How To

NEW

プロの料理家はどうしてる? 1週間分の食材まとめ買い&冷蔵庫整理術<tottoさん編>

プロの料理家は、まとめ買いした食材をどのように冷蔵庫で保存し、調理しているのでしょうか。前回のマフィオ編に続く第2弾の今回は、料理家のtottoさんこと黄川田としえさんに教えてもらいました。黄川田家は、高校1年生の息子さんと小学5年生の娘さんがいる4人家族。仕事はもちろん、子育てにも多忙なtottoさんにとって、食材の買い出しや下準備を効率良くこなすことは必要不可欠です。また、食べ盛りのお子さんたちの食事には、栄養バランスのよい献立とボリュームが求められます。まずは、冷蔵庫への食材収納術から下処理までを伺いました。 1.これだけ買った! 黄川田家“1週間分の食材”「まず、買い物へ出かける前に、肉、魚介類、野菜、果物、その他という項目に分けて、ざっくりと食材のリストアップをします。スーパーマーケットへ行ったら、実際に食材を手に取り、鮮度や売れ筋商品をチェックして買うものを決めていきます」(tottoさん)<買い出し前にメモした食材>【肉】鶏もも肉…2枚、鶏ムネ肉…2枚、豚ひき肉…300g、豚肩ロース…500g【魚介】あさり…1パック、鮭の切り身…4枚、ちりめんじゃこ…1パック【野菜】きのこ類…2〜3種、キャベツ、レタス、ハーブ類、ワカメ、じゃがいも、根菜、トマト、にんじん、レモン【果物】バナナ、りんご、イチゴ、柑橘類【その他】ヨーグルト…2パック、豆乳、バター、水、豆腐…2丁、油揚げ、納豆、切り干し大根、卵、米、チーズ<実際に購入したもの>【肉】鶏もも肉…2枚、鶏ムネ肉…2枚、豚バラスライス…2パック、豚肩ロース…500g、ベーコン、ウインナー【魚介】あさり…1パック、アジ…3枚、えび…12尾、ちりめんじゃこ【野菜】きのこ類(まいたけ、しめじ、ひらたけ)、キャベツ、紫キャベツ、ハーブ類(タイム、ディル、バジル、ローズマリー、コリアンダー)、じゃがいも、根菜(ごぼう、レンコン、大根)玉ねぎ、赤玉ねぎ、きゅうり、にんじん、長ネギ、白菜、小松菜、ルッコラ、ナス、ピーマン、カラーピーマン、アスパラガス、トマト、ミニトマト、セロリ、ベビーリーフ【果物】バナナ、りんご、イチゴ、オレンジ、キウイフルーツ【その他】ヨーグルト…2パック、豆乳、豆腐(絹、綿1丁ずつ)、油揚げ、納豆、卵、焼きそば、こんにゃく、缶ビール「お肉はだいたい、想定していたものを買っていますね。野菜は大量になるので、農家から直送してもらえる宅配も利用しています。果物は朝食に食べることが多いですね。特にバナナは、子どもたちがおやつ代わりに食べるので必ず買います」(tottoさん)<黄川田家のある日の朝食>「この日はパン食で、ソーセージと野菜の炒め物、紫キャベツの酢漬け、デザートにオレンジを添えました」(tottoさん)※黄川田家の食事は、tottoさんのインスタでもチェックできます。 Instagram:@tottokikawada 2.鮮度を保つ工夫と食材の取り出しやすさがポイントの冷蔵庫整理術「購入した食材は、使う順番や取り出しやすさを考えながら、冷蔵庫へ収納していきます」(tottoさん)黄川田家の冷蔵庫は三菱電機「MR-WX60A-BR」 ◆野菜類はパッケージを外して“朝どれ野菜室”へ「野菜は袋から出して、野菜室へ入れます。これは、取り出しやすくなるという理由だけでなく、我が家の冷蔵庫には、野菜の鮮度を保てる機能が付いているためです。特に“朝どれ野菜室”は、LEDの光でビタミンCが増える(※)というのがありがたいですね。カットした大根など立てて入れられる野菜は、上下に他の食材が重なって隠れないよう立てて収納しています。下段の手前側には、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもや根菜、長ネギ類を、奥側には葉物野菜、上段にはミニトマト、ピーマンなど細々としたものを並べています。ハーブ類は、水で湿らせたキッチンペーパーを敷いた容器に入れて収納します」(tottoさん)(※)3色LEDを照射することで葉物野菜など葉緑素を持つ野菜のビタミンC濃度をアップさせる機能のこと。これにより、緑化が促進され野菜が色鮮やかな状態で長持ちする ◆肉や魚介類、加工食品はふたつのチルドスペース“ワイドチルド”と“氷点下ストッカーD”へ「約0℃の上段“ワイドチルド”には、納豆、油揚げといった大豆食品や、ベーコン、チーズなどの加工食品を入れています。約マイナス3〜0℃の下段“氷点下ストッカーD”には、肉や魚介類を収納しています。肉や魚介類の専用スペースが用意されているので、冷凍せずに長期保存ができる上に、他の食材への臭い移りを防ぐことができて便利です」(tottoさん) 3.下処理をしてから冷蔵庫へしまうもの◆豚肩ロースは塩漬けにしてから“氷点下ストッカーD”へ「豚肩ロースは、ブロックのまま表面に塩をまぶしてから、ファスナー付きビニール袋に入れておきます。こうすることで肉が柔らかくなります。また、鶏もも肉を唐揚げにするときは、あらかじめぶつ切りにして下味を付けた状態で、やはりファスナー付きのビニール袋に入れておきます」(tottoさん) ◆紫玉ねぎは酢漬けにして冷蔵庫へ「紫玉ねぎは薄くスライスして甘酢に漬けておくと、お弁当のおかずや副菜として重宝します。大根やキャベツなどでつくることもあります」(tottoさん) ◆あさりは砂抜きして冷凍庫へ「あさりは砂抜きした後で冷凍します。調理時には解凍せず、そのまま使います」(tottoさん) ◆バナナ&ヨーグルトは“切れちゃう瞬冷凍”を使って即席アイスクリームに!「ひと口大にカットしたバナナとヨーグルトをプラスチック容器に入れ“切れちゃう瞬冷凍”で冷やせば、アイスクリームのように仕上がります。熟したバナナは皮をむいてラップで包み、冷凍庫へ。子どもたちがお風呂上がりに食べています」(tottoさん) ◆常備菜やごはんは“切れちゃう瞬冷凍”で保存「“切れちゃう瞬冷凍”は、食材を小分け冷凍しなくても、必要な分だけすくい取れるのが魅力ですね。残ったカレーやシチューはもちろん、根菜の炒め物などの常備菜をつくったときは、こちらで保存しています。またここには、一膳分程度の量ごとにラップで包んだごはんも常備しています。娘はお腹が空くと“瞬冷凍ごはん”を取り出して電子レンジで温め、おにぎりを握って食べていますよ」(tottoさん) tottoさんによる1週間の食材買い出し&整理術は、いかがでしたか? まとめ買いした食材の鮮度を損なわずに保存するテクニックや、時短調理につながる下処理の工夫は、ぜひマネしたいですね。次回は、まとめ買いした食材でつくった、tottoさんの定番家庭料理をご紹介します。 三菱冷蔵庫 製品情報 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/ 教えてくれた人黄川田としえさん(tottoさん) 料理家・フードスタイリスト。15歳の男の子と10歳の女の子のママ。テレビ、ラジオ、広告、雑誌のフードコーディネートやフードケータリングなどを行う。また、子どもたちによる“家族のための1日限定レストラン”「こどもレストラン」のワークショップなど、食育活動にも力を注いでいる。【HP】toshiekikawada.com ●こちらの記事もオススメです ※後編が間に合えば、リンクに追記予定[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4326/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4041/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_47/"] 

How To

NEW

料理家tottoさん直伝! 1週間分のまとめ買い食材でつくる定番家庭料理5

今回は、「プロの料理家はどうしてる? 1週間分の食材まとめ買い&冷蔵庫整理術<tottoさん編>」でまとめ買いした食材でつくる、tottoさん家の定番家庭料理レシピをご紹介します。「買ってきた食材は、あらかじめ下処理を済ませておくことで、忙しい日でもパパッとつくれます。どれも子どもたちが大好きな、わが家の超定番メニュー。ぜひお試しください!」(tottoさん) Recipe 1 塩豚にしておいたブロック肉を主役に!塩豚サラダ「豚のブロック肉は、塩豚にしておくと便利です。わが家ではサラダのほかにも、サンドイッチやチャーハンの具として活用しています。さらに、ブロック肉をゆでた汁は、そのまま野菜スープや味噌汁に使えます。豚肉を鶏肉に代えてつくってもおいしいですよ!」(tottoさん) 材料(4人分)◆塩豚豚肩ロース肉(ブロックのもの)…500g塩…大さじ1菜種油(サラダ油でも可)…小さじ1水…適量しょうがスライス…1片分長ネギ(青い部分)…1本分酒…大さじ1 <塩豚サラダ>塩豚…200gレタス…3枚ベビーリーフ…1袋 ◆具だくさんドレッシング玉ねぎ…1/6個きゅうり…1本トマト…1個 <調味料A>レモン汁…大さじ1すりごま…小さじ2塩…少々コショウ…少々オリーブオイル…大さじ1と1/2 つくり方◆塩豚(1)豚肩ロース肉の表面に塩をまぶし、ファスナー付きビニール袋に入れて密封する。冷蔵庫のチルド室でひと晩以上寝かせる。(2)(1)を冷蔵庫から取り出して30分ほど常温に置き、肉の表面と内面の温度を均一にしておく。(3) 深さのある鍋に菜種油を引き、中火にかけて(2)の表面をキッチンペーパーで軽く拭いてから、鍋に入れて表面に焼き色を付ける。(4)肉がひたひたにかぶる程度まで水を加え、しょうがスライス、3等分ほどにカットした長ネギ、酒を加える。沸騰したら蓋をし、中火で20分ほどゆでて火を止める。(5)あら熱が取れるまで常温で置けば完成。 ◆具だくさんドレッシング(6)玉ねぎはみじん切りにし、水にさらしてから、ザルにあげて水気を切る。きゅうり、トマトは1cm角に切ってボウルに入れ、玉ねぎのみじん切りと<調味料A>を加えてよく混ぜる。(7)1cm幅くらいにスライスした塩豚を、ひと口大に切ったレタス、ベビーリーフといっしょに皿に盛り付けた<塩豚サラダ>にかければ完成。 ★Point 玉ねぎ、きゅうり、トマトをドレッシングに混ぜる「レタスやベビーリーフなどの葉物野菜は、ドレッシングをかけると水分が出てしんなりとしやすいので、食べる直前に味付けをしたいところ。そこで、玉ねぎ、きゅうり、トマト類だけをあらかじめドレッシングに混ぜておき、しっかりと味を染み込ませておきます。こうすると、ドレッシングを直前にかけても、葉物野菜と塩豚にほどよく味がからみ、おいしく食べられます」(tottoさん) 【次のページは】Recipe 2 冷凍あさりでうまみたっぷり あさりとネギのアジアン焼きそば Recipe 2 冷凍あさりでうまみたっぷりあさりとネギのアジアン焼きそば「焼きそばの具にあさりと長ネギを加え、エスニック風に味付けしました。ひとりランチ用としてパパッとつくれるのに、ごちそう気分を味わえる一品です。私はパクチーをたっぷりと載せて食べるのがお気に入りです」(tottoさん) 材料(4人分)豚もも肉…200g長ネギ(小口ネギでも可)…160gニンニク…1片しょうが…1片パクチー…8本菜種油(サラダ油でも可)…大さじ1冷凍あさり…24個酒…大さじ1水…120cc中華麺…4玉ナンプラー…小さじ2オイスターソース…小さじ2スイートチリソース(お好みで)…適量ごま油…大さじ1 つくり方(1)豚もも肉は1cm幅に、長ネギは1cm幅の斜め薄切りに、ニンニクとしょうがはみじん切りに、パクチーはざく切りにする。(2)フライパンに菜種油を引き、(1)のニンニクとしょうがを入れて中火にかける。香りが立ってきたら(1)の豚もも肉、長ネギ、冷凍あさりを解凍せず、そのまま加えて軽く混ぜ合わせ、酒、水を加えてふたをする。あさりが開くまで5分ほど加熱する。(3)(2)に中華麺を手でほぐしながら加え、軽く炒めてナンプラー、オイスターソース、お好みでスイートチリソースを加えて全体を混ぜ合わせる。(4)最後にごま油をまわしかけて火を止める。器に盛り付けてパクチーを載せれば完成。 ★Point 冷凍あさりを使う「冷凍したあさりは、うまみ成分がスープに出やすいといわれています。あさりのだし汁を味わいたいときは、一度冷凍してから使うのがおすすめ。冷凍あさりなら、必要な分だけを取り出して調理できるので、ひとり分の量でもつくりやすくて便利です」(tottoさん) 【次のページは】Recipe 3 冷蔵庫の常備食材でつくる 根菜と油揚げのチャーハンRecipe 3 冷蔵庫の常備食材でつくる根菜と油揚げのチャーハン「私は根菜が好きなので、れんこんやごぼうなどの根菜類を必ず冷蔵庫に常備しています。根菜は、あらかじめきんぴらにすることが多いですね。きんぴらでつくるチャーハンは、歯ごたえがよくて絶品。常備菜のきんぴらでパパッとつくれるので、朝ごはんにおすすめです」(tottoさん) 材料◆根菜と油揚げのきんぴら(4人分)ごぼう…2本れんこん…300g油揚げ…2枚菜種油(サラダ油でも可)…大さじ1 <調味料A>しょうがのすりおろし…1片酒…大さじ1みりん…大さじ1甜菜(てんさい)糖(砂糖でも代用可)…大さじ1白ごま…少々 ◆根菜と油揚げのチャーハン(4人分)根菜と油揚げのきんぴら…360g長ネギ…4本卵…4個ごま油…大さじ2温かいごはん…4膳分塩…小さじ1/2コショウ…小さじ1/2 つくり方◆根菜と油揚げのきんぴら(1)ごぼうは5mm幅の輪切りに、れんこんは5mm幅のいちょう切りにする。切ったごぼうとれんこんは、水にさらしてからザルにあげる。油揚げは半分に切り、5mm幅の細切りにする。(2)鍋に菜種油を引いて中火にかけ、(1)を加えて木べらで5分ほど炒める。(3)(2)に<調味料A>を加えて混ぜ合わせて5分ほど炒め、全体にとろみが出たら火を止め、白ごまをふりかけて軽く混ぜ合わせる。 ◆根菜と油揚げのチャーハン(4)長ネギを3mm幅の輪切りにする。卵は溶きほぐす。(5)フライパンにごま油を引いて中火にかけ、温まったら卵を入れる。木べらで円を描くように混ぜ、半熟状態になったら温かいごはんを加えて混ぜ合わせる。(6)(5)に根菜と油揚げのきんぴらを加えて1分ほど炒め、(4)の長ネギを加え、塩・コショウで味を整えれば完成。 ★Point きんぴらをチャーハンの具に「根菜のきんぴらは多めにつくり、冷凍保存しておくと便利です。日々の副菜としてはもちろん、チャーハンや焼きそばの具としても使えます」(tottoさん) 【次のページは】Recipe 4 大根をムダなく使い切る 大根と豚バラ肉のトマト煮 Recipe 4 大根をムダなく使い切る大根と豚バラ肉の和風トマト煮「カットされたものよりも1本丸ごと買った方が、経済的で鮮度も長持ちする大根。でも、使い切るのはなかなか大変ですよね。わが家ではお味噌汁の具にしたり、サラダにしたりするほか、このメニューで大根1本を使いきります。大根は皮を厚めにむきますが、むいた皮も細切りにしていっしょに煮ると、食感の異なる大根を味わえます」(tottoさん) 材料(4人分)大根…1/4本トマト…1個豚バラスライス…200g菜種油(サラダ油でも可)…小さじ2 <調味料A>酒…大さじ1てんさい糖(砂糖)…大さじ1水…70ml <調味料B>みりん…小さじ1しょうゆ…大さじ2 つくり方(1)大根は厚めに皮をむいき、1cm幅の輪切りにする。皮は1cm幅の短冊切りにする。(2)トマトは縦4等分に、豚バラスライスは5cm幅に切る。(3)鍋に菜種油を引いて中火にかけ、(2)の豚バラスライスを入れてほぐすように炒める。肉の色が変わったら、(1)の大根を加えて3分ほど炒める。(4)(3)に(2)のトマトと<調味料A>を加え、沸騰したらふたをして弱めの中火で10分ほど煮る。(5)トマトを木べらでつぶしながら全体を混ぜ合わせ<調味料B>を加えて、蓋をしないで弱めの中火で10分ほど煮れば完成。 ★Point トマトを加えて煮る「トマトは昆布と同じうまみ成分“グルタミン酸”が豊富に含まれています。大根と豚バラ肉のコクのある煮物に、トマトの酸味とうまみがマッチし、おいしさがアップします」(tottoさん) 【次のページは】Recipe 5 自家製の冷凍ルーを使ってつくる スパイスたっぷりチキンカレー Recipe 5 自家製の冷凍ルーを使ってつくるスパイスたっぷりチキンカレー「数種類のスパイスを使って煮込んだ、自家製ルーをベースにしたカレーです。私は時間のあるときに、このカレールーを仕込んでいます。チキンをひよこ豆に代えてもおいしいです」(tottoさん) 材料◆自家製カレールー(4人分・200g)玉ねぎ…中3個トマト…1個ニンニク…2片しょうが…2片オリーブオイル…大さじ3 <スパイスA>クミンシード…小さじ1/2ローリエ…1枚シナモン…1/2本 <スパイスB>コリアンダーパウダー…大さじ1ターメリックパウダー…小さじ1クミンパウダー…小さじ1塩…小さじ2ガラムマサラ…小さじ1 つくり方(1)玉ねぎ、トマトは粗みじん切りにする。ニンニク、しょうがはすりおろす。(2)鍋にオリーブオイルと<スパイスA>を入れて中火にかけ、クミンシードの周りに小さな泡が出てきたら(1)の玉ねぎを加えて色づくまでよく炒める。(3)(2)に(1)のニンニクとしょうがを加え、香りがたってきたら(1)のトマトを加える。トマトが煮くずれて水分が出てくるまで中火で5分ほど炒める。(4)(3)に<スパイスB>を加え、さらに5分ほど炒めれば完成。 ◆チキンカレー(4人分)自家製カレールー…200g鶏もも肉…350g塩…少々コショウ…少々パクチー…5本オリーブオイル…小さじ2水…600mlアーモンドパウダー(カシューナッツパウダー)…50g つくり方(1)鶏もも肉は余分な脂を取り除き、ひと口大に切って塩、コショウを揉み込む。パクチーは細かく刻む。(2)鍋にオリーブオイルを引いて中火にかけ、(1)の鶏もも肉を加えて表面に焼き色を付ける。(3)鶏もも肉に焼き色が付いたら、水と(1)のパクチーを加えてふたをし、弱めの中火で10分ほど煮る。(4)(3)に自家製スパイスルーを加えてふたをし、弱火で7分ほど煮る。(5)アーモンドパウダーと水100mlを合わせたものを(4)の鍋に加え、5分ほど煮れば完成。 ★Point 自家製ルーを冷凍室にストックしておく「カレールーは冷凍保存しておくと、時短調理でコクのあるカレーをパパッとつくることができて便利です。またカレールーは、チャーハンやコロッケ、グラタンなどに加えてカレー味にするときにも重宝します」(tottoさん) 三菱冷蔵庫 製品情報 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/ 教えてくれた人黄川田としえさん(tottoさん) 料理家・フードスタイリスト。15歳の男の子と10歳の女の子のママ。テレビ、ラジオ、広告、雑誌のフードコーディネートやフードケータリングなどを行う。また、子どもたちによる“家族のための一日限定レストラン”「こどもレストラン」のワークショップなど、食育活動にも力を注いでいる。【HP】toshiekikawada.com  ※間に合えば前編のリンク●こちらの記事もオススメです[glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3513/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2796/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_4326/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_47/"]

How To

余ったワインから常備菜まで、「製氷皿」で凍らせれば大活躍!

製氷皿といえば、本来は冷凍庫で氷をつくるためのもの。この製氷皿が、余った飲み物や食材を凍らせたり、常備菜を保存したり、さらにはスイーツづくりにと、さまざまな方法で便利に活用できるのをご存じでしょうか?製氷皿は、なじみのある正方形や長方形だけでなく、丸型や細長い棒状など、さまざまな形状のものを100円ショップなどで気軽に購入できます。今回は、そんな製氷皿を使った、すぐに役立つ便利な活用テクをご紹介します。 活用テク1 ~おもてなし編~アイスキューブにすればパーティやティータイムに大活躍!◆ワイン飲み残したワインは、捨ててしまうのはもったいないけれど、冷蔵庫に保管しておくのも場所をとるから避けたい……。そんなときは、製氷皿に入れて凍らせてしまいましょう。煮込み料理に加えたり、バニラアイスに添えて大人のデザートにしたり、フルーツジュースに入れてサングリア風に楽しんだりするのもおすすめです。 ◆コーヒーアイスキューブにしたコーヒーは、ミルクに入れてアイスカフェオレにしたり、アイスコーヒーに入れれば、薄まらずに冷たいコーヒーを楽しめたりします。 ◆エディブルフラワー、ミントエディブルフラワーと水を凍らせれば、簡単におしゃれで華やかな氷のできあがり。おもてなしにぴったりです。ミントなどの清涼感あるハーブと水を凍らせれば、見た目も涼しい氷になります。 ◆チョコレート溶かした板チョコに、マシュマロやお好みのフルーツ、クッキーやゼリーなどをいっしょに製氷皿で固めれば、簡単にチョコスイーツの完成です。寒い季節は、ホットミルクや豆乳に溶かしてホットココアに。そのまま食べれば、チョコアイスのおやつに。いっしょに入れる食材を変えるだけで、アレンジは無限に広がります。製氷皿はシリコンタイプのものを使うと、取り出しやすくなります。  活用テク2 ~余り食材の活用編~余った食材を凍らせて、無駄なく使い切る ◆ハーブ&オリーブオイルハーブ類はとても傷みやすいもの。余ってしまった場合には、オリーブオイルを注いだ製氷皿に入れて冷凍しましょう。パスタを炒めるときや、チキンなどを焼くときに、凍ったままフライパンへ! 香り豊かなオイルで炒めることができます。製氷皿に入れて一晩おけば凍るので、その後はジップ付きビニール袋などへ入れて冷凍保存すればOK。使いたいときにサッと取り出せて便利です。 ◆ホールトマト、野菜ペースト使い切れなかったホールトマト缶、クリームタイプのコーン缶、葉物野菜やにんじんなどの野菜ペーストも、製氷皿に入れて凍らせておきましょう。離乳食づくりのほか、カレーライスやパスタなどのちょい足し調味料として役立ちます。  活用テク3 ~常備菜編~少量ずつ使えるからお弁当のおかずやおつまみに!◆ひじきの煮物や切り干し大根など多めにつくった常備菜を製氷皿に入れておけば、お弁当のおかずとして重宝します。使いたい分だけを取り出せるので、凍ったままお弁当箱に入れるだけ。保冷剤の役割を果たすうえに、お昼には自然解凍されているのでそのまま食べられます。三菱電機の冷蔵庫に備わる独自機能“切れちゃう瞬冷凍”は、通常の冷凍温度(約-18℃)よりも高い約-7℃で冷凍するので、常備菜を小分けしないで、ひとつの保存容器に入れて冷凍しても、スプーンで簡単にすくって必要な量だけを取り出すことができます。 ◆ハンバーグの種や餃子の具などハンバーグの種や餃子の具などを多めにつくっておきます。製氷皿の上にシウマイの皮を敷き、その上に具材を入れれば、簡単にシウマイ風の肉団子が完成します。食べるときは、蒸したり焼いたりするだけ! お弁当はもちろん、晩酌用のおつまみや、あと一品欲しいときなどに役立ちます。 三菱電機 冷蔵庫「おいしさ」と「使いやすさ」で家事をもっとラクに楽しく。約-7℃で凍らせるから、解凍いらずですぐに使える!「切れちゃう瞬冷凍」     【こちらの記事もオススメです】[glink url="/trial/post_1713/"][glink url="/howto/post_47/"][glink url="/trial/post_2053/"][glink url="/howto/post_3885/"]

How To

プロの料理家はどうしてる? 1週間分の食材まとめ買い&冷蔵庫整理術<マフィオ編>

家事の時短や節約のために、食材をまとめ買い。でも、まとめ買いした食材を効率よく冷蔵庫に整理して、無駄なく使い切るのはなかなか難しいもの。そこで今回は「料理のプロならどうする?」をリサーチ!協力してもらったのは「ニクイねぇ! PRESS」のレシピコンテンツでもおなじみの料理家、マフィオの平床さんご夫妻です。食べ盛りの9歳と3歳の女の子、7歳の男の子という3人のお子さんがいる5人家族。1週間分の食材をまとめ買いし、効率よく冷蔵庫に整理して使い切ってもらいます。いったいどんな食材をどれくらい購入し、どうやって冷蔵庫に整理して使いこなしていくのでしょうか。 1.最初に“買い出しリスト”を作成まずはスーパーマーケットへ行く前に、買うものをチェック。買い忘れや買い過ぎを防ぎます。asacoさん「はじめに『今週食べたいものはある?』と子どもたちにリクエストを聞きます。次に、今週の予定を整理します。わが家は来客が多いので、遊びにくる友人の顔ぶれに合わせてメニューを考えます。そして、冷蔵庫や食品棚の在庫をチェックし、残りの食材を優先的に使い切る調理法を考え、買いたい食材をメモ。ここでリストアップするのは、必ず買いたいという食材のみ。それ以外のものは、スーパーマーケットで商品を見ながら夫と決めていきます」政治さん「僕は朝ごはんをイメージして、食材を決めていきます。わが家では毎朝、必ず味噌汁を飲むので、その具材として入れたいものから考えるかな」<平床家が必ず購入するもの>食パン(10枚切り/6枚切り)、バゲット、パスタ、ペンネ、米、豆腐、油揚げ、納豆、しらす、バナナ、季節のくだもの、ヨーグルト、芽ひじき、オレンジジュース  2.野菜・魚・肉のバランスを考えて一週間分まとめ買い<買ったもの>【パン】食パン(10枚切り/6枚切り)…各1斤、バゲット…1本【パスタ】パスタ…1kg、ペンネ…1袋(250g)【米・麦】米…5kg、押し麦…1袋(500g)、十穀米…1袋(500g)【野菜】トマト…3個、アボカド…1個、マイタケ…1パック、エリンギ…1パック、ホワイトマッシュルーム…1パック、白菜…1/2玉、大根…1本、くるり大根…1本、にんじん…1袋(中5本)、パクチー…1パック、ほうれん草…1株、三つ葉…1本、じゃがいも…1袋(中5個)、ブロッコリー…1房、白ネギ…1袋(2本)、タマネギ…1袋(3個)、ピーマン…1袋(5個)、パプリカ…1個【魚】鯖…3切、ホッケの干物…2匹、むき海老…1パック(200g)、スモークサーモン…1袋(80g)、しじみ…1パック、シラス…1パック、たらこ…1パック(3腹)、刺身用メバチマグロ…150g【肉】豚バラ…1パック(300g)、豚リブ切り身…1パック(250g)、鶏モモ肉…1パック(300g)、鶏ささみ…1パック(5本)、粗挽き肉…1パック(500g)、ベーコン…1パック(200g)、ウインナー…1袋【果物】みかん…1袋(中10個)、バナナ…1房(5本)、レモン…1個、リンゴ…2個、マスカット…1パック、いちご…1パック、洋梨…2個【油揚・豆腐・納豆】油揚げ…1袋、厚揚げ…1袋、豆腐…1丁、納豆…1パック【乾物】芽ひじき…1袋(20g)、昆布…1袋(100g)、鰹節…1袋(350g)【乳製品・豆乳・卵】チーズ…1袋(250g)、バター…1パック、ヨーグルト…1パック(500g)、牛乳…1本(1L)、豆乳…1本(1L)、卵…1パック【粉類】小麦粉…1kg、パン粉…1袋(200g)、片栗粉…1袋(250g)、餃子の皮…1袋(50枚入り)【缶詰】トマト缶…1缶(400g)、チリビーンス缶…1缶(425g)、アンチョビ…1缶(35g)【油】サラダ油…1本【酒】ビール…5本、ワイン…2本、粕…1袋【飲料】オレンジジュース…1本(1L)、ココナッツミルク…1缶政治さん「野菜・魚・肉のどれかに偏らないよう、バランスを見ながら決めていきます。野菜のなかでも、葉物、根菜、きのこ類をまんべんなく、魚なら煮魚用と焼き魚用、サラダ用など。肉もひき肉、塊肉、薄切り肉など、バリエーションが出るように選んでいます」asacoさん「だいたいいつも、これくらいの量になりますね。予算は特に決めていませんが、買う食材の単価はチェックしながら選ぶので、自然と想定内に収まります」 3.冷蔵庫の機能をフル活用して食材を整理&保存平床家の冷蔵庫は三菱電機の「MR-WX52A-BR」。冷蔵庫の容量は517Lと、たっぷり入ります。保存している間に葉物野菜のビタミンCが増える※1 画期的な野菜室「朝どれ野菜室」や、約マイナス7°Cで冷凍するため食材がカチカチに凍らず※2、包丁がスッと入って簡単にカットできる「切れちゃう瞬冷凍」機能が気に入っているのだとか。 ●野菜室は野菜ごとに定位置を決め、なるべく重ならないように政治さん「冷蔵庫のなかは、食材によって定位置を決めています。たとえば、野菜室の上段にはフルーツや小物野菜を、下段奥には葉物系を、手前には根菜系を立てるようにして入れています。すべての食材がひと目でわかるよう、なるべく重ならないようにします。こうすることで食材の鮮度を確認できるし、使い忘れの防止にもなります」 ●料理する食材それぞれに適した保存方法を決める政治さん「時間があるときは、そのまま下処理と常備菜づくりを進めていきます。この冷蔵庫には6つの保存機能があり、鮮度を保ちながら食材に合わせた保存方法が選べるので、うまく使い分けています」1.ひじきは水で戻す→「切れちゃう瞬冷凍」2.ほうれん草などの葉物野菜を下茹でする→「切れちゃう瞬冷凍」3.肉や魚を漬け込む→「氷点下ストッカーD」4.フルーツ類をジャムにする→「切れちゃう瞬冷凍」 ●しらすやひじきなどは、カチカチに凍らない「切れちゃう瞬冷凍」で政治さん「『切れちゃう瞬冷凍』には、しらすやたらこ、水で戻したひじき、下茹でした葉物野菜、フルーツ、そして、手づくりだしや残ったシチューなどを入れています。『切れちゃう瞬冷凍』はカチカチに凍らないので、いちいち小分けをしなくても、必要な分だけをスプーンなどですくい取れるのですごく便利ですね」食材のおいしさと食感をキープしながら冷凍する「切れちゃう瞬冷凍」を活用。冷凍なのにサクッと切れたり、必要な分だけスプーンですくえるので※3、時短クッキングにつながるasacoさん「フルーツは、丸ごとチャック付きのポリ袋に入れて瞬冷凍しておけば、フローズンで楽しめます。そのままアイス感覚で食べたり、ジュースに入れたりしています。ホームパーティでも、フローズンスイーツは人気ですね。フレッシュなフルーツをお買い得価格で買えたときには、砂糖やはちみつといっしょに煮込んでジャムをつくり、ヨーグルトやパンに添えています」 ●肉や魚は、冷凍せずに長く保存できる「氷点下ストッカーD」へ肉や魚の保存に適した「氷点下ストッカーD」は、約マイナス3〜0°Cで冷凍せずに食材を長く保存できます。平床家ではすぐに使わない肉や魚をここに保存しているそうです。政治さん「肉や魚を味噌麹(麹の即席漬けの素などに味噌を混ぜたもの)に漬けて「氷点下ストッカーD」に保存しておくと便利です。使ってみた実感として、一週間くらいは問題なく保存が可能です。調理するときは味噌麹を軽く拭き取り、サッと焼くだけなので、かなりの時短になります」  ●冷蔵室は早めに使いたい食材を上段に、つくりおきの常備菜を右側にまとめる 政治さん「上段に早めに使いたい食材、右側につくりおきの常備菜をまとめて置き、朝ごはんに使う食材は前日の夜に冷蔵室の手前の方にまとめておきます。ヨーグルトやバター、ケチャップなど、子どもが冷蔵庫から自分で取り出す機会の多いものは取りやすい位置に置いてあげます」asacoさん「大量の食材を購入しても、これだけゆとりをもって収納できることに驚きました。以前使っていた冷蔵庫と外見のサイズは変わっていないのですが、庫内の収納力は確実にアップしているのがわかります」政治さん「最近の冷蔵庫は食材の保存機能が高いので、食材のまとめ買いがしやすいと思います。とはいえ、僕の場合はすべての食材をほぼ一週間で使い切るため、肉や魚を冷凍室に入れるケースは少ないですね。三菱電機の冷蔵庫の場合『氷点下ストッカーD』と『切れちゃう瞬冷凍』機能を使えば、鮮度を保ちながら問題なく消費できます。また『朝どれ野菜室』は野菜の持ちがすごくいい! 前の冷蔵庫では3日でしおれていたパクチーが5日間は元気だし、葉物野菜も週の後半までシャキッとしています」 ※1:野菜室下段奥のLED照射エリアに保存した葉物野菜など葉緑素を持つ野菜で効果を発揮。すべての野菜に効果が及ぶものではありません※2:食品の種類や大きさ、凍り方により若干の解凍時間が必要になる場合があります※3:食品の種類や保存量、投入時の状態により凍る場合があります平床家の冷蔵庫。三菱電機「MR-WX52A-BR」 いかがでしたか? 次回は、まとめ買いした日に仕込んだ常備菜メニュー5品のレシピをご紹介します。 教えてくれた人マフィオ(平床政治+asaco)平床政治とasaco、夫婦ふたりで手掛けるケータリングユニット。9歳と3歳の女の子、7歳の男の子のパパ&ママで5人家族。音楽家、ナレーターである政治さんの得意な料理を、モデルのasacoさんがブログで紹介したことがきっかけで、食の仕事を始めるように。誰もが手に入れられる身近な食材を使って、子どもでも食べやすい料理を生み出す。雑誌や広告のフードスタイリングをはじめ、ロケ弁やレセプションのケータリング業でも活躍している。[Facebook] https://www.facebook.com/hiratoko.mafio/[Instagram] https://www.instagram.com/hiratoko.mafio/  [glink url="http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/reizouko/"] ●こちらの記事もオススメです![glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_307/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1827/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1842/"] 

ニクイねぇ!調査隊

なぜ、イオンは朝採れ野菜を売り場に並べるのか?(前編)

スーパーマーケットの「イオン」が、その日の早朝に採れた新鮮な朝採れ野菜を、お昼ごろまでに陳列して販売する“今朝採り野菜”と銘打った売り場を、2016年の春から展開しています。なぜイオンは、朝採れ野菜を販売し始めたのでしょうか? 売り場を企画した千葉泰彦さんに話を聞きました。 イオンリテール株式会社農産商品部 統括マネージャー千葉泰彦さん ──まずは、なぜ“今朝採り野菜”を売り場の名称にしたのか教えてください。この売り場をつくる前にお客さまにインタビューなどをした際、新鮮なイメージの言葉ってなんだろう? と聞いたところ、“朝採れ”=新鮮というイメージが強い、という結果が出たのです。そして現在、売り場では“朝採れ”という言葉ではなく、“今朝採り”という言葉を使っています。“朝採れ”というと、いつの朝かわかりませんが、“今朝”にすることで、今日の朝に採れた、という意味合いが強まりますからね。──お客さまの感性に訴えるフレーズだった、ということでしょうか?あくまで科学的な根拠はありませんが、買う側と売る側とが共感できる言葉なのでしょうね。売り場としても、鮮度の高さをアピールでき、お客さまの購買意欲を高める手段のひとつとして使わせていただいております。──いつ頃からこちらの売り場をつくる計画が持ち上がったのでしょうか?実はアピールしていなかったものの、数年前からこの売り方自体はやっていたのです。今朝採った野菜を売り場に並べるには、まずは時間と距離の制約があります。当然、店舗に並ぶまでの距離と時間が短い方が、新鮮さを維持しやすいですよね。野菜はあくまで生き物ですから。──では、なぜ今回、それをアピールするようになったのでしょうか?タイミング的な話ですね。新鮮さ以外にも、地元で採れた野菜なら距離をあまり運ばずに売り場に並べられるので、CO2の削減にもつながりますから、環境にもいいというイメージがあります。環境に配慮することは、私ども販売サイドにとっても、お客さまにとっても、いい取り組みだと考えたからです。──野菜はどのような仕組みで運ばれているのでしょうか?グループ会社イオンアグリ創造が経営する直営農場が全国に21箇所あり、そこで畑を耕し、採れた野菜を、我々が販売するというスキームになっています。さらに、直営農場以外にも、それぞれの地元で採れるおいしい作物などを届けることも、並行して行っています。それぞれ専用車両で朝に巡回して収穫、1~3時間後には近隣の店舗を中心に、売り場に並べられるような仕組みです。──お客さまの反応はどうですか?おおむね好評だと思います。お客さまには、例えば“道の駅”などと同じように、鮮度がいいイメージを持たれていると思いますし、そういう売り場を目指しています。実際「農場から何キロ以内の店舗に今朝採り野菜の売り場をつくる」といった明確な規定は設けていませんが、近隣で営業している店舗に対し、午前中のなるべく早い時間に直接運び入れて販売する、という流れにしています。──実際、どれくらいの数の店舗に今朝採り野菜売り場があるのでしょうか?最初は数店舗で実現できればいいかなぁという感じでしたが、いまは2ケタの店舗に売り場が設けられています。春に採れるけど夏には採れない、秋には採れるけど冬には採れないなど、シーズンによって野菜のバリエーションが変わってくるので一概にはいえませんが、最大100店舗を超えたこともあります。──現在、イオンは全国に何店舗くらいあるのでしょうか?イオンリテールで管轄している店舗は400店舗ほどですね。──今朝採り野菜売り場に関して、農場側からの反応はいかがでしたか?これは、直営農場に限った話ではないですが、もともと農家の方のライフサイクルって、朝が早いんですよね。朝に収穫した方が高品質という作物を扱っているかどうかにもよりますが、一般的には、皆さん明け方から動き出し、作物を採るという方が多いので、朝早い分にはあまり負担にはなっていないようです。特に夏場だと、日中は暑くなりすぎるので、屋内での労働は適しませんから、朝に気温が低いうちに働く方が効率良く働けますよね。──最初からみなさん、協力的だったのですね。農場としては、なるべく良い状態でお客さまに作物を届けたいでしょうし、おいしく食べてもらうことが一番の喜びですからね。お客さまに「今朝採れたものを買って帰ったから、おいしく食べられた」といわれるのは、うれしいことなのです。──つくり手からすると、最高の状態で食べてもらうというのは、うれしいですよね。そうなんです。本来、お客さま自身が、つくられた農場に直接買い付けに行ければ一番良いのでしょうが、現実的には無理なわけです。実際には、お客さまが野菜を購入される場所はスーパーマーケットが約8割なので、スーパーマーケットは生産者とお客さまをいかにつなぐかが、販売のキーポイントになると思います。──ちなみに、こういった取り組みはライバル店でも行われているのでしょうか?正直、やろうと思えば、他のスーパーマーケットでもやれることですよね。物流自体はさほどハードルは高くありません。地方の「道の駅」なども基本的には同じです。ただし、多くのところがやろうとしても、朝に採れる作物の量は限られるわけですから、限られたパイの奪い合いになりますね。──朝採れた野菜を専用車両で効率的に運んでいるとのことですが、店舗ごとのばらつきなど、調整はどうように行われているのでしょうか?もちろん、天候などによってばらつきは出ますが、それは野菜を取り扱っている以上、特別なケースではありません。予定では100本採らなければならなかったのが、実際は雨で60本しか採れなかったとか、生育が悪く、25cmで採らなければならないものが15〜20cmで採らざるを得なかったとか、そういうケースがたびたびあるんです。でも店舗には、今朝採り野菜以外の売り場もあるため、他の売り場にその分多くの野菜を並べるなどして、お客さまのお買い物に支障が生じないよう、バイヤーが調整しています。逆に、今日採らなければ成長しすぎて売れなくなる、といった理由で、予定より多く入荷することもありますが、それも「頑張って売りましょう」と、農場とコミュニケーションを取りながら、日々売り場をつくっています。──LEDなどで野菜を育てる、管理農場などをつくる計画はないのでしょうか?現在のところ、管理農場などをつくる予定はありません。ただし、通常の小さいビニールハウスではなく、もっと規模の大きい施設型農場を埼玉県久喜市につくります。トマト農場なのですが、国と県とイオンの3者でコンソーシアムをつくり、コンピュータで栽培の管理と生産調整を行って、この6月から実際に稼働します。──現在、今朝採り野菜売り場で扱っている商品は、どのようなものなのでしょうか?今の時期だと小松菜、水菜、白菜などがメインですね。さらに、葉物などがこれから入り始める頃でしょうか。春から夏にかけては、枝豆やほうれん草、チンゲンサイ、とうもろこし、レタスなどを扱います。また、イオン農場以外では、先日、いちごも扱いました。いちごは果物だと思われがちですが、本来は野菜なんですね。──いいものを並べましょう、ということで、フレキシブルに対応していかれるんですね。急に良い野菜を仕入れられる、といったことも、店舗側と農場側とのコミュニケーション次第で実現できるんです。それだけの量が採れる予定なら、今朝採り野菜売り場にも置けるよね、といった具合に。お客さまにおいしいものを届けられると判断すれば、そのときそのときで臨機応変に対応していくということです。──今朝採り野菜がきっかけとなり、新たな農家さんとのつながりができた、などの例はありますか?もちろんあります。農家さんからは「イオンは大量に野菜を育てていないと取引できない」と思われている場合も多いのですが、実際は少しの量であったり、1週間しか採れないようなものでも、お客さまによろこんでもらえる作物でしたら、お取引が可能になっています。商売の裾野が広がっているのは間違いありませんね。生産者さまとのコミュニケーションで「こんな価値観だったら売れるよね」とひとつひとつ話し合いながら進めてきた結果です。──「こんな価値観だったら〜」とはどういうことですか?お客さまにとってみたら、同じ野菜だったら100円よりも1円安い99円で買えた方がいいですよね? でも、いつ採れたかわからない野菜よりも、今朝採れた野菜の方が、仮に20円高かったとしても、もしそこにお客さまが価値を見出していただけるのなら、生産者さんも収入が増えますし、みなさんそれぞれ努力をされます。結果として、よりいいものをお客さまが手に入れられる可能性が高まるんです。 後編へ続く http://www.nikuine-press.com/survey/post_4851/ イオンリテール http://www.aeonretail.jp/ 【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_47/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1368/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3598/"]

ニクイねぇ!調査隊

なぜ、イオンは朝採れ野菜を売り場に並べるのか?(後編)

(前編はこちら http://www.nikuine-press.com/survey/post_4551/)──最近、冷蔵庫でも、より鮮度を保つ野菜室に対するニーズが高まってきました。イオンでも、ここ数年、野菜に対するニーズが変わったな、という実感はありますか? 野菜の消費量は実は増えてないのですが、そのなかでずっと、わずかずつではありますが、増え続けているのが生食用サラダの野菜ですね。また、和食回帰のニーズも高まってきているので、おひたしなどに使われる葉物野菜への注目度は高まっていると感じます。また、機能性野菜といった言葉もあるように、野菜自体への関心度が高まっているのは間違いないですね。その背景には、キーワードとして健康やダイエット、美容などがあります。飲料の形で野菜を摂取するにしても、昔はトマトジュースしかありませんでしたが、最近はコールドプレスジュースや野菜ジュース自体の種類がかなり増え、それらすべてが健康と美容というキーワードとつながっているのだと、売り場から実感させられますね。さらに、増え続ける医療費などの社会背景から、自分の体は自分で守り、健康寿命を自分で伸ばそう、という意識が高まっていますので、野菜のニーズが増加していることへの実感は、今後、ますます高まっていくのではないでしょうか。──野菜自体の価値を上げる売り方は、どのようなものが考えられますか?一番わかりやすいのは、オーガニックというキーワードではないでしょうか。10年前くらいから有機栽培農家の農産物なども扱っていますが、最初はあまり売れなかったんです。ですが、オーガニックはグローバルな視点からも注目されていますし、日本でも徐々に意識が高まってきているので、かつてに比べるとかなり売れるようになってきています。通常の野菜と比べて2倍の値づけであっても、買っていただけるような状況が見られ始めていますね。──生活者の野菜に対する意識も、確実に高まっているのでしょうか?先進国のなかでも、日本はまだまだ野菜に対する意識が足りないというか、無頓着な印象があります。海外では、レストランでベジタリアン向けのメニューやハラルフードなど、宗教的なメニューが当たり前のように存在しますが、日本ではようやく最近になって、というイメージですよね。──まだ、それらのメニューがニュースになるような段階ですね。 その辺に対する意識が、ようやく日本でも少しずつ高まってきているのも、野菜への注目度が高まっている理由のひとつかなと思います。──ところで、生産管理が難しい野菜というのはあるのでしょうか? また、それらを管理するに当たって、独自に工夫されていることなどがありましたら教えてください。やはり生鮮食品ですから、コールドチェーンがキーポイントです。生産から運搬、売り場の陳列まで、どれだけ適温を保てるか、温度管理を一定にしたままの配送ルートを維持できるか。その管理などに工夫が施されていますね。──例えば、葉物野菜はシナシナになってしまいやすく、根菜類と比べると保存する際に苦労しますが、売り場でもそれをフレッシュな状態に保つ工夫などをされているのでしょうか?野菜って、生き物なんですよね。野菜は成長しますから、温度と水分が重要。シナシナに乾燥する要因は、野菜の蒸散作用にあります。野菜も呼吸しているので、これをいかに抑えるかが保存の際のポイントになってきます。通常の売り場で管理するのはなかなか難しいのですが、だからこそ、今朝採り野菜が重要なんですよね。今朝採れた野菜を店頭に並べて、すぐにお客さまに手渡せる。短い時間で運んで、短い時間でお客さまの手に渡るようにする行為につながってくるんです。昔の八百屋さんなら、その日に仕入れたものをすべて売り切ることができたでしょうが、スーパーマーケットは営業時間も長いですし、なかなかそれを実現することはできません。ですから、鮮度を保つこと自体は、我々にとって今朝採り野菜売り場に限らず重要なことですし、売れる時間帯に合わせ、温度管理をしている冷蔵庫からタイミングよく品出ししたり、品出し自体の回数を管理したりしています。そこもコールドチェーンでつながっていて、データを見ながら実現しています。──肉や魚でも、同じような売り方は行えるのでしょうか?肉は難しいですが、魚は野菜と同様、以前からこういった売り方を行っています。直接バイヤーが漁師さんから買い付けて、一次処理だけ行ってそのままトラックに載せ、午後1時から2時には店舗の棚に並べるようなイメージです。野菜と同様、魚はお客さまが鮮度を一番気にする食材ですから、運搬時間をなるべく短くし、鮮度を保っています。──そうした売り方は、イオンだからできることであり、やはり中堅どころのスーパーマーケットだと難しいのではないのでしょうか?確かに、スケールメリットはありますね。ただし、この今朝採り野菜売り場を実現できたのは、もともとイオンアグリ創造のトップが私たちと同じバイヤーであり、売り手の気持ちがわかるという点も大きいですね。スピード感をもってやっていきたいといったら、それに対し、できるだけ努力をしてくれますし、融通や小回りを効かせてくれます。通常のプロダクトアウトだけではなく、マーケットインまでやっていける強みがそこにもあります。──最近、日中働いている共働き夫婦が増えたことで、毎日食材を購入する人に加えて、まとめ買いしつつも、できるだけ鮮度の良い状態で食べたいから保存方法にこだわりたい、という人が増えています。そういったお客さまのライフスタイルの変化を売り場でも感じますか?それは日々感じています。冷蔵庫代わりにスーパーマーケットやコンビニエンスストアを使われる方も実際にはいらっしゃいます。共働きのご夫婦が増え、夜遅くまで開いているスーパーマーケットで遅い時間に買い物をされる方や、週末にまとめ買いをされる方が増えたな、と感じています。こういったライフスタイルは、今後さらに多様化することが予想されますが、少しでも鮮度のいい、いわゆる棚持ちのいいものを私たちが用意し続けることは、これまでと変わりがないと考えます。まとめ買いされる方が冷蔵庫に入れたものをすぐに食べるとしても、2、3日経ってから食べるにしても、私たちの「できるだけ鮮度のいい食品を提供したい」という考えは、決して変わりません。──野菜の産地をしっかり店舗で表示することで、売上を伸ばしている飲食チェーン店があります。それと同じように、スーパーマーケットでも鮮度の高いものを求めて人が集まり、また、お客さま自体の意識も高まっている、ということですね。以前は、店頭に並んでいるブロッコリーの産地がどこなのか、とか、この肉はどこで加工されたものなのか、といったことを気にする人は、あまりいなかったと思うんです。どちらかといえば、おいしければなんでもいい、という感じでした。ただ近年、食の世界では“安全安心”神話がいろんな意味で崩れかけているところがあります。“国産にこだわる=安心感を与える”ことで業績を伸ばしている飲食チェーンがあるように、安心感は今の日本人の心をつかんでいるのです。──形がいびつだったり、不ぞろいな方が、かえって安心感を得られることもありますよね。感覚的にはそうなんですよね。一概にはいえませんが、野菜を選別して規格をそろえるのには時間がかかります。最初に規格をそろえるように仕向けたのは、実は私たち、スーパーマーケットをはじめとする店舗側なのですが、今は少しでも早く、新鮮なうちに持ってくることにも力を入れていますし、食品廃棄なども重要な課題になってきているので、たとえ不ぞろいであっても、栄養価の高いものを優先して販売していくことが、ひとつの販売スタイルなのかな、と考えています。今朝採り野菜はまさに、その一環なんですね。──今後、お客さまの声が今朝採り野菜の売り場に反映されることもあるのでしょうか?一定の声が大きくなってくれば、検討したいとは思っています。仕入れのチャネルはいろいろありますし、私たちの商売はお客さまのニーズに応えるのが第一ですから。お客さまからの「こんな商品が欲しい」「こんな野菜をつくって欲しい」といったリクエストがあれば、最大限対応していくつもりです。(前編はこちら http://www.nikuine-press.com/survey/post_4551/) イオンリテール http://www.aeonretail.jp/【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_47/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_1368/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3598/"]

How To

パーティに! 製氷皿でつくる華やかフィンガーフードレシピ

フードコーディネーターであり、スタイリストとしても活躍する鈴石真紀子さんに、おしゃれで簡単につくれる“製氷皿レシピ”を教えてもらいました。メニューは、ひとくちコロッケや押し寿し、ゼリー寄せにチーズケーキ、そして、手土産にもちょうどいいチョコスイーツです。製氷皿を使うことで形が均一になり、美しく仕上がる上に、持ち寄りパーティのときなどには製氷皿ごと持ち運べることで型崩れの心配がありません。型に詰めるだけなので、お子さんといっしょにつくることもできます。パーティや親子クッキングに、ご活用ください! Recipe 1パーティの前菜はこれで決まり!彩り野菜のゼリー寄せ「前菜やおもてなし料理として重宝するゼリー寄せは、100円ショップで手に入るフタ付きの製氷皿でつくれば、そのまま持ち運べてとても便利です。彩りが鮮やかになるようなお好みの具材を用意し、コンソメ味のゼリーで固めるだけ。具材を変えれば、何とおりものメニューを楽しめます」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿1枚分)枝豆…10粒おくら…1本ヤングコーン…2本パプリカ(赤)…1/2個ミニトマト…3〜4個カニカマ…2本ゼラチン…10g <A>水…200ccコンソメ顆粒…小さじ1塩…少々 つくり方(1) 枝豆、おくら、ヤングコーン、パプリカは塩(分量外)を入れた湯でサッと茹で、ザルにあげておく。(2)あら熱が取れたら、枝豆はサヤから身を取り出す。おくらはヘタを取り10等分に、ヤングコーンも10等分にする。カニカマは5等分にカットする。パプリカは2cm角程度に、ミニトマトは4等分にカットしてタネの部分を取り除く。(3)鍋に<A>を入れて中火にかける。フツフツと煮立ってきたら火を止め、ゼラチンを加えてよく混ぜ合わせる。(4)製氷皿に(2)を均等になるように入れ、上から(3)を流し入れる。あら熱が取れたら冷蔵庫へ入れ、3時間からひと晩ほど寝かせれば完成。 ★Point 湯煎をするときれいに取り外せる「取り出すときは、製氷皿の下から湯煎をし、ゼリーと製氷皿の間にナイフを入れ、すき間をつくるときれいに取り外せます」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 2 お刺身の盛り合わせでつくる手まり寿司Recipe 2お刺身の盛り合わせでつくる手まり寿司「お刺身の盛り合わせパックと製氷皿でつくった、彩り豊かな手まり寿司です。切り身を1/2程度にカットし、製氷皿に並べて酢飯を上からギュッと詰めれば完成! フタ付き製氷皿を使用し、生もの具材を避けて(例えば生ハムやスモークサーモンに)アレンジすることで持ち寄りパーティやピクニックにも活躍します」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿1枚分)刺身用切り身(まぐろ、サーモン、ボイルエビ、イカ)…各1/2切れ甘エビ…1本カニカマ…1/2本卵焼き…1/4切れきゅうりの薄切り…適量青じそ…適量いくら…適量香草…お好みでかいわれ大根…1本 寿司飯ごはん…1合分 酢…大さじ2砂糖…大さじ1/2塩…小さじ1/2 つくり方(1) 炊きたてのごはんに酢、砂糖、塩を混ぜ合わせた寿司酢をまわしかけ、うちわで扇ぎながら、ごはんをしゃもじで切るように混ぜて寿司飯をつくる。(2)お刺身の切り身、きゅうり、青じそ、かいわれ、香草などを手まり寿司サイズにカットする。(3)製氷皿にラップを敷き、(2)の具材を彩りよく並べていく。(4)(3)の上に(1)の酢飯を均等に詰め、指の腹で押して平らにならすようにする。(5)ラップを引っ張りながら中身を取り出し、手で軽く形をととのえてから器に並べれば完成。 ★Point ラップを使うと、ごはんが容器にくっつかずキレイにとり出せる「ラップを敷いた上に具材を詰めることで、型崩れせずに取り出すことができます」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 3 中身を秘密にすると盛り上がる! ひとくちサイズのサプライズコロッケRecipe 3中身を秘密にすると盛り上がる!ひとくちサイズのサプライズコロッケ「製氷皿にマッシュポテトとお好みの具材を入れてつくるミニコロッケです。均一な形に仕上がるので、お皿に並べて美しく盛り付けるのがおすすめです。具材はソーセージやチーズなどお好みのものを用意し、バラエティ豊かなひとくちコロッケを楽しみましょう。キムチやワサビなどの具材を忍ばせ、ロシアンルーレット的に楽しむこともできますよ(笑)。コロッケの上にケチャップやソース、マヨネーズなどをトッピングしてピックを挿せば、おしゃれ感が増します」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿2枚分)じゃがいも…中5個玉ねぎ…中1/2個ソーセージ、枝豆、チーズなどお好みの具材…適量油…小さじ1塩・コショウ…適量小麦粉…適量卵…1個パン粉…適量揚げ油…適量 つくり方(1)じゃがいもは皮をむいて鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて茹でる。竹串がすっと刺さるくらいになったら、湯を切り温かいうちにつぶす。(2)玉ねぎをみじん切りにする。ソーセージやチーズなど、お好みの具材をひと口大の大きさにカットする。(3)フライパンに油を入れて中火にかけ、(2)の玉ねぎをしんなりするまで炒める。(4)(1)と(3)をボウルに入れしっかりと混ぜ合わせ、塩・コショウで味をととのえる。(5)製氷皿に小麦粉をこし器などでふるい入れて容器の内側にまぶし、(4)のじゃがいもを製氷皿の8割程度まで詰める。中央部分にくぼみをつくり、ソーセージや枝豆、チーズなどお好みの具材を1箇所に1種類ずつ入れていき、上からじゃがいものマッシュを重ね、上部に小麦粉をまんべんなくふるいかける。(6)製氷皿をひっくり返して中身を取り出す。溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、180℃に熱した揚げ油できつね色になるまで3〜4分ほど揚げれば完成。 ★Point 具材はお好みのもので自由にアレンジを!「マッシュポテトの中央に具材を入れる工程は、お子さんに手伝ってもらうのもおすすめ。パーティのときは、おしゃべりしながらみんなでいっしょにつくるのも楽しいと思います」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 4 締めのスイーツもおまかせあれ! レアチーズケーキRecipe 4締めのスイーツもおまかせあれ!スティックレアチーズケーキ「ここでは、水筒用の細長い氷をつくれるスティック型の製氷皿を使用しました。四角い型でつくるとかわいらしいプチケーキ風になりますが、棒状の型でつくると大人っぽい雰囲気に仕上がります」(鈴石さん) 材料(10個取りの製氷皿2枚分)クリームチーズ…200g粉ゼラチン…5g水…25gプレーンクッキー(またはグラハムビスケット)…50gココアクッキー…50g無塩バター…40g生クリーム…200ccグラニュー糖(砂糖でも可)…80gレモン汁…大さじ1 <飾り用>粉糖…適量ミント…適量生クリーム(砂糖と合わせてあわ立てたもの)…適量ブルーベリー…10粒 つくり方 (1)クリームチーズは調理を始める1時間前くらいから常温におき、やわらかくしておく。粉ゼラチンと水を合わせる。(2)プレーンクッキー、ココアクッキーを1種類ずつビニール袋に入れる。クリームがはさんであるクッキーを使用する場合は、中身のクリームを取り除いておく。ビニール袋の口を手で持ち、すり棒などで外側から軽くたたきながらクッキーを砕く。(3)無塩バターをレンジで20秒ほど加熱して溶かし、(1)のビニール袋に半量ずつ加え、外側から全体が混ざるように手でよく揉みこむ。(4)クリームチーズと生クリーム、グラニュー糖をボウルに入れ、湯煎しながら泡立て器でよく混ぜ合わせ、なめらかなペーストにする。※このとき、少量の生クリーム(約20g)と砂糖(約2g)を取り分けて置き、トッピング用にあわ立てておく。(5)(4)に(1)の粉ゼラチンとレモン汁を加え、よく混ぜ合わせる。(6)製氷皿に(1)のクッキーをそれぞれ10等分になるように敷き詰め、上から(5)を流し入れる。軽くトントンと製氷皿をテーブルにたたいて中の空気を抜き、あら熱が取れたら冷凍庫に3時間からひと晩ほど入れて固める。(7)側面にナイフを入れて容器を逆さまにし、中身を取り出す。仕上げに生クリームやブルーベリー、ミントを添えてお皿に盛り付け、最後に粉糖を散らせば完成。 ★Point ナイフを使って丁寧に取り出す「ナイフで周囲に切り込みを入れ、下から持ち上げるようにするときれいに取り出せます。ひと晩しっかり凍らせておくと取り出しやすくなります。メインの料理を出すときに、デザートも用意しておきましょう。食べるまでに少し時間が空くことで、ほどよく解凍されます」(鈴石さん) 【続いては】Recipe 5 手土産やギフトにぴったりプチチョコレートRecipe 5手土産やギフトにぴったりロリポップチョコ「最後は、シリコン製の型を使った、かわいいチョコギフトです。ここでは、ホワイトチョコとブラックチョコレートを1種類ずつ固めたものと、重ねて2層にしたものとをご用意しました。ほかにも、抹茶味のグリーンチョコレートやイチゴ味のピンクチョコレートなどを用意して、アレンジを楽しんでみてください。半分にカットした紙ストローを挿してチョコレートキャンディ風にアレンジすると、ギフト感がアップします。小袋に入れてリボンを結ぶとかわいく仕上がりますよ」(鈴石さん) 材料(15個取りのハート形製氷皿1皿分)ブラックチョコレート…100gホワイトチョコレート…100gトッピングピスタチオ、フランボワーズ、アーモンドなどのトッピング…適量 つくり方(1)ブラックチョコレートとホワイトチョコレートはそれぞれ細かく砕き、別のボウルで湯煎にかけて溶かす。(2)製氷皿に(1)のチョコレートをそれぞれ5個分ずつ流し入れ、お好みでピスタチオやフランボワーズ、アーモンドなどのトッピングを載せる。残りの5個分は、ブラックチョコレートを1/3量程度入れる。(3)割り箸を3膳用意し、それぞれ2本に割って両端に輪ゴムをくくりつける(4)製氷皿の列に合わせて(3)を置き、半分にカットした紙ストローを中央部分に挿しこんでいく。(5)(2)でブラックチョコレートを半量入れた部分の表面が固まってきたら、上からホワイトチョコレートを流し入れ、他の2列と同様、紙ストローを中央に挿しこみ、上からお好みのトッピングをかける。(6)あら熱が取れたら、冷蔵庫で1時間以上しっかりと冷やし固めて完成。 ★Point 割り箸を使ってストローを固定する「図のように割り箸に輪ゴムを巻きつけたものを用意します。チョコレートを流し込んだ型の上に置き、間に紙ストローをはさんでチョコレートが固まるまでそのままの状態にしておきます」(鈴石さん)  つくってくれた人鈴石真紀子さんスタイリスト/5歳と9歳の女の子のママ。雑誌や広告などさまざまな媒体で、衣食住に関するスタイリング提案を行うなど幅広く活躍。フードユニット「coton」として限定カフェやイベント出店などの活動にも力を注ぐ。ママとしての経験や旅先での出会いなどから、素材の味や食感を生かしたレシピを考案するのが得意。【instagram】@cotonfood ●こちらの記事もオススメです![glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_965/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3656/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_464/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_1713/"]

How To

冷蔵庫が壊れた! 急いで買い替えるときに必ずチェックすべきこと

ふだん、ほとんどの人は、冷蔵庫が壊れることなんて想定していませんよね。突然壊れたときにどんなモデルに買い替えればいいかよくわからず、約10年という長期にわたって使う家電なのに、なんとなく家電量販店の店員さんに勧められるままに買ってしまう……。そんな人も多いのではないでしょうか。独自の便利機能や省エネ性能、カラーリングなど、ほかの家電と同様に、いろいろと選び方のポイントはあります。ただ、冷蔵庫は家庭内でもっとも大きな家電のひとつだからこそ、実は選ぶ際に重要となるポイントは、もっとベーシックな部分にあります。 1.本体サイズと設置場所のサイズ故障により急いで冷蔵庫を買い替えなくてはならなくなり、あわてて「なんでもいいから」と購入してしまい、結局失敗してしまった……という話をよく耳にします。では、何からチェックすべきなのでしょうか。つい、冷蔵庫の容量選びから入ってしまいそうですが、実は最初に確認することは、冷蔵庫の設置場所のサイズなんです。せっかく買った冷蔵庫をいざ搬入しようとしたら、あとちょっとのところでスペースに入らない。設置してみたら、予想以上に奥行きが出っ張っている……などなどの失敗はよくあります。そうならないために、購入前には、設置場所のサイズを測っておくことを忘れずに。設置スペースの横幅、奥行き、高さのサイズをしっかり確認しておきましょう。 商品のホームページなどを見れば、各容量の冷蔵庫の本体サイズや、扉を開いた際の奥行きなども明示されているはずです。そこで便利なのが、三菱電機の「大容量冷蔵庫診断」のページです。冷蔵庫を置きたいスペースの幅を入力すると、そこに設置可能な冷蔵庫をピックアップしてくれるので、参考になります。 2.容量次に検討するのが冷蔵庫の容量です。家族の人数や、さらに「まとめ買いをするかどうか、食べ盛りのお子さんがいるかどうか」といったライフスタイルも加味して、我が家にとってベストな容量の冷蔵庫をセレクトするといいでしょう。その際、注意したいのは、ちょっと先のライフスタイルまで見通すこと。たとえば「今は子どもが小さいけれど、大きくなったら食べる量が増える。仕事を再開するなら、週末にまとめ買いしたい」など、冷蔵庫は長く使うものですから、「現在」の生活だけに合わせるのではなく、「未来」の生活もイメージして選ぶことも必要ですね。 3.扉が開く方向冷蔵庫は毎日、何度も開くものですから、扉がどちら側に開くかで、使い勝手がだいぶ変わってきます。大容量冷蔵庫は、フレンチ(観音開き)タイプが主流ですが、扉の開く方向をしっかりとチェックしておきましょう。右開きと左開きの場合、多くのモデルでどちらかを選択できます。それ以外にも、メーカーによって両開きなどのタイプがあります。 4.搬入経路のサイズ設置場所に関しては、多くの人がしっかりと測る一方、意外と盲点となるのが、それを搬入するまでの経路のサイズです。冷蔵庫は家庭内の大きな家電のひとつであり、洗濯機と同様、購入したものの家のなかまで搬入できず、結局、返品してしまうこともある家電でもあります。そうならないためにも、必ず、以下のような場所のサイズをあらかじめチェックしておき、冷蔵庫がスムーズに搬入できるかどうかを確認しておきましょう。扉などを外して配送業者さんに搬入してもらう場合は、追加作業料金が発生する場合もあります。 ■搬入経路:マンションの場合【マンションのエントランスなどの扉サイズ】このあたりが障害となり、冷蔵庫が入らないということは少ないと思いますが、念のため、測っておきましょう。【マンションのエレベーター、もしくは搬入階段の扉サイズ】エレベーターを使用して搬入する際は、エレベーターの扉サイズを測りましょう。エレベーターがない低層階マンションの場合は、階段で搬入する場合もありますので、その際は、階段とエントランスを隔てる扉のサイズを測りましょう。また、高層マンションでエレベーターに入らず、配送業者さんが階段で運ぶ場合などは、追加作業料金が発生する可能性があります。【エレベーター内部の奥行きサイズ、もしくは搬入階段のサイズ】エレベーターに運び入れられるかどうか、扉だけではなく、エレベーター内部の奥行きサイズも測っておきましょう。階段を使って搬入する際は、踊り場などで反転させることもあるので、十分な広さがあるかなどもチェックしましょう。【マンション内の通路のサイズ】エレベーターから自宅までの通路の幅や高さなども測っておきましょう。また、共有スペースに自転車や荷物などを置いている家庭があると、その分、スペースが狭くなり、運べない可能性も出てくるので、あらかじめ、そういったものは片づけてもらうようにしましょう。【玄関扉のサイズ】玄関扉のサイズも重要です。高さが足りない場合、冷蔵庫を傾けて搬入する場合もあるので、高さなど、内側の空間に余裕があるかどうかもチェックしておきましょう。【自宅内の搬入経路のサイズ】マンションの共有通路以上に、狭くて生活用具や棚などが設置されている場合も多いのが、自宅内の通路。だからこそ、あらかじめサイズを測っておき、さらに邪魔になりそうなものは片付けておくなどの配慮が必要です。また、ドアノブが搬入の妨げになることがあるので、注意が必要です。 ■搬入経路:一戸建の場合【玄関扉のサイズ】マンション同様、玄関扉のサイズは重要です。高さが足りない場合、冷蔵庫を傾けて搬入する場合もあるので、内側の空間に余裕があるかどうかもチェックしておきましょう。【階段などのサイズ】最近は、2階にリビングダイニングを設ける家庭も増えています。ストレートな階段の場合、横幅や高さを測っておきましょう。また、らせん階段のある家などは、大きな冷蔵庫を回転させられるだけの幅があるかどうか、事前のチェックが必要です。配送業者さんにあらかじめチェックしてもらっておいたほうが確実です。【自宅内の搬入経路のサイズ】狭い廊下などがある場合は要注意です。生活用具や棚などが設置されている場合は、あらかじめ片付けておくなどの配慮が必要です。 ■搬入経路:ベランダなどからクレーンで入れる場合配送業者さんにあらかじめチェックしてもらった結果、クレーンなどを使い、ベランダなどから直接2階のリビングへ運び入れる場合もあります。クレーンなどは追加作業料金が発生する可能性があります。【ベランダの窓のサイズ】ベランダの窓から入れる場合、そのサイズをしっかりと測っておきましょう。大容量モデルは扉を開けても入らない場合があり、その際は、扉を外して搬入することもあります。 こうした搬入経路の確認の際には、三菱電機の「冷蔵庫設置シミュレーター」が便利。スマートフォンやタブレットにアプリをダウンロードすれば、実際に冷蔵庫を設置したときのイメージが確認できます。原寸大でイメージ確認できるので、搬入経路となるスペースの事前チェックにも活用できます。 三菱冷蔵庫毎日を「おいしい」で満たす。三菱冷蔵庫:たっぷり入るのに、スマート。限られたキッチンスペースでも大容量冷蔵庫が置けちゃう!「置けるスマート大容量」 文/滝田勝紀『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電の担当を10年以上務める。ロボット系家電やIoT家電にも精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA」ほか、海外取材の経験も豊富。

教えて!マイスター

サーキュレーターと扇風機の違いって? いまさら聞けない家電用語の基礎知識

次々に新たな製品やサービスが登場する家電の世界。「聞いたことはあるけれど、実はイマイチ中身がよくわかっていない言葉」、ありませんか? そんな家電や家電の技術に関する用語を、『All About』で家電ガイドを務める滝田勝紀さんにわかりやすく教えてもらいました。 〔白物家電・黒物家電〕── まず、この2つの言葉の違いは?「昔、キッチンのカラーリングは“白”が主流で、炊飯器や冷蔵庫といった生活家電といえば、その場に合うよう白い色合いのものが多かったんです。なので“白物”。そして“黒物”は、ビデオデッキやテレビといったデジタル系の家電を指していました。ただ最近は、家電のカラーは白物・黒物に縛られず、バリエーションに富んでいますから、あくまで総称になっていますね」 〔サーキュレーター〕── 最近、流行りのサーキュレーターですが、扇風機となにが違うのでしょうか?「基本的に、扇風機は人へ向けて風を送るもの。一方のサーキュレーターは、空気を循環させる目的でつくられたものです。扇風機は、風量や向きの調整を行いやすいのですが、サーキュレーターは直進性の強い風を送ることを重視して設計されています。そのため、エアコンの近くに設置すれば、冷気や暖気が効率よく部屋中に届けられるので、エコにもつながるのです」 〔サイクロン式掃除機〕── ネーミングがいかにも「吸い込みそう!」というイメージがありますが、そもそも具体的な特徴とメリットは?「従来の紙パックの代わりに、風の力でゴミを分離するシステムが採用されている掃除機のことですね。本格的なサイクロン式掃除機であれば、風の遠心分離によるゴミ分離構造のおかげでフィルターがいらないため、目詰まりせずに、吸引力が一定しているという特徴を持っています。紙パックを交換する必要がないので、ランニングコストを大幅に抑えられるメリットもありますね」●サイクロン式プレミアム掃除機「風神」 〔IH〕── “IHクッキングヒーター”などでキーワード自体はよく知られていますが、どんな仕組みなのでしょう?「IHは“インダクションヒーター” の頭文字です。この機構は、IHクッキングヒーターだけでなく、炊飯器にも使用されています。たとえばIH炊飯器の場合“電磁誘導加熱”といって、内釜の周囲を電熱線がグルグルグルっと取り囲んで温めています。熱効率がよく、ムラなくお米を炊くことができるんです」●三菱IHジャー炊飯器 〔LED(エルイーディー)電球〕── 「我が家も蛍光灯からLED電球に変えた」などとよく話題になりますが、仕組みや特長は?「LEDは、Light(光)、Emitting(放出する)、Diode(ダイオード/半導体)のそれぞれ頭文字をとったもので、文字どおり、電気を流すと発光する半導体の一種です。特長は、スイッチのオン/オフに強くいので長寿命で、省エネ性能も高いんです。販売当初に比べ、バリエーションも豊富に登場していますので、目的に合ったLED電球を選びたいですね」●LED電球「MILIE」 〔圧縮機/コンプレッサー〕── 正直、なにかを圧縮する機械のこと、くらいしかわかりません……。「おもに、エアコンと冷蔵庫に搭載されているもので“冷媒を圧縮する機械”のこと。冷媒と呼ばれるガスを圧縮させることで生まれる熱を、移動させる技術です。エアコンや冷蔵庫で空気を冷やしたり温めたりするのに使われています」 〔ヒートポンプ〕── ポンプというくらいですから、熱を押し出すなにかのことでしょうか?「そう、正解です! 熱を集めて、必要な場所に移動させる技術ですね。エアコンや給湯機、床暖房や“エコキュート”の熱源として使われています。要は、少ない電気で効率よく大きな熱を作れるというもの。省エネになるので環境にも優しいですよ」●三菱エコキュート(自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機) *****「あれ? 自分が思っていたのとちょっと意味が違う?」なんて言葉、ありましたか? その意味を理解しておくことで、自分にフィットした新しい家電やサービスをいち早く見つけられたり、家事の効率アップや家計のコストカットにつながったり、なにかメリットがある可能性は大。ぜひ参考にしてみてくださいね。 教えてくれた人滝田勝紀さん『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電製品の担当を10年以上務める。とくにロボット系家電やIoT家電に精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA 2015」ほか、海外の家電イベント/家電メーカーの取材経験も豊富。 【用語解説記事】[glink url="http://www.nikuine-press.com/tag/glossary/"]

実感レポ

泡立ち最高! 試して納得、おすすめビアグラス4選

家でビールを飲むときは、冷蔵庫から取り出して缶をプシュッと開け、一刻も早く飲みたい! という方も多いのではないでしょうか。でも、ビールをよりおいしく楽しみたいなら、話題の“ビアグラス”を使ってみませんか?ビアグラスの良さは、なんといっても「泡立ち」です。ただのグラスではなく、専用のビアグラスを使うことによって、クリーミーな泡を楽しむことができます。泡には、口当たりを良くするだけでなく、雑味を取り除き、苦みや刺激をほどよく調整してビールのおいしさを引き出す役割もあるんです。また、専用のビアグラスなら泡が長持ちしますから、ビールの芳醇な香りも、長く閉じ込めてくれるんですよ。今回は、ビールをおいしく飲めると話題の、優秀なビアグラスを4つご紹介します。 冷凍OK! 泡立ちばっちりの「九谷和窯製 泡多長ビアカップ」「缶ビールを生ビールに!」というコンセプトで開発された、陶磁器のビアカップです。価格は少々高めですが、ビールに合わせて原料の粘土を選び、形状やデザインにこだわって作られています。売れ行きが好調の理由は、内側が少しザラッとしていて、泡立ちやすくなっているから。冷凍庫で冷やしてもOK。洗浄後に水の滴りがない状態で、飲み口を下にしてそのまま冷凍庫へ入れると、冷えた状態で楽しむことができます。我が家では三菱電機の冷蔵庫を使用していますが、このビアカップを瞬冷凍室に入れて冷やしています。瞬冷凍室は一般的な冷凍室(-18℃)よりも温度が高く(-7℃)、冷たくなりすぎないのが特徴。かなり冷えていますが、カップを持つ手が冷えすぎるということはありません。キンキンに冷えたビールを、冷たいグラスに入れて飲むのは最高です。泡立ちはふわふわ。注ぐだけでこんもりとした泡ができます。陶磁器なので口当たりはまろやか。ビール好きの間にファンが多いのもうなずける逸品です。なお、中に液体などが注がれている状態で冷凍庫に入れると、ビアカップは破損してしまうとのことなのでご注意を。 伊野正峰株式会社http://www.kutani.co.jp うすくて泡立ちが長く続く「うすはりビールグラス」「うすはり」の「はり(玻璃)」とは、ガラスのこと。名前のとおり、薄いガラスで作られたこのグラスは、大正11年創業の松徳硝子が生み出した逸品です。電球を作っていた職人が一つ一つ手作りで作る、薄くて繊細なビアグラス。一度味わうとやみつきになると評判です。ガラスの主成分は、珪砂(けいしゃ)という砂ですが、うすはりグラスは珪砂の中でも、光学レンズなどに用いられる極めて純度・透明度が高い「ハイシリカ」を採用しています。うすはりの高い透明度は、技術のみならず、材料も重要な要素となっているそうです。薄くて軽いだけでなく、泡が最後まで残りますガラスが薄いので、口当たりが独特です。グラスの存在を感じることなく、ダイレクトにビールを飲んでいるかのような感覚を味わえます。泡立ちが非常によく、泡がなかなか消えないことにも驚きました。しっかりしたくびれが泡を保つため、最後までしっかり泡が残ってくれます。また、グラスが薄く透明度も高いので、ビールの色がキレイに映えます。見た目にも美しく、ビールの味をおいしく引き立ててくれます。 松徳硝子株式会社http://www.stglass.co.jp/index.html  黄金比の泡が作れる「注ぎ上手」理想の泡を作るために考え出された、泡を作る丸底と、泡を保つくびれが特徴的なビアグラスです。最初にビールグラスの底に勢いよく注ぎ、泡がグラスの半分くらいになったら止めます。ビールと泡の割合が5:5になったら、次は静かに注ぎ、泡がグラスのふちあたりにきたところで止めます。ここでビールと泡の割合が7:3になったところで、最後に少しずつビールを足して泡を盛り上げれば完成!ぽってりとした持ちやすいデザインで、きめ細やかな泡を楽しめます。手順を守るだけで、お店で出てくるようなビールを楽しめるんです。価格もお手頃で、ビアグラス初心者にもおすすめです。ガラスは厚めなので、冷蔵庫で冷やしてから注ぐとおいしいですよ。 東洋佐々木ガラス株式会社https://www.toyo.sasaki.co.jp/  保冷液入り!ずっと冷たい「アイス・ビアジョッキ」保冷液入りの二重構造のビアジョッキです。冷凍庫では必ず、底を上にして冷凍しておきます。あとはビールを注ぐだけ。保冷液が凍っている状態なので、冷たさが長持ちします。中の保冷液が氷っているので、飲み終わるまで冷えた状態をキープ! ビールは冷えたほうが好みという方には、たまらないビアジョッキでしょう。冷凍室に底を上にして入れ、3時間ほど凍らせておきます形状がジョッキタイプなので、お店で飲んでいるかのような気分で酔うことができるのもポイント。事前に凍らせておくという手間は必要ですが、最初から最後まで冷えたビールを楽しみたいという“キンキン派”は、ぜひお試しください。なお、素材はポリカーボネート製なので、繰り返し使用できます。 新潟合成株式会社http://yume-kobo.net/index.php いかがでしたか? 一度でもビアグラスで味わうと、缶ビールを直接飲むのが物足りなく感じてしまいます。今回ご紹介したビアグラスは、いずれも泡立ちがよく、おいしく飲めるものばかり。せっかく飲むなら、ビールだけでなくビアグラスにもこだわって、家飲みをとことん楽しみたいものですね。【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_2053/"]文・写真/石井和美フリーライター・家電プロレビュアー。子ども2人と夫の4人家族。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。Webや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/)管理人。