How To

簡単・おいしい手づくりだしレシピ<後編>「基本のだしを使ったレシピ5選」

前編で、初心者でも簡単にできる、だしの取り方をご紹介したこの企画。後編では基本のだしを使い、おひたしや肉じゃが、だし巻き卵など“だしが決め手”となるレシピを、フードコーディネーターの横山透子さんに教えてもらいました。前編「基本のだし」の取り方はこちら◆「昆布だし」でつくる料理<昆布だしRecipe 1>水菜ときのこのおひたし「おひたしは本来、ゆでた野菜にしょうゆをかけるのではなく、野菜をだしにひたす料理です。水菜は火をと通したり浸したりしてもシャキシャキとした食感が残るので、おひたしにぴったりの野菜。昆布だしが引き出す、焼ききのこのうまみと合わせていただきます」(横山さん) 材料(4人分)水菜…1束きのこ…100g(好みのきのこを2〜3種類合わせ、食べやすい大きさにカットしたもの)昆布だし…100ccしょうゆ…大さじ1と1/3塩…2つまみ つくり方(1)昆布だしにしょうゆを合わせておく。(2)きのこをバットに広げて塩をふり、トースターなどで焼く(魚焼きグリルに入れて弱火で焼いてもOK)。しんなりしたら、熱いうちに1にひたす。(3)水菜を沸騰したお湯でゆでる。茎から入れて全体が鮮やかな緑になったら引き上げる。ザルにあげてあら熱を取り、しょうゆ(分量外)を2〜3滴垂らしてから水気をしぼり、食べやすい長さにカットする。(4)バットに水菜を平らに並べ、上から2をきのこごと回しかける。ときどきスプーンでだしをすくって上からかけながら、30分ほど置いてなじませる。さっと混ぜ合わせて、器に盛ればできあがり。 <昆布だしRecipe 2>豆ごはん「あっさりとした昆布だしは、豆類や芋類の自然な甘みととても好相性です。わが家では、野菜だけの炊き込みごはんは昆布だし、肉や魚が入るしっかり味の炊き込みごはんはかつおだしと、具材によってだしを使い分けています。初夏は生のグリーンピースやえんどう豆、秋はさつまいもやかぼちゃで炊き込みごはんを楽しんでください」(横山さん) 材料(4人分)米…2合グリーンピース(生)…60g(房から出した正味)昆布だし…約360ml(炊飯器の目盛りまで)酒…大さじ塩…小さじ1 つくり方(1)米をとぎ、15分間水につけてからざるにあげ、15分ほど置く。(2)米、昆布だし、酒、塩を炊飯釜に入れ、グリーンピースを上にのせる。(3)白米と同じ加減で炊きあげたら、下からやさしく混ぜるとできあがり。  ◆「かつお昆布だし」でつくる料理<かつお昆布だしRecipe 1>肉じゃが「かつお昆布だしを使うことで深いうまみが加わり、炒めずにコトコト煮込むだけでも十分おいしく仕上がります。やさしい味なので、小さなお子さんにもおすすめです」(横山さん) 材料(4人分)にんじん…中1本じゃがいも…中3個玉ネギ…中2個しらたき…150~200g牛肉…200g <調味料>かつお昆布だし…300ccしょうゆ…大さじ3砂糖…大さじ1.5酒…大さじ1 ごま油…小さじ1 つくり方(1)しらたきをざっと洗い、具材がかぶるくらい、ひたひたの水といっしょに鍋に入れて下ゆでする。水気を切ったら食べやすい大きさに切っておく。(2)野菜は皮をむき、にんじんはひと口大の乱切り、じゃがいもは1/8切り、玉ネギはまわし切りにする。(3) (1)のしらたきと調味料すべてを混ぜ、(2)の野菜を加える。(4) (3)を火にかけて煮立ったら、ひと混ぜして牛肉を加える。弱火にして落としぶたをし、ときどき鍋をゆすりながら15分ほど煮る。野菜に火が通ったら、ごま油をまわし入れて火を止める。しばらく置いて味をなじませる。  <かつお昆布だしRecipe 2>出し巻き卵「コクのある卵には、かつお昆布だしが良く合います。しっとりきれいな形に仕上げるのは難しいので、今回はご家庭用の簡単な作り方で作りました。仕上げに“巻きす”で形を整えるので、思い切って卵を流し入れてみてください」(横山さん) 材料(1本分)卵…3個かつお昆布だし…50ccしょうゆ…小さじ1塩…ひとつまみ つくり方(1)巻きすにキッチンペーパーを敷いておく。(2)ボウルに卵を割り入れてほぐす。かつお昆布だし、しょうゆ、塩を入れて、あまり泡立てないよう切るように混ぜる。(3)卵焼き器を熱して油を引き、キッチンペーパーで側面にもしっかり塗る。(4)卵焼き器がしっかりと熱くなったら、卵液を一気に流し入れ、すかさず箸で混ぜる。端の固まってきたところなどもぐるぐると巻き込むようにして、半熟のスクランブルエッグ状態にする。弱火にし、卵焼き器の向こう側から手前に丸める。(5)火を止め、すぐに1の巻きすに載せ、熱いうちにぎゅっと巻いて形を整える。その後一度広げて、キッチンペーパーの両はじをキャンディのようにねじる。再度、巻きすでギュッと巻き、そのまま30分ほど置いて固める。(6)巻きすとキッチンペーパーを外し、切り分ければできあがり。  ◆「煮干し昆布だし」でつくる料理<煮干し昆布だしRecipe>豚汁「煮干し昆布だしにはしっかりとしたコクがあるので、アクのある根菜や肉の油にも負けず、味をまとめてくれます。豚汁は豚肉と野菜のうまみもたっぷり入るので、あえて薄めて使うことでバランスよく仕上がります」(横山さん) 材料(4人分)豚バラ肉…100gにんじん…中1/3本大根…7cmさといも…4個(さつまいもやじゃがいもでもOK) ごぼう…1/4本しょうが…1かけこんにゃく…1/2枚長ネギ…1本煮干し昆布だし…2.5カップ水…2.5カップ味噌…大さじ4~5 つくり方(1)豚バラ肉は食べやすい大きさに切り、野菜はそれぞれ皮をむく。にんじんと大根はいちょう切り、さといもはひと口大、ごぼうは斜め薄切り、しょうがは細切りにする。こんにゃくは短冊切りにして下ゆでする。(2)長ネギを1/4くらいの長さに切って、トースターや魚焼きグリルなどで表面に焦げ目がつく程度に焼く。取り出して5cmの長さに切っておく。(3)長ネギ以外の野菜とこんにゃく、煮干し昆布だし、水を鍋にいれて中火にかける。沸騰したら豚バラ肉を入れ、弱火で10分ほど煮る。(4)長ネギを加えて2~3分ほど煮る。野菜に火がとおったら火を止め、味噌を溶かしてできあがり。 ◆トースターを使って時短クッキング「今回、『水菜ときのこのおひたし』できのこに塩をまぶして焼く際や、『豚汁』の長ネギを焼く際に、大きめのトースターを使いました。トースターならタイマーで焼き上がりを知らせてくれるので、焼いてる間に他の作業ができてラク。時短クッキングにもなりました!」(横山さん)  つくってくれた人横山透子さん ナチュラルフードコーディネーター/7歳の女の子と3歳の男の子のママ。オーガニックコスメ、食品、洗剤など世界のオーガニック商品を扱う会社、株式会社おもちゃ箱に勤務。子育て世代にオーガニックのある暮らしを提案している。レシピ提案や食にまつわるイベント・ワークショップなどの企画にも力を注ぐ。 ●こちらの記事もおすすめです。前編のリンク[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3539/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3416/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/forefront/post_3434/"]

How To

簡単・おいしい手づくりだしレシピ<前編>「初心者でもできる! だしの取り方・保存の仕方」

だしは、調味料と同じくらい料理の味を左右します。だしがあれば、ごくシンプルな素材と調理法でも、おいしい食事を用意できます。最近は、便利な粉末のだしパックなどもたくさん売られていますが、やはり“本物のだし”でつくった料理のおいしさにはかないません。だしを取る作業は面倒なイメージがありますが、実はとても簡単。今回は前後編にわたって、だしの取り方と、だしを使った基本の料理を、ナチュラルフードコーティネーターの横山透子さんに教えてもらいました。前編は、だしの取り方と保存方法についてご紹介します。 <だしの取り方>◆昆布だし「上品でやさしい味の昆布だしは、野菜や米など素材の味を生かすお料理と相性抜群です」(横山さん) 材料(つくりやすい分量)水…1L昆布…15g <つくり方>[caption id="attachment_5227" align="aligncenter" width="680"] (1)固く絞ったふきんで昆布を拭き、表面の汚れを取る。[/caption] [caption id="attachment_5229" align="aligncenter" width="680"] (2)水に昆布をつけて冷蔵庫で2時間~ひと晩置く。[/caption] [caption id="attachment_5218" align="aligncenter" width="680"] (3)2を中火にかけ、ときどきアクをすくいながら、ゆっくりと加熱する。[/caption] [caption id="attachment_5219" align="aligncenter" width="680"] (4)沸騰する直前に昆布を取り出し、火を止める。[/caption]★Point 冷たい状態から10分くらいかけて沸騰し始めるくらい、ゆっくり加熱します。そして、決して沸騰させないこと。煮るというより温めて、昆布のうまみを引き出すようなイメージです。鍋底と昆布の周りに泡が出てきたら取り出し時です。「取り出した昆布は、捨てずに冷凍するのがおすすめです。細切りにして佃煮にしたり、切らずにそのまま落としぶたとしても活用できます」(横山さん) ◆かつお昆布だし「かつお節のうま味が凝縮された香り豊かなかつおだしは、おすましやめんつゆ、煮物まで幅広く使えます。かつお出汁のうま味は日本人にとって基本の味。小さいお子さんがいるご家庭では、ぜひ日常的に作って味を覚えさせてあげてください」(横山さん) 材料(つくりやすい分量)水…1L+50mlかつお節……15g昆布……10g <つくり方>[caption id="attachment_5227" align="aligncenter" width="680"] (1)固く絞ったふきんで表面の汚れを取った昆布を水につけ、冷蔵庫でひと晩置く。[/caption] [caption id="attachment_5218" align="aligncenter" width="680"] (2) (1)を中火にかけて、ときどきアクをすくいながらゆっくりと加熱する。沸騰する直前に昆布を取り出し、水50mlをまわし入れて少し温度を下げる。[/caption] [caption id="attachment_5220" align="aligncenter" width="680"] (3)かつお節をほぐしながら入れて、まんべんなく火がとおるようサッとほぐす。下から泡が出て、かつおが持ち上がったらすぐに火を止める。[/caption]★Point かつお節を入れてからの沸騰は一瞬だけ。もし昆布を取り出した後に沸騰してしまったら、水を多めに入れて温度を沸騰直前まで下げてください。[caption id="attachment_5222" align="aligncenter" width="680"] (4) (3)をザルでこして、できあがり。[/caption] ◆煮干し昆布だし「煮干しに昆布を加えるだけで、簡単に濃厚な味のだしが取れます。煮干しだけで出汁をとるご家庭も多いですが、昆布と合わせると味に深みが出ます。力強い風味が野菜のアクや肉の脂などをおいしくまとめてくれますよ」(横山さん) 材料(つくりやすい分量)水…1L煮干し…20g昆布…5g <つくり方>[caption id="attachment_5217" align="aligncenter" width="680"] (1)昆布の表面を固く絞ったふきんで拭く。煮干しは頭をとって身を開く。さらに腹わたを取り除き、そのまま身を半分に割く。下処理が終わったら、身を水に浸けて冷蔵庫でひと晩置く。[/caption] [caption id="attachment_5225" align="aligncenter" width="680"] (2)鍋に移して中火にかけ、ときどきアクをすくいながらゆっくりと加熱する。[/caption][caption id="attachment_5226" align="aligncenter" width="680"] (3)沸騰直前で昆布を取り出す。そのまま沸騰させたら弱火にして5分ほど煮出す。煮干しをザルでこせばできあがり。[/caption] ★Point 煮干しは沸騰させて煮立てることで臭みが抜けます。昆布を取り出したら、静かに煮立ててうまみをしっかり煮出します。 <保存の仕方>だし汁のあら熱が取れたら、容器に移し替えて冷蔵庫で保存します。容器は立てて収納できるものを選ぶと、冷蔵庫の扉に収納できて場所を取らず、取り出しやすく便利です。保存期間は冷蔵庫で2日ほど。残りそうな場合は、小分けにして冷凍します。製氷皿に入れて冷凍すれば、使いたい分だけサッと使えて、離乳食づくりのときなどに便利です。「いろんな献立が、だしを使うだけで深みのある味わいになります。だしのある生活、オススメです!」(横山さん)  つくってくれた人横山透子さんナチュラルフードコーディネーター/7歳の女の子と3歳の男の子のママ。オーガニックコスメ、食品、洗剤など世界のオーガニック商品を扱う会社、株式会社おもちゃ箱に勤務。子育て世代にオーガニックのある暮らしを提案している。レシピ提案や食にまつわるイベント・ワークショップなどの企画にも力を注ぐ。 ●こちらの記事もおすすめです。[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3580/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4131/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_854/5/#anc01"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1713/"]

How To

今日はどう食べる? 栄養満点の納豆アレンジレシピ5

いまや日本を代表するスーパーフードとしても注目される納豆。その栄養価は非常に高く、しかも3パック100円前後で購入できるので、毎日食べたい身近な食材のひとつです。シンプルな納豆ごはんもいいけれど、他の食材と合わせると、また違った味わいを楽しめます。そこで、納豆をこよなく愛する料理家ユニット・マフィオの平床政治さんに、納豆のアレンジレシピを教えてもらいました。朝食やお弁当、晩酌やおもてなしなどで活躍する、驚きの納豆メニューをご紹介します。 ※納豆に添付されているタレの味はメーカーや種類によって異なるため、今回のレシピでは使用せず、しょうゆを加えて調理しました。 Recipe 1 炊きたてごはんでガッツリ食べたい納豆サルサ丼「納豆にモッツァレラチーズとトマトを加え、サルサ仕立ての納豆ごはんに仕上げました。この組み合わせが合うんですよ! しかも、栄養バランスもバッチリ。忙しいときや疲れた日でも、パパッとつくれる時短レシピのスタミナ丼です」(政治さん) 材料(2人分)納豆…1パックしょうゆ…小さじ1 <A>具材油あげ…1/2枚トマト…小2個モッツァレラチーズ…50g玉ねぎ…1/4個パクチー(お好みで)…適量 <B>調味料クレイジーソルト(塩でも代用可)…小さじ1/2チリパウダー…小さじ1/2ケチャップ…大さじ1リンゴ酢…大さじ1レモン汁…少々 つくり方(1)油あげを魚焼きグリル(フライパンでも利用可)で、両面に焼き色がつくまで焼く。(2)(1)を含む<A>のすべてを1cm角に切りそろえる。(3)納豆にしょうゆを加え、よく混ぜ合わせる。(4)(2)の具材、(3)の納豆、<B>をボウルに入れ、混ぜ合わせる。(5)ごはんを器に盛り、上から(4)をかければ完成。 ★Point 具材を同じ大きさに切りそろえる「納豆の粒と同じくらいの大きさに具材を切りそろえましょう。こうすることで見た目が美しくなる上に、納豆が他の食材とよく絡み、食べやすくなります」(政治さん) 【次のページは】朝食やお弁当、おつまみにもGood!納豆オムレツのホットサンド Recipe 2 朝食やお弁当、おつまみにもGood!納豆オムレツのホットサンド「ふんわりとした納豆オムレツを、食パンに挟んでホットサンドにしました。納豆は卵と合わせて加熱すると特有の匂いがやわらぐので、お弁当にも使えます。薄めの食パンでサンドすればスナックみたいな食感に仕上がるので、おつまみやおやつにもオススメです」(政治さん) 材料(2人分)卵…3個生クリーム…大さじ1納豆…1パックしょうゆ…小さじ1バター…20gベーコン…3枚塩、コショウ…適量食パン(8〜10枚切り)…4枚 つくり方(1)卵と生クリームをボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。(2)納豆にしょうゆを加え、よく混ぜ合わせる。(3)フライパンにバターを引いて弱火にかけ、1cm幅に切ったベーコンを加えて炒める。(4)ベーコンに火がとおったら中火にし、(1)を流し入れてフライパンを揺らしながら30秒ほど加熱する。(2)を加えて弱火にし、全体が半熟になるまで火を通す。(5)(4)に焼き色が付いたら、塩、コショウを表面に振り、裏返して半月状に形を整えながら1分弱加熱する。(6)食パンにバター(分量外)を塗り、(5)のオムレツを半量ずつ2枚の食パンでそれぞれサンドし、ホットサンドメーカー(トースターなどでも代用可)で焼き上げれば完成。 ★Point 卵に火をとおしすぎない「フライパンに卵を流し入れたら、箸で混ぜず、フライパンを揺らしながら卵に焼き色をつけます。こうすることで、卵の中に余計な火がとおるのを防ぎます。卵を裏返した後は、1分弱で火を止めることで、ふんわりとしたオムレツに仕上がります」(政治さん) 【次のページは】納豆嫌いでも思わずパクリ!ひき肉とエビの納豆コロッケ Recipe 3 納豆嫌いでも思わずパクリひき肉とエビの納豆コロッケ「わが家の子どもたちの大好物です。コロッケのタネに納豆を加えると、納豆の匂いや粘りがほとんど感じられず、大豆のホクホク感と甘みが引き立ちます。納豆が苦手な方でもきっと食べられますよ」(政治さん) 材料(6個分)ジャガイモ…中2個玉ねぎ…1/2個エビ…50g油…小さじ1合びき肉…100g塩、コショウ…少々バター…大さじ1納豆…1パックしょうゆ…小さじ1小麦粉…1/2カップ溶き卵…1個分パン粉…1カップ揚げ油…適量 つくり方(1)じゃがいもを蒸して皮をむき(電子レンジで調理しても可)、ボウルに入れて麺棒などでつぶす。(2)玉ねぎをみじん切りにする。エビは殻と背ワタを取り除き、身を包丁で粗みじんにする。(3)フライパンに油を引いて中火にかけ、合びき肉と(2)の玉ねぎを加え、塩、コショウを振ったら弱火にし、5分ほど炒める。(4)(3)にバターと(2)のエビの身を加え、さらに2分ほど炒めて火を止める。(5)納豆にしょうゆを加えてよくかき混ぜる。(6)(4)の具材と(5)の納豆を(1)のボウルに入れて混ぜ合わせる。(7)(6)のタネを6等分にし、楕円形にする。(8)(7)に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付け、180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで揚げれば完成。 ★Point 粗みじんにしたエビを加える「納豆とエビは味の相性がとてもいいんです。エビを加えることで、他の具材と納豆の味わいをなじませてくれます。また、エビは包丁で粗めにたたくことで、プリッとした食感が生きておいしく仕上がりますよ」(政治さん) 【次のページは】おつまみといえばコレ!薬味たっぷり納豆油あげ Recipe 4 おつまみといえばコレ!薬味たっぷり納豆油あげ「ミョウガ、三つ葉、ネギなどの薬味をたっぷりと加えた納豆を、油あげで包んで焼きました。油あげの香ばしい食感と具材の風味が絶妙で、お酒が進みます。ごはんにのせてもイケますよ!」(政治さん) 材料(2人分)油あげ…長方形1枚納豆…1パックしょうゆ…小さじ1 <A>薬味ミョウガ…1個三つ葉…3〜4本白ネギ…1cm <B>調味料味噌…小さじ1しょうゆ…小さじ1ごま油…小さじ1/2 つくり方(1)油あげを半分に切り、切り口側から開いて袋状にする。(2)<A>をすべて粗みじん切りにする。(3)納豆をボウルに入れ、しょうゆと(2)の薬味を加えてよく混ぜ合わせる。(4)(3)に<B>を加えてさらに混ぜる。(5)(4)を(1)の油あげに詰め、袋の口を爪楊枝で止める。(6)魚焼きグリルに(5)の油あげを並べ、ときどきハケで表面にしょうゆ(分量外)を塗りながら、ごく弱火でじっくりと両面を焼けば完成。 ★Point 油あげの表面にしょうゆを塗りながら焼く「油あげの表面にしょうゆを塗りながら、弱火でじっくりと火をとおしていきます。こうすることで、しょうゆが香ばしくなり、油あげの表面がカリッとした食感に仕上がります」(政治さん) 【次のページは】やみつきになる味わい!納豆ドライカレーRecipe 5 やみつきになる味わい納豆ドライカレー「納豆はチャーハンにしたり、カレーに加えたりするとおいしさがアップします。そこで、ここではそのふたつを組み合わせたドライカレーにしました。甘みと食感にこだわった、マフィオの納豆ドライカレーレシピをぜひお試しください」(政治さん) 材料(2人分)合びき肉…200gナツメグ…小さじ1シナモン…小さじ1塩、コショウ…少々バター…15gレーズン…大さじ1ナッツ…大さじ1赤ワイン…大さじ2納豆…1パックしょうゆ…小さじ1ごはん…茶碗2杯分 <A>具材玉ねぎ…1/4個ナス…小1個にんじん…1/2本 <B>調味料ケチャップ…大さじ1チャツネ(あれば)…大さじ1カレー粉…大さじ1ターメリック…大さじ1 つくり方(1)合びき肉にナツメグ、シナモン、塩、コショウを加えて混ぜ合わせる。(2)みじん切りにした<A>を、フライパンに少量の油(分量外)を入れて弱火にかけ、しんなりとするまで5分ほど炒めて別皿に取る。(3)別のフライパンにバターを引いて中火にし、(1)を加えて5分ほど炒める。レーズンとナッツを加えてさらに3分ほど炒める。(4)(3)に(2)と<B>を加え、よく混ぜながら3分ほど中火で炒める。(5)フライパンの縁から赤ワインを回し入れて、全体をよくかき混ぜる。赤ワインのアルコールをしっかりと飛ばしてから、納豆を加える。(6)(5)がよく混ぜ合わさったところで、塩、コショウを加えて味を整える。(7)(6)にごはんを加え、木べらなどで具材を崩しながら、全体を手早く炒め合わせれば完成。 ★Point レーズンとナッツを加える「レーズンの甘みとやさしい酸味が味の深みとなり、ナッツの香ばしさと食感はアクセントになります。ドライカレーをつくるときは、このふたつを加えるのがオススメです」(政治さん) 教えてくれた人マフィオ(平床政治+asaco)平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。9歳と3歳の女の子、7歳の男の子のパパ&ママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことがきっかけで、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。Facebook https://www.facebook.com/hiratoko.mafio/ Instagram    https://www.instagram.com/hiratoko.mafio/  ●こちらの記事もおすすめです。[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1859/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1874/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1827/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_261/"]  

How To

冷凍ごはんも上手に活用! 残りごはんでつくる「子どものおやつ」レシピ5選

お茶碗1杯分など、中途半端に残ってしまうことも多いごはん。アレンジもついワンパターンになりがちで、いつの間にか冷凍庫には、カチカチに凍ったごはんの山が……なんてこと、ありませんか? そこで、残った白米をおいしく活用するために、フードコーディネーターの小野和美さんに、残りごはんを使ったおいしいおやつレシピを教えてもらいました。「中途半端に残ったごはんも、実は子どものおやつにはちょうどいいボリューム。今回のレシピはすべて “冷えたごはん”でつくったメニューで、どれも手軽につくれるものばかり。また冷凍ごはんを使う場合は、いったんレンジで解凍してから使います。できたては本当においしいので、ぜひ実践してみてくださいね」(小野さん)  Recipe 1 かわいいミニサイズがおやつにぴったり!焼きおにぎり「フライパンでつくれる焼きおにぎりです。ポイントはじっくり焼くこと。しょうゆは、あとからハケで塗ると水分を含んでしまい表面のごはんだけが崩れやすくなってしまいがちですが、先にごはんに混ぜてから焼くと、簡単にまとまっておいしく仕上がります。焦げやすいみそのおにぎりも、シソが焦げつき防止の役目を果たすと同時に、味のアクセントにも。大きさは、おやつにちょうどいい小さめサイズにしてみました」(小野さん) 材料(6個分)【しょうゆ】ごはん…200g( 3個分)しょうゆ… 大さじ1みりん…小さじ1 【みそ】ごはん…200g(3個分)大葉…3枚<みそダレ>みそ…大さじ1みりん…小さじ2 つくり方【しょうゆ】1.ごはん、しょうゆ、みりんをボウルの中で混ぜ、3等分してにぎる。2.フライパンにクッキングシートを敷き、中火で両面をじっくり焼き上げる。【みそ】1.ごはんを3等分してにぎり、クッキングシートを敷いたフライパンで、中火で両面に焼き色がつくまで火を入れ、一度取り出す。2.みそダレを両面に塗り、大葉を半分にカットして貼りつける。再びフライパンで両面に焼き色がつくまで焼いたらできあがり。 ★Point クッキングシートを敷いてじっくり焼く「クッキングシートを敷いて焼くと、ごはんがフライパンにくっつかず、焦げつきません。フライパンにもほとんど汚れがつかないので、洗い物もラクですよ」(小野さん) 【次のページは】揚げないから失敗なく簡単! ヘルシーライスコロッケRecipe 2 揚げないから失敗なく簡単!ヘルシーライスコロッケ「油で揚げずオーブンで焼くので、型崩れもなくヘルシーです。先にオイルでパン粉を煎っておくのがコツ。チーズはあえて大きめサイズにカットして入れた方が、食べごたえが出ます。キューブ型のチーズを丸ごと入れてもOKです」(小野さん) 材料(4個分)<ケチャップライス>ごはん…150g玉ネギ…1/4個(みじん切り)ピーマン…1個(みじん切り)ケチャップ…大さじ1ウスターソース…少々(なくてもOK)塩…少々バター…少々 キューブチーズ 2cm角(シュレットチーズをギュッと丸めたものでもOK)…4個オリーブオイル…小さじ2パン粉…20g つくり方1.はじめにケチャップライスをつくる。フライパンにバターを溶かし、玉ネギとピーマンを炒める。 ごはんを加え、ケチャップ、ソース、塩で味をととのえる。ボウルに移し、あら熱をとる。2.フライパンにオリーブオイルとパン粉を入れ、きつね色になるまで煎る。3. 1のケチャップライスを4等分し、キューブチーズを中に入れ、丸い固めのおにぎりをつくる。4. 3のごはんのまわりに2のパン粉をギュッと握ってつけ、オーブントースターで5~8分間焼く。 ★Point オリーブオイルでパン粉を煎る「オリーブオイルでパン粉を煎って衣をつくります。油分がまったくないともの足りないので、パン粉を事前に煎ることで少し揚げた風味に。このひと手間で、揚げ物さながらの食感とボリュームを出せます。揚げ物は面倒だからちょっと……という方にもおすすめです」(小野さん) 【次のページは】ごはんと調味料を混ぜてつぶすだけ! おはぎRecipe 3 ごはんと調味料を混ぜてつぶすだけ!おはぎ「ごはんに片栗粉と水を加えてつぶすだけの簡単おはぎです。“和菓子は難しい”というイメージを持つ方も多いようですが、材料と工程はとてもシンプル。あたたかいうちに食べると絶品です」(小野さん) 材料(4個分)ごはん…150g好みであんこやきな粉 <A>塩…ひとつまみ片栗粉…小さじ2水…大さじ1 つくり方1.ボウルに<A>の材料を入れて混ぜ合わせておく。ごはんを加え、全体を混ぜ合わせたら、ラップをして600Wのレンジで2分半あたためる。2.1をすりこぎやスプーンであらくつぶし、4等分して丸める。好みであんこやきな粉をまぶず。 ★Point ごはんをすりこぎでつぶす「ごはんの粒をすりこぎでつぶしていきます。スプーンで代用してもいいでしょう。ごはんの粒はすべてきれいにつぶす必要はなく、多少つぶ感が残っていても大丈夫です」(小野さん) 【次のページは】モチモチ食感に甘いタレがやみつきに! みたらしだんごRecipe 4 モチモチ食感に甘いタレがやみつきに!みたらしだんご「基本的なつくり方はおはぎと似ていますが、おだんごはごはんのつぶ感を残さないよう、よりしっかりつぶすイメージで。それがもっちり食感の決め手になります。冷めると固くなってしまうので、ぜひできたてを味わってくださいね」(小野さん) 材料(2~3人分)ごはん…200g片栗粉…大さじ2水…大さじ1 <A>タレしょうゆ…大さじ1砂糖…大さじ2みりん…大さじ2片栗粉…大さじ1水…1/2カップ つくり方1.ごはんをラップにくるみ、レンジで2分程度あたためる。 すり鉢にあたためたごはん、片栗粉、水を入れ、全体をよく混ぜてから、すりこぎを使って粘り気が出るまでつぶし混ぜる。2.1をひと口大に丸める。鍋に湯を沸かしゆでる。浮いてきたらすくい、冷水にとる。3.フライパンにうすく油を敷き、2のおだんごを両面こんがりと焼く。4.<A>の材料をすべて鍋に入れ、よくかき混ぜながら火にかける。沸騰してとろみがついたら完成。3のおだんごにタレをまわしかければできあがり。 ★Point すり鉢でしっかりごはんをつぶす「おだんごは、なるべくごはんの粒感が残らないように。練るようなイメージで、粘り気が出るまでしっかりつぶしましょう」(小野さん) 【次のページは】子どもにやさしい素朴な味 青のりせんべいRecipe 5 子どもにやさしい素朴な味青のりせんべい「余計な調味料を入れないシンプルな味つけ。わが家では●歳の息子が大好きで、よくつくる定番のおやつです。生地を伸ばすときは、なるべく薄く伸ばした方が乾燥しやすくなり、カリッとおいしく仕上がります」(小野さん) 材料(2~3人分)ごはん…150gしょうゆ…小さじ2青のり…適量 つくり方1.ボウルにすべての材料を入れ、しゃもじで軽くつぶすように混ぜる。2.クッキングシートに1をのせ、さらにクッキングシートをかぶせて上から麺棒で薄く伸ばす。3.上のシートだけを外し、500Wのレンジで3分、さらに裏返して3分あたためる。4.一度取り出し、ひと口大にカットする(このとき、レンジの庫内についた水滴を拭き取っておくとカリカリに仕上がりやすい)。さらに両面をそれぞれ30秒程度あたため、カリカリになったらできあがり。★Point 上下をクッキングシートで挟む「上下をクッキングシートで挟むと、ごはんがあちこちにこびりつくことなく、作業がスムーズに。焼くときは、上のシートをはがすだけなので時短にもつながります」(小野さん)  つくってくれた人小野かずみさんフードコーディネーター。雑誌やCMなどのレシピ開発、フードスタイリングを手がける。また、2011年より、和歌山県熊野の古民家にて、夏季限定の子ども民宿を運営。普段なかなか体験できない里山での保養と生活体験など、自然豊かな熊野の食材を活かした料理が人気を呼んでいる。1児の母。【ブログ】http://ameblo.jp/fevecafe/ ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2486/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4638/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4174/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3598/"]

How To

意外な献立にも合う! 万能調味料「ナンプラー」を使った定番家庭料理5

「ニクイねぇ!PRESS」のなかでも人気の高い記事が、ナンプラーの使いこなしレシピ「実は万能調味料です! ナンプラー使いこなしレシピ5」。今回はその第2弾をご紹介しましょう。煮物、酢の物、卵焼き、ハンバーグにチャーハン……と、おなじみの家庭料理をナンプラーで仕上げるレシピの数々。「ナンプラーはちょっと苦手」という方でも、思わず手が出るメニューばかりです。教えてくれるのは、第1弾に続き登場のナンプラー使いの達人・鈴石真紀子さん。万能調味料のナンプラーが、料理のレパートリーをグンと広げてくれます。  Recipe 1出汁いらずでコクある仕上がりに!大根と豚バラのナンプラー煮込み「ナンプラーで豚バラ肉と卵を煮込んだ料理は、タイの家庭や屋台の定番おかずです。和食でもなじみのある大根と豚の角煮を、ナンプラーの旨味を生かして仕上げました。コクのある甘めの味付けは白いごはんが進むひと品です」(鈴石さん) 材料(4人分)大根…約600g米のとぎ汁…約1L豚バラ肉(ブロック)…1本(400〜500g)水…600ccゆで卵…4個黒砂糖(他の砂糖でも代用可)…大さじ3(30g)酒…大さじ2ナンプラー…大さじ3 つくり方(1)大根は厚さ3cmの半月切りにして、皮をむき面取りをする。(2)鍋に(1)の大根と、大根にかぶるくらいの米のとぎ汁を入れ、10分ほど下ゆでして火を止める。鍋のまま冷ます。(3)豚バラ肉を8等分に切る。(4)フライパンを中火にかけて(3)の豚バラ肉を入れ、表面に焼き色をつける。余分な脂はキッチンペーパーでふき取る。(5)鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら中火にして(2)の大根と(4)の豚バラ肉、ゆで卵を加え、アクをとりながら5分ほど煮る。(6)黒砂糖、酒、ナンプラーを加え、落としぶたをして中弱火で豚肉がやわらかくなるまで1時間ほど煮込めば完成。 ★Point 黒砂糖で調味する「黒砂糖のまろやかな甘みとナンプラーが好相性。できれば白砂糖ではなく、黒砂糖で甘みを付けてみてください。ナンプラーはしょうゆと比べて色が薄いので、黒砂糖を使うことで、こっくりとおいしそうな色合いに仕上がります」(鈴石さん)  【次のページは】サンドイッチの具にもなる「アジアンピクルス」Recipe 2ナンプラーと甘酢の相性はぴったり!アジアンピクルス「ベトナムではナンプラーによく似たヌクマム(魚醤)の甘酢に漬けた『なます』を、具材と一緒にフランスパンに挟むバインミー(ベトナム風サンドイッチ)がポピュラーです。色とりどりの野菜をナンプラー風味のピクルスに仕上げて、そのアレンジ料理も楽しみましょう!」(鈴石さん) 材料(4人分)お好みの野菜…約400g(今回は、大根、にんじん、パプリカ、ヤングコーン、セロリ、カリフラワー、きゅうり)砂糖…大さじ4湯…大さじ4ナンプラー…大さじ6レモン汁…大さじ6赤唐辛子…1本 つくり方(1)お好みの野菜を食べやすい大きさに切る。(2)沸騰した湯(分量外)に(1)の野菜を入れ、サッと5秒ほど湯どおしをしてザルにあげる。(3)砂糖に湯を加えて溶けるまで混ぜ合わせたら、ナンプラー、レモン汁、赤唐辛子を加える。(4)水気をしっかりと切った(2)の野菜をびんに入れ、(3)のピクルス液を注ぎ入れて冷蔵庫で保存(1時間後くらいから食べられます)。 ★Point サッと下ゆでして味なじみをよくする「野菜は生のまま漬けてもよいのですが、サッと下ゆですることで、ピクルス液がなじみやすくなります。半端に残ってしまった少量の野菜なども、ピクルスにしておくと重宝しますよ。漬けたてはさっぱりとサラダ感覚で、数日置くことで味と食感の変化を楽しめます」(鈴石さん)「先日、子どもとバインミー風のバケットサンドをつくりました。さつま揚げや鶏ハムと一緒に挟んだピクルスの食感と甘酸っぱさに、食欲が増し、モリモリと食べられます」(鈴石さん) 【次のページは】タイの屋台の定番料理「揚げ焼き卵」Recipe 3タイの屋台や食堂の定番料理揚げ焼き卵「卵とナンプラーを混ぜて揚げ焼きにした卵焼きです。ひき肉や小エビ、トマトなどの具材を足してもOK。スイートチリソースが、おいしさをさらに引き立てます」(鈴石さん) 材料(2人分)万能ネギ…1〜2本卵…3個黒コショウ…少々ナンプラー大さじ1/2油…大さじ2 <お好みで>スイートチリソース…適量 つくり方(1)万能ネギを小口切りにする。(2)卵をボウルに割り入れ、切るように箸で混ぜる。(1)の万能ネギ、黒コショウ、ナンプラーを加えてさらに混ぜ合わせる。(3)フライパンに油を引いて強火にかけ、煙が立つくらいまで十分に熱したところへ(2)の卵液を一気に流し込む。中心部分を菜箸などで軽く突つくようにして火を通し、半熟の状態で半分に折りたたむ。(4)好みの火の通り具合になったら皿に取り出し、スイートチリソースをかければ完成。 ★Point 高温で一気に仕上げる「たっぷりの油を使ってつくる揚げ焼き卵は、高温で調理することが最大のポイントです。しっかりと熱したフライパンに卵液を入れると、卵がフワリとふくらみながら、表面はカリッと香ばしい食感に仕上がります。低温で焼くとベタッと油っぽくなってしまいます」(鈴石さん) 【次のページは】ソースいらずの「タイ風ハンバーグ」Recipe 4うま味がギュッと詰まってソースいらずタイ風ハンバーグ「今回は定番の合挽き肉でつくりましたが、豚ひき肉や鶏ひき肉でもおいしく仕上がります。副菜として、Recipe 2のピクルスを添えたり、ハンバーグを目玉焼きと一緒にごはんにのせてパクチーを添えた、アジアンロコモコもおすすめです」(鈴石さん) 材料(4人分)玉ねぎ…大1/2個合挽き肉…350g <A>卵…1個牛乳…大さじ1パン粉…1/3カップ(大さじ4)すりおろしニンニク…小さじ1/2ナンプラー…小さじ2 あら挽き黒コショウ…少々ごま油…大さじ1 <仕上げ用>ナンプラー…大さじ1 つくり方(1)玉ねぎをみじん切りにし、フライパンで軽く炒めてあら熱をとる(レンジで加熱しても可)。(2)合挽き肉と<A>の具材、(1)の玉ねぎをボウルに入れ、よく混ぜ合わせてハンバーグのタネをつくる。(3)(2)を4等分にして楕円形に丸め、表面にあら挽き黒コショウをまぶす。(4)フライパンにごま油を引いて中火にかけ、(3)のタネを入れ、真ん中を凹ませるように指で軽く押さえる。焼き色がついたら裏返し、反対側も同様に焼いてしっかりと中心まで火をとおす。(5)フライパンの余分な油をキッチンペーパーなどでふき取ってから、仕上げ用のナンプラーを振り入れ、両面に絡ませたら完成。 ★Point ナンプラーで表面に焼き付ける「ナンプラーを下味として加えるだけでなく、表面に焼き付けることで香ばしく風味よく仕上がり、ソースを掛けなくてもおいしく仕上がります。味がしっかりと絡み、冷めてもおいしいので、お弁当にもおすすめです」(鈴石さん) 【次のページは】ビールによく合う!「シャキシャキチャーハン」Recipe 5大人も子どももみんな大好き!エビとレタスのシャキシャキチャーハン材料(2人分)長ネギ…1/2本ニンニク…1かけレタス…2枚むきエビ…10尾塩…小さじ1酒…大さじ1卵…2個油…大さじ2ごはん…茶碗2杯分 <A>ナンプラー大さじ1砂糖…小さじ1/2コショウ…少々 <お好みで>糸とうがらし…適量 つくり方(1)長ネギとニンニクはそれぞれみじん切りに、レタスはひと口大のざく切りにする。(2)むきエビは塩(小さじ1)と酒をもみこんで下味を付け、5分ほど置いたらさっと水洗いし、水気をふき取る。(3)ボウルに卵を割り入れて溶きほぐし、塩少々(分量外)を加えて混ぜ合わせる。(4)フライパンに油(大さじ1)を引いて強火にかけ、十分に温まったところに(3)の卵液を流し入れ、ふわっと柔らかな炒り卵をつくって皿に取り出す。(5)フライパンに再び油(大さじ1)を入れてニンニクを加え、弱火で香りが出るまで炒めたら中火にし、(2)のむきえびを入れて炒める。(6)むきエビに火が通ったらごはんを加えて強火にし、ごはんをほぐすように炒め合わせる。(4)の卵を戻し入れ、<A>の調味料を鍋肌から加えて炒め合わせる。(7)(1)のレタスを加え、サッと火を通したら完成。 ★Point レタスに火を通しすぎない「ナンプラー味のエビチャーハンに、シャキッとした食感のレタスがよく合います。レタスを加えたら強火で手早く炒め、火を通しすぎないようにしましょう」(鈴石さん) つくってくれた人鈴石真紀子さんスタイリスト。6歳と10歳の女の子のママ。ファッション誌やママ雑誌、テレビなどで幅広く活躍。フードユニットcotonとして、限定カフェやイベント出店、ケータリングなどの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験やこだわりを元に、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。 Instagram:@cotonfood  ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1874/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_854/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3580/"]

How To

子どもとつくる、絶品簡単キャンプごはんレシピ7選

キャンプでの一番の楽しみといえば、食事。ここでは、簡単に楽しく調理でき、アウトドアの食卓が豊かになる“外ごはんレシピ”を紹介します。教えてくれたのは、スタイリスト、フードコーディネーターでありながら、キャンプ上級者でもある鈴石真紀子さん。「いずれも、子どもたちが食べやすく、手に入りやすい食材で特別な道具がなくても比較的簡単につくれる時短レシピです。キャンプでぜひ試してみてくださいね」(鈴石さん)。  Recipe 1好きな具材をバンズにはさむのが楽しい!炭火で焼き上げるビーフ100%ハンバーガー「パテはつなぎを使わず、100%ビーフでつくります。炭火や鉄板で焼いたビーフパテを、好きな具材とバンズではさんで食べるハンバーガーはごちそうです。パパがパテを焼いている間に、ママが具材の準備をして……と、役割分担しながら簡単につくれます。わが家では、テントを張り終えてお腹ぺこぺこのときに食べる定番。“キャンプの始まり”メニューです!」(鈴石さん) 材料(4人分)牛ひき肉… 400g塩、あら挽き黒胡椒…適量スライスチーズ…4枚玉ねぎ…大1/4個レタス…1/2個トマト…大1個アボカド…1個卵…4個バンズ…4個 調味料マヨネーズ、マスタード、ケチャップなどをお好みで  つくり方(1)牛ひき肉に塩・黒胡椒を振り、こねないようにしてざっくりと混ぜ合わせ、形を整える。※このとき、使い捨てのビニール手袋を使うと、手が汚れず便利。また、つなぎが入っていないため成形しにくいのですが、通常のハンバーグをつくるときのようにこねると、固くなってしまいます。練らずにひき肉をきれいに塊にして整えていくようなイメージで成形します。 (2)パテといっしょにはさむ好みの具材を用意。レタスは洗ってちぎる。トマト、玉ねぎは丸ごと横にスライス。アボカドも縦2つに切ってタネを皮を取り除き、スライス。目玉焼きを焼く。(3)(1)の牛ひき肉の表面に塩、コショウを振り、炭火の網(または鉄板)で両面焼いてから、その後、中までしっかり火がとおるように焼く。※網で焼く方が余分な油が落ち、炭の香りが香ばしく、おいしく仕上がります。 (4)バンズは横に2等分に切り、切断面を炭火でサッとあぶる。焦げやすいので注意しながら焼く。(5)バンズに好きな具材とパテを載せて、好みの調味料で味付けをしてはさめば完成。 ★子どもたちのお手伝いPoint具材をはさんでハンバーガーにする作業は、子どもたちにまかせましょう。自分でつくったハンバーガーをほお張った瞬間の子どもたちの笑顔は忘れられません! キャンプの楽しい思い出が、より深く心に刻まれそうです。 【次のページは】魚介たっぷり! パスタでつくるパエリア フィデウアRecipe 2魚介たっぷり! パスタでつくるパエリアフィデウア「細いパスタ“カッペリーニ”を使ったパエリアです。ごはんでつくるよりも簡単で、失敗が少なく仕上がりが早いので、キャンプにぴったり。ゆで時間の短いサラダスパゲティで代用してもOKです」(鈴石さん) 材料(4人分)パスタ(カッペリーニ)...200g海老…4尾あさり...12個ニンニク...1かけ玉ねぎ…1/2個ソーセージ...4本パプリカ...1/2個お湯...350cc固形ブイヨン...1個オリーブオイル...大さじ1白ワイン…1/2カップ塩、コショウ…少々トマトペースト...大さじ1サフラン...2つまみ(ターメリックで代用しても可)パセリ...3枝レモン...1/2個  つくり方(1)海老は背わたを取り除き、あさりは砂抜きをして貝殻をこするようにして洗っておく。ニンニクと玉ねぎはみじん切り、ソーセージはひと口大に切り、パプリカは縦1cm幅に切る。(2)お湯350ccにサフランと固形ブイヨンを入れて溶かし、スープをつくっておく。(3)フライパンにオリーブオイル大さじ1とニンニクを入れ、弱火で炒める。香りが出たら、海老、あさりを加え中火でさっと炒める。白ワインを加えて海老に火がとおり、あさりの口が開いたら火を止めて具材を取り出す。(4)フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、中火で玉ねぎ、ソーセージを炒め、(2)のスープとトマトペーストを加え、塩、コショウで味を調える。(5)(4)が沸騰したら、パスタを3~4cmくらいの長さに折って入れ、サフランを投入する。その上から(3)の海老やあさり、パプリカをちらし入れる。強めの中火で焦げないよう注意しながら、スープがなくなるまで8~10分ほど加熱し炊き上げる。(6)仕上げに、みじん切りにしたパセリをちらし、くし形に切ったレモンを添えて完成。レモンは食べるときにお好みでしぼる。  ★子どもたちのお手伝いPointパスタを折る作業は、ぜひ子どもたちにおまかせを。まとめたパスタをポキポキッと折るのが心地よくて楽しく「わたしもやりたい!」「ぼくがやる!」という声が聞こえてくるはずです。 【次のページは】インスタ映えも抜群! スキレットでつくる ホットカプレーゼRecipe 3インスタ映えも抜群! スキレットでつくるホットカプレーゼ「野外料理でおなじみの、鉄製のフライパン“スキレット”。切ったトマトとモッツァレラチーズを並べて焼いただけなのに、びっくりするほどおいしいひと品です。ここでは、クラッカーのような食感があるスティック状のパン“グリッシーニ”にチーズを絡める食べ方を提案していますが、バゲットにトマトのスープを染み込ませながらチーズと一緒にいただくのもおすすめです」(鈴石さん)材料( 4人分)モッツァレラチーズ...2 個バジル...1~2本オリーブオイル...大さじ2塩、コショウ...少々 グリッシーニ、バゲット、クラッカーなどをお好みで つくり方(1)トマトはヘタをとって1cm程の厚さの輪切りに、モッツァレラチーズは7~8mm程度の厚さに切る。(2)スキレットに、トマト→モッツァレラチーズ→トマト……と交互に重ねながら、円を描くように並べる。(3)(2)に塩、コショウをし、オリーブオイルをまわしかけて強火にかける。(4)グツグツしはじめたら中火にし、チーズがとろりと溶けるまで加熱する。(5)好みの焼き具合になったら火からおろし、仕上げにバジルをちぎって散らしたら完成。 ★子どもたちのお手伝いPointトマトとモッツァレラチーズを交互に並べるお手伝いをしてもらいましょう。調理自体が簡単なので、大きな子であれば、すべての過程をおまかせできそうな料理です。 【次のページは】巻いて焼くだけでごちそう! 肉巻きグリルRecipe 4巻いて焼くだけでごちそう!肉巻きグリル「ごはん、ズッキーニ、オニオンリング、プチトマトなどに、薄切り肉を巻いてボリュームアップし、BBQの具材にしていきます。肉と具材の組み合わせもたくさんあるので、好みのバリエーションを見つけるのも楽しいですよ!」(鈴石さん) 材料お好みの具材…今回は、ごはん、ズッキーニ、玉ねぎ、アスパラガス、長ネギ、長芋、ヤングコーン、おくらを用意。お好みの肉の薄切り…今回は豚バラ、豚ロース、牛肉の薄切りを用意。塩・コショウ つくり方(1)玉ねぎは輪切りにして外側3cmくらいを残し、中芯の部分を取り外す。ズッキーニ、長芋などは棒状に長めに切って串に刺す。(2)ごはんはラップに包み、ギュッとつぶすようにしながらまとめ、俵型ににぎる。(3)具材に肉を薄く巻き付けて包み、塩、コショウをして炭火で焼く。(4)焼肉のタレや味噌ダレをつけたり、レモンを絞ったりして好みの味付けでいただく。 ★子どもたちのお手伝いPoint好きな具材にお肉を巻きつける作業は、ぜひ子どもたちにまかせましょう。炭火で焼いた串焼きをひっくり返すお手伝いも、ママやパパといっしょに楽しめます。ただし、ヤケドにはご注意を。【次のページは】お鍋ひとつで簡単調理! クスクスのリゾット風スープRecipe5お鍋ひとつで簡単調理!クスクスのリゾット風スープ「わが家では、キャンプに必ずクスクスを持って行きます。お米のように時間を掛けて炊く必要がなく、とても手軽に使えて便利なんですよ。BBQで残った具材を使ってつくるスープにクスクスを入れるだけで、立派な朝ごはんが完成します」(鈴石さん) 材料(4人分)鶏もも肉... 1枚ニンニク...1かけ玉ねぎ...1/2個ズッキーニ...1/2本オリーブオイル...大さじ1水...800ml固形ブイヨン…1個ひよこ豆の水煮...50gクミンパウダー(カレー粉でも可)...小さじ1クスクス...1/2カップ 塩...小さじ1/2コショウ...少々トマト...1個(トマト缶やトマトピューレでも代用可) 仕上げにコリアンダー、パセリ、粉チーズ...少々 ハリッサ(カイエンペッパーでも可)をお好みで つくり方(1)鶏肉をひと口大に切り、塩、コショウをする。ニンニクはみじん切り、玉ねぎは薄切り、ズッキーニは1㎝角に切る。(2)鍋にオリーブオイルを熱し、ニンニクを入れて弱火で香りが出るまで炒めたら、鶏肉を入れ両面しっかりと焼く。(3)(2)に玉ねぎを入れしんなりするまで炒めたら、ズッキーニを入れてさらに炒める。(4)(3)に水、固形ブイヨンを入れて火にかけ、沸騰したらひよこ豆、細かく切ったトマト、クミンパウダー、塩、コショウを加え、中火〜弱火で具材にしっかり火がとおるまで煮込む。※たき火や炭火の端でコトコト煮込むと、よりうま味のあるおいしいスープができあがります。時間がない場合は具材に火がとおればOK。(5)(4)にクスクスを加え、最後に塩、コショウで味を整えて5分ほど煮込めば完成。(6)器に盛ってから、好みでパセリやコリアンダーのみじん切り、粉チーズを振り、オリーブオイルを少したらすとさらにおいしく仕上がる。また大人は、ハリッサ(辛み調味料)やカイエンヌペッパーなどで少し辛みをプラスするのもオススメ。 ★子どもたちのお手伝いPointスープにクスクスを入れてもらいましょう。クスクスがスープの水分を含んでふっくらとふくらんでいく様子を観察するのも楽しいですよ。【次のページは】フルーツをトルティーヤで包んで揚げ焼きに チミチャンガ風チーズケーキRecipe 6お好みのフルーツをトルティーヤで包んで揚げ焼きにチミチャンガ風チーズケーキ「チミチャンガとは、具材を巻いたブリトーを油で揚げるメキシコ風の料理。クリームチーズとお好みのフルーツをトルティーヤで巻き、少なめの油でキツネ色に揚げ焼きしたら、ぜひアツアツのうちに食べてください!」(鈴石さん) 材料( 4人分)トルティーヤ...4枚クリームチーズ...4ピースお好みの具材...今回は バナナ、リンゴのコンポート、はちみつ水溶き小麦粉…少々油...適宜 つくり方(1)トルティーヤの手前側の中心に、クリームチーズとお好みのフルーツやジャム、はちみつなどを載せる。(2)具材を包むようにトルティーヤの手前を折り返したら、次に両側を3cmほど中心に向かって折りたたんで、手前からクルクルと巻く。巻き終わりに水溶き小麦粉を縁に塗ってしっかりと止め、巻き終わりを下にしておく。(3)小さめのフライパンやスキレットに1cmくらい油を入れ、巻き終わりを下にして両面を揚げ焼きにしたら完成。 ★子どもたちのお手伝いPointトルティーヤにフルーツやはちみつを載せてクルクルと巻く過程を任せましょう。最初は少し手こずるかもしれませんが、数をつくるほどに慣れていきます。 【次のページは】キャンプの定番“焼きマシュマロ”でつくる グラノーラバーRecipe 7キャンプの定番「焼きマシュマロ」でつくるグラノーラバー「キャンプのBBQで楽しめるデザートといえば、焼きマシュマロです。残ったマシュマロは、翌朝にグラノーラやドライフルーツなどと火にかけ、冷まし固めてシリアルバーをつくりましょう。朝の軽い朝食にコーヒーといただいたり、子どもたちのおやつにしたりと、栄養満点の間食になります」(鈴石さん) 材料(4人分)マシュマロ...30gお好みのミューズリーやグラノーラなど...100g(ナッツやドライフルーツをプラスしてもOK) つくり方(1)マシュマロとミューズリーをフライパンに入れて弱火にかける。マシュマロが焦げないように注意しながら溶かし、ミューズリーと混ぜ合わせる。(2)(1)をクッキングシートを敷いたバットなどに入れ、上から押し付けるようにして形を整える。(3)あら熱がとれたら好みの大きさにナイフでカットし、クーラーボックスなどに入れて冷やし固めて完成。ワックスペーパーなどでラッピングしてもよい。  ◆おまけ:焼きマシュマロをクラッカーではさんで食べる「スモア」「マシュマロを串に刺し、炭火やたき火の遠火で焼きます。こんがりトロトロになったら、板チョコ1かけといっしょにクラッカーではさんで食べる、簡単なおやつです」(鈴石さん) 家族キャンプの食卓を、より楽しくする外ごはんレシピ。過ごしやすいこの季節のキャンプで、ぜひお試しください。 つくってくれた人鈴石真紀子さんスタイリスト。6歳と10歳の女の子のママ。ファッション誌やママ雑誌、テレビなどで幅広く活躍。フードユニットcotonとして、限定カフェやイベント出店、ケータリングなどの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験やこだわりを元に、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。 Instagram:@cotonfood ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1901/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2723/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_2138/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5171/"] 

How To

ビジュアル映え抜群なのに超簡単! お手軽「ハロウィンレシピ」5選

日本でも年々盛り上がりを見せるイベント「ハロウィン」。部屋のデコレーションや仮装にとどまらず、料理にいたるまでハロウィンディナーを楽しむファミリーが増えています。そこで、間近に控えたハロウィンに向け、5つのパーティメニューをご紹介! カラフル&ポップで華やかなのに、実はつくるのはとても簡単なんです。今回は、忙しいママでも手軽につくれる簡単かわいいハロウィンレシピを、アウトドア料理研究家&フードスタイリストの高松美里さんに教えてもらいました。「手の込んだメニューをつくらなくても、食材やテーブルコーディネートにオレンジ、紫、黒の配色を取り入れると、グッとハロウィンっぽいビジュアルになります。オバケやかぼちゃなど、型抜きした食材をトッピングすると、さらに見た目がキュートに。お子さんも喜ぶポップな料理を簡単につくれますよ」(高松さん)  Recipe 1 かぼちゃがかわいい器に大変身!ミニかぼちゃ丸ごとサラダ「定番のサラダも、くり抜いたかぼちゃを器にするだけで、華やかなパーティフードに。仕上げに“ジャック・オー・ランタン”の顔を描けば、ポップでかわいいかぼちゃサラダの完成です!」(高松さん) 材料(2個分)                             ミニかぼちゃ…2個クリームチーズ…2~3個塩、コショウ、レーズン、くるみ…適量 つくり方(1)かぼちゃは洗って丸ごとラップに包み、電子レンジで3~4分加熱する。(2)かぼちゃの上部をカットし、中身をくり抜いてタネを取る。中身が硬い場合、さらに1分程度加熱する。(3)(2)のくり抜いたかぼちゃの中身に、クリームチーズとレーズン、くるみを混ぜ合わせ、塩、コショウで味を調える。(4)かぼちゃの表面にナイフの先やカッターでジャック・オー・ランタンの顔を掘り、(3)のかぼちゃサラダを詰めたら完成。 ★Point かぼちゃをラップに包んで温める「硬いかぼちゃは洗ってからラップにくるみ、温めた後にカットすると作業が格段にラクに。レンジで加熱すると中身がくり抜きやすく、難しい顔の表情も簡単に作製できます。ただし、温めすぎると皮が破れやすくなるので注意。3分程度加熱したら一度様子を見て、温め足りない場合はさらに1分程度加熱してください。顔を掘るときは、まず切り込みを入れ、表面の皮だけをはがすようにするとやりやすいですよ」(高松さん) 【次のページは】ハロウィンカラーで華やかに「2色の簡単ラぺ」Recipe 2 ハロウィンカラーで華やかに2色の簡単ラペ「オレンジと紫のカラフルなラぺ。色鮮やかなハロウィンカラーの食材を使うと、定番常備菜もとても華やかに仕上がります。そして、なにより簡単! 普段の食事の前菜や付け合わせにもおすすめです」(高松さん) 材料(つくりやすい分量)【紫キャベツのラぺ】紫キャベツ…1/4個塩、コショウ…適量 <A>オリーブオイル…大さじ1はちみつ…大さじ1/2酢…大さじ2キャラウェイシード…小さじ1  【にんじんのラぺ】にんじん…1本塩、コショウ…適量 <B>レモン汁…大さじ1はちみつ…大さじ1/2 つくり方(2)紫キャベツはスライサーで千切りにし、塩を振って5分置く。水分をよく絞り<A>を混ぜ合わせ、塩、コショウで味を調える。(2)にんじんをスライサーで細切りにし、<B>を混ぜ合わせてから塩、コショウで味を調える。(3)(1)と(2)をそれぞれ器に盛りつけたら完成。 ★Point 常備菜として活用する「保存が効くラぺは、常備菜としてもおすすめ。パーティ時に限らず、時間があるときにまとめてつくっておくと、毎日の献立に活用できます。ガラス瓶など清潔な容器に入れ、冷蔵庫で保存しておきましょう」(高松さん) 【次のページは】ポップでかわいいお手軽ごちそうパン「目玉焼きトースト」Recipe 3 ポップでかわいいお手軽ごちそうパン目玉焼きトースト「目玉焼きの黄身に、のりでつくったジャック・オー・ランタンの顔をトッピングし、ハロウィンバージョンのトーストに。ツナマヨととろける目玉焼きが相性抜群で、子どもも大好きなメニューです」(高松さん) 材料(4個分)イングリッシュマフィン…2個(半分にカットする)卵…4個ツナ…1缶マヨネーズ…大さじ1塩、コショウ…適量のり(飾り用)…適量 つくり方(1)オイルを軽く切ったツナとマヨネーズを混ぜ合わせる。(2)半分にカットしたイングリッシュマフィンの上に、(1)のツナを土手をつくるように載せていく。(3)(2)の真ん中(凹み)に卵を割り入れ、トースターで4~5分、様子を見ながら焼く。(4)ジャック・オー・ランタンの顔のパーツに合わせてのりをカットし、卵の黄身に飾ったら完成。 ★Point ツナで土手をつくる「卵の白身がこぼれないよう、ツナで土手をつくります。このとき、白身があふれてしまう場合は、少し量を減らし、調整しながら割り入れましょう」(高松さん)  【次のページは】よ〜く見るとオバケやコウモリが!「おばけ生春巻き」Recipe 4 よ~く見るとオバケやコウモリが!おばけ生春巻き「型抜きする食材やそれ以外の具材は、好きなものでOK。きゅうりやカニカマなど、レシピ以外のものでもおいしくつくれます。オバケやコウモリなどの型抜き作業は、小さなお子さんでもできるので、ぜひいっしょに楽しんでくださいね!」(高松さん) 材料(4個分)生春巻きの皮…4枚ハム、チーズ、にんじんなど好みの具材(型抜き用)…生春巻き4個分葉野菜、クリームチーズ、エビ、スモークサーモンなど好みの具材…適量好みのソース…適量 つくり方(1)生春巻きの皮を水にくぐらせ、柔らかくしてから2つに折る(大きめサイズの場合。今回のレシピでは直径22cmのものを使用。小さめの場合は折らなくてもOK)。(2)中央の少し下に、オバケやコウモリ、かぼちゃなど型抜きした具材を載せる。(3)その上に野菜やチーズ、エビなど好みの具材を載せ、両端を折って巻いていく。(4)スイートチリソースやマヨネーズなど、好みのソースを添えたら完成。 ★Point 型抜きした具材から順に載せていく「まず型抜きした具材を置き、その上に野菜などを載せていくと、オバケやかぼちゃが浮き出てきます。このとき、具材を入れすぎると破れてしまうので注意。すべての具材を置いたら、左右を折ってくるくる巻いていきましょう」(高松さん)  【次のページは】定番ごはんを簡単イメチェン!「紫キャベツのロールキャベツ」Recipe 5 定番ごはんを簡単イメチェン!紫キャベツのロールキャベツ「秋冬の定番料理であるロールキャベツも、食材を変更すると豪華なハロウィンレシピに! キャベツの色を変えるだけで、いつもの一品がガラリとイメージチェンジします。仕上げに型抜きしたかぼちゃ型のにんじんを載せ、さらにパーティ気分を盛り上げましょう!」(高松さん) 材料(4個分)紫キャベツの葉…4〜8枚(葉が小さい場合は2枚重ねる)市販のトマトソース…200g サワークリーム…適量ディル(パセリ)…適量型抜き用のにんじん(スライス)…適量  <A>ひき肉…200g玉ねぎ(みじん切り)…1/2個卵…1個パン粉…1/2カップ塩、コショウ…適量ナツメグ…適量 つくり方(1)紫キャベツの葉を洗って耐熱皿に入れ、電子レンジで柔らかくなるまで1分ほど加熱する。(2)葉を広げ、よく混ぜ合わせた<A>の肉だねを入れて巻く。巻き終わりを下にして鍋に並べ、トマトソースを入れて10〜15分煮る(ソースが濃い場合は、適宜、水を足してください)。(3)にんじんを2~3mm幅にスライスし、レンジで30秒温めた後、抜き型などで好きな形に抜く。ストローの先端を指で三角形にくせづけし、顔のパーツをくり抜く(楕円などにしても同様に仕上がります)。(4)器に(2)を盛りつけ、上にサワークリーム、ディルを載せ、(3)の型抜きしたにんじんを飾ったら完成。 ★Point 細工したストローでくり抜き、顔のパーツをつくる「目や鼻といった顔の細部は、ストローの先を指先で三角形にくせづけし、くり抜きます。にんじんは薄くスライスし、電子レンジで温めて柔らかくしてから抜くと簡単です」(高松さん)  教えてくれた人高松美里さんアウトドア料理研究家&フードスタイリスト。7歳女の子、5歳男の子のママ。ヘアサロン、トップスタイリストを経て、出産後に現職へ転身。アウトドアブランドとコラボした料理企画をはじめ、雑誌、Web、広告、イベントのフードスタイリング、執筆など、幅広く活躍中。料理のほかDIYも得意で、インテリア関連の仕事もこなす。週末は季節を問わず、家族で旅行やキャンプを楽しむのが定番スタイル。 [HP]http://bluekitchen.jp/ [Instagram]@misatotakamatsu ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3656/5/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_965/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_464/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4572/"]

How To

余り食材をおいしく食べ切る! 「冷蔵庫“お掃除レシピ”」5選

お子さんがいらっしゃるご家庭では、食材管理は重要事項。食料調達は、週末のまとめ買いや、食品宅配などを利用されるケースが多いと思います。そのため、調達の数日前から庫内の食材整理を始める……という方も多いのでは? 今回は、そんなときに役立つ、冷蔵庫の余り食材でつくる「冷蔵庫“お掃除レシピ”」を、料理家の横山久美子さんに教えていただきます。 いずれも食材の置き換えやアレンジがしやすく、食欲をそそるメニューばかり。休日のお手軽ランチにもオススメです。“お掃除レシピ”で食材をムダなく使い切りながら、冷蔵庫の庫内をスッキリさせましょう。   Recipe 1 歯ごたえのある野菜がよく合う ガパオ風チャーハン 「余り食材を使ったメニューの定番といえば、チャーハン系のお料理。ここでは、オイスターソースとナンプラーを使って、タイの人気料理であるガパオライス風の味つけにしてみました。具材には、レンコン、ごぼう、小松菜の茎やブロッコリーの芯といった歯ごたえのある野菜を入れると、食感よく仕上がります。ほかにも、冷蔵庫内にある厚あげやちくわなどの練り物類を刻んで入れてもおいしいですよ」(横山さん)   材料(2人分) 玉ネギ…1/4個 赤パプリカ…1/2個 セロリ…1/2本 ニンニク…1片 しょうが…1片 ごま油…大さじ1 豆板醤…小さじ1/2 鶏ひき肉…200g ごはん…120g 目玉焼き…1個   <調味料(A)> オイスターソース…大さじ1 ナンプラー…大さじ1 しょうゆ…大さじ1 砂糖…大さじ1/2   <お好みで> ハーブや香味野菜(スイートバジル、パクチーなど)…適量 ナッツ(ピーナッツ、アーモンドなど)…適量   つくり方 1.玉ネギ、赤パプリカ、セロリを1cmの角切りにする。 2.皮をむいたニンニクとしょうがを千切りにする。 3.フライパンにごま油を入れて中火にかけ、2と豆板醤を加えて香りを出す。 4. 3に1の玉ネギを加え、透きとおるまで炒めたら、鶏ひき肉、1の赤パプリカ、セロリを加えて軽く混ぜる。 5. 4にAの調味料を加え、中火のまま5分ほど炒めたら火を止める。 6.皿にごはんを盛り、ごはんの上に5をかけ、目玉焼き、お好みでハーブや香味野菜、ナッツをトッピングすれば完成。   ★Point 野菜は同じ大きさに切りそろえる 「具材を切りそろえることで、火のとおりが均一になります。加える野菜はお好みでアレンジ可能ですが、根菜類がよく合います。水分の多い野菜を加える場合は、オイスターソースとナンプラーの量をやや多めにしてください」(横山さん)   【次のページは】手軽につくる 具だくさんキッシュ Recipe 2 冷凍パイシートで手軽につくる 具だくさんキッシュ 「具材は、かぼちゃ、さつま芋のほか、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜を入れてもおいしいです。また、ツナの代わりにソーセージやベーコン、ハム、豆類を加えてもOK。冷蔵庫内の食材を組み合わせて、オリジナルのキッシュをお楽しみください」(横山さん)   材料(直径18cmのタルト型/1枚分) 冷凍パイシート…1枚(130g) じゃがいも…1個 玉ネギ…1/4個 バター…10g ツナ缶…1缶 塩・コショウ…少々 とろけるチーズ…60g   <卵液(A)> 卵…1個 牛乳…80ml 生クリーム…50ml 塩・コショウ…少々   <お好みで> 乾燥パセリ…適量   つくり方 1.冷凍パイシートを常温に戻す。 2.じゃがいもは皮をむき、1cm幅の輪切りにして水にさらす。玉ネギは2〜3mm幅の薄切りにする。 3.フライパンにバター入れて中火にかけ、2を加えて玉ネギが透きとおるまで5分ほど炒め、油を切ったツナ缶を加えてさらに2分ほど炒める。 4. 1の冷凍パイシートを麺棒で伸ばし、タルト型に敷き詰める。焼き縮みを防ぐためにフォークで全体に穴をあける。 5.ボウルにAをすべて入れて、よく混ぜ合わせる。 6. 3のあら熱が取れたら、4のタルト型に加え、上から5の卵液を注ぐ。 7. 6にとろけるチーズを載せ、200℃に予熱したオーブンで35分間加熱する。お好みで、上から乾燥パセリを散らせば完成。   ★Point 卵液に生クリームを加えてコクを出す 「生クリームを加えることでコクが出て、まろやかな味わいになります。もっとコクを出したい場合には、チーズを加えてもOK! あっさりした味がお好みの場合には、生クリームを加えず、牛乳の量を増やしたり、お好みでチーズを加えて味の調整をしてください」(横山さん)   【次のページは】フライパンひとつでできる 野菜たっぷりスープパスタ Recipe 3 フライパンひとつでできる 野菜たっぷりスープパスタ 「香味野菜やキノコ類、葉物や緑黄色野菜など、いろいろな野菜をたっぷりと使ってつくるヘルシーなスープパスタです。中途半端に残った、こまごまとした野菜の消費にぴったり。手軽につくれるので、ランチや夜食にもオススメです」(横山さん)   材料 玉ネギ…1/4個 セロリ…1/2本 しめじ…60g キャベツ…1枚 ベーコン…40g 水…400ml ブイヨン(コンソメでも可)…6g パスタ(1.4mm)…60g ミニトマト…6個 塩…適量 コショウ…少々 オリーブオイル…小さじ1   つくり方 1.玉ネギ、セロリ、しめじ、キャベツを1cmの角切りにする。ベーコンは1cm幅に切る。 2.深めのフライパンに水、ブイヨンを加えて火にかける。沸騰したら半分に折ったパスタと1、ミニトマトを加えて中火にし、6〜8分間ゆでる。 3.パスタは少し芯の残る固さ(アルデンテ)になったら火を止め、塩、コショウ、オリーブオイルで味をととのえれば完成。   ★Point 野菜スープでパスタをゆでる 「パスタは下ゆでせずにフライパンへ加えると、野菜のうま味が染み込みます。パスタはスープを吸ってやわらかくなりやすいので、ゆで時間はパッケージの表示よりも1分ほど短めにするとよいでしょう。できたてアツアツをめしあがれ!」(横山さん)   【次のページは】キムチが味の決め手! もっちりチヂミ Recipe 4 キムチが味の決め手! もっちりチヂミ 「生地を焼くとき、フタをせずに調理することで、表面がカリッとした仕上がりになります。少量のキャベツやニラ、キノコ類、かまぼこなどの練り物類、賞味期限の迫った納豆などを加えてもおいしいですよ」(横山さん)   材料 玉ネギ…1/4個 ちくわ…2本 青ネギ…3本 にんじん…1/6本 キムチ…60g ごま油…大さじ2   <チヂミ液(A)> 薄力粉…40g 片栗粉…10g 卵…1個 水…80cc 塩…小さじ1/3   <タレ(B)> しょうゆ…大さじ2 酢…大さじ2 砂糖…大さじ1/2 白ごま…小さじ1/2   つくり方 1.玉ネギ、ちくわを2〜3mm幅の薄切りにする。青ネギは5cm幅に、にんじんは千切りにする。 2.ボウルにAをすべて入れ、よく混ぜ合わせる。 3.2のボウルに1の野菜を加える。 4.フライパンにごま油を入れて中火にかけ、3をすべて流し入れて平らにする。 5. 3分ほど焼き、生地の裏面に焼き色が付いたらひっくり返し、さらに3分焼く。 6. 5を食べやすい大きさに切って皿に載せ、Bを混ぜ合わせて添えれば完成。   ★Point 味の決め手、キムチを必ず入れる 「キムチ以外の具材は、根菜、芋類、葉物野菜、練り物系など、なんでもOK。冷蔵庫内に余り野菜が少ない場合は、冷凍シーフードを加えて海鮮チヂミにすると、豪華な味わいになります」(横山さん)   【次のページは】簡単便利な常備菜!即席福神漬け   Recipe 5 簡単便利な常備菜 即席福神漬け 「福神漬けは簡単につくれるので、ストックしておくと便利です。保存がきくので、冷蔵庫内の余り野菜の整理にぴったり! また、具材に切り干し大根や干ししいたけといった乾物を加えると、味に深みが出ます。ごはんに載せたり、刻んでチャーハンの具にしたり、酢飯と合わせていなり寿司にしたりするとおいしいですよ」(横山さん)   材料 ナス…1本 きゅうり…1本 にんじん…1本 大根…1/5本 切り干し大根…20g 干ししいたけ…2個 塩…大さじ2   <つけ汁(A)> しょうゆ…90cc 酒…25cc きび砂糖(砂糖でも可)…60g 酢…60cc しょうが…スライス1枚   つくり方 1.ナス、きゅうり、にんじん、大根を1cm角に切る。切り干し大根は水に戻さず、そのまま1cmの長さに切り、干ししいたけも水に戻さずそのまま2〜3mm幅に薄くスライスする。 2. 1の具材をボウルに入れ、塩を加えてまんべんなく混ぜてザルにあげ、受け皿をしながら1時間ほどそのまま置いておく。 3. 2を水にさらし、塩気を洗い流してから軽く絞る。 4.Aの材料を鍋に入れて中火にかけ、煮たったら火を消して冷ます。 5. 4のつけ汁に3の野菜類を加え、冷蔵庫で1時間ほど寝かせれば完成。   ★Point 野菜に塩をふってアク抜きをする 「塩をふった野菜はザルに上げて、1時間ほど常温に置きます。こうすることで、野菜の余分な水分やアクが抜け、おいしく漬かるんです。つけ汁に漬けてから1時間ほどで食べられます。冷蔵庫で1週間ほど保存できますよ」(横山さん)   つくってくれた人 横山久美子さん 青森県出身。単身でカナダに渡り、カップケーキデコレーターとなる。帰国後、いがらしろみプロデュースフェアリーケーキフェア入社を経て、ニコライバーグマンカフェノムへ入社。パティシエとしてスイーツづくりの経験を積んだ後、2014年に独立。2016年8月からは、東京・南青山で故郷の青森食材を使った料理とお菓子の教室「Knock’s kitchen」をスタート。一般社団法人おにぎり協会公式メンバーでもある。雑誌、広告等のフードコーディネート、イベントのフードケータリングなどでも活躍中。 〔Facebook〕https://www.facebook.com/KnockBlueForest-table-310517035767402/ [Instagram]@knock214   ●こちらの記事もおすすめです [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4102/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4131/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1457/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_261/"]

How To

これで残さず使い切れる! 簡単おいしい「薄力粉レシピ」5選

キッチンに常備しているけれど、いつの間にか賞味期限切れになりやすい食材の代表といえば、薄力粉です。そんな薄力粉をもっと上手に活用するために、ここでは基本のレパートリー5つをご紹介します。パンやうどん、ピザにいたるまで、和洋折衷・手軽につくれるおいしいレシピを、フードコーディネーターの小野かずみさんに教えてもらいました。 「薄力粉を上手に活用することで、料理のレパートリーがグンと増えます。お子さんのおやつやお酒のつまみ、来客時のパーティメニューとしてもおすすめの、絶品レシピをご紹介します!」(小野さん)     Recipe 1 発酵いらずのお手軽ピザ クリスピーピザ 「生地づくりに手間がかかるピザでも、生地が薄いクリスピータイプなら、発酵いらずで簡単です。テーブルの上も華やぐので、ホームパーティのメニューとしてもおすすめです」(小野さん)   材料(1枚分) <ピザ生地> 薄力粉…100g 塩…2つまみ オリーブオイル…小さじ2 水…60cc   お好みの具材(じゃがいも、サラミ、ピーマンなど) ピザソース…適量 チーズ…適量   つくり方 1. 生地の材料をすべて混ぜてこねる。べたつきがなくなって、なめらかになるまでよくこねる。 2.生地をきれいに丸めたら麺棒で円形に伸ばし、上にビザソースを塗る。じゃがいもやサラミなど好みの具材を載せ、トースターで10~15分(オーブンなら220℃で15~18分)焼く。   ★Point フォークで生地に穴をあける 「生地は空気が抜けるよう穴をあけます。フォークを使うと一気にあけられるので、時短になりますよ」(小野さん)   【次のページは】薄力粉でつくる 簡単コッペパン! Recipe 2 マスターしたい!薄力粉でつくるパンレシピ コッペパン 「なんでもはさめておいしく食べられる、ベーシックなコッペパンです。通常は強力粉を使うことが多いのですが、薄力粉でも十分おいしくつくれます。今回のように薄力粉のみでつくる場合は、焼いて時間が経つと固くなりやすいので、早めにめしあがってください。具材は、スーパーのお惣菜やサラダなどなんでもOK! 昔ながらの焼きそばパンやソーセージを入れたホットドックを楽しめるほか、小倉あん&マーガリンなんかもよく合います」(小野さん)   材料(6個分) 薄力粉…250g 砂糖…大さじ2 ドライイースト…小さじ1 牛乳…170g バター…20g 塩…小さじ1   つくり方 1.薄力粉と砂糖をボウルに入れる。真ん中を凹ませて穴をつくり、ドライイーストと牛乳を入れる。牛乳にドライイーストを溶かしてから、少しずつまわりの粉と混ぜ合わせる。全体が混ざったら、常温に戻したバターと塩を加えてさらに混ぜ、よくこねる。 2.ボウルにバター(オイルでもOK)を少し塗ったら、1の生地を入れて一次発酵させる(暖かい場所で45分間程度)。2倍くらいに膨らんだら生地を取り出し、打ち粉をした台で軽くつぶすようガス抜きをする。6等分して丸めたら、ラップをして15分そのまま置く(ベンチタイム)。 3.麺棒などで生地を楕円形に広げ、くるくる巻いて棒状に成型する。両脇と巻き終わりの部分のつなぎ目をつまんでくっつける。巻き終わりのほうを下にし、クッキングシートを敷いた天板に並べてラップをする。2倍くらいに膨らんだら180℃のオーブンで15分焼く。 4. 3の真ん中に切り込みを入れ、ポテトサラダやチョコレート、あんこなどの好みの具材を入れる。   ★Point 生地を棒状に成型する 「くるくる巻いて棒状に成型するのが、コッペパンの基本的なつくり方。ただ細長い形をつくるのではなく、一度、麺棒で楕円形に生地を伸ばし、手前から巻いて棒状にしていきます。最後に巻き終わりと両端のつなぎ目をしっかり閉じる作業を忘れないように」(小野さん)   【次のページは】簡単につくれる 手打ちうどん! Recipe 3 手づくりは格別のおいしさ! うどん 「シンプルなざるうどんも、手打ちだとおいしさ格別! のど越しがよく、季節を通して食べやすいうどんは、年齢問わずお子さんに人気があるので、基本レシピをマスターしておくと何かと役立ちます。休日など時間があるときは、ぜひお子さんといっしょにトライしてみてください」(小野さん)   材料(1~2人分) 薄力粉…100g 水…50cc 食塩…小さじ1   つくり方 1.水に食塩をしっかり溶かして食塩水をつくる。ボウルに入れた薄力粉に食塩水を少しずつ加え、全体をざっくり混ぜる。 2.全体に食塩水が行き渡ったら、ボウルの中でよくこねる(生地のひび割れがなくなり、なめらかにまとまってくる)。引き続き10分くらいよくこねる。 ※「お子さんといっしょにつくる場合は、ビニール袋に入れて足で踏むとこねやすくなります」(小野さん) 3. 2の生地をきれいに丸め、ビニール袋に入れて30分間休ませる(時間があるときは冷蔵庫でひと晩寝かせると、さらにコシが強くなる)。ビニール袋から出して軽くこねながら、ひとつに丸める。打ち粉をして2~3mmの厚さに広げ、さらに打ち粉をしてから3つ折りにたたんで2~3mm幅にカットする。 4.軽くほぐして余分な打ち粉を払ったら、鍋で7~8分ゆでる。ゆであがったら、流水で流し、冷水で冷やす。   ★Point 打ち粉を多めにふる 「生地を伸ばすときは、打ち粉を多めにふると生地と麺棒がくっつかず、伸ばしやすくなります。生地を折りたたむときも、打ち粉が少ないと生地どうしがくっついてしまいますいので、まんべんなく全体に打ち粉をふりましょう」(小野さん)   【次のページは】たっぷり具材のおかずチヂミ Recipe 4 たっぷり具材で大満足の食べごたえ おかずチヂミ 「市販のシーフードミックスを使うと、とても簡単につくれます。具材は細かく刻むと火がとおりやすく、どこを食べても具だくさんで、おなかも大満足です!」(小野さん)   材料(2~3枚分) ニラ…半束(60g) 細ネギ…60g 赤ピーマン…1本 シーフードミックス…1袋(えび、イカ、タコなど170g程度) ごま油…適量   <A> 薄力粉…100g 片栗粉…40g 塩…少々 鶏ガラスープの素…小さじ2 水…1カップ たまご…1個   <タレ> しょうゆ…大さじ2 酢…大さじ1 ごま油…大さじ1/2 砂糖…小さじ1 白ごま…大さじ1   つくり方 1.ニラと細ネギは、1cmくらいの長さに切りそろえ、赤ピーマンは2cmくらいの長さに細切りする。シーフードミックスも、それぞれ1.5cm程度の大きさにカットする。 2.ボウルに<A>の材料を入れてよく混ぜ、1を加えて混ぜ合わせる。 3.タレの材料をすべて混ぜ、つけダレをつくる。 4.熱したフライパンに多めにごま油を敷き、2のチヂミ生地を流して両面をよく焼く。   ★Point 具材を細かくカットする 「野菜もシーフードも、具材はすべて細かく切って生地に混ぜ込みます。こうすることでお子さんでも食べやすく、どこを食べても具だくさんで食べごたえがアップします」(小野さん)   【次のページは】ハム&チーズをいれたもっちりブリトー! Recipe 5 もっちり生地にハム&チーズが好相性 ブリトー 「フライパンで手軽につくれるブリトーです。具材には、ハムやチーズなど冷蔵庫にいつも入っているような定番食材を選び、市販されているお総菜のブリトーをイメージしました。すぐに食べない場合はラップにくるみ、食べる前にレンジで温めればおいしく食べられます」(小野さん)   材料(2~3人分) 薄力粉…100g 片栗粉…大さじ1 サラダ油…大さじ1 水…200cc 塩…ひとつまみ お好みの具材(ハム、シュレットチーズ、アスパラなど)   つくり方 1.具材以外の材料をすべてボウルに入れて混ぜる。 2.中火で熱したフライパンに薄くサラダ油を塗り、おたま1杯程度の生地を流し入れる。 3.薄く焼き目がついたら裏返し、チーズ、ハム、アスパラなど好みの具材を並べ、裏面にも焼き目がついたら、具材を包むように折りたたむ。   ★Point 生地を焼きながら具材を包む 「フライパンの上で生地を折りたたむと、アツアツのチーズがとろけてくっつくので、形をつくりやすいです。冷めてしまうと成型しづらいので、生地を焼きながら具材を包んでいきましょう」(小野さん)     つくってくれた人 小野かずみさん フードコーディネーター。雑誌やCMなどのレシピ開発、フードスタイリングを手がける。また、2011年より、和歌山県熊野の里の古民家にて、夏季限定のこども民宿を運営。普段なかなか体験できない里山での保養と生活体験など、自然豊かな熊野の食材を活かした料理が人気を呼んでいる。1児の母。 【ブログ】http://ameblo.jp/fevecafe/   ●こちらの記事もおすすめです [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3015/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1874/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3580/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1738/"]

How To

防災の日に考えた。いざというときに役立つ災害対応レシピ5

9月1日は「防災の日」。地震や洪水など、予期せず突然発生する災害には、普段からの備えが大切です。そこで知っておきたいのが“災害対応レシピ”。 災害対応レシピとは、災害時に限られた食材を使って、手間なく簡単につくれる献立のこと。食を通してお子さんたちと一緒に防災を意識するためにも、日常のメニューに取り入れて肩慣らしをしておくと安心です。備えあれば憂いなし! ということで、今回はいざというときに役立つ災害対応レシピを、ご夫婦で活躍されているケータリングユニット“マフィオ”の平床政治さんに教えてもらいました。 「食材も道具もそろっていない災害時の料理は、簡単に調理できることが一番です。今回考案したレシピは、すべて片手鍋ひとつでできるもの。また、材料リストにある野菜や生ものは災害時には手に入りにくいもの。基本的には備蓄食やその時にある食材を臨機応変に使います。大切なのは食べること。しかも少しでもおいしく栄養のある食事に工夫したいものです。缶詰やレトルト食品など、保存がきく食材をうまく活用した簡単でおいしいメニューを、ぜひ覚えておいてください」(平床さん)   Recipe 1 ふたつの缶詰を使って簡単調理 ツナ缶とミートソース缶のクスクス 「調理が難しいと思われがちなクスクスも、実は熱湯があれば簡単に戻せます。クスクスはパスタと原料が同じで、保存がきいて腹持ちもいいので、災害用の備蓄品としても役立ちます」(平床さん)   材料(2人分) ツナ缶(内容量70g)…1缶 ミートソース缶(内容量300g)…1缶 粉チーズ…適量(なくてもOK)   <A> 玉ネギ…1/2個 ニンニク…1片 調理用トマト…3個(トマト缶でもOK) ブラックオリーブ…5〜6個(缶詰のピクルスなどでもOK)   クスクス…70g 水…70ml オリーブオイル…大さじ1/2 塩…ひとつまみ   つくり方 1.鍋に湯を沸かし、同量のクスクスを投入して火を止め、そのまま5分ほど蒸らす。ゆっくりかき混ぜながらオリーブオイルと塩を加え、できあがったクスクスは別皿に移しておく。 2.みじん切りにした<A>をオリーブオイルでしんなりするまで炒める。 3.2にツナ缶とミートソース缶を加え、さらに炒め合わせればソースは完成。 4.お皿に盛ったクスクスに3のソースをかけ、仕上げに粉チーズをかける。   ★Point クスクスをお湯で戻す 「クスクスは、沸騰した状態の湯に入れて戻します。入れたらすぐに火を止め、混ぜてしばらく置いて蒸らします。クスクスは扱いが難しいのでは? と思われがちですが、熱湯で戻すだけなので、実はとても簡単に扱える食材なんですよ」(平床さん)  【次のページは】冷えたごはんをおいしく食べられる、サバ缶と細切り高野豆腐の冷汁   Recipe 2 冷えたごはんをおいしく食べられる サバ缶と細切り高野豆腐の冷汁 「災害時は炊きたてのごはんが手に入りにくいこともありますが、これは冷めたごはんでもおいしく食べられるレシピです。みそと白だしでさらりと食べやすく、きゅうりが入手できれば食感のアクセントに使えます。おにぎりに汁をそのままかけてもおいしいですよ」(平床さん)   材料(2人分) 乾燥しいたけ(スライス) …10片程度 冷やごはん…茶碗1杯 きゅうり…1/3本 (火を通さずに食べられる野菜なら何でもOK) すり白ゴマ…適量 魚粉(だし粉)…大さじ1   <A> サバ缶(みそ味)…200g 水…200ml 白だし(4倍濃縮の場合)…大さじ2 細切り高野豆腐…大さじ1   <B> すりおろししょうが…大さじ1/2 かぼちゃ…小さいスライス5、6枚 (なくてもOK)   つくり方 1.鍋に<A>を入れ、弱火にかける。 2.乾燥しいたけはあらかじめ少量の水で戻しておき、水ごと鍋に加える。<B>を加えてさらに煮込み、かぼちゃに火がとおったら火から下ろす。 3.できあがった2の汁はあら熱をとり、可能であれば冷やす。 4.冷たいごはんに冷ました汁をかけ、スライスしたきゅうりを載せ、白ゴマ、魚粉をたっぷりとふりかける。   ★Point 乾燥しいたけを使う 「うまみたっぷりの乾燥しいたけは、戻すときの水を少なめにし、濃いだしをとります。切れているものを使うとカットの手間がなく、調理がより簡単です」(平床さん) 【次のページは】たっぷりの乾物でうまみアップ!レトルトかれーうどん Recipe 3 たっぷりの乾物でうまみアップ! レトルトカレーうどん 「レトルトカレーとだししょうゆで簡単につくれる、あたたかくホッとするうどん。乾燥わかめや乾燥しいたけなど、保存がきく乾物をたくさん入れ、うまみと栄養をアップしました。乾物以外にも、こちらも保存がきくスキムミルクやコーヒークリームなど、乳製品を加えると味がまろやかになり、また違ったおいしさが味わえます」(平床さん)   材料(1人分) うどん(乾麺)…100g 白髪ネギ…適量 水溶き片栗粉…大さじ1   <A> レトルトカレー…1パック 水…400ml だしの素(4倍濃縮の場合)…大さじ2   <B> 乾燥わかめ、ちりめん、とろろ昆布…適量 生たまご…1個 (なければスキムミルクなどの乳製品でコクを出してもOK)   つくり方 1.うどんはゆでておく。 2.鍋に<A>を煮立たせ、さらに<B>を加えて弱火でコトコト2分ほど煮る。水溶き片栗粉をまわし入れて少しとろみをつけ、たまごが好みの硬さになったらカレー汁は完成。 3.器に盛ったうどんに2のカレー汁をかけ、白髪ネギを散らす。   ★Point 乾物をたくさん入れる 「わかめ、とろろ昆布、ちりめんなど、乾物ならなんでもOK。水で戻さず、そのままお鍋に入れると、乾物自体がだし代わりになっておいしくなります。さらに栄養価も食べごたえもアップするので、一石二鳥です」(平床さん) 【次のページは】小麦粉を活用!すいとんと野菜のお鍋 Recipe4 小麦粉を活用! 心あたたまる優しい味 すいとんと野菜のお鍋 「震災で被災した東北の友人から『避難時は小麦粉が重宝した』という話を聞きました。鍋は一度にたくさん仕込めるので、災害時に何かと調理しやすいメニューだと思います。レシピにある野菜は、そのとき手に入るもので代用できるので、応用がききます」(平床さん)   材料(2人分) <すいとん> 小麦粉と水1:1、だし粉、塩少々 (※今回の分量の場合、小麦粉50g、 水50mlがつくりやすい)   だしの素(4倍濃縮の場合)…大さじ4 水…500ml   <A> ※野菜はそのときに入手できるものでOK ごぼう…15cm程度 白ネギ…15cm程度 しめじ…1/2株 アスパラガス…2本 アオサ…適量 ごま油…適量   つくり方 1.鍋に湯を沸かし、よく混ぜ合わせたすいとんの材料をスプーンでひとつずつ落としゆでる。1、2分程度ゆでると耳たぶほどの柔らかさになるので、好みの硬さで湯から上げる。 2.鍋に水とだしの素を入れ、火にかける(弱火でコトコト沸く程度)。 3.材料<A>を切りそろえ、すべて2の鍋に加えてゆでる。野菜が好みの具合にゆで上がったら、1のすいとんを加えてさらに1、2分煮る。仕上げにアオサやごま油などを垂らすと香りがアップ。   ★Point だし入り調味料を使う 「だし入り調味料はそれだけで味が決まるので、避難時などに1本あると便利。そばつゆ、そうめんの割り下などにも使えるので、自宅に常備しておくと、普段の献立にも大活躍します」(平床さん) 【次のページは】粉末スープをボリュームアップ!乾パンポタージュスープ Recipe 5 粉末スープをボリュームアップ! 乾パンポタージュスープ 「災害備蓄品の中でも代表的な保存食である乾パンを、おいしく食べられるレシピです。スープは牛乳で溶かす必要のない粉末タイプが重宝します。砕いた乾パンやマッシュルーム、パプリカなど、火をとおさずに食べられる材料をたくさん入れた、お湯だけでつくれるお手軽なごちそうスープです」(平床さん)   材料(1人分) コーンポタージュ粉末タイプ…1袋 お湯…指示量 乾パン…5、6個   <A> ※火を通さずに食べられる野菜なら何でもOK ホワイトマッシュルーム…2個 パプリカ(細輪切り)…4枚程度 揚げオニオン…適量 乾燥パセリ…適量   つくり方 1.器にコーンポタージュの粉末を指示量のお湯で溶く。 2.砕いた乾パン、スライスした<A>を加える。仕上げに揚げオニオンや乾燥パセリを散らす。   ★Point 乾パンを麺棒で砕く 「乾パンはそのままでは食べづらいので、ビニール袋に入れてあらく砕きましょう。乾パンがないときは、食パンや乾燥させたパンなどで代用してもOK。野菜はレシピの食材以外でももちろん大丈夫です。そのとき手に入るものを臨機応変に使いましょう」(平床さん)   教えてくれた人 マフィオ(平床政治+asaco) 平床政治さんとasacoさん、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。9歳と4歳の女の子、7歳の男の子のパパとママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことをきっかけに、食の仕事をはじめるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。 平床政治 http://www.hiratokoseiji.com/   ●こちらの記事もおすすめです [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_854/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_334/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_3737/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_5023/"]