗めにたたきます。このとき、すべてきれいにつぶさず、少し食感を残すのがポイントです」(橋本さん) 【続いては】 Recipe 5 鍋の定番野菜をサラダで新鮮メニューに 春菊とりんごのサラダベーコンオイルがけRecipe 5 鍋の定番野菜をサラダで新鮮メニューに春菊とりんごのサラダベーコンオイルがけ春菊とリンゴという旬の食材を合わせた冬サラダです。オリーブオイルとベーコンでつくったホットドレッシングがポイント。食べる直前にレモンをかけ、さっぱりとしたサラダに。リンゴの甘味とベーコンの塩気がよく合います」(橋本さん) 材料(2人分)春菊…1/2パックりんご…1/4個ベーコン…2枚くるみ(細かく砕く)…大さじ1ニンニク(みじん切り)…1/2個分オリーブオイル…大さじ3塩、コショウ、レモン汁…各適量 つくり方(1)春菊は葉を摘み、茎の太いところは半分に割っておく。冷水につけ、パリッとさせてよく水気を切る。りんごは皮付きのままスライスする。(2)フライパンにオリーブオイル、ニンニクと短冊状に切ったベーコンを入れ、弱火でベーコンがカリカリになるまで加熱する。(3)器に(1)の春菊、りんごを盛り付けて、上から熱々の(2)をかける。くるみを散らして塩、コショウをふり、レモンを絞る。 ★Point ベーコン入りの熱々オイルドレッシングをかける「春菊はそのまま食べると苦味が強いので、熱々のオイルをかけて苦味を軽減します。旨味たっぷりのカリカリに焼いたベーコンを入れ、コクとボリュームをさらにアップ!」(橋本さん)  つくってくれた人橋本彩子さん料理家。8歳男の子のママ。ケータリング、書籍、CM、映画の料理製作を経て独立。現在は料理雑誌、ファッション誌、教育雑誌などで料理の製作、テーブルスタイリングを中心に活動中。市場通いを日課とし、その食材を活かした料理レッスンやワークショップを実施している。自身の体験をもとにした家事服+エプロン「work onepiece」の企画販売も行う。[Instagram]https://www.instagram.com/saiko_hashimoto/[BLOG]http://citronnette.blog133.fc2.com/

0728_002

実感レポ

インスタで人気沸騰中! 料理家発・話題のビジュアルフードレシピ5

わんぱくサンドやスコップコロッケなど、ビジュアル映え抜群のフードメニューが今、InstagramをはじめとするSNSで大人気。美しい彩りや見た目のインパクトなど、おしゃれな料理は思わずアップしたくなってしまいますよね! また、一品で存在感がありテーブルが華やぐので、ホームパーティにもぴったりです。そこで今回は、アウトドア料理研究家でフードスタイリストの高松美里さんが考える、ビジュアルフードレシピをお届け! おしゃれなのに簡単につくれて、SNS映えもするメニューを5つ提案してもらいました。「ビジュアル映えする料理って“ハードルが高い”と思っている人が多いように思います。でも、手軽につくれるものがたくさんあって、今回のメニューも本当に簡単なものばかり。調理はベーシックに、器や小物をうまく使ってビジュアルアップします。食材自体がカラフルなときは器をシンプルに、料理の色合いが乏しいときは小さい器をたくさん使って、そして、サンドイッチはミニサイズで盛り付けるなど、見せ方やテーブルコーデのひと工夫で、一気にセンスアップ! 手軽さが魅力のメニューばかりなので、気負わずトライしてみてくださいね」(高松さん) Recipe 1 おなかも満たされる大満足サラダ簡単ローストビーフのデパ地下サラダ「デパ地下で売っているサラダ、いわゆる“デパ地下サラダ”って、おいしいけれど家計には優しくないのが難点。かといって、自宅でつくるのはいろいろと面倒くさそう……なんて思っている方は多いと思います。そこで、つくってもらいたいのがこのレシピ。かたまり肉を焼いて休ませるだけの簡単ローストビーフを載せると、一気に主役級のサラダにグレードアップします。バケットを薄くスライスしてクルトン替わりに散らすと、さらにおしゃれに」(高松さん) 材料(2人分)ローストビーフ用かたまり肉…200g塩、コショウ…各少々ニンニク(スライス)… 1片分ベビーリーフ…2カップクレソン…1束紫キャベツ(千切り)…1/8個スライスしたバゲット…4枚(カリッとトーストしておく) <ドレッシング>オリーブオイル…大さじ1バルサミコ酢…大さじ1塩、コショウ…各適量 つくり方(1)はじめにローストビーフをつくる。かたまり肉全体に塩、コショウを振り、スライスしたニンニクをまぶして、30分以上常温に出しておく。(2)フライパンに薄く油を敷いて熱し、かたまり肉の表面全体にしっかり焼き色をつける。 焼きあがったら火からおろし、アルミホイルに包んで休ませておく。(3)ベビーリーフ、クレソン、紫キャベツをバランスよく皿に盛り付ける。(4)食べる直前に肉をスライスして(3)の上に載せ、トーストしたバゲットを手で砕きながら散らす。オリーブオイル、バルサミコ酢をまわしかけ、塩、コショウ少々(<ドレッシング>)を振って味を仕上げる。 ★Point ホイルに包んで肉を休ませる「肉は表面を焼きつけたらフライパンから取り出し、ホイルに包んで休ませます。時間は焼き時間と同じくらいを目安に。そのくらい休ませると肉汁が落ち着き、旨味がギュッと凝縮されてしっとり仕上がります。しっかり火を入れたいときは、包んだ後に再度フライパンに戻し、余熱で温めるといいでしょう」(高松さん)  【続いては】 Recipe 2 おもてなしにも重宝するクイックレシピ スティックオープンサンド2種Recipe 2 おもてなしにも重宝するクイックレシピスティックオープンサンド2種「スターターにぴったりの前菜メニューです。バリエーション豊富に食べたいときは、これをさらに半分にカットしてひと口サイズに。子どもたちも大好きで、わが家の定番具材はアボカドとエビ。甘い系ならクリームチーズとブルーベリーの組み合わせなども合います。おもてなしやキャンプのときによくつくっています」(高松さん) 材料(2人分)食パン…2枚オリーブオイル…小さじ2ニンニク…1/2片 【カラフルトマトのカプレーゼ】ミニトマト(赤、黄、緑などカラフルなもの)…8個(半分にカット)ミニモッツァレラチーズ…4個(半分にカット)バジル…2枚(手でちぎる)オリーブオイル…大さじ1塩、コショウ…各適量※材料はすべてボウルで和えておく                                つくり方(1)パンはトーストして表面にオリーブオイルを塗り(食パン1枚にオリーブオイル小さじ1)、ニンニクの断面を擦りつけて香りを移す。その後、3等分にカットする。(2)(1)の上に、トマト、チーズ、バジルを、色合いを見ながら盛りつける。 【海老アボカド】サラダ用海老…6~8尾アボカド(スライス)…1/2個 <オーロラソース>マヨネーズ、ケチャップ…各大さじ1/2(混ぜておく)チリペッパー…適量 つくり方(1)パンはトーストして表面にオリーブオイルを塗り(食パン1枚にオリーブオイル小さじ1)、ニンニクの断面を擦りつけて香りを移す。その後、3等分にカットする。(2)(1)の上に、海老、アボカドを交互に並べ、上から<オーロラソース>をかける。最後にチリペッパーを振る。 ★Point パンにニンニクを擦りこむ「オリーブオイルを塗ったパンに、半分にカットしたニンニクの断面側を擦りこむだけ。このひと手間で、一気に味に深みが出て本格的になります」(高松さん) 【続いては】 Recipe 3 トマトソースでイタリアンにシフト! スコップコロッケRecipe 3 トマトソースでイタリアンにシフト!スコップコロッケ「つくり方は本当に簡単! 茶色いコロッケだけでは地味なので、大きい器にダイナミックに盛り付けたり、1人用のミニ器に盛るなど、食器で遊びを加えるといいと思います。定番の具材(ひき肉、じゃがいも、玉ねぎ)に、ベーコン(できればパンチェッタ)を足し、コクのあるコロッケに。焼き上がりに、刻んだトマトとバジルでつくったフレッシュソースを載せ、イタリアン風にしてみました」(高松さん) 材料(2人分) ジャガイモ…2個玉ねぎ(みじん切り)…1/2個ひき肉…100gパンチェッタ(小さくカットしてあるもの)…大さじ2塩、コショウ…各適量パン粉…大さじ4 <フレッシュトマトソース>ミニトマト…4個(半分にカット)バジル…数枚(手でちぎる)オリーブオイル…大さじ1レモン汁…大さじ1/2塩、コショウ…各適量※材料はすべてボウルで和えておく つくり方(1)フライパンでパン粉を乾煎りし、きつね色になったら取り出す。ジャガイモは柔らかくなるまで茹でて、マッシャーで潰しておく。(2)フライパンに油を少々(分量外)敷き、玉ねぎが透きとおるまで炒めたら、ひき肉、パンチェッタ(ベーコンでもOK)を加え、火がとおったらボウルに移す。(1)のマッシュしたジャガイモとよく混ぜる。(3)(2)を器に盛り付け、上にパン粉を敷き詰めて、トースターもしくはオーブンで表面に軽く焦げ目がつくまで焼く。(4)食べる直前に<フレッシュトマトソース>を載せる。 ★Point フレッシュトマトソースを載せる「簡単にできるトマトソースで、コロッケの味に変化をつけます。バジルは多めに入れたほうがおいしいです。ハーブ系をたくさん入れることに抵抗がある人もいますが、このソースはいっぱい入れてもクセがありません。バケットの上に載せたり、パスタに使ったりしてもおいしいですよ」(高松さん)   【続いては】 Recipe 4 ボリューミーでインパクト抜群! わんぱくサンドRecipe 4 ボリューミーでインパクト抜群!わんぱくサンド「わんぱくサンドは彩りが大事です。レタスにアボカド、ニンジンなど、色とりどりの野菜をたっぷり使ってカラフルに、目でも楽しめるサンドイッチに。かなり野菜が入っているので、子どもの食べっぷりがちょっと心配でしたが、わが家の4歳の息子はペロリ! パクパク食べてくれます」(高松さん) 材料(2人分)食パン(6枚切り)…2枚レタス…数枚スライスチーズ…2枚ツナ缶…1/2個(マヨネーズ小さじ1、塩、コショウ少々で和えておく)ニンジン…1/2本(千切りにしてオリーブオイル小さじ1、レモン汁大さじ1/2、塩、コショウ少々で混ぜて、キャロットラペをつくる)ゆで卵…1個アボカド…1/2個マヨネーズ…少々 つくり方(1)パン2枚のそれぞれ表面に、マヨネーズを薄く塗る。(2)(1)の上にレタス、スライスチーズ、ツナの順に重ね、ゆで卵を中央に載せる。次に卵がしっかり隠れるよう、キャロットラペをたっぷり載せる。さらに、スライスしたアボカドをキャロットラペの上に少しずつずらしながら載せ、すぐに食パンを載せて軽く押さえる。(3)ワックスペーパーでしっかり包んで、断面がきれいに見えるよう半分にカットする。 ★Point 具材の載せ方が大事!(1)マヨネーズを塗ったパンに、レタス、チーズ、ツナを順に載せ、ツナに埋め込むよう中央にゆで卵を載せる。 (2)卵を覆い隠すようなイメージで、上にキャロットラペをたっぷり載せる。 (3)スライスしたアボカドを少しずつずらしながら載せる。 (4)上から軽く押すように、もう1枚のパンを載せて蓋をする。 (5)ワックスペーパーでしっかり包む。最後に、断面が見えるよう半分にカットしたらできあがり。 【続いては】 Recipe 5 ふわふわ食感にとろけるアイスがやみつきに! ジェラートダッチベイビーRecipe 5 ふわふわ食感にとろけるアイスがやみつきに!ジェラートダッチベイビー「食後やおやつにさっぱり食べられるスイーツパンケーキ。ダッチベイビーはスキレットからはみ出すくらいボリューミーに膨らませて焼きます。温かいふわふわのパンケーキに、冷たいアイスのコンビネーションが絶妙です」(高松さん) 材料(2人分)薄力粉…50g卵…1個牛乳…70cc塩…少々バター…10gバニラアイスクリーム(お好みのアイスクリーム)…1個お好みのフルーツ(キウイ、ベリーなど)…適量ミント…数枚粉砂糖…少々 つくり方(1)はじめにダッチベイビーをつくる。オーブンを予熱で220℃に温めておく(※生地を入れた直後は一時的に温度が下がるので、高めに予熱しておく)。ボウルに振るった薄力粉、卵、牛乳、塩を入れ、よく混ぜる。ミニスキレットを火にかけ、バターを溶かし、生地半分を流し入れる。そのまますぐにオーブンに入れ、温度を200℃に下げて12~15分ほど焼く。(2)あら熱が取れたら、(1)にフルーツを盛り付ける。(3)食べる直前に(2)にアイスクリームを載せ、ミントを飾る。仕上げに粉砂糖を振りかける。 ★Point 粉砂糖をたっぷり振りかける「仕上げの粉砂糖は、スキレットからはみ出すくらいたっぷり上から振りかけます。そうすると、よりおしゃれに見えますよ」(高松さん) つくってくれた人高松美里さんアウトドア料理研究家&フードスタイリスト。5歳女の子、4歳男の子のママ。ヘアサロントップスタイリストを経て、出産後現職に転身。アウトドアブランドとコラボした料理企画をはじめ、雑誌、Web、広告、イベントのフードスタイリング、執筆など、幅広く活躍中。料理のほかDIYも得意で、インテリア関連の仕事もこなす。週末は季節を問わず、家族でキャンプを楽しむのが定番スタイル。[HP]http://bluekitchen.jp/[Instagram]@misatotakamatsu

0728_034

How To

巻くだけ簡単! キッズも大好き「サンドらず」レシピ5

サンドイッチといえば、パンで具を挟んで食べるものが一般的ですが、サンドせず、簡単につくれる“サンドらず”が今、人気を集めています。くるっと巻いたり、パンに切れ目を入れて具を詰めるだけなど、とにかく手軽! にもかかわらず、ビジュアル映え抜群だから、ピクニックはもちろん、おもてなしやパーティメニューにもぴったりです。クレープのような見た目でお子さんは楽しく食べられるし、ママにとっては料理時間の短縮にもなって、いいことずくめ! そんな、今すぐつくってみたいサンドらずレシピを、アウトドア料理研究家でフードスタイリストの高松美里さんに教えてもらいました。「ピクニックやキャンプシーンでも食べやすく、パパッとつくれるサンドらずは、アウトドア好きのわが家にとって定番メニューです。ホームパーティのときは、子どもたちが自分でトッピングできるようにしたり、食べやすい小さめサイズにしたりと、大人も子どもも楽しくスムーズに食事を楽しめるよう工夫しています。お酒を飲む大人には、ひと口サイズがちょうどいいおつまみにもなるんです。おなかいっぱい食べたいときは、具材をたっぷり入れてボリュームアップ。パンの使い方や具材、巻き方によって見た目が大きく変わるので、シーンや食べる人に合わせてレシピを考えています」(高松さん) Recipe 1 ポップなビジュアルで子どもも楽しく!贅沢ポテサラサンドらず「見た目も豪華でおなかいっぱいになるサラダパンです。パンをコーンに見立ててアイスクリーム風のビジュアルにしました。ポテトサラダを載せる最後の仕上げは、子どもたちにお任せ! おもてなし料理のときは、こういった楽しみを加えると、よりパーティ感を演出できると思います。茹でたジャガイモはすべて潰さず、あえてゴロっとした食感を残してボリューミーに。スタンドがなければ、コップやグラスに入れてもおしゃれですよ」(高松さん) 材料(2人分)食パン(山型耳付きパン)…2枚ジャガイモ…1~2個ツナ缶…1/2缶インゲン…4本レタス…4枚黒オリーブ(スライス)…数枚紫玉ねぎ(みじん切り)…1/4個分マヨネーズ…小さじ2塩、コショウ…各適量 つくり方(1)ジャガイモは皮をむいて2㎝の厚さにスライスし、水から茹でる。インゲンは茹でて、1/4の長さにカットする。 (2)ツナ、みじん切りにした紫玉ねぎ、マヨネーズを入れ、ボウルで和える。(3)(2)のボウルに茹でたジャガイモを入れ、マッシャーで潰す。インゲン、黒オリーブを混ぜて、塩、コショウで味を調える。(4)ワックスペーパーの上にパンを置き、レタスを敷いてくるくる丸め(アイスクリームのコーンのような形にする)、スクーパーもしくはスプーンで具材をたっぷり盛り付ける。 ★Point 具材をたっぷり盛り付ける「ポテトサラダは、スクーパーからあふれるくらいたっぷりとすくって盛り付けた方が、おしゃれに見えて見た目も豪華。控えめに載せると寂しく見えてしまうので、遠慮なく豪快に載せた方が、全体のバランスがよくなります。スクーパーがなければスプーンで代用してください」(高松さん) 【続いては】 Recipe 2 ハンバーグ入りでパパもおなかいっぱい! ロコモコ風サンドらずRecipe 2 ハンバーグ入りでパパもおなかいっぱい!ロコモコ風サンドらず「子どもが大好きなハンバーグを入れて、レタスやトマトなど野菜もたくさん食べられるようにしました。仕上げにうずらの目玉焼きを添えて、彩りも鮮やかに。おなかをしっかり満たす、大人も子どもも大満足のメニューです」(高松さん) 材料(2人分)【ミニハンバーグ2個分】(つくりやすい分量)ひき肉…100g玉ねぎ(みじん切り)…1/4個パン粉…1/4カップ卵…1個スライスチーズ…1枚(手で小さくちぎる)塩、コショウ…各適量 レタス…2枚うずらの卵…2個ミニトマト…2個 つくり方(1)ミニハンバーグは、ボウルにハンバーグの材料をすべて入れ、粘りが出るまでしっかりこねる。混ざったら4~6等分にして丸め、フライパンで焼く。(2)ワックスペーパーの上にパンを置き、レタスを敷いてくるくる丸め、ハンバーグを中央に置く。(3)うずらの卵で目玉焼きをつくり、ハンバーグの上に載せる。(4)半分にカットしたミニトマトを添えて完成。 ★Point 目玉焼きにうずらの卵を使う「通常サイズの卵だと大きくて収まりが悪いので、うずらの卵がおすすめ。ミニサイズがかわいくて、子どもウケもいいんです。焼き方は普通の目玉焼きと同じ。卵が小さいので、フライパンもミニサイズの方がつくりやすいと思います」(高松さん) 【続いては】 Recipe 3 サンドイッチパンでボリュームアップ! トルティーヤ風サンドらず Recipe 3 サンドイッチパンでボリュームアップ!トルティーヤ風サンドらず「タコミートはわが家の子どもたちの大好物なんです。しかし、子どものごはんに……と考えると、生地が薄いトルティーヤではちょっと物足りず、考えついたレシピがこちら。サンドイッチ用のパンを使って食べごたえをアップさせて、お肉をたっぷり入れれば満足度の高いパンメニューになります。そのまま食べてももちろんOKですが、輪切りにカットして並べると程よいサイズのフィンガーフードになって、お酒のつまみにもバッチリです」(高松さん) 材料(2人分)【タコミート】(作りやすい分量)ひき肉…200g玉ねぎ(みじん切り)…1/2個ニンニク(みじん切り)…1片トマト(水煮缶)…半分ミックスビーンズ(水煮缶)…1/2カップナツメグ、塩、コショウ…各適量オリーブオイル…大さじ1サンドイッチ用食パン…4枚レタス…4枚ミニトマト(1/4にカット)…2個アボカド(スライス)…1/4 個タコスチップス…2枚 <調味料A>酒…大さじ1砂糖…小さじ1ケチャップ…大さじ2ウスターソース…小さじ1 (1)まず、タコミートをつくる。フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて熱し、香りが出たら玉ねぎを入れ、透きとおるまで炒める。そこにひき肉を加え、火がとおってきたら、トマト缶、ミックスビーンズ、ナツメグ、酒、塩、コショウを入れ、<調味料A>を足して、しばらく弱火で煮込んで水分を飛ばす。(2)食パン2枚の端を1㎝ほど重ねた状態で並べて、麺棒で軽くつぶし、2枚を繋がった状態にする。(3)パンにレタスを敷き、スライスしたアボカドを並べて、その上にタコミートをたっぷり載せる。(4)くるくる丸めてワックスペーパーで包み、ミニトマト、タコスチップを刺したら出来上がり。そのままでも、半分にカットしてひと口サイズにしてもOK。 ★Point パンは麺棒で薄くのばす「サンドイッチ用のパンは、そのままでは小さくて具が少量しか巻けないので、2枚を繋げて大きくします。2枚が重なり合う部分をくっつけるように、全体を麺棒で軽くつぶします。こうするとたっぷり具を入れられて、厚みがなくなるので巻きやすくなります」(高松さん)  【続いては】 Recipe 4 切って詰めるだけの超お手軽サンドイッチ BLTサンドらずRecipe 4 切って詰めるだけの超お手軽サンドイッチBLTサンドらず「定番人気のBLTサンドは、厚めのパンに切り込みを入れ、具材を詰めるだけ! とにかく簡単です。子どもが食べやすいようにサイズを小さく、具材もミニマムにしたので、ひとりで食べてもボロボロ食べこぼす心配がありません。小腹が空いたときや、おやつにもちょうどいいサイズ。トーストはしてもしなくても、お好みで。どちらもおいしいですよ」(高松さん) 材料(2人分)食パン(小さめサイズで厚切りのもの)…2枚ベーコン…2枚レタス…2枚トマト(中玉)…1個      つくり方 (1)食パンは半分にカットし、お好みでトーストしてから、中央に切り込みを入れる。(2)ベーコンはカリカリに焼いて半分にカットし、トマトも1/4の厚さにスライスする。 (3)食パンの切れ目にレタス、ベーコン、トマトをバランスよく差し込んで、完成。   ★Point パンに切れ込みを入れる「真ん中に切れ込みを入れて具を詰めます。挟んだり巻いたりする手間がなく、切って入れるだけなので、本当にラク! ベーコンはカリッと焼いた方が詰めやすいです。サンドイッチは具を挟むと不安定になるので、完成後にパンや具がポロっと落ちてしまう、なんてことがよくありますが、切れ込みに入れれば崩れることがないので、見た目もつくりたてをキープできます」(高松さん) 【続いては】 Recipe 5 カラフルなフルーツをかわいくトッピング キャンディ巻きフルーツサンドらずRecipe 5 カラフルなフルーツをかわいくトッピングキャンディ巻きフルーツサンドらず「デザート気分で食べられるフルーツサンドは、キャンディ巻きにして見た目もかわいく。ワックスペーパーで巻いておくと、そのまま食べられて手軽です。切り口から見えるフルーツは、同じものばかりではつまらないので、カラーバリエーションを見せられるよう色とりどりのものを入れました」(高松さん) 材料(2人分)サンドイッチ用食パン…4枚マスカルポーネチーズ…大さじ4ホイップクリーム…1カップフルーツ…キウイ1/2個、ブルーベリー6粒、ラズベリー4粒、オレンジ1/4個 つくり方 (1)キウイ、オレンジは縦長になるようカットする。(2)食パンの表面にマスカルポーネチーズ(1枚につき大さじ1)を薄く塗り、その上にホイップクリームをたっぷり塗る。(3)(2)の中央に、縦のライン状になるようにフルーツを並べる。(4)くるくると丸めてワックスペーパーで包み、両端をキャンディのようにねじる。半分にカットしてフルーツの断面がきれいに見えるよう盛り付けたら完成。 ★Point フルーツは棒状にカットする「キウイやオレンジのようにカットして使うものは、巻きやすいよう棒状に切ります。ブルーベリーやラズベリーのような粒状のものは、縦に並べると巻きやすくなりますよ」(高松さん)  つくってくれた人高松美里さんアウトドア料理研究家&フードスタイリスト。5歳女の子、4歳男の子のママ。ヘアサロントップスタイリストを経て、出産後現職に転身。アウトドアブランドとコラボした料理企画をはじめ、雑誌、Web、広告、イベントのフードスタイリング、執筆など、幅広く活躍中。料理のほか、DIYも得意で、インテリア関連の仕事もこなす。週末は季節を問わず、家族でキャンプを楽しむのが定番スタイル。HP:http://bluekitchen.jp/Instagram:@misatotakamatsu 

0608_073

How To

食物繊維たっぷり! 子どもも喜ぶ海藻レシピ5

低カロリーで、ミネラルや水溶性の食物繊維が豊富な海藻類。カルシウムの吸収を促すといわれるマグネシウムを多く含み、家族みんなに食べてもらいところですが、味噌汁、サラダ、煮物など、レシピがパターン化しがちでウケがあまりよくない……。そんなご家庭も多いのではないでしょうか。そこで今回は、海藻を使った家族が喜ぶメニューを、オーガニックコンシェルジュ/ナチュラルフードコーディネーターの横山透子さんに教えてもらいました。「チーズと混ぜたり、コロッケやパスタ、スープに入れたりと、わが家で人気のメニューをご紹介します」(横山さん)。  Recipe 1  すぐにつくれて、パクパクいけちゃう!アオサとクリームチーズのディップ「材料を混ぜるだけの簡単レシピです。アオサの香りと、さわやかなクリームチーズが、とてもよく合います。パンやスティック野菜はもちろん、魚料理に添えるのもおすすめです」(横山さん) 材料(4人分)クリームチーズ…100gアオサ…大さじ1レーズン(みじん切り)…大さじ1レモン汁…小さじ1 つくり方(1)クリームチーズは常温に戻して柔らかくし、レモン汁を加えてなめらかに練る。(2)アオサ(大きい場合は手で細かくちぎる)とレーズンを加え、混ぜ合わせれば完成。 ★Point 相性のよい食材とミックスして使う「アオサ&クリームチーズの組み合わせは、レーズン以外に、くるみやドライトマトにもよく合います。みじん切りのきゅうりやパプリカを入れてクラッカーに載せると、彩りが華やかになります。パパやお子さん好みの食材と組み合わせてみましょう」(横山さん) 【続いては】 Recipe 2 料亭の味を自宅で簡単に楽しめる 魚と旬野菜の昆布締めRecipe 2 料亭の味を自宅で簡単に楽しめる魚と旬野菜の昆布締め「昆布締めと聞くと、難しいというイメージを抱く方がいるかもしれませんが、実はとっても簡単なんです。わが家では、お刺身が余ったときには昆布締めにし、翌日のおかずにしています。魚や野菜の昆布締めは、昆布の香りと旨味が素材に移り、上品な味に仕上がります。おもてなしにも重宝します」(横山さん) 材料(4人分)昆布…20㎝×4〜5枚 お好みの白身魚(刺身用)…約200gれんこん…7㎝(薄い輪切り)ラディッシュ…4玉(4等分にカット)みょうが…2個(縦半切り)ゆずの皮…少々(細切り)米酢…大さじ2酒…大さじ1水…大さじ1塩…適量 [梅しょうゆ]梅…1個(種を除いてたたく)昆布出汁…大さじ2(水に昆布をつけて1晩置いたもの)しょうゆ…大さじ1 つくり方(1)魚に塩を適量ふり、30分ほどおいて塩が魚の水分で溶けたら、キッチンペーパーで水分を拭きとる。(2)米酢大さじ1と酒を混ぜ合わせたものをキッチンペーパーに湿らせ、魚用の昆布2枚を拭いて柔らかくする。残りの米酢大さじ1と水を混ぜ合わせ、同様に野菜用の昆布2枚も拭いて柔らかくする。(3)(1)の魚を魚用の昆布でぐるぐると巻く。縦横に巻いて側面もすべて覆い、上からラップでギュッときつめに巻いて冷蔵庫へ入れる。(4)鍋に湯を沸かし、酢(分量外、野菜用昆布を拭いた残りでOK)を加える。再度沸騰したら、れんこんを10秒ほど湯どおしし、ざるで冷ます。(5)バットに昆布を1枚敷き、その上に野菜を彩りよく敷き詰め、もう1枚の昆布を上に載せてバットごとラップで包む。(6)魚、野菜ともにひと晩寝かせれば完成。[梅しょうゆ]の材料を混ぜ合わせ、かけていただく。 ★Point 少し薄めの昆布が巻きやすい「昆布締め用の昆布は、やや薄めのタイプがおすすめ。例えば、利尻昆布は味は良いですが厚めで巻きづらいので、わが家では日高昆布を使うことが多いです。昆布を戻すときは、キッチンペーパーに水分をたっぷりと含ませて拭くようにします。魚を巻く昆布は酒+酢で拭きます。野菜は酒の香りがきつく感じる場合があるので、酢+水で拭くようにしましょう」(横山さん) 【続いては】 Recipe 3 とろろ昆布とじゃがいもの相性が◎! ポテとろろコロッケRecipe 3  とろろ昆布とじゃがいもの相性が◎!ポテとろろコロッケ「余りがちなとろろ昆布は、ポテトコロッケに入れてしまいましょう。やさしい酸味がじゃがいもの甘みを引き立て、粘りはつなぎの役目をしてくれます。牛乳を少し加えることで、全体がまろやかに仕上がります。とろろ昆布が苦手なお子さんも、これなら食べられますよ」(横山さん) 材料(10個分)とろろ昆布…10gじゃがいも…500g玉ねぎ…中1/2個(みじん切り)ベーコン…50g(1㎝角切り)バター…大さじ1牛乳…大さじ2小麦粉…大さじ3卵…1個(溶いておく)パン粉…大さじ3菜種油(揚げ油)…適量水…適量塩…小さじ1/3コショウ…適量 つくり方(1)とろろ昆布はハサミで細かく切る。じゃがいもはよく洗って皮のまま鍋に並べる。少量の水と塩(ふたつまみ)を加え、蒸し煮にする。竹串がスッととおったら火から下ろし、熱いうちに皮をむき、フォークなどでマッシュする。(2)フライパンにバターを溶かし、玉ねぎと塩(分量外 ひとつまみ)を加えて中火で玉ねぎが透明になるまで5分ほど炒め、フライパンから取り出す。(3)(2)のフライパンにベーコンを入れて中火で炒める。パチパチと水分が飛ぶ音が収まってカリカリになったら火を止める。バットなどにキッチンペーパーを敷き、その上にベーコンを載せて余分な脂をとる。(4)(1)のマッシュポテトにとろろ昆布、玉ねぎ、ベーコン、牛乳を加えてよく練り合わせ、塩、コショウで味をつける。10等分の俵型に丸めて並べ、ラップをして冷蔵庫で1時間ほど冷やす。(5)小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけて、180℃くらいに熱した菜種油でこんがりと揚げれば完成。 ★Point とろろ+牛乳=クリーム仕立てに!「とろろと牛乳。不思議な組み合わせですが、生クリームを使ったようなコクとまろやかさが出ます。お好みでコーンなどを入れると、お子さんウケがさらにアップします」(横山さん)  【続いては】 Recipe 4 つるっとした舌ざわりが心地よい もずくとしょうがのスープRecipe 4 つるっとした舌ざわりが心地よいもずくとしょうがのスープ「味付けをしていない生のもずくを、少し酸味のあるスープでいただきます。ごま油でしょうがとねぎ、えのきをよく炒めると、とっても香ばしくておいしい! 体も温まります」(横山さん) 材料(4人分)もずく(味付けしていない生のもの)…150gしょうが…ひとかけえのき…50g長ねぎ…10㎝パクチー(三つ葉でも可)…適量昆布だし…800㏄酒…大さじ1しょうゆ…大さじ2純米酢…大さじ1ごま油…大さじ2粉山椒…少々塩…適量  つくり方(1)もずくはよく洗い、食べやすい大きさに切っておく。しょうが、えのき、長ねぎはそれぞれみじん切りに。パクチーは食べやすい大きさに切る。(2)厚手の鍋にごま油としょうがを入れ、中火でじっくりと熱して香りを出す。えのきと長ねぎを加え、しんなりとしてきつね色になるまでじっくりと炒める。(3)昆布出汁、酒を加えて強火にし、沸騰したら中火に戻してしょうゆを加える。もずく、酢を加えて2分ほど煮る。粉山椒と塩で味を調えて火を止める。(4)器に盛り、パクチーを載せれば出来上がり。 ★Point 丸1日間、冷蔵庫で水出しを!「出汁に使う昆布は、厚みのある利尻昆布がおすすめ。日高昆布よりも味が良く、濃い出汁が取れます。水に利尻昆布を入れて1日冷蔵庫で水出しすると、簡単においしい昆布出汁ができます」(横山さん) 【続いては】 Recipe 5 海苔好きな子どもに人気! ツナと長いもの海苔パスタRecipe 5 海苔好きな子どもに人気!ツナと長いもの海苔パスタ「仕上げに海苔をたっぷり入れた和風パスタです。わが家では、子どものお友達が遊びにきたときによくつくります。レモンを少し加えると、すっきりとした味わいに仕上がります。季節やお好みで調整してみてください」(横山さん) 材料(4人分)板海苔…4枚長いも…180gまいたけ…100gニンニク…ひとかけ小ねぎ…2本スパゲティ…360gツナ…2缶オリーブオイル…大さじ2しょうゆ…大さじ1レモン汁…大さじ1塩…適量コショウ…少々 つくり方(1)板海苔は手で細かくちぎる。長いもはよく洗い皮のまま短冊切りにする。まいたけは食べやすい大きさにほぐす。にんにくは皮をむいて包丁の背でつぶす。小ねぎは細かく輪切りにする。(2)鍋に湯を沸かし、沸騰したら塩、オリーブオイル(分量外)を少々入れてスパゲティをゆでる。(3)フライパンにオリーブオイルとニンニクを入れて中火にかけ、じっくりと香りを出す。ニンニクがきつね色になったら取り出し、長いもと塩ひとつまみを入れて炒める。(4)長いもが少し透明になったら、ツナ缶を汁ごと加え、まいたけも加える。ざっと混ぜたらしょうゆ、レモン汁を加える。(5)ゆであがったスパゲティを加えて混ぜ、海苔を加えてよく和える。塩、コショウで味を調えれば出来上がり。お好みでレモンを絞っていただく。 ★Point  海苔和えは、さまざまなお料理に「ちぎった海苔で和える方法は、いろいろな素材でお試しください。わが家ではよく、ゆでた小松菜とえのきをごま油+酢+塩で味付けし、仕上げに海苔で和えています。海苔が好きなお子さんは多いようなので、青菜などは海苔で和え、食べやすく仕上げてあげるのがおすすめです」(横山さん) 【続いては】 Recipe 6 油で炒めず、さっぱりと仕上げる 横山家のひじき煮Recipe 6 油で炒めず、さっぱりと仕上げる横山家のひじき煮「わが家のひじき煮は油で炒めないので、さっぱりとした味わいです。朝のうちにパパッと仕込んでおき、しっかりと味が染み込んだ状態で夜にいただきます。海藻好きの方、ヘルシーな煮物がお好みの方はぜひお試しください。多めに作って常備菜にし、卵焼きの具材にしたり、キッシュなどに混ぜてアレンジしたりすることも多い一品です」(横山さん) 材料(4人分)[下ごしらえ分]昆布…7㎝角×1枚干ししいたけ…1枚水…250㏄ひじき…20gにんじん…中1/4本れんこん…5㎝油揚げ…1/2枚水…250㏄酒…大さじ1みりん…大さじ1しょうゆ…大さじ3塩…ひとつまみ [下ごしらえ]昆布と干ししいたけを水につけ、冷蔵庫でひと晩置く。 つくり方(1)ひじきは洗って水につけておき、やわらかくなったら手ですくい上げて水気を切る。(2)ひと晩寝かした昆布と干ししいたけを取り出し、干ししいたけを3㎝の細切りにする。(3)にんじんは長さ3㎝の細切りに。れんこんは5㎜ほどの薄切りにして、4等分に切る。油揚げは3㎝幅ほどの薄切りにする。(4)鍋にすべての材料を入れて中火にかける。煮立ったら弱火にしてひと混ぜし、落とし蓋をして5分煮る。火を止めて冷めるまで放置し、味を染み込ませれば完成。  つくってくれた人横山透子さんオーガニックコンシェルジュ/ナチュラルフードコーディネーター/6歳の女の子と3歳の男の子のママ。ママと赤ちゃんが一緒においしく食べられる料理教室や親子味噌作り教室などで講師を担当。子育て世代にオーガニックのある暮らしを提案。 

0914_057_m

How To

おいしく食べてもっとキレイに! 簡単肌ケア「ビタミンC」たっぷりメニュー

紫外線を浴びたお肌は、そのまま放置してしまうと、老化の一途をたどることに……。保湿効果の高いパックや美容液などを使う外からのお手入れはもちろんですが、内側からのケアも大切です。そこで、積極的に摂りたいのが、美肌効果が高いといわれるビタミンC。水に流れやすく、熱によって壊れやすいビタミンCは、調理法や食材の組み合わせが肝心です。そこで、より効果的にビタミンCを摂取できる簡単レシピを、料理家の橋本彩子さんに教えてもらいました。「ビタミンCは、タンパク質といっしょに摂ると吸収率がアップしますので、すべてのレシピに肉、魚、卵を入れました。煮込み料理はスープにとろみをつけ、溶け出した栄養素も汁ごと食べられるように。熱の入れ方は、ゆでるのではなく電子レンジで加熱するなど、調理法を工夫するとより効果的に摂取できるので、ぜひ参考にしてみてくださいね」(橋本さん) Recipe 1 トロトロ野菜が主役のごちそうスープパプリカと鶏もも肉のトマト煮「野菜のなかでも、ビタミンCを豊富に含むパプリカ。大きく贅沢にカットして、鶏もも肉とトマトジュースで煮込みます。片栗粉でとろみをつけ、溶け出した煮汁もいっしょに味わえば、ビタミンCを余すところなく取り入れられます」(橋本さん) 材料(2人分)パプリカ(黄色)…1個鶏もも肉…1枚チキンスープ…150cc(市販のチキンスープの素1個を溶かす)トマトジュース…200ccニンニク…1片オリーブオイル…大さじ1ローズマリー…1枝(あれば)片栗粉…大さじ1(同量の水で溶く)塩、コショウ…各適量 つくり方(1)鍋にオリーブオイルをひいて、潰したニンニク、塩、コショウ(分量外)をした鶏もも肉を、皮を下にして火にかける。皮目がこんがりとしてきたらひっくり返し、6等分のくし形に切ったパプリカを加えて炒める。(2)(1)にローズマリーとチキンスープを加え、蓋をして、パプリカがとろりとするまで中火弱で15分ほど煮る。トマトジュースを加え、さらに10分ほど煮る。塩、コショウで味を整えて、最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。 ★Point 小麦粉をはたいて鶏肉をカリっと焼く「鶏肉を焼くときは、よく焦げつきを気にしますが、この料理に関しては、焦げついても問題ありません。スープを入れた後、鍋肌をこそげ落としながら煮込むと、焦げがうまみに変わるんですよ」(橋本さん) 【続いては】 Recipe 2  焦がしバターの熱々ソースで本格派の味に パセリバターのかじきステーキRecipe 2  焦がしバターの熱々ソースで本格派の味にパセリバターのかじきステーキ「添え物のイメージが強いパセリですが、実はビタミンCがたっぷり! 熱々のバターによってほどよい熱が入ると、苦味がなくなります。香りもよくなるので、簡単なのにプロ顔負けの味わいに。パセリはフライパンに直接入れて火をとおすと色が悪くなってしまい、おいしく見えないので、バターの後、最後にかけるのがポイントです。小学生の息子が大好きな料理です」(橋本さん) 材料(2人分)パセリ…1枝バター…大さじ3かじきマグロ…2切にんじん…1/3本オリーブオイル、塩、コショウ、薄力粉…各適量 つくり方(1)かじきマグロは塩を少々ふり(分量外)、15分程度おいた後、ペーパータオルで包んで水気を拭く。(2)フライパンにオリーブオイルをひき、塩、コショウをして薄力粉をはたいた(1)を並べる。中火で両面をこんがり焼いたら、弱火にしてかじきマグロに火をとおし、器に盛り付ける。にんじんはスライサーで細切りにし、ラップで包んで電子レンジで2分ほど加熱する。ペーパータオルで水気を拭いたら、かじきマグロにのせる。(3)フライパンにバターを溶かし、うっすら茶色になるまで加熱して、かじきマグロとにんじんの上にかける。バターが熱いうちに、茎を取り除いてみじん切りにしたパセリをたっぷりとかける。 ★Point 焦がしバターにする「バターはうっすら茶色になるくらいまで焦がします。ソースとしてかけるバターなので、焦がしたほうが香りがよくなって風味豊かになります。ちょっと焦げすぎてしまった! と思ったときは、すぐに火からおろし、濡れ布巾で熱を冷まして。ソースづくりはお皿に盛りつけた後に行ったほうが、バタバタしなくていいでしょうね」(橋本さん) 【続いては】 Recipe 3 ふわふわとろ~り食感がおいしい贅沢オムレツ ブロッコリーとベーコンのスフレオムレツRecipe 3 ふわふわとろ~り食感がおいしい贅沢オムレツブロッコリーとベーコンのスフレオムレツ「卵白を泡立て、ふんわりボリューミーなごちそうオムレツにします。ビタミンC食材のブロッコリーは、電子レンジで加熱した後によく水気を切ること。そうしないと、ふんわり感が出なくなってしまいます。焼くときは、小さめのフライパンを使ったほうがオムレツの高さが出て、調理しやすいですよ」(橋本さん) 材料(2人分)ブロッコリー…1/2束ベーコン…40g卵…3個パルメザンチーズ…大さじ2オリーブオイル…大さじ3塩、コショウ…各適量 つくり方(1)卵は、卵黄と卵白をそれぞれボウルに分ける。ほかの作業をする間、卵白は冷蔵庫で冷やしておく。(2)ブロッコリーは小房に分けて水をふり、ラップで包んで電子レンジで2、3分加熱する。あら熱が取れたらみじん切りにし、ペーパータオルで包んでしっかり水気を切る。(3)(1)で冷やしておいた卵白を、ツノが立つ程度にホイッパーで泡立てて、ゆるめのメレンゲをつくる。(4)(1)の卵黄が入ったボウルに(2)と拍子切りにしたベーコン、パルメザンチーズ、塩、コショウを加え、混ぜる。このボウルに(3)のメレンゲを加えて合わせ、潰さないようさっくりと混ぜる。(5)フライパン(直径20㎝程度の小さめのフライパンがあればつくりやすい)にオリーブオイルを熱し、(4)を一気に流し入れる。中火で加熱し、下面が固まり色づいてきたら、折るように半分に畳む。弱火で5分ほど加熱し、中がとろりとする程度にまで火をとおす。フライパンにお皿を当て、ひっくり返しながら盛りつける。 ★Point 卵白を泡立てる「卵白は冷やしたほうが泡立ちやすいので、冷蔵庫で15~20分程度冷やします。ステンレスのボウルだとより早く冷えます。ボウルを斜めに傾け、空気を含ませるように泡立ててください。しっかりしたツノを立たせるのは大変なので、7分立てくらいでも十分です。卵黄やそのほかの材料と混ぜるときは、泡を潰さないよう大きくさっくり混ぜましょう」(橋本さん) 【続いては】 Recipe 4 “レンチン”で完成! 火を使わないお手軽魚料理 白身魚のレモン蒸し Recipe 4 “レンチン”で完成! 火を使わないお手軽魚料理白身魚のレモン蒸し  「ビタミンCといえば、やっぱりレモン。電子レンジだけでつくれる手軽なレシピです。レモンをたっぷり載せたレモンワイン蒸しなら、たんぱくな味わいの白身魚もおいしくさっぱり食べられます。魚はオリーブオイルでコーティングしているので、電子レンジで温めてもパサつきません。太る要素の少ないとってもヘルシーなひと品です」(橋本さん) 材料(2人分)レモン…1/2個プチトマト…5個甘塩たら…2切れ白ワインまたは日本酒…大さじ3オリーブオイル…大さじ1塩、コショウ、イタリアンパセリ…各適量 つくり方(1)白身魚に塩をふり(分量外)、15分ほどおいた後、ペーパータオルで水気を拭く。プチトマトは半切りに、レモンは薄めのスライスにする。(2)耐熱皿に半切りにした白身魚、プチトマトを散らし、レモンを載せる。上から白ワインまたは日本酒をまわしかけ、塩、コショウをふり、オリーブオイルをかけてふわっとラップをしたら、電子レンジで7、8分、魚に火がとおるまで加熱する。最後にイタリアンパセリを散らす。 ★Point 塩をまぶして魚の臭みを抜く「たらには塩をふり、汗をかかせて臭み抜きします。魚から出た水分はペーパータオルでしっかり拭いてくださいね」(橋本さん) 【続いては】Recipe 5 鮮やかな色合いが美しいおしゃれサラダ 紫キャベツと鶏ささみのコールスローRecipe 5 鮮やかな色合いが美しいおしゃれサラダ紫キャベツと鶏ささみのコールスロー「砂糖と酢でもみ込んだ、ドレッシングいらずのサラダです。ビタミンCを多く含む紫キャベツは、加熱すると色が退色してしまうので、生で食べるのがおすすめ。お酢をかけるとさらに発色よく、美しい色になります。塩もみをすると量もたくさん食べられて、3、4日くらい日持ちもするので、常備菜としてつくり置きしてもいいですね。漬物のような箸休め感覚で食べられて、メインディッシュの付け合わせにも重宝します」(橋本さん) 材料(2人分)紫キャベツ…1/4個鶏ささみ…2本酢…大さじ2きび砂糖…小さじ2オリーブオイル…大さじ1マヨネーズ…大さじ1粒マスタード…小さじ2塩、日本酒…各適量 つくり方(1)鶏ささみはフォークで数カ所穴を開け、耐熱皿に並べて日本酒を少々ふり、ラップをふわっとかけて、途中、上下をひっくり返しながら3、4分電子レンジで加熱する。(2)紫キャベツは千切りにした後、塩をふってもみ込んで、10分ほどおいた後に水気を絞る。酢、砂糖の順に、加えるごとにもみ込み、最後にオリーブオイルをかける。(3)あら熱がとれた(1)を細かく裂き、マヨネーズと粒マスタードで和え、(2)の上に載せる。 ★Point 紫キャベツに酢をかける「紫キャベツは酢をかけると発色がよくなり、さらに色鮮やかになります。ビビッドな色がテーブルに映え、手軽な料理ですが華やかな仕上がりになります」(橋本さん)  つくってくれた人橋本彩子さん料理家。8歳男の子のママ。ケータリング、書籍、CM、映画の料理製作を経て独立。現在は料理雑誌、ファッション誌、教育雑誌などで料理の製作、テーブルスタイリングを中心に活動中。市場通いを日課とし、その食材を活かした料理レッスンやワークショップを実施している。自身の体験をもとにした家事服+エプロン「work onepiece」の企画販売も行う。[BLOG]http://citronnette.blog133.fc2.com/[Instagram]https://www.instagram.com/saiko_hashimoto/