ニクイねぇ!最前線

掃除をやる気にさせる!「iNSTICK ZUBAQ」のワンモーション機能がすごい理由

ひと昔前まで、コードレスのスティッククリーナーといえば、家庭の中ではサブ扱いの掃除機、という印象が強かったのですが、今ではすっかり、メインの掃除機として定着しています。その要因は、吸引力が強化されたほか、軽量化によって使い勝手がよくなったことなど、ここ数年で機能が大幅に進化しているからです。また、コードがない手軽さにより忙しい時間の合間に掃除できることも、ママやパパたちを中心に、コードレススティッククリーナーへの支持を集めています。そんなコードレススティッククリーナーの中でも、アッと驚く使いやすさを実現したモデルがあります。それが三菱電機の掃除機「iNSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー)」です。最大毎分12万5,000回転を誇る“JCモーター”がぐんぐんゴミを吸い取りますが、この製品がすごいのは吸引力だけではありません。注目すべきは、他のモデルにはない“ユーザー目線の使いやすさ”なのです。 ■上に持ち上げることなく、そのまま床掃除ができる「ワンモーション」機能コードレススティッククリーナーは、掃除を始めるに当たって上に持ち上げたり、電源コードを外したりしなければいけない機種が多く、掃除の前にひと手間が必要です。でも、質量3kg以上のモデルでは、上に持ち上げるのはひと苦労。特に女性は、負担に感じる方も多いのではないでしょうか。その点「iNSTICK ZUBAQ」は、本体質量が約1.8kgと軽く、持ち上げるのがかなりラク。それに加え、持ち手を手前に引き、そのまま前に押すことで床掃除を始められる「ワンモーション」機能が搭載されています。ヘッドが前方を向いた状態で充電されているので、向きを変えたり持ち替えたりする手間がなく、スムーズに掃除を始められるのです。手前に引くと本体が充電台から外れます。 そのまま前方にヘッドを押せば掃除をラクに始められます。 ヘッドがスムーズに動き出すので体への負担がなく、女性でもラク! また、垂直に持ち上げると、ノズルが外れてハンディクリーナーに早変わり。わざわざ手でノズルを外す必要がなく、ワンタッチで外れるため、とても簡単で清潔です。床はもちろん、ソファや棚の上など、部屋を立体的に掃除できるのがうれしいですね。 上方向へスポッと持ち上げれば、ハンディクリーナーになります。 ヘッドが小ぶりなので、狭いところもスイスイ掃除できます。 ホコリが溜まりがちな、イスの背もたれの付け根部分など、細かいところもキレイに掃除できました。 また、さらなる特徴として「エアブロー」機能があります。これは吸うのではなく、強い風を吹きつける機能で、たとえば、サッシのレール部分に入り込んだホコリを吹き飛ばしたり、ベランダの落ち葉を掃除したりと、ゴミを吸い取りにくい場所の掃除が簡単に行える優れものです。エアブローノズルを装着すれば、風を吹きつけることもできます! 筆者はここしばらく、この「iNSTICK ZUBAQ」を利用しています。以前の掃除機がけといえば、“気持ちを奮い立たせてひと仕事……”という感覚で、掃除機を起動させていたものですが、この掃除機が自宅に来てからは、日常と掃除というふたつのモードの間に境界線がなくなったかのように、掃除機がけが精神的にとてもラクになりました。 そんなアイデア満載の「iNSTICK ZUBAQ」が生まれた背景について、三菱電機ホーム機器 営業部 家電営業課の丁子裕樹さんと、三菱電機 デザイン研究所 ホームシステムデザイン部 調理・家事家電グループの志村嶺さんにお話をうかがいました。 ■体への負担が少ないオンリーワンのコードレススティッククリーナーをつくりたい──「iNSTICK ZUBAQ」はとても使いやすい掃除機ですね。単に軽いだけでなく、「掃除を始めやすい」というのは斬新でした。丁子さん:コードレススティッククリーナーは、すでに各社からさまざまなタイプが発売されていますので、三菱電機らしさを追求して開発にのぞみました。前モデルの「iNSTICK」は、空気清浄機能を搭載した新しいタイプのクリーナーでしたが、「iNSTICK ZUBAQ」は掃除機自体をリビングなどお部屋に出したままにしておき、サッとお掃除できるスタイルを追求することで、オンリーワンの存在になったと思っています。三菱電機ホーム機器 営業部 家電営業課 丁子裕樹さん 志村さん:開発時は、特に充電台からの着脱方法について議論を重ねました。当時は、デザイナーとエンジニアがかなりやりあいましたね(笑)。通常のコードレススティッククリーナーとはヘッドの向きが真逆になるため、ヘッドを円弧のデザインとすることでさまざまな課題を解決しました。その結果、以前の「iNSTICK」はスクエアでスタイリッシュなデザインでしたが、「iNSTICK ZUBAQ」は丸みを帯びた、優しい印象のデザインになっています。 三菱電機 デザイン研究所 ホームシステムデザイン部調理・家事家電グループ 志村嶺さん  ★1台で4つ顔を持つ「iNSTICK」はこちら!http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-vxg30p/index.html ──確かに、これまで見たことのないヘッド形状ですよね。しかも、片手で簡単に充電台から外れるのでビックリしました。忙しくてヘトヘトになって帰ってきても、これなら掃除をやる気になります。丁子さん:日本人女性の平均身長に合わせてサイズを調整しているので、特に女性の皆さんからは「持ちやすい」と好評です。持ち手もラウンドタイプで広くとってありますので、身長に合わせて角度を変え、どこでも持てるようにチューニングしています。志村さん:掃除を始めるときだけでなく、終わるときも簡単に戻せるよう設計しました。充電台のヘッドが収まる台座部分に少し角度をつけ、掃除をしている流れから、そのまま充電台へとカチッとはめられるようにしています。これにより、充電台に戻すときもいちいち持ち上げなくて済むのです。 ──それは知りませんでした! いったん持ち上げて、台座にヘッドを収めてから戻していました。そんなところにまでこだわりがあったのですね。志村さん:ヘッドがどの角度から入っても引っかからないようにするため、台座の形状も丸くしています。四角い形状など、角がある場合、そこに引っかかってしまいます。台座の傾斜についてもいろいろ検討した結果、現在の角度に落ち着きました。どこからヘッドが入ってきても引っかからない、丸い形状の台座。持ち上げず、そのまま充電台に収めることができます。 ──細かいところまで計算された結果、このカタチになったのですね。軽くて手軽に使えるので、私のような兼業主婦にぴったりです。丁子さん:「iNSTICK ZUBAQ」は、特に仕事で忙しいママやパパをメインターゲットに開発しました。共働きのご家庭だと、平日にお掃除ができないところも多く、週末にまとめてお掃除する方が多いのですが、平日でも“ちょこちょこ掃除をする”という提案をしていきたいと考えています。  掃除に対するハードルが下がり、日頃からこまめに掃除をしたくなる「iNSTICK ZUBAQ」。「ワンモーション」機能をはじめとするストレスフリーの操作性を、ぜひ一度試してみてくださいね。 ★ワンモーション機能が特徴的な「iNSTICK ZUBAQ」の情報はこちら!http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-jxh30p/index.html ★関連記事[glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_8346/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_8764/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_8216/"]   文/石井和美フリーライター・家電プロレビュアー。子ども2人と夫の4人家族。白物家電や日用品の製品レビューを得意としている。Webや雑誌などで多数執筆中。家電blog(http://kaden-blog.net/)管理人。

実感レポ

お手伝いが楽しくなる! 紙パック式掃除機「Be-K」は親子で使える便利クリーナーでした

自宅で掃除機をかけるときは、キッチン、リビング、洗面所……と、家中をあちこち移動します。複数の機種を使い分けている場合を除き、1台の掃除機を持ち運ぶことになるので、掃除機の機動性はとても重要になります。そこで、使いたい掃除機の要素を考えていくと、 ・吸引力が強い ・軽量かつコンパクトで動きやすい ・メンテナンスの手間が少ない といった、特長が求められます。この3要素を満たした上でおすすめしたいのが、実は紙パック式のキャニスター型掃除機なんです。今回は、三菱電機の紙パック式掃除機「Be-K」を使って、二児の父である筆者が、子どもといっしょに数日間、掃除機がけを実践。紙パック式のキャニスター型掃除機が優れているなと実感したポイントを紹介します。 ★関連記事[glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1972/"] ●ポイント1 軽いボディで取り回しがよく、吸引力が強い今回使用したBe-Kの大きな魅力は、電源コードを含む本体の質量が2.1kg(標準質量3.5kg)という軽さであること。例えると、1Lのペットボトル約2本分ほどと軽量です。その効果を一番実感したのが、階段の掃除。大人は本体を持ち、ラクに2階へと上がれますし、小学校高学年の子どもでも、無理なく持ち運べました。※標準質量は、本体、床用ブラシ、パイプ、ホースの合計重量です。ボディは軽く小さいので取り回しがよく、勉強机の周辺を、子どもが自ら掃除できるのがメリット。繰り返しになりますが、家の中を移動しながら掃除機がけをするので、軽くコンパクトな本体は、機種選びにおいて重要な項目になりますね。 さらに、コンパクトボディかつ、立てて固定できる構造なので、収納時もスペースを取りません。これはかなりのメリットです。シンプルなデザインでインテリアになじみやすく、部屋の隅に置いていても違和感を感じませんでした。 ●ポイント2 キャニスター型だから吸引力が強いBe-Kは強と弱の2モードを搭載しており、強だと、場所によってはカーペット自体を吸いつけてしまうほど強力な吸引力でした。「ワイドクリーン自走式パワーブラシ」と名づけられたヘッドは、食卓の下に子どもが落とした食べカスも、ぐんぐん吸い込んでくれました。また、バンパーにも工夫が施されていて、壁際に溜まったゴミを密着して吸い取ってくれます。キャニスター型掃除機は、電源コードと常に接続されており、充電切れの心配がない点も意外と便利。Be-Kならコンパクトボディで取り回しがよい上、汚れていると思った場所にしっかり時間をかけられ、掃除に集中できます。 ●ポイント3 ゴミ捨てが簡単なので清潔な状態をキープしやすい紙パック式は、ゴミ捨て時にゴミが飛散することがない上に、手を汚さずに済むので衛生的です。パックの交換は、レールに挿し込んで閉めるだけと簡単なので、安心して子どもに手伝いをお願いできます。 さらに、掃除機がけをする際、特有のいやなニオイをほとんど感じませんでした。これは、0.5μm(マイクロメートル/1μmは0.001mm)以上の微細なゴミを99%逃がさない、5層フィルターからなる「クリーン排気システム」の恩恵によるもの。ニオイに敏感な子どもたちも、Be-Kの稼働時は何事もなく、快適に過ごしていました。 また、上で紹介した自走式パワーブラシの回転ブラシは、取り外しが可能で、絡みついた髪の毛を簡単に除去できます。ヘッドのサイドからローラーごと引き抜けば、ゴミを簡単に取り除けます。こうしたメンテナンスがしやすい点も、Be-Kの大きな特長です。 ●ポイント4 高所の掃除機がけは付属のアタッチメントを活用家の中を掃除機がけするときに悩むのが、高い場所の掃除。その点Be-Kは、パイプを伸ばしてグイッと引き出せば、カーテンレールや、エアコンなど高い位置にある家電についたホコリもラクに掃除できます。また、高い場所を掃除するときは、毛先がブラシのようになっている付属のアタッチメントを使用します。先端部分の角度を変えられるなど、ホコリを吸い取りやすい工夫が施されています。 ●ポイント5 寝室のふとんは「アレルパンチふとんクリーンブラシ」におまかせ家中を掃除する際、避けてとおれないのが寝室。特に、ふとんに付いた髪の毛や細かいゴミは気になりますよね。そんなときは、付属のアタッチメント「アレルパンチふとんクリーンブラシ」を使用。掃除機がふとんクリーナーに早変わりします。こちらには、ふとんに付着したアレル物質を抑制しながらゴミをかき取る「アレルパンチ植毛」が装着されています。寝室にアタッチメントを置いておけば、床掃除のついでに家族のふとんをキレイにできますね。実際に、ふとんにブラシを掛けてみました。ふとんはふわふわしているので、吸引力の強い掃除機だと吸い込んでしまいやりにくそう……と思いきや、ブラシが走行車輪と逆回転する構造になっているので、ストレスなくスムーズに、ふとんの上を動かすことができました。  今回は、子どもといっしょにBe-Kで自宅の掃除機がけをしてみましたが、本体の軽さと取り回しのよさのおかげで、楽しく掃除ができました。それぞれ掃除する場所を決め、分担制にしたことで、子どもが自発的に掃除する意識を持てるようになったと思います。ママやパパが見守りつつ、部屋の汚れやすい場所を教えてあげれば、すすんでその場所に行って掃除機がけをするように。なんとなく億劫になりがちな掃除ですが、操作しやすい高性能な掃除機があれば、親子でコミュニケーションを交わしつつ、楽しく掃除機がけができそうです。 ★その他の関連記事はこちら![glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_265/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_8346/"] 文/三宅 隆2人の子どもを持つ、フリーの編集者・ライター。最新家電やガジェットなど、デジタル製品を中心に雑誌やWebで記事を手掛ける。

How To

料理家tottoさんに聞く「コードレススティック掃除機」活用テクニック

女性誌をはじめとする雑誌や、広告のフードコーディネート、レシピ開発などで忙しい日々を送る人気料理家のtottoさん。レシピ撮影でtottoさんのご自宅にうかがうと、いつも掃除が行き届いているのが印象的です。 ★関連記事 [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_8497/"] そこで、普段の掃除の仕方についてお聞きしたところ、「目につく床だけ、思い立ったときにコードレスのスティック掃除機をかけています」とのことでした。tottoさんがお使いのコードレスのスティック掃除機は、ちょこっと掃除はもちろん、家全体をきっちり掃除するときにも使える、三菱電機のスティッククリーナー「iNSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー)」です。限られた時間の中で、どのように利用されているのか、今回はその活用法について教えてもらいました。 ★三菱掃除機 iNSTICK ZUBAQ(インスティックズバキュー)http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-jxh30p/ <ZUBAQ活用法1>スタイリッシュで邪魔にならないから、リビングに置いて撮影前に掃除機かけリビングなどの生活空間に置いても違和感のない、スタイリッシュなデザインが魅力のZUBAQ。目につかないよう、クローゼットなどにわざわざしまう必要もありません。リビングの一角に置いた充電スタンドから、持ち手を手前に引けばスティック掃除機として、上に持ち上げればハンディ掃除機として、素早く掃除を始められるので、掃除する頻度が格段に高まったそうです。「準備に追われる撮影前は、掃除機をかける時間を設けるのが難しかったのですが、ZUBAQがわが家にきてからは、短時間で掃除機がけを行えるようになり、いつもきれいな状態でスタッフの皆さんを迎えられています。リビングに置いてあっても、スリムなフォルムと落ち着いたカラーリングで空間に溶け込み、邪魔になりません。すぐ手の届く場所にあるので、思い立ったときに掃除できるようになり、本当に重宝しています」(tottoさん) 充電スタンドから取り出しやすい設計。手前に引いて取り出せばすぐに掃除を始められます。  <ZUBAQ活用法2>ハンディ型にして飾り棚をお手入れtottoさんのご自宅の玄関扉を開けると、真っ先に目に飛び込んでくるのが、家族でペインティングされたという鮮やかなピンクの壁と、味わいのあるアンティークデスク。デスクは飾り棚として使用しており、料理のスタイリングで使う季節の花やドライフラワー、キャンドルなどの小物類が並び、おしゃれな雑貨店のディスプレイのようです。「植物が大好きなので、玄関のドアを開けた途端に花がいっぱいある、この飾り棚を見ると落ち着きますね。気に入っている場所なのですが、難点はホコリが溜まりやすいこと。できれば毎日水拭きしてキレイにしておきたいところですが、置いてあるものをひとつひとつ動かしながら拭いていく時間はあまりありません。そこで、ハンディ型にしたZUBAQに毛ブラシをつけて行うちょこっと掃除を、気づいたときに行うよう心がけています。充電スタンドから真上に持ち上げると簡単にハンディ型となるので、スティック型での掃除と同様、いつでも手軽に飾り棚を掃除できるのがいいですね。スティック型とハンディ型の切り替え時に、アタッチメントなどを手でつけ替える手間がないので、とてもラクですね」(tottoさん)  <ZUBAQ活用法3>フラットヘッド機構でソファの下もラクにお掃除ホコリがたくさん潜んでいるのに、掃除の目が行き届かない場所といえば、ソファの下やベッドの下といった狭いすき間。ついつい後回しになりがちな場所で、tottoさんのご自宅でも例外ではなかったようです。でも現在は、ここもZUBAQを使って簡単にお掃除。ZUBAQは、ダストボックスがパイプの上に備わる「フラットヘッド機構」を採用しているため、ブラシを交換することなく、奥の方までしっかりお掃除できるのです。「ソファの下へ一時的に雑誌を積み、置いておくことがあるのですが、いざ取り出してみたら、いつの間にか溜まったホコリがいっしょに出てきて、『ギョッ』とすることも。ソファの下は、つい忘れがちな部分ですよね。その点、ZUBAQは、ダストカップがパイプの上についているため、本体を水平にして掃除することができるんです。本体を寝かせ、すき間の奥の方まで掃除できるので、ソファを動かすことなく、座ったままラクな姿勢でホコリやゴミを吸い取れるのがいいですね」(tottoさん)  <ZUBAQ活用法4>パイプ+毛ブラシでカーテンをお手入れtottoさんのご自宅のリビングは、窓が多い上に窓自体が大きく、高さもあります。明るくて居心地のいい空間なのですが、カーテンの上の方は普段、掃除しにくいこともあり、ホコリが溜まりやすいそうです。「カーテンや壁の上の方など、高い場所のお掃除にもZUBAQは重宝しています。ヘッドを外し、パイプに毛ブラシをつけて掃除しています。ZUBAQは軽くて片手操作もラクなので疲れにくく、集中してお掃除できるんです。壁の隅に溜まったホコリなども簡単に掃除でき、助かっています」(tottoさん)  <ZUBAQ活用法5>小回りの効くヘッドで階段を気軽にお掃除以前も、コードレススティック掃除機を使用したことがあったというtottoさん。ZUBAQを使うようになり、コードレスのスティック掃除機が持つ高い利便性を再認識したといいます。さまざまなシーンで掃除に対するハードルが下がったとのことですが、中でも、最も面倒だった階段の掃除が楽しくなったことは、大きな発見だったそうです。「ZUBAQはまず軽いので、階段を昇り降りしながらの掃除がとてもラクなんです。さらに、ヘッドがコンパクトで小回りが効くので、角に溜まりがちな小さなホコリやゴミも、きれいに吸い取ることができますね」(tottoさん)  吸引力やお手入れの手軽さも大満足!キャニスター掃除機と比べ、コードレススティック掃除機は吸引力が劣るのではないか?……という心配もあったというtottoさんですが、ZUBAQを使ってみたところ、すぐにその考えが間違いだったことに気づいたそうです。「こんなにスリムで軽いのに、しっかりとした吸引力があることに驚きました。これなら、すき間時間にサッと行うちょこっと掃除だけでなく、本腰を入れて家中を隅々まで掃除するのにも対応してくれますね」(tottoさん)また、ゴミ捨てをワンタッチで行えることも、大きな魅力だとtottoさんはいいます。「掃除機のゴミ捨ては、結構ストレスを感じる作業なんですよね。取り外しや取りつけが面倒なものや、ゴミを捨てるときにホコリや細かいチリが舞い散ってしまう掃除機もあります。その点、ZUBAQのダストカップは、ワンタッチで簡単に外せて、開閉も回すだけと手間いらず。パーツはすべて丸洗いできるので、いつでも清潔に使えるのもうれしいポイントですね」(tottoさん) tottoさんが感じた「ちょこっと掃除」の利点と心地良さ掃除をするときは、「いつも気持ちを込めて行っています」というtottoさん。例えば、拭き掃除をするときは、「家族にいい知らせがありますように」「物事がいい方向に進みますように」などと思いながら作業しているそうです。「私にとって掃除とは、スペースだけでなく、心を整え、前向きな気持ちになるための大事な時間。掃除をして整えておくと、仕事もスムーズに、そして、より一層楽しくできるように感じます。とはいえ、毎日心を込めながら隅々までしっかり磨くのは難しいですよね。そして、忙しい日が続いて入念に掃除ができないと、汚れだけでなくストレスも溜まってしまいます。だから最近は、思い立ったときにサッと行えるZUBAQでのお掃除習慣が心地いいですね」(tottoさん) 2児の母でもあるtottoさんですが、毎日忙しく働くママやパパに、ZUBAQを特におすすめしたいといいます。「出かける前の5分間や、帰宅してつくり置きしておいた料理を温め直すまでの時間など、ちょっとしたすき間時間を使って手軽に掃除できるのは本当にラクなので、忙しい毎日でも習慣化しやすいと思います。また、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、食べこぼしの悩みが一気に解消されるでしょうね。うちの子どもたちが小さいときに、こんな掃除機が欲しかったですね。さらに、ZUBAQ自体が軽いので、お子さんが少し大きくなったら、積極的に掃除機がけのお手伝いもしてくれそうです」(tottoさん) 思い立ったらすぐに掃除を始められるZUBAQがやってきたことで、家中のキレイを保てるようになったとtottoさんはいいます。 「食事とは違い、掃除は、できない日があってもどうにかなるもの。でも、毎日少しずつでも掃除しておけば、部屋の空気だけでなく、気分も変わります。また、週末に半日かけてまとめて掃除をしていた時間も短縮されるので、休日にゆとりが生まれ、別のことをして充実した時間を過ごせます。ZUBAQでちょこっと掃除を習慣にすることで、暮らしの質が向上したら素敵ですよね」(tottoさん) ★関連記事[glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_8346/"] 教えてくれた人totto(黄川田としえ)さん料理家・フードスタイリスト・tottorante主宰/メディアでのレシピ開発、フードスタイリング出演などをはじめ、料理講師、イベントでの出店やレセプション等のフードケータリングなど多岐にわたり活動。また、子どもの心と体をサポートする「こどもレストラン」など、家族で楽しめるワークショップを各地で開催している。著書に『tottoちゃんのかんたんdeco弁』(祥伝社)『毎日のごはんと心地よい暮らし』(宝島社)がある。12歳の女の子と17歳の男の子のママ【HP】https://toshiekikawada.com【Facebook】https://m.facebook.com/tottorante/【Instagram】@tottokikawada

ニクイねぇ!調査隊

身体と心に負担をかけない! 妊娠中のお掃除が楽しくなる5つのワザ

妊娠されている方にとって、毎日のお掃除って大変な家事ですよね。新しい命を迎えるにあたり、清潔な部屋をキープしたいけれど、大きなお腹を抱えてのお掃除は、思っている以上に重労働です。前かがみの姿勢はできないですし、重い掃除機を持っての作業は、お腹に負担を掛けてしまいます。モデルのasacoさんは、先ごろ第4子を出産したばかり。そんなasacoさんは妊娠中、どのような方法でお掃除していたのでしょうか。出産直前にお宅へお邪魔し、妊婦さんでもラクにお掃除できる方法を教えてもらいました。 ●産前/産後の「お掃除術」5つのポイント 料理、洗濯、掃除の“3大家事”の中で、掃除がもっとも苦手だったというasacoさん。小学5年生の長女、小学3年生の長男、5歳の次女の3きょうだいが幼少の頃は、片づけたばかりなのにすぐ散らかってしまうリビングにうんざりすることも多く、お掃除への苦手意識に拍車がかかってしまったのだとか。ところが、第4子の妊娠を機に一念発起。赤ちゃんが生まれるのを前に、毎日お掃除するようになったといいます。動きづらい妊娠期にお掃除を習慣化できたことで、出産後の今ではすっかり、苦手意識を払拭できたそうです。では、妊娠中にどんな工夫をしていたのか、変化を生んだ5つのポイントを伺いました。 1.棚や窓のサッシは毎日水拭きする棚の上は毎日水拭きすることで、ホコリが溜まらず、いつも清潔気づくと、白いホコリがうっすらと溜まりがちな棚の上。ホコリが溜まれば溜まるほど、お掃除は大変で面倒になります。「身体への負担を減らすために、これまで以上に『お掃除は簡単に済ませたい』と思うようになりました。そのためには、やはりホコリを溜めないことが重要。ホコリが溜まりやすい棚などは、簡単であっても毎日水拭きしておくと、スッキリして気分がいいですね」(asacoさん)サッシも毎日拭いて、いつもピカピカにサッシは砂ボコリや髪の毛が溜まりやすい箇所。それらが結露などと相まって、放っておくと真っ黒になってしまいます。この黒ずみ汚れがこびりついてしまうと、きれいな状態に戻すのはひと苦労。「わが家は結露がひどいので、その対策の一環として毎日水拭きするようになりました。そうしたら、汚れだけでなくカビの心配もなくなって、快適に過ごせています」(asacoさん)また最近は、ハッカ油のよさに目覚めたというasacoさん。スプレータイプのハッカ油を水拭きのついでにシュッとひと吹きし、汚れを拭き取ることもあるそうです。「ハッカ油には抗菌、防虫など、さまざまな効果があると知って、自宅に常備するようになりました」(asacoさん) 2.しゃれたパッケージのお掃除グッズで気分を上げる除菌用のアルコールスプレーは、素敵なパッケージのものをセレクト。お掃除のモチベーションが上がるのだとか身体はもちろんのこと、心の面でもさまざまな変化が訪れる妊娠期。いつもよりナーバスになったり、気分が重く感じられたりする日もあるでしょう。そんなときでも「気持ちが明るくなるようなグッズが手元にあると、お掃除をしようという気持ちになれる」とasacoさんはいいます。「この除菌用アルコールスプレーは、手に取りたくなるシンプルで洗練されたボトルデザインが気に入っています。リビングに置いたままにしていても邪魔にならないので、汚れが気になったときにシュッとひと吹きして拭き掃除しています。この“見えるところに置いておく”というのが、私にとっては重要なことでした。掃除機にも同じことがいえるのですが“どこかから取り出してくる”というひと手間を省くことで、お掃除のハードルがグッと下がったように思います」(asacoさん) 3.料理の後はすぐに油汚れを拭き取る油汚れは、時間が経たないうちに拭き取るのがキレイを保つポイントasacoさん宅のキッチンは、毎日の食事以外にも、レシピ開発や料理撮影の準備などでフル稼働しています。「キッチンの汚れや使い終わった食器は、溜めてしまうと後からまとめて片づけるのが精神的にも苦痛に感じてしまいます。なので、使ったらその都度、お掃除や食器洗いをするようにしています。特に油汚れは、ついた直後であれば簡単に落とせるので、料理を終えた時点で必ず、水を含ませたスポンジに重曹をつけ、レンジ回りを磨くようにしています。その後、水拭きで仕上げればピカピカに。軽めの油汚れには、重曹が効果的ですね」(asacoさん) 4.子どもがすすんでお掃除してくれるグッズを採り入れるふわふわのダスターは、小さなお子さんでも扱いやすいお掃除グッズ。棚の上などのホコリを簡単に取れるので、楽しみながらお手伝いしてくれます妊娠期の家事は、家族の助けが欠かせません。asacoさん宅の場合、新しい掃除機がやってきたことが、子どもたちが動くきっかけになったといいます。「軽くて使いやすいスティッククリーナー『iNSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー)』の試作機を使わせてもらうようになってから、わが家では“子どもたちが掃除機がけをやりたがる”という奇跡が起こっています(笑)。それを機に、最近ではいろいろなお掃除を子どもたちにお任せする機会が増えました。特にダスターを使ってのお掃除は、子どもたちでも簡単にホコリを払えるので、子どもたちの初めてのお掃除アイテムとしておすすめです」(asacoさん)[glink url="http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-jxh30p/"] 5.掃除機がけはスティッククリーナーで「気づいたときにすぐ」が基本!軽くて片手でかけられるスティックタイプの掃除機なら、お腹に負担をかけず掃除機がけを行えるクローゼットから重い掃除機を引っ張り出してきて、部屋ごとにコンセントを挿し替えながら行う掃除機がけは、妊娠期でなくても面倒なもの。その点、コードレスのスティックタイプなら、気づいたときにサッと掃除でき、取り回しが抜群。妊娠中はもちろん、忙しい子育て世帯にもぴったりです。「床がホコリっぽいと感じたときや、子どもが食べこぼしをしたときなどに、その都度、掃除機がけをする習慣ができました。その結果、普段から汚れが溜まりにくくなり、週末にまとめて大がかりなお掃除をしなくてすみます。『iNSTICK ZUBAQ』はとにかく軽い操作感で、妊婦の私でもわずかな力でスイスイ掃除機がけできる点が気に入っています」(asacoさん)充電台に立てて収納する掃除機は、リビングに置いたままにしておけるので、汚れに気がついたらすぐ手に取れて便利「また、掃除機を充電台ごとリビングに置くようにしてから、家族が掃除機がけをする機会が増えました! 子どもたちが『わたしがやるー!』『ぼくがやるー!!』と、すすんで手伝ってくれるようになったんです。よろこんでお任せしつつ、ついでに『子ども部屋や廊下もお願いね〜!』とリクエストしています」(asacoさん)軽量タイプの掃除機なので、5歳のスイちゃんでも片手で軽々と掃除機がけできます asacoさんのご主人であるヒラトコセイジさんも、掃除機を手に取る機会が格段に増えたといいます。「職業柄、自宅で料理をすることが多いので、部屋を清潔に保つことに常々気を配っているのですが、以前使っていた掃除機は洗面所に収納していたこともあり、お掃除のたびに取りに行くのがいつも面倒でした。でも今は、すぐ手に取れる場所に掃除機があるので、ホコリを見つけたら自然に、掃除機へと手が伸びるようになりました。掃除機がけするタイミングは、朝の時間帯が多いですね」(セイジさん)リビングに置いてある「iNSTICK ZUBAQ」は、手前に引くとコードレスクリーナーに、真上に持ち上げるとハンディクリーナーになるので使いやすく、とても気に入っているとのこと 2018年5月、無事に第4子を出産されたasacoさん。産後のお掃除についてもうかがいました。「バウンサーや籠ベッドなど、赤ちゃんは部屋の低い場所にいることが多いので、出産後はソファや机の下のホコリに、これまで以上に敏感になりました。その点、狭いすき間もラクにお掃除できるわが家のスティッククリーナーは、とてもよい働きをしてくれるので助かっています」(asacoさん)妊娠中は、普段以上に掃除を簡単に済ませたい……と思っている方は多いと思います。そのための最大のポイントが“汚れを溜めない”こと。まずは、毎日気づいたときに少しずつお掃除できるよう、環境を整えましょう。お掃除グッズは使いやすいことに加え、取り出しやすい場所に置くということも重要です。赤ちゃんの誕生が待ち遠しい日々。毎日の“小掃除”で清潔な部屋をラクにキープしながら、リラックスした気分で大事な時間をお過ごしください! 三菱掃除機「iNSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー)」[glink url="http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-jxh30p/"]教えてくれた人asacoさんモデル・kitutukiディレクター。1978年静岡県浜松市生まれ。ファッション誌やママ誌を中心に活躍。夫のヒラトコセイジさんとケータリングユニット「マフィオ」を展開するなど、多方面で活動中。2男2女のママ。Instagram:hiratoko_asaco 文/羽田朋美(Neem Tree)編集者。7歳、4歳、2歳の男児3人の母。ママたちの集いの場「Neem Tree」(http://www.neem-tree.net)主宰。ママ向け媒体や広告の企画制作を手がけるほか、東京・世田谷の古い一軒家「ニームツリーハウス」にて、子連れワークショップを不定期で開催。 ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_8216/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_6798/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_4834/"] 

ニクイねぇ!調査隊

スティック? キャニスター? ママたちが語る「本当に使える掃除機」とは

「1週間に1度」……共働き家庭を対象に“掃除の頻度”を聞いたところ、このように答えた方が33.7%で最多となりました(「お掃除実態調査」三菱電機調べ)。以降「週2〜3回程度(29.2%)」、「毎日(12.4%)」と続くのですが、この調査により「平日は掃除に時間をかけられる家庭が少ない」という実態が浮き彫りになりました。マメに掃除機をかけていても、気づくとホコリは溜まるもの。掃除機がけの頻度が1週間に1度の場合、かなりホコリが溜まり、気にはなりながらも「週末まで乗り切ろう」と目をつぶるママやパパが多いのではないでしょうか。そんな忙しい毎日の中で「掃除ができないジレンマ」を解消してくれる掃除機や掃除のワザがあったら、日々の暮らしはもっと快適になりそうです。そこで、4人のママたちに集まってもらい、普段使っている掃除機をテーマにお話いただきました。ママたちが結論づけた「本当に使い勝手のよい掃除機」とは? 【参加メンバー】吉村美奈さんベビーマッサージ講師/夫、長女(小5)との3人暮らし  篠崎友美さん会社員/夫、長女(6歳)、長男(3歳)との4人暮らし   村本 彩さんフリーランスコーディネーター/夫、長女(6歳)、長男(2歳)との4人暮らし  武藤亜紗子さん主婦/夫、長女(小6)、長男(小2)との4人暮らし  ◆買い替え検討中を含めると「スティックタイプ派」が多数──まずは、現在お使いになっている掃除機の種類を教えてください。吉村さん:コンセントから電源を取るキャニスタータイプを使っています。少し前まではスティックタイプも持っていて、2台を使い分けていたのですが、スティックタイプが壊れてしまって……。今はキャニスタータイプのみを使っていますが、やはりスティックタイプも欲しいですね。篠崎さん:結婚前に購入したキャニスタータイプをずっと使っているのですが、スティックタイプの購入を検討しています。村本さん:スティックタイプとキャニスタータイプ、それとロボット掃除機の3種類を持っていますが、日常的に使っているのはスティックタイプですね。武藤さん:スティックタイプを使っています。ずっと使っていたキャニスタータイプの掃除機が半年くらい前に壊れてしまい、友人にリサーチしたら「スティックタイプがいいよ!」と数名からアドバイスをもらい、買い替えました。  ◆スティックタイプに変えたら、掃除がグッとラクになった!──掃除機をかける頻度やかける場所など、普段の掃除機の利用方法についてお聞かせください。村本さん:私は先日、会社を辞めてフリーランスになったのですが、それまではフルタイムで働いていました。朝は7時半に家を出て、夕方は子どもたちを保育園へ迎えに行き、帰宅は18時半。平日のホコリは見ないことにして(苦笑)、掃除機がけは土日のみ。とはいえ、床に落ちた髪の毛や下の子の食べこぼしなどは、日常的に気になっていました。でも、2階に置いてあるキャニスタータイプを1階のリビングまで運んで掃除機をかけるのは億劫で……。そこで、スティックタイプの掃除機を導入したんです。その結果「食事の後にサッとかけ、脱衣所でドライヤー後にも少しかけて、終了!」といった具合に、気づいたときに簡単にかけられて、掃除機がけだけでなく、気持ちも本当にラクになりました。キャニスタータイプは、土日に2階を掃除するときのみ使用しています。ロボット掃除機は……冬眠しています(笑)。リビングの一等地でフル充電のままスタンバイしているのですが、スティックタイプが来てからは出番がなくなってしまいましたね。 武藤さん:以前、キャニスタータイプを使っているときは、マンション住まいなのでご近所への音を気にして、毎朝9時以降にかけていました。でも、出かける予定があって朝にかけられない場合は、夕方帰ってきてから……と考えると、気持ちが重たくなり、かけられない日もありました。でも、スティックタイプに買い替えてからは、すぐに取り出してサッとかけられるので、ちょっとした空き時間を使えて便利です。音があまり気にならなくなったことも大きいですね。うちの子は、お姉ちゃんが手芸好きで、編み物や縫い物をするのですが、手芸の後は糸くずがパラパラと散らかります。スティックタイプにしてからは、自分でサッと掃除機がけするようになりました。弟も工作などで細かい折り紙の切りかすが散らかると、遊び感覚で掃除機をかけてくれるようになりました。スティックタイプにしたら、ちょっと汚れたときにこまめに掃除機がけをする習慣ができています。その都度かけると2、3分で掃除が済むので、気持ちもラクですね。  ◆ライフスタイルや職業によって、掃除機がけの頻度もさまざま──吉村さん、篠崎さんはいかがでしょう。吉村さん:私はベビーマッサージの講師をしているのですが、自宅を職場にしていて、人の出入りも多いため、レッスンがある日の朝は必ず掃除機をかけています。スティックタイプが壊れるまでは、レッスン前の掃除はキャニスタータイプでしっかりと、レッスン終了後はスティックタイプでサッと……というように、使い分けていました。レッスンのない日は、朝食後、身支度と同時に掃除機をかけています。掃除機がけをするのは、夫と私と半々くらいで、1回当たりの時間は15分から20分くらい。すべての部屋にかけていますね。 篠崎さん:私は自他共に認める掃除機おばさんなので(笑)、掃除機をかける頻度は高いですね。夫が美容師なので、仕事から帰ってくると、カットした細かい毛が身体からパラパラと落ちるんです。しかも、部屋のフローリングが白いので、余計に目立ってしまって……。そこで、まずは朝、子どもたちを起こすタイミングで掃除機をかけます。子どもたちの寝起きが悪いので、掃除機の音をアラーム代わりにして起こす習慣になっています。次のタイミングは、仕事が終わり、子どもたちといっしょに保育園から帰宅した時です。子どもたちの靴には砂が入っていることが多いので、玄関に散らかった砂を掃除します。そのため、玄関先に掃除機を置いています。その後は、流れでリビングにもサッとかけて、夕飯に。夕飯を食べると、子どもの食べこぼしがあるので、食後にまた掃除機がけ。そして翌朝、掃除機の音とともにまた1日が始まります(笑)。でも、1回にかける時間は、それほど長くないんですよ。こまめにかけている分、1回の使用時間は5分程度です。 吉村さん:細かい毛! すごくわかります。うちは夫が研ぎ師なんです。美容師さんのハサミやペットのトリミング用のハサミを研いでいるから、家の中が毛だらけ。特に玄関がすごいんですよね。篠崎さん:あと、脱衣所ですね。吉村さん:そうそう! 洗濯物は、かわいそうだけど夫のものだけ分けて洗うようにしています。篠崎さん:うちもそうしています(笑)。夫の職業柄、どうしても掃除機かけの頻度は高くなってしまいますね。  ◆掃除機に求めるものは「サッとかけられること」と「インテリアになじむデザイン」──みなさん、日々の暮らしの中で掃除機をフル活用している印象ですが、掃除機に求めるポイントはなんでしょうか?村本さん:私はとにかく「家事を行うハードルが低い」ということが重要なので、コードをいちいちコンセントに挿さず、サッとかけられることが大事ですね。さらに、すぐにかけられる場所に置いておきたいので、デザイン性も重視しています。持ち運ぶとか、掃除機を違う部屋に動かしてコンセントを挿し直す、といった動きはイヤですね(笑)。それだけで掃除をしたくなくなります。自分が「掃除をしたくなくなる」要素を排除していくと、電池の持ちがいいコードレスで、見た目もよくて、すぐにかけられる場所に置いておける掃除機。デザインは、あまり主張し過ぎない色で、家具になじむようなシンプルなものがいいですね。 武藤さん:私もコードをコンセントに挿して掃除機を準備するのが億劫なので「コードレスであること」が一番です。部屋ごとにコードを挿し替えずに済むスティックタイプにしてから、本当にラクになりました。また、電化製品の色は白がしっくりきて、選択肢にあればだいたい白を選んでいますね。白が選べる家電は、デザインがシンプルなものが多いので、家に来ても違和感がないと思います。今使っているスティックタイプの掃除機も色は白で、寝室に置いてあります。ただ難点は、自立しないところ。今はスタンドの購入を検討しています。 吉村さん:わが家はフローリングに毛足の長いラグマットを敷いています。そこに細かい毛が入り込むので、吸引力と、しっかりブラシが回ってゴミを絡め取ってくれるのが重視したいポイントです。キャニスタータイプは重さが気になる方もいるみたいですが、私は気になりません。キャニスタータイプでも、本体を片手で持ち上げたままかけちゃうんです。住まいは賃貸住宅なので、床にキズがつかないようにという意味と、筋トレの意味もありますね(笑)。 篠崎さん:私の一番のポイントは、吸引力ですね。美容師の夫が持ち帰る細かい毛は、普通の掃除機だと吸い取れず、残ってしまうことが多くて。なので、しっかり吸い取ってくれる掃除機が欲しいです。それから、思い立ったときにすぐかけたいので、見える位置に出しておいても邪魔にならず、インテリアになじむデザインであること。また、6歳の長女はお手伝い、特に掃除機がけをしたがるので、子どもでも簡単にかけられる軽さであることも重視したいですね。  ◆スティックorキャニスター、ママたちが選ぶタイプは?──これまでのお話を踏まえて、スティックとキャニスター、どちらのタイプを選びますか?村本さん:私はスティックタイプしか考えられないですね。私は自分で「掃除ができない女」だと思っていたのですが、スティックタイプを導入したことで「私もできるじゃん!」と、自己評価が上がったんです。 一同:爆笑 村本さん:「私、結構きれい好きじゃん!」って思っちゃって(笑)。スティックタイプならスイッチひとつでサッとかけられるので「さて、これから掃除をやるぞ!」と気合を入れなくて済むのが本当にラクですね。夫はきれい好きなので、掃除機をかける頻度も高いのですが、最近は私も掃除機をかける姿が前よりだいぶ増えたと感じているんじゃないかな。 武藤さん:私もスティックですね。スティックに買い替えてから気軽に掃除できるようになったと実感しています。 吉村さん:私は、スティックとキャニスターとを両方置いておきたいですね。短時間でサッと掃除機がけをしたいときはスティックを、隅々まで時間をかけてじっくり掃除したいというときは、充電を気にせず掃除ができるキャニスターがあると安心ですね。  ──スティッククリーナーの購入を検討している篠崎さんの結論はいかがでしょうか?篠崎さん:スティックですね。ラクに掃除をしたいからです。すぐにかけたい、そして、今すぐに買いたい!(笑)今、家にあるキャニスタータイプの掃除機は、夫が吸引力重視で買ったもの。それはそれで結構しっかりと吸ってくれるのですが、コードの取り回しが悪く、どうしても邪魔で。部屋ごとにコードを挿し替えながら何カ所かに分けて掃除機をかけるムダな労力から、早く解放されたいです。スティックタイプに買い替えたら、掃除機をかける頻度がまた高まってしまうかもしれません(笑)。【あとがき】 「きれいな空間で暮らしたい」とは、誰もが願うもの。でも、ママたちのお話をうかがってみて、掃除に対する障壁は、思いのほか高いということがわかりました。そして、「使い勝手のよい掃除機」とは「快適な暮らしを実現するツール」──。これは、今回の座談会を通じて最も強く感じたことです。家事や子育て、仕事に忙しく「掃除ができないジレンマ」を感じたときには、ライフスタイルや家族構成に合わせて「使い勝手のよい掃除機」を探してみてください。スティックタイプでも、キャニスタータイプでも、自分や家族にフィットする掃除機との出合いは、毎日の暮らしを大きく変える可能性を秘めています。 スティックタイプ三菱掃除機「iNSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー)」 http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-jxh30p/index.html  キャニスタータイプ三菱掃除機「プレミアム風神」http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/fujin/tc-zxh30p/index.html ●こちらの記事もおすすめです[glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_6572/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_4819/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_4834/"] 

実感レポ

がんばらずに部屋を美しく! “ちょこっと掃除” 6つの習慣

「掃除は毎日少しずつ、溜め込まずに行うのが大事!」……。主婦向けライフスタイル誌の特集や家事アドバイザーのインタビュー記事でよく目にするこの言葉。頭ではわかっているけれど、実践するのはなかなか難しいものです。 そこで今回は、学生時代のテスト勉強や夏休みの宿題は、溜めに溜めて一気に片付ける派、おまけに、「ゆる家事」という言葉が大好きで、3人の男児を絶賛“ゆる育児”中の筆者でも続けられた“ちょこっと掃除”テクをご紹介します。 どれも日常生活のなかで簡単に実践できるうえに、効果を実感できるものばかりです。   1.観葉植物のホコリは「はたき」でオフ 葉に付着したホコリをしっかり吸着し、からめ取ります 放っておくと、ホコリで真っ白になっていることもある観葉植物の葉。水をやるついでに葉を洗ったり、1枚1枚柔らかい布で水拭きしたり、軍手をはめて汚れを落としたり……と、お手入れ法はいろいろあるようですが、いずれも少し面倒です。そこで、簡単でオススメなのは、ホコリ取り用はたきで表面をなでるようにしてホコリを取り除く方法。2日にいち度の頻度で行えば汚れが積もることなく、いつも生き生きとしたグリーンに! [glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_216/"]   リビングに設置したフックにホコリ取り用はたきを提げておけば、気になったときにサッと使えます ホコリ取り用はたきは、いつでも手に取れる場所に掛けておくと便利。 観葉植物のほかに、デリケートな家電や家具のホコリ除去など、本来の使い方にも活用できます。インテリアに馴染むような見た目もおしゃれなはたきなら、日々の“ちょこっと掃除”が楽しくなりそうです。 [glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1774/"]   2.トイレは使うたびに拭き取り掃除 3つ折りにしたトイレットペーパーに“セスキ炭酸ソーダ水”のスプレーをシュッ! 便器の裏や縁には汚れが溜まりやすく、放っておくとイヤな臭いの元に。そこで、トイレを使うたびに簡単な拭き取り掃除を行うと効果的です。トイレットペーパーに“セスキ炭酸ソーダ水”(つくり方は下記参照)を含ませて拭き取るだけ。拭き取り後は、トイレットペーパーを流せばOKなので、手軽なのもうれしいところ。これでいつでも清潔なトイレをキープできます。   3.レンジフードは1日の終わりに拭き取り掃除を 油汚れに強い“セスキ炭酸ソーダ”の特性を生かした掃除テクニック これまた溜め込むと、掃除が非常に厄介なレンジフードの油汚れ。しかし、汚れが吸着してすぐのタイミングであれば、かなり簡単に拭き取ることができます。我が家では、1日の終わりに“セスキ炭酸ソーダ水”のスプレーを吹き掛け、ぞうきんでサッと拭き取ります。これだけでピカピカに!    ◆“ちょこっと掃除”の頼もしい味方! “セスキ炭酸ソーダ水”スプレーのつくり方 水200mlに小さじ1の“セスキ炭酸ソーダ”を溶かします。お好みで精油を加えて 皮脂や手アカ汚れ、油汚れに効果を発揮する“セスキ炭酸ソーダ水”のスプレーを用意します。我が家では、ベースの液体にラベンダーの精油を2、3滴垂らして香り付けし、キッチンやトイレなどの拭き取り掃除に使っています。   4.シンクや排水溝は、重曹+たわしの最強コンビでヌメリ知らず 重曹には生ゴミの脱臭効果も 水に溶けにくい性質を活かし、我が家では重曹をクレンザー代わりに使用しています。重曹パウダーをシンクまわりや排水溝にたっぷりとまき、水分を含ませたたわしでこするだけ。食器洗いの延長で行えば、手間なく続けられます。 ※シンクや排水溝の材質、またタワシの素材などによって、傷がつきやすい場合もありますのでご注意を。   5.お風呂上がりの水切りで、カビないバスルームに “スキージー”は100円ショップなどで簡単に手に入ります 家族でお風呂を最後に使った人は、バスルームの壁や鏡の水分を“スキージー”で取り除くことを習慣付けるといいでしょう。このひと手間でしつこい水アカやカビの発生をグッと抑えられます。我が家の子どもたちはこの作業を楽しんでいるようで、進んでお手伝いしてくれます。   6.気づいたときの“サッと掃除機がけ”を習慣に 使わないときもリビングに出したままにできる三菱電機の「インスティック」は”ちょこっと掃除”の強い味方 子どもの食べこぼしに壁際のホコリなど、汚れに気づいたら「マメに掃除機をかける」ことが、キレイをキープする最大のポイントです。とはいえ、汚れるたびにクローゼットからいちいち掃除機を引っ張り出してくるのは面倒……。 かつては、ミニサイズのホウキとちりとりを使用していましたが、腰をかがめて掃除することに不便を感じていました。そこで、コードレススティッククリーナーを導入。いつでもサッと使えるので、汚れを溜め込まなくなっただけでなく、子どもたちが派手に汚すことにも寛容になれたような気がします。 ★三菱電機のスティック掃除機はお掃除担当のパパにも強い味方! [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3531/"]   製品情報:三菱掃除機 iNSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー) [glink url="http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/instick/hc-jxh30p/index.html"]   「掃除を習慣化する」と聞くと、面倒な気がしますが、実は毎日の生活のなかにうまく組み込んでしまえば、手間を感じることなく実践できます。「トイレを使ったついでに」「食器を洗った流れで」「お風呂を上がるときに」と、自分なりのルールを決めて行うことが、長続きするポイントです。 [glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1972/"]   また「掃除用具は使う場所に置く」ということも、“ちょこっと掃除”を続けるための秘訣。気になったときにすぐ手に取れるので、とにかく掃除がラクです。結果、掃除そのものが身近に感じられるようになり、気づくと我が家の3歳児がマネをして、ホコリ取り用はたきで家電のホコリを払っていることも。子どもにも自然と掃除の習慣が芽生える……というのは、意外なメリットでした。 [glink url="http://www.nikuine-press.com/trial/post_3787/"]   どんなに疲れて帰ってきても、住まいが整っていれば、その後に続く「食事を作ったり」「子どもをお風呂に入れたり」「寝かしつけしたり」……といった一連の仕事に、もうひと踏ん張りが効くように感じます。 いいこと尽くしの“汚れを溜めない生活”、今日から始めてみませんか?       文/羽田朋美(Neem Tree) 編集者。6歳、2歳、0歳の男児3人の母。ママたちの集いの場「Neem Tree」(http://www.neem-tree.net)を主宰。ママ向け媒体や広告の企画制作を手がけるほか、東京・世田谷の古い一軒家「ニームツリーハウス」にて、子連れワークショップを不定期で開催。   ●こちらの記事もオススメです [glink url="http://www.nikuine-press.com/survey/post_8216/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_3890/"] [glink url="http://www.nikuine-press.com/howto/post_2041/"]

ニクイねぇ!調査隊

旅を楽しんでる場合じゃない!? 気象データから見る「GW大掃除」をおすすめする理由

“大掃除”といえば、いわば年末の風物詩ですが、最近では、気候の良い秋に実施するのがおすすめという声も聞かれます。でも、さらにおすすめの時期があるのです。それは、4月末から5月上旬のGW(ゴールデンウィーク)。「過去の気象データを見ても、GWは大掃除のベストシーズンだといえます」と語る『All About』の家電ガイド・滝田勝紀さんに、その理由をわかりやすく解説してもらいました。 過去の気象データが示す“掃除向き”の天候──GWはどこへ行くにも混雑していますし、宿泊代なども高いので、家で大掃除するというのもいい時間の使い方かもしれませんね。ところで“気象データ”では、どんな傾向が示されているのでしょうか?まずは、気象庁が公開している過去のデータから、4月末~5月初旬の平年値を見てみましょう。平年値とは、1981~2010年の30年間における観測値の平均を元に算出したもの。例えば、東京で見てみると、4月末に向けて平均降水量は下がり続け、最も低いピークとなる5月3日では3.1mmほど。日照時間は6時間前後で、平均雲量もこの期間だけは少なめです。そして気温は、とても過ごしやすい16~17.4℃で安定します。つまり、GWは前後の期間よりも「晴れやすくて過ごしやすい」ということが、過去の統計からわかるのです。もちろん地域ごとに多少のズレはありますが、4月の不安定な天候が落ち着き、ジメッとした5月中盤に向かう狭間の時期、といえるでしょうね。──でも、気候がいいと、掃除よりもまずは外に出かけたくなるのですが……。それでもこの時期に大掃除をしておいた方がいい、一番の理由とはなんですか?実はGWは、やがてくる梅雨時期に繁殖しやすいとされるカビや雑菌の根元を殲滅する、絶好のチャンスともいえるんです。先ほどの気象データを再び見てみましょう。GW直後の5月中旬から降水量はゆっくり増え始め、日照時間は徐々に短くなっていきます。梅雨のピークとなる6月27日辺りは、降水量が6.8mmで、日照時間は3.2時間。それでいて、最高気温は26.3℃くらいになりますので、湿度がかなり高い状態となります。ただでさえジメジメする部屋。掃除せずに放置しておけば、カビや雑菌が繁殖する温床になるのは目に見えています。──カビは、子どものアレルギーやいろいろな病気の元になるといわれていますし、怖いですよね。カビだけでなく、いま皆さんがお使いの布団の中は、湿度が高いとダニなどが大繁殖しやすい環境になっている恐れがあります。これらの元になる原因を殲滅するための大掃除。その絶好のタイミングが、繁殖期の前、つまりGWの時期なのです。──なるほど! 確かに旅行へ行っている場合じゃない気がしてきました……。では、カビやダニの繁殖を防ぐお掃除のポイントと、そこで役立つ最新の家電をぜひ紹介してください! ①家中のダニ対策に最適な掃除機掃除機三菱電機 サイクロン式プレミアム掃除機「風神(TC-ZXF30P)」http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/cleaner/product/fujin/軽くてコンパクトなのに強い吸引力が続き、さらに排気がキレイなのが、ここ数年、進化を続けるシリンダー型サイクロン掃除機。吸い込んだ風とゴミをすばやく分別することで、排気から微細な粉じんを出にくくし、排気のイヤなニオイも抑えます。棚の上や高いところなどもラクにキレイにできるアタッチメント“すみずみブラシ” や“2WAYロングノズル”、持ち方を変えて効率的に掃除できる“フィジ軽グリップ”など、1台で隅々まで、家を丸ごと掃除できる機能を搭載。ペットの抜け毛や、排気に含まれるペット臭の悩みを解消する機能も備えています。また“エアブロー機能”は、窓の桟、部屋の隅、凹凸部など、ノズルが届きづらいところにあるゴミを風の力で掃き出して、普段、放置しがちな場所もラクに掃除できます。また、この時期は真冬用と初夏用とで寝具も衣替えをする季節。それらを清潔な状態で保管&使用するためには、付属の“アレルパンチふとんクリーンブラシ”が便利です。走行車輪と逆回転するブラシが備わっていて、髪の毛や微細なゴミをスムーズに吸引するほか、ヘッドに搭載された“アレルパンチ植毛”には、ダニの死がいやふんなどのアレル物質を約90%も抑制する抗アレル剤が塗布されています。まずはこれ1台で、部屋の大半をカバーできるでしょう。  ②掃除機とふとん乾燥機の合わせ技で、ダニの住処になりやすいベッドを徹底対策!ふとん乾燥機三菱電機 フトンクリニック AD-X80http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/futon/product/ad80/この時期は真冬用と初夏用とで寝具も衣替えをする季節。でも冬用のふとんをそのまま押し入れにしまってしまうと、ダニの温床になってしまいます。寝具を清潔な状態で保管&使用するために、ふとん乾燥機と掃除機の合わせ技でしっかり対策をしておきましょう。マット式ふとん乾燥機には、通常乾燥に加え、ふとん全体をしっかりと包み込む“ヒートパンチマット”も付属しています。これは、ふとんの表面だけでなく、約60°Cの熱を中綿までしっかりと伝えるので、居残りダニの対策もバッチリ。さらに、掃除機付属のふとん掃除専用のブラシ“アレルパンチふとんクリーンブラシ”を使って、ふとんに残ったダニの死がいやふんなどをしっかり吸引しておきましょう。走行車輪と逆回転するブラシが備わっていて、髪の毛や微細なゴミをスムーズに吸引するほか、ブラシヘッドに搭載された“アレルパンチ植毛”には、ダニの死がいやふんなどのアレル物質を約90%も抑制する抗アレル剤が塗布されています。冬用寝具もしまう前に、これでダニ対策をしておけば、次のシーズンまで安心して保管できます。さて、ふとん乾燥機は冬の家電と思っていませんか?マット式ふとん乾燥機なら、部屋の気温に合わせ、ふとん乾燥/あたための仕上げ温度をおまかせで調節できです。夏はサラッとさわやかに、冬はしっかり暖かく、春秋は程良いぬくもりに仕上げてくれます。初夏だけでなく、オールシーズンで眠りにつきやすいふとん温度に仕上げ、快眠環境づくりをサポートしてくれます。 ③洗濯物から浴室まで、カビやニオイの元を乾燥します!衣類乾燥除湿機三菱電機 衣類乾燥除湿機 MJ-120MX/100MXhttp://www.mitsubishielectric.co.jp/home/jyoshitsuki/product/moveeye/※画像はMJ-120MXモデルです直接、掃除をするための家電ではありませんが、GW掃除でキレイにした部屋の状態を維持するのにぜひ備えておきたい1台をご紹介しましょう。長雨続きなどで、洗濯物をやむを得ず、部屋干ししてしまう機会が多いジメジメの季節。さまざまな厚さの洗濯物は、同じタイミングでは乾きません。そこで、乾き残りを高性能センサー(赤外線・温度・湿度)で見分け、徹底して追いかけて乾かすのが“部屋干し3Dムーブアイ”を搭載したこの衣類乾燥除湿機です。衣類乾燥だけでなく、梅雨時、特に湿気がこもりがちな玄関や靴箱、窓や壁の結露など、湿っているところもセンサーがピンポイントで見つけて除湿。カビの繁殖を防げるので、キレイに掃除した状態を維持するのに最適です。また、このモデルには4輪キャスターが付いているので、持ち上げずラクに移動できますよ!おしえてくれた人滝田勝紀さん『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電品の担当を約10年以上務める。特にロボット系家電やIoT家電に精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA 2015」ほか、海外の家電取材の経験も豊富。 【こちらの記事もオススメです】 [glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_909/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1972/"][glink url="http://www.nikuine-press.com/tellme/post_1755/"]  

実感レポ

子どもが掃除に参加! スティッククリーナー「iNSTICK」を子ども部屋に置いておきたい5つの理由

見える場所にいつも出しっぱなしにしておける高いデザイン性。そして、スティッククリーナー、ハンディクリーナー、空気清浄機、ふとん掃除機という1台4役の多機能ぶりを発揮。そんな便利なコードレススティッククリーナーが、三菱電機の「iNSTICK(インスティック)」です。そこで今回、iNSTICK HC-VXF30Pを筆者自宅のリビングをはじめ、さまざまな部屋に置いて使ってみました。その結果「コレはいい!」と強く感じたのは“子ども部屋”でした。 空気清浄機能で部屋がいつも清潔に細かなゴミをキャッチする“HEPAフィルター”を搭載勉強からおもちゃ遊び、ベッドでの睡眠まで、子ども部屋で過ごす時間が長ければ長いほど、空気のキレイさって気になりますよね。特に、子どもが小さいうちは暴れ回ってホコリが立ちやすいもの。でも、iNSTICKを置いておけば、充電台についている空気清浄機能のスイッチをオンにしておくだけで、0.3㎛(マイクロメートル/1㎛は0.001 ㎜)以上の微細な浮遊じんを99.97%以上キャッチする“HEPAフィルター”が、微量な粒子までキャッチ。花粉のシーズンなども大活躍してくれます。 汚れやすい子ども部屋のホコリをすぐに掃除部屋に置いておけばすぐ掃除に取りかかれるので、押し入れから掃除機を引っ張り出すといった時間を短縮可能。設置台から外してスイッチオン。こまめに掃除しておけば、一度の掃除時間も短くて済みます 子どものふとんもササッとお掃除雨や雪の日、花粉が飛散する季節といった、屋外にふとんを干せないときも、子どもが寝るスペースの清潔さだけは確保してあげたいですよね。iNSTICKを置いておくと、アタッチメントを変えるだけでふとん掃除が行えます。ヘッド部分には、アレル物質(髪の毛や微細なゴミ、ダニの死がいやフン)をかき取る“アレルパンチ植毛”を使っています。独特のブラシ形状で、ふとんに落ちている髪の毛なども確実に吸い込んでくれる 子ども自身に掃除させれば親の負担も軽くなる 2.1 ㎏(本体)と軽量なので、子どもでも扱いやすい。ただし落とすと危険なので、親が見守りましょう 遊び気分で自然と掃除するように。兄弟で掃除機の取り合いになることも…。クリーナーとふとんアタッチメントを取り外したり、装着するときは指をはさまないよう親が監督をいつも子ども部屋にiNSTICKを置いておくと、子ども自身が自然に掃除するよう、しつけることもできます。ただし、お子さんがまだ小さい場合は危険を避けるために親の監督下で掃除させましょう。iNSTICKはコードレスかつ軽量なので、子どもにも扱いやすいのがポイント。さらに、iNSTICKはアタッチメントが多く、見た目にどこか“カッコいいおもちゃ”のようなギミック感があるため、好奇心旺盛な子どもは遊び感覚でお掃除してくれます。 掃除や片付けの意識を子どもが身につける「掃除機かけて~!」とお願いすると、進んで床のものを片付け始めた「掃除って楽しい!」と感じると、子どもの掃除は習慣化していきます。また、掃除機をかける場合は、床に散らかしたおもちゃや本などをあらかじめ片付ける必要があるので、ものを片付ける意識も身につきます。 実際に、子ども部屋に置いて使ってみたところ、子どものいる家庭にとって、iNSTICKはさまざまなメリットを提供してくれる、と感じました。ただ、注意したいのは、iNSTICKを台座に置いた状態の高さが1m弱(1,087㎜)であること。部屋を走り回って、ぶつかって倒すといった危険も考えられます。子ども部屋に設置する際は、お子さんの年齢や体格などを考慮し、親がしっかり監督できる範囲で導入を考えるといいでしょう。 三菱掃除機:製品情報 インスティック 文・写真/三宅隆2人の子どもを持つ、フリーの編集者・ライター。最新家電やガジェットなど、デジタル製品を中心に雑誌やWebで記事を手掛ける。

実感レポ

“お掃除担当”のパパに強い味方! スティック型掃除機「iNSTICK」で掃除を時短する方法

もう少し家事に参加できたら、ママの負担も軽くなるはず。でも、なかなか思うように時間をつくれなくて……。筆者を含め、そんなお悩みをお持ちのパパさんは、意外と多いのではないでしょうか。その最大の理由である“家事にかかる時間”を短縮できたらいいな、と思いませんか? 特に、頻度の高い「掃除機がけ」をパパが担当し、限られた時間で手早く済ませ、いつもキレイな状態をキープできたら、いいですよね。 ただ、掃除機をかけるとき、我が家の場合でいうと……収納場所へ取りに行く扉を開く本体ごと持ち上げて移動電源コードを引っ張り出してコンセントに挿す掃除開始終わったら、4から1へさかのぼり片付ける……という工程が必要。掃除を始める前の準備段階と、終わった後の片付けにかなりの時間を要しています。これを何年も繰り返すとなると、トータルでは相当な時間になるはず。そこで、この時間を一気に短縮するために、三菱電機のスティック型クリーナー「iNSTICK(インスティック)」を使ってみました。 「出しっぱなし」で掃除開始までの時間を短縮インスティックは“見せる家電”をコンセプトとした掃除機で、リビングや玄関などへ出しっぱなしにしておくことを推奨するモデルです。つまり、上記の工程と同様に考えると……充電台からインスティックを取り外す掃除開始終わったら充電台へ戻す……といった具合に、かなりの時間短縮につながります。掃除に取りかかるまでの準備工程を大幅にカットでき、思い立ったとき、すぐに作業できるというメリットもあります。インスティックをリビングに置いておけば、例えば、子どもがお菓子を食べこぼしても、すぐに掃除機で吸い込めます。また、朝起きてコーヒーを淹れるためのお湯を沸かしている間に、床掃除は完了、なんてことも。朝、家族が起きてきたら「もう掃除は終わったよ」といった具合に、清々しい朝食タイムを迎えられます。しかも、据え置きとなる本体部分には空気清浄機としての機能も備えているので、何もしなくても、家事をひとつこなしてくれることになります。忙しい毎日だからこそ、こまめに掃除できるスティック型クリーナーならではの利点を生かし、効率よく家事を分担できるメリットがあるのです。  高い場所やクルマのなかで便利に使える時間のある休日などには、より本格的なお掃除もできます。オススメは、ママだと届きづらいことが多い“高い場所”の掃除。窓のサッシ、鴨居、冷蔵庫の上、エアコンの上、棚の上などは、インスティックを持ち上げる必要があるので、力作業的な意味合いも含めてパパの出番です(クリーナー本体は約2kg)。苦労してママが脚立の上に立って作業するよりも、パパがさっとインスティックを持ち上げて掃除した方が、トータルで時短につながりますね。 ここで活躍するのが、アタッチメントの“毛ブラシ”。普段は本体裏側の下部に差し込んでおけます。高い場所以外で便利に使えるところといえば、クルマのなか。土日になると、愛車を洗っているパパの姿を多く見かけますが、車内清掃にインスティックが威力を発揮します。フル充電で約20分間稼働(強なら約10分間)するので、ちょうどクルマ1台分くらいで掃除完了。このときに毛ブラシを使うと、シートについたゴミをしっかりと掃除できます。 そして、ゴミ捨ても簡単。本体のMAXラインを超えたらサイクロンボックスを外し、ゴミ箱に捨てるだけです。出しっぱなしにしておくことが時短につながる“見せる”掃除機、インスティック。忙しい毎日だからこそ、家事の時間をより効率的に使い、快適な暮らしをキープしたいですね。三菱掃除機:製品情報 インスティック 文・写真/三宅隆ふたりの子どもを持つフリーランスの編集者・ライター。最新家電やガジェットといったデジタル製品を中心に、雑誌やWebの記事を手掛ける。

教えて!マイスター

サーキュレーターと扇風機の違いって? いまさら聞けない家電用語の基礎知識

次々に新たな製品やサービスが登場する家電の世界。「聞いたことはあるけれど、実はイマイチ中身がよくわかっていない言葉」、ありませんか? そんな家電や家電の技術に関する用語を、『All About』で家電ガイドを務める滝田勝紀さんにわかりやすく教えてもらいました。 〔白物家電・黒物家電〕── まず、この2つの言葉の違いは?「昔、キッチンのカラーリングは“白”が主流で、炊飯器や冷蔵庫といった生活家電といえば、その場に合うよう白い色合いのものが多かったんです。なので“白物”。そして“黒物”は、ビデオデッキやテレビといったデジタル系の家電を指していました。ただ最近は、家電のカラーは白物・黒物に縛られず、バリエーションに富んでいますから、あくまで総称になっていますね」 〔サーキュレーター〕── 最近、流行りのサーキュレーターですが、扇風機となにが違うのでしょうか?「基本的に、扇風機は人へ向けて風を送るもの。一方のサーキュレーターは、空気を循環させる目的でつくられたものです。扇風機は、風量や向きの調整を行いやすいのですが、サーキュレーターは直進性の強い風を送ることを重視して設計されています。そのため、エアコンの近くに設置すれば、冷気や暖気が効率よく部屋中に届けられるので、エコにもつながるのです」 〔サイクロン式掃除機〕── ネーミングがいかにも「吸い込みそう!」というイメージがありますが、そもそも具体的な特徴とメリットは?「従来の紙パックの代わりに、風の力でゴミを分離するシステムが採用されている掃除機のことですね。本格的なサイクロン式掃除機であれば、風の遠心分離によるゴミ分離構造のおかげでフィルターがいらないため、目詰まりせずに、吸引力が一定しているという特徴を持っています。紙パックを交換する必要がないので、ランニングコストを大幅に抑えられるメリットもありますね」●サイクロン式プレミアム掃除機「風神」 〔IH〕── “IHクッキングヒーター”などでキーワード自体はよく知られていますが、どんな仕組みなのでしょう?「IHは“インダクションヒーター” の頭文字です。この機構は、IHクッキングヒーターだけでなく、炊飯器にも使用されています。たとえばIH炊飯器の場合“電磁誘導加熱”といって、内釜の周囲を電熱線がグルグルグルっと取り囲んで温めています。熱効率がよく、ムラなくお米を炊くことができるんです」●三菱IHジャー炊飯器 〔LED(エルイーディー)電球〕── 「我が家も蛍光灯からLED電球に変えた」などとよく話題になりますが、仕組みや特長は?「LEDは、Light(光)、Emitting(放出する)、Diode(ダイオード/半導体)のそれぞれ頭文字をとったもので、文字どおり、電気を流すと発光する半導体の一種です。特長は、スイッチのオン/オフに強くいので長寿命で、省エネ性能も高いんです。販売当初に比べ、バリエーションも豊富に登場していますので、目的に合ったLED電球を選びたいですね」●LED電球「MILIE」 〔圧縮機/コンプレッサー〕── 正直、なにかを圧縮する機械のこと、くらいしかわかりません……。「おもに、エアコンと冷蔵庫に搭載されているもので“冷媒を圧縮する機械”のこと。冷媒と呼ばれるガスを圧縮させることで生まれる熱を、移動させる技術です。エアコンや冷蔵庫で空気を冷やしたり温めたりするのに使われています」 〔ヒートポンプ〕── ポンプというくらいですから、熱を押し出すなにかのことでしょうか?「そう、正解です! 熱を集めて、必要な場所に移動させる技術ですね。エアコンや給湯機、床暖房や“エコキュート”の熱源として使われています。要は、少ない電気で効率よく大きな熱を作れるというもの。省エネになるので環境にも優しいですよ」●三菱エコキュート(自然冷媒CO2ヒートポンプ給湯機) *****「あれ? 自分が思っていたのとちょっと意味が違う?」なんて言葉、ありましたか? その意味を理解しておくことで、自分にフィットした新しい家電やサービスをいち早く見つけられたり、家事の効率アップや家計のコストカットにつながったり、なにかメリットがある可能性は大。ぜひ参考にしてみてくださいね。 教えてくれた人滝田勝紀さん『All About』の家電ガイド。フリーランスの編集者。モノ情報誌で家電製品の担当を10年以上務める。とくにロボット系家電やIoT家電に精通。毎年9月にドイツで開催される世界一の家電見本市「IFA 2015」ほか、海外の家電イベント/家電メーカーの取材経験も豊富。 【用語解説記事】[glink url="http://www.nikuine-press.com/tag/glossary/"]