実感レポ

東京を便利に遊ぶ! 電動自転車シェアリングの楽しみ方

文/ニクイねぇ! PRESS編集部

2017.10.30

 

東京観光を楽しんだり、仕事で都内を縦横に移動したりすることの多い皆さんに問題です。「東京都内を最も効率よく移動できる手段」って、なんだと思いますか?

それは、電車でもバスでもタクシーでもありません。実は自転車なのです。ここでは、そんな自転車での移動をより便利にしてくれる、都内各地に広がる公共の電動自転車シェアリングサービスを紹介したいと思います。

千代田区で展開されている自転車シェアリングサービスが「ちよくる」です。もともとこのサービスは、千代田区とNTTドコモによるコミュニティサイクル実証実験として2014年にスタートしました。現在は千代田区だけでなく、新宿区、中央区、港区、江東区臨海部、文京区、大田区(乗り出しのみ)がそれぞれ行っているシェアリングサービスと連携し、東京中心部を網羅した自転車シェアリング実験へと拡大しています。

現在、同サービスでは、都内6区、274の拠点で自転車を借り、好きな場所で返却できます。たとえば、六本木ヒルズ前のステーションで借り、東京タワーをめぐり、皇居をぐるっと回って、秋葉原で自転車を返却……といった使い方もできるんです。これなら、休日に親子で自転車を使った東京めぐりを楽しむことができそうです。

 

スマホやICカードでタッチ

ちよくるの場合、利用料金は3種類から選べます。最もお手軽な1回会員の場合、基本料無料で、最初の30分で150円、それ以降は30分ごとに100円が加算されていきます。月額会員は基本料2,000円が必要となりますが、最初の30分は無料に(延長料金は共通です)。月に15回以上乗る場合は、月額会員の方がおトクです。そして、1日乗り放題のパスは1,500円(専用ICカードをつくる場合はプラス500円/有人窓口のみ)となります。

利用方法は2種類。所有しているスマートフォンが、FeliCa(おサイフケータイ)に対応している場合や、Suicaなどの交通系ICカードを利用している場合は、事前に会員サイトでID、パスワードを登録し、パスコードを取得しておきます。あとは、ちよくるのポートへ行き、自転車の操作パネルにパスコードを入力。スマートフォンやICカードでタッチすると登録が完了し、次回からはタッチするだけで利用できるようになります。

 

もうひとつは、スマートフォンやICカードを使わない方法。会員サイトから利用予約を行い、その都度、操作パネルにパスコードを入力することで自転車に乗ることができます。

 

なお、ちよくるの利用料金は、クレジットカードでの支払いが基本ですが、ドコモケータイ払いも選択可能。また、1日パスを利用する場合は、交通系ICカード払いや現金支払い(有人窓口のみ)も選択できます。

 

 

 

 自転車でスイスイ名所めぐり

24時間いつでも利用できる、ちよくるを活用すれば、都内にある多くの観光名所に自転車でアクセスできます。都内の名所、特に渋谷や六本木周辺などは意外と坂道が多いのですが、電動自転車ならラクに乗れるのも魅力です。なので自転車を選ぶときは、できるだけバッテリー残量の多い車両を選びたいところです。

また、お子さんの身長が145cm以上なら、親子でいっしょにサイクリングを楽しめます。タッチやパスコードで一時ロックもできるので、道中での観光施設への立ち寄りも安心です。

ただし注意したいのは、交通法規をしっかり守ること。ちよくるには自転車用の保険が適用されているため、いざという時も安心ですが、自転車はやはり軽車両。都内では脇に自転車専用レーンが設けてある車道も増えてきましたが、移動時はできるだけ注意を払うようにしましょう。

 

 

東京各地の名所や街並みで記念撮影を楽しんだ後は、ゴール近くのポートに自転車を戻します。いちいちスタート地点へ戻る必要がない点も、ちよくるの便利な点といえるでしょう。

 

東京めぐりの思い出をピクチャーパレットでプリント

そして、名所で撮った写真は、東京めぐりの記念として「ピクチャーパレット」でまとめてみることをオススメします。

ピクチャーパレットは、全国のイオンなどにあるゲームセンターを中心に設置されているプリント機。スマホやデジカメから写真を取り込むことができ、たくさんの写真をまとめて、ほぼA4サイズの大きなプリントを出力できるのが特徴です。また、プリントシール機と同様に文字を入れたり、スタンプを追加したりすることも可能。レイアウトも自由自在です。ワンコイン(1枚500円)で思い出のプリントを簡単につくれるのです。

 

●三菱電機 ピクチャーパレット http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2016/0317-a.html

●ピクチャーパレット設置店舗検索 http://selfcopy.jp/picture/

 

●こちらの記事もおすすめです

膨大な数になりやすい旅行の写真データ。気づけば、スマートフォンやデジカメのSDカードに保存しっぱなし……ということも。でも、旅写真をいつも見えるところに飾っておけば、楽しかったあの日の思い出がイキイキとよみがえります。

若者文化の発信地・ラフォーレ原宿に、新感覚の手づくりおにぎり専門店「onigiri stand Gyu!(オニギリスタンド ギュッ)」がオープンしました。プロデュースしたのは、日本が誇るソウルフードであるおにぎりを世界へ広げるべく活動中の、一般社団法人おにぎり協会。「おにぎり×カフェ×バー」というコンセプトで、若者や外国人にもアピールするメニューが並んでいます。

「自宅でもできるプロおすすめのコーヒーの淹れ方」を、東京・銀座「三菱電機イベントスクエア METoA Ginza(メトア ギンザ)」内のカフェ「Me’s CAFE & KITCHEN at METoA Ginza」で店長を務める岡田さんに教えてもらいました。

お弁当におやつ、そして、おもてなしにも喜ばれるサンドイッチ。見た目にも華やかで、食欲をそそります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加